Z会OBであり、現在は共同通信社の記者である大塚圭一郎氏が、時事問題について自らの視点で解説する、高校生・大学生向けの週刊メールマガジン「社会をよみとくキーワード」の解説部分を掲載しています。
Z会ブログトップへ

2017.04.22 00:00

 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が、東北放送(TBC、仙台市)ラジオの朝の情報番組「GOODモーニング」に来週の4月25日(火曜日)に出させていただきます。午前8時25分ごろからのコーナー「共同通信クロストーク」に生出演しますので、宮城県の皆様は是非お聴きください。聴いていただくだけで、「社会をよみとくキーワード」で今後登場するテーマを“予習”できます!
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.04.18 01:00


 旧日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に伴って1987年4月1日に誕生したJR7社の1社で、2017年4月1日に発足30周年を迎えたJR東日本が5月1日に運行を始める豪華寝台列車。四季島は「しきしま」と読む。車両の製造と関連施設の整備を含めた総投資額は約100億円に上る。

 

 東京都中心部の上野駅に設けた専用ホームを発着し、当初は北海道や東北を周遊する3泊4日コースと、山梨県や長野県、福島県などを巡る1泊2日のコースを運転する。1室2人利用の料金は、3泊4日が1人74万~95万円、1泊2日は1人32万~45万円に達する。

 

 外観がシャンパンゴールド色の10両編成の列車は、イタリアの高級スポーツカー、フェラーリ(http://www.zkaiblog.com/zkai04/56709 )の名車「エンツォフェラーリ」を手掛けたことで有名な工業デザイナーの奥山清行氏が、「モダンな和」をイメージしてデザインした。

 

 全てスイートルーム仕様の17客室(旅客定員34人)を設けており、うち1室ずつある最上級の「四季島スイート」とこれに次ぐ「デラックススイート」は木曽ヒノキの浴槽を備えた風呂場がある。メゾネットタイプになった四季島スイートは1階が二つのベッドを備えた洋室の趣なのに対し、2階部分は畳が敷かれて掘りごたつを設けた和風のたたずまいにしている。

 

 両端の展望車は景色を楽しめるように窓側を向いたいすを設け、バーも備えたラウンジ車両は壁を樹木のようなデザインにしてくつろいだ雰囲気で談笑することが可能。食事をする車両はテーブルごとに大きな窓を設け、移りゆく景色を眺めながら地場食材を生かした料理を味わえる。JR東日本のエリアで製

造した商品を多くしつらえ、暖炉風の照明やじゅうたんなどが目を引く。

 

 電化区間ではパンタグラフを使って架線から電気を取り込んで走行し、非電化区間ではディーゼル発電機を用いて走る。このため運行が予定されているJR東日本とJR北海道(http://www.zkaiblog.com/zkai04/59190 )の両方の営業エリアで、他の機関車などを連結せずに運転できる。

 

 豪華寝台列車を巡っては、JR九州( http://www.zkaiblog.com/zkai04/58719 )が2013年10月に運行を始めた「ななつ星in九州」(http://www.zkaiblog.com/zkai04/50825 )が人気を集め、予約が取りにくい状況が続いている。「トランスイート四季島」が17年5月1日から、JR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が17年6月17日からそれぞれ営業運転を始めることで、国内の豪華寝台列車市場は“三つど

もえ”の態勢になる。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.04.15 21:28

 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎(共同通信社編集局経済部次長)が4月19日(水曜日)の夕方、午後5時から長野県の有力放送局、信越放送(SBC)のラジオ番組「らじ☆カン」に出演させていただき、「米航空機の乗客引きずり出し、世界に波紋」をテーマにお届けします。

 
 米国の航空大手ユナイテッド航空が機内の自席に腰掛けていた男性乗客を強引に引きずり出して重傷を負わせた問題と起きてしまった背景、今後の見通しなどを解説します。司会は中澤佳子アナウンサーと根本豊さんです。

 
 長野県の方は、是非ラジオで視聴ください。全世界から以下のリンク先インターネットサイトで4月19日(水曜日)午後5時半からは当面、いつでも聴いていただけますので、是非アクセスしてください!
 

https://sbc21.co.jp/podcast/todaystopics.php
 

 この問題に関し、共同通信と全国の新聞でつくるニュースサイト「47NEWS」の下記記事が多くのアクセスを集めています(日本時間4月15日時点でランキング3位)。どうぞご高覧ください!
 
【特集】乗客引きずり出しは氷山の一角? 米航空大手の手荒い対応

 
http://www.47news.jp/47topics/addon/2017/04/289176.html
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.04.11 03:00


 政治家や公務員といった公職にある人物などが、職務に関して賄賂(わいろ)

を受け取ったり、要求したり、約束したりし、結果として不正な行為をした場

合に成立する犯罪。各国の法制度に盛り込まれており、日本では刑法に含まれ

る。

 

 前韓国大統領の朴槿恵(パク・クネ)容疑者( http://www.zkaiblog.com/zkai04/58956 )

の親友で、新興宗教家の娘である崔順実(チェ・スンシル)被告=職権乱用罪

などで逮捕、起訴=らによる国政介入事件を調べてきた韓国の特別検事捜査班

は2017年3月31日、韓国最大の財閥サムスングループ

( http://www.zkaiblog.com/zkai04/59591 )からの収賄などの容疑で朴容

疑者を逮捕した。

 

 首都ソウルのソウル中央地方裁判所が逮捕状の可否を審査し、証拠隠滅の恐

れがあるなどとして特別検事捜査班が求めた通りに逮捕状を発付した。逮捕に

伴い、朴容疑者はソウル近郊の拘置所に収監された。韓国で大統領経験者が逮

捕されたのは1995年の故全斗煥(チョン・ドファン)、盧泰愚(ノ・テウ)

両氏以来、約22年ぶりで3人目となる。

 

 朴容疑者を巡っては弾劾訴追案が国会に提出され、2016年12月9日に

可決し、大統領職の職務停止に追い込まれた。憲法裁判所は3月10日、弾劾

裁判で罷免が妥当と判断して罷免していた。

 

 朴容疑者の後継大統領を選ぶ大統領選挙は17年5月9日に実施される。大

統領選挙の公認候補に、最大野党「共に民主党」は文在寅(ムン・ジェイン)

前代表を4月3日、野党第2党「国民の党」は4月4日に安哲秀(アン・チョ

ルス)前共同代表をそれぞれ選出した。支持率は文氏がリードしているが、次

いで安氏も急速に追い上げている。朴容疑者を大統領として担いだ政権与党の

自由韓国党に対する韓国国民の不信感が高まる中で、文氏と安氏の野党候補同

士の事実上の一騎打ちとなる可能性が高そうだ。

 

 報道によると、朴容疑者は親友の崔被告らと共謀し、サムスングループから

約束分を含め約433億ウォン(1ウォン=0.1円で約43億円)の賄賂を

受け取ったなどの疑いを持たれている。サムスングループの事実上の経営トッ

プであるサムスン電子副会長の李在鎔被告を贈賄や偽証、横領などの容疑で

2017年2月17日に逮捕し、2月28日に起訴した。

 

 李被告の起訴状などによると、李被告はサムスングループの経営権を引き継

ぐ計画の一環で、傘下のサムスン物産と第一毛織の合併を支持してもらうよう

に画策。年金資金を運用するため、サムスン物産の大株主になっていた政府機

関「国民年金管理公団」に合併を支援してもらう便宜を図ってもらうのを目的

に、崔被告側に賄賂を贈ったなどとしている。賄賂の中には、崔被告の娘が馬

術の練習をするためにサムスングループが提供した高級な競走馬が含まれてい

る。

 

 特別検事捜査班は朴氏の周辺を捜査し、崔被告や李被告をはじめとする関係

者を逮捕、起訴してきた。しかし、韓国の現職大統領には不訴追特権があるた

め、朴氏が大統領職を罷免されるまで起訴できなかった。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.04.10 13:22

 

 
「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が4月12日(水曜日)の夕方、午後5時から長野県の有力放送局、信越放送(SBC)のラジオ番組「らじ☆カン」に出演させていただき、「英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)、欧州で日本企業の誘致合戦」をテーマにお届けします。
 
 

 
 「社会をよみとくキーワード」でブレグジット(http://www.zkaiblog.com/zkai04/58149)を2016年8月に取り上げました。放送はその後の推移と将来展望を盛り込んでお伝えしますので、「社会をよみとくキーワード」の読者の皆様も最新情報をフォローいただけます。
 
 

 
 恒例(!?)のクイズも出題し、司会の中澤佳子さんと根本豊さんに挑戦していただきます!
 
 

 
 長野県の方は、是非ラジオで視聴ください。全世界から以下のリンク先インターネットサイトで4月12日(水曜日)午後5時半以降は聴いていただけますので、是非アクセスしてください!
 
 

 
https://sbc21.co.jp/podcast/todaystopics.php
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.04.03 03:10


 ゲーム機メーカーの任天堂が、日本と米国、欧州の主要国、オーストラリア

で2017年3月3日に発売した新型ゲーム機。英字表記は

「Nintendo Switch」で、日本での価格は2万9980円(税

別)。テレビと接続してテレビ画面を眺めながら専用コントローラーで遊ぶ家

庭用ゲーム機としての遊び方と、液晶画面付きの本体にコントローラーをはめ

込んで外出先に持ち運ぶ携帯用ゲーム機としての使い方の両方を楽しめる。

 

 任天堂が本格的な新型ゲーム機を投入するのは、12年12月に登場した

「Wii U(ウィー・ユー)」以来、約4年3カ月ぶり。対応ゲームソフト

では、人気シリーズでは任天堂の「ゼルダの伝説」、スクウェア・エニックス

の「ドラゴンクエスト」、コーエーテクモゲームスの「信長の野望」などの新

作が順次売り出されている。

 

 発売初日に東京都や大阪市などの家電量販店で、いち早く買い求める消費者

の行列ができた。一方、プレー中に問題が起きたなどとする初期不良がインタ

ーネットのゲーム関連サイトなどで相次いで報告された。

 

 家庭用ゲーム機市場は電機大手ソニーの子会社、ソニー・インタラクティブ

エンタテインメント(SIE)がリードしており、13年11月に米国などを

手始めに売り出した「プレイステーション(PS)4」が17年1月1日まで

に世界累計販売台数が5340万台を超えた。その半分の2600万台を超え

たとされる米国マイクロソフトの家庭用ゲーム機「Xbox One(エック

スボックス ワン)」、どちらも16年末までの世界販売が1356万台と不

振で国内生産を終えた「Wii U」を圧倒している。

 

 「社会をよみとくキーワード」のメールマガジン2015年8月17日号

「任天堂」の「キーワードの解説」では、次のようにご説明していた(〈 〉

内はその後の動きを補足した)。

 

 大手ゲーム機メーカーで、業界でソニー・コンピュータエンタテインメント

〈16年4月に社名変更してSIEに〉、米国マイクロソフトと並んで3強の

一角となっている。折りたたみ式の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」や、

家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」が代表的な製品。自社でのゲ

ームソフトの開発も手掛けており、中でも人気キャラクター「マリオ」を活用

したシリーズは人気を集めている。本社は京都市。

 

 東京証券取引所第1部市場に株式を上場している。2014年度のグループ

全体の連結決算は本業のもうけを示す営業損益が247億円の黒字(前年度は

464億円の赤字)となり、4年ぶりに黒字化した。売上高は5497億円と

前年度より3.7%減り、ピークの08年度(1兆8386億円)の3割弱ま

で落ち込んだ。

 

 もともとは1889年に花札の製造を始めたのがルーツで、その後トランプ

も手掛けるようになった。企業としては1947年に京都市で設立された丸福

を設立したのが発足となり、51年に社名を任天堂骨牌に変えた後、63年か

ら現社名の任天堂となった。

 

 家業を継ぎ、1949年~2002年に半世紀余りにわたって社長を務めた

「中興の祖」の故山内溥氏(13年9月に死去)がゲーム機事業へと業態を転

換し、躍進させた。1980年に売り出した携帯できる小型ゲーム機「ゲーム

&ウオッチ」が人気を集めたのに続き、83年に発売したテレビと接続して遊

ぶ家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」は当時としては精細な画面で大

ブームを起こし、「テレビゲーム」が世界に広がる火付け役となった。89年

には携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」を売り出し、以後もゲーム機の進化を続

けてきた。

 

 任天堂の岩田聡社長が2015年7月11日、胆管腫瘍のため亡くなった。

55歳だった。岩田氏は東京工業大学を1982年に卒業後、ゲーム制作会社

のハル研究所に入社。主に任天堂向けのゲームソフトを開発した。経営破綻後

に社長となり、立て直した実績が買われて2000年6月から任天堂の取締役

を務めた。山内氏の後継社長として2002年4月、社長に抜擢された。

 

 山内氏の後継社長は娘婿で、当時米国法人社長を務めていた荒川実氏との見

方が多かった。それだけに、創業家以外で当時まだ42歳と若かった岩田氏を

選んだことに驚く向きがあった。岩田氏の父親は、元北海道室蘭市長の故岩田

弘志氏。

 

 ライバルのSCE〈現在のSIE〉の家庭用ゲーム機「プレイステーション」

シリーズや、米国マイクロソフトの「Xbox(エックスボックス)」シリー

ズが高性能化し、ゲームの熱心な愛好家向けの本格的なゲーム体験を追求した。

 

 これに対し、岩田氏は「誰でも簡単に新しい体験ができる」という設計思想

を掲げ、それを具体化したのが世界販売が1億台を超える大ヒットとなった

06年発売の家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」。持って動かせば操作でき

るコントローラーを活用し、まるでラケットを握っているかのようにテニスゲ

ームを楽しめるなどの革新的なゲーム体験をもたらした。

 

 04年に発売した折りたたみ式の携帯用ゲーム機の「ニンテンドーDS」も、

1億5千万台を超える主力機種に躍り出た。後継機の「ニンテンドー3DS」

の販売も堅調に推移した一方、「Wii U(ウィー・ユー)」は苦戦した。

 

 背景にはスマートフォンで楽しむゲームが広がっている中で、手軽にゲーム

を楽しむ消費者層を奪われたのが響いた。巻き替え策として任天堂は15年3

月17日、ディー・エヌ・エー(DeNA)と相互に株式を持ち合い、スマー

トフォン向けのゲームなどを共同開発する資本・業務提携を結ぶと発表した。

また、「マリオ」などの人気キャラクターの活用を視野に、米国の人気テーマ

パーク「ユニバーサル・スタジオ」の運営会社との提携も15年5月7日に公

表していた。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.04.01 01:30

 「社会をよみとくキーワード」をいつもご愛読いただきまして、ありがとうございます。本日4月1日は日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に伴うJR発足から30周年であるとともに、私にとっては勤務先に入社して20周年の節目となりました。
 
 先日、実家の収納スペースにしまわれた書類を見返していると、奇しくも当時の記憶をよみがえらせる“マイ遺跡”が出現しました。それらは勤務先から入社日の1997年4月1日付で受け取った辞令と新入職員(勤務先は当時社団法人、現在は一般社団法人のため「社員」ではなく「職員」と呼称します)の集合写真、新入職員の紹介が載った社報です。
 
9e9a705be506481f5032b99f774e13beaed42d46.jpg    △えさを食べるのに一心不乱なポニーと筆者、大塚圭一郎(岡山市で)
 
 社報に抱負として記していたのが「未知に対する探求心を大切にして、記者活動に挑みます」という言葉でした。入社からの20年間を振り返ると松山市、大阪市、そして出身地の東京と異動して悲喜こもごもの数多くの取材現場に立ち会った後、2013年8月から昨年10月までの約3年2カ月間は米国ニューヨーク支局に駐在して異国文化の中で激動の世界情勢を追いかける貴重な体験もしました。
 
 もう会社人生の折り返し地点を過ぎたことに驚きを禁じ得ない一方で、20年前に掲げた「未知に対する探求心」は今も強く持ち続けており、それが今年5月で創刊から14年目に突入するこの「社会をよみとくキーワード」をお届けする原動力にもなっています。
 
 入社20年の節目を迎えた今、「未知に対する探求心を大切にする」という原点に立ち返りたいと思います。その上で、社会で起こるさまざまな出来事への好奇心を抱き続けることで、読者の皆様にとって役に立ち、考えるきっかけにもなる「社会をよみとくキーワード」をお届けしたいと思います。
 
 一方、論語の「不惑」の域には到底達していないと噛みしめています。だからこそ、馬齢を重ねた者らしく、小さな馬であるポニーさんと一緒に撮影してもらいました(笑)。
(筆者:大塚 圭一郎)
 
 
 
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.03.27 01:30

 
 韓国最大の企業グループで、全体の売上高は300兆ウォン(約30兆円)
を超えるとされる。韓国の「十大財閥」の中で最大規模。世界出荷台数で最大
のシェア(市場占有率)を握る液晶テレビや、スマートフォンなどを展開する
中核企業のサムスン電子は2016年の年間売上高が201兆8700億ウォ
ン(約20兆円)、本業のもうけを示す営業利益も29兆2400億ウォンに
達する。
 

 1938年に創業された「三星(サムスン)商会」が起源で、創業者の三男
である李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が巨大グループに成長させた。
李氏が2014年に病で倒れた後、長男の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電
子副会長が、サムスングループの事実上のトップになった。サムスン電子を巡
っては16年8月に発売したスマートフォン「ギャラクシーノート7」
( http://www.zkaiblog.com/zkai04/58701 )から発火、爆発する事故が相
次いで韓国や米国などで社会問題化し、販売中止に追い込まれた。
 

 韓国の「十大財閥」(メールマガジン2015年3月9日号)の「キーワー
ドの解説」では次のようにご説明していた(文中の〈 〉内は今回補足した)。
 

 財閥とは創業家らが出資した中核企業が、幅広い産業分野にわたるグループ
企業に資本金を出して支配しているグループのこと。日本は第2次世界大戦前
に三井、三菱、住友の三大財閥が特に影響力を持っていたが、敗戦国となった
日本に乗り込んだ連合国軍総司令部(GHQ)が財閥解体を命じた。今も三井、
三菱、住友の各グループには企業同士の出資や、取引などで結びつきがある。
だが、現在は旧住友銀行と三井系だった旧さくら銀行が2001年4月に合併
して「三井住友銀行」、旧住友信託銀行と旧中央三井信託銀行、旧中央三井ア
セット信託銀行が12年4月に合併して「三井住友信託銀行」となるなど、企
業再編を経て三大財閥時代とは色合いが変わってきている。
 
 これに対して韓国では、創業家が率いる財閥が産業界の中心を占めている。
韓国公正取引委員会が2014年4月に公表した調査によると、韓国で総資産
額が10位以内に入る十大財閥(公営企業関連を除く)の首位は電機大手サム
スングループで系列企業数は74社あり、総資産額は331兆ウォン(1円=
0.11円で約36兆4100億円)に上る。
 

 2位が傘下に起亜自動車などを抱える現代自動車グループで系列57社、総
資産額181兆ウォン、3位のエネルギーや化学、通信などを手掛けるSKグ
ループが系列80社、総資産額145兆ウォン、4位の電機大手のLGグルー
プが系列61社、総資産額102兆ウォン、5位の食品大手ロッテグループが
系列61社、総資産額102兆ウォン。ほかに韓進(ハンジン)海運
〈2016年8月31日に日本の会社更生法に相当する「法定管理」の適用を
申請して経営破綻し、17年2月17日にソウル中央裁判所から破産宣告を受
けた〉や大韓航空を持つ8位の韓進グループが系列48社、総資産額40兆ウ
ォンなどとなっている。
 

 日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査によると、韓国では製造業の売上高に
占める十大財閥の割合は10年に41.1%と、07年の35.2%からさら
に上昇した。十大財閥のほかにも中堅財閥が名を連ねており、韓国の経済に大
きな影響を及ぼしている一方、創業家による富の独占や格差拡大に対する批判
が渦巻いている。そんな中で、幹部の不祥事や経営の問題などが相次いで表面
化している。
 
 韓進グループでは、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の長女である当時の大韓航
空副社長、趙顕娥(チョ・ヒョナ)被告〈当時、=その後逮捕、起訴されて有
罪判決が確定=〉が14年12月5日、ニューヨークのジョン・F・ケネディ
国際空港から韓国・仁川空港へ向かう欧州エアバスA380で運航する大韓航
空86便のファーストクラスで、マカデミアナッツを袋に入れたまま出した客
室乗務員女性のサービスに対して「マニュアルと違う」と激高。呼びつけた客
室責任者の男性にも怒りの矛先を向け、「今すぐ飛行機から降りろ」と怒鳴り
つけて滑走路に向けて出発していた航空機を搭乗口へ引き返させて降ろした。
 

 報道によると、この騒動のため大韓航空86便は遅れ、大韓航空は趙氏をか
ばうために降ろされた客室責任者に「自身の意向で航空機を降りた」と証言す
るように強要しようとするなど、会社ぐるみで一連の騒動を隠蔽しようとした
が報道されて問題化。趙氏は、問題の責任を取って副社長の役職を辞任した。
ナッツをきっかけに暴言を吐き、搭乗口へ引き返した(ランプリターン)こと
から、一連の事件は「ナッツリターン」との呼び名で世界に知られるようにな
った。また、趙氏を「ナッツ姫」と呼称する向きも広がった。
 

 ソウル西部地方検察庁は14年12月30日に航空機安全阻害暴行罪と航空
保安法違反などの罪で趙氏を逮捕し、15年1月7日に起訴。ソウル西部地裁
は2月12日、趙氏の行動が「極めて危険で常識を欠いていた」と認定し、客
室責任者と客室乗務員を「奴隷のように扱って威厳を著しく損なった」として
懲役1年の実刑判決を言い渡した。検察側は懲役3年を求刑していた。趙氏は
2月13日、判決を不服として控訴した〈控訴審でソウル高等裁判所は趙氏に
懲役10カ月、執行猶予2年(求刑は懲役3年)の減刑判決を言い渡し、有罪
判決が確定した〉。
 

 一方、ドイツの首都ベルリンの家電売り場でライバルであるサムスングルー
プ傘下のサムスン電子のドラム式洗濯機の扉を意図的に壊したとしてソウル中
央地方検察庁は15年2月15日、LGグループ傘下の家電大手LG電子ホー
ムアプライアンス事業本部長の趙成珍(チョ・ソンジン)被告と部下1人を器
物損壊などの罪で在宅起訴したと公表。趙本部長と部下の常務は14年9月、
家電展示会のために訪れたベルリンの2カ所の家電売り場で、サムスンの洗濯
機計3台の扉を破壊。
 

 趙被告らは問題発覚後、壊した洗濯機自体に欠陥があったと虚偽の事実を記
した報道資料を配ってサムスンの名誉を傷付けたなどとして、名誉毀損と業務
妨害の罪にも問われた。家電売り場に設置した防犯カメラには、開いた状態の
洗濯機の扉を趙被告らが両手で下に押す様子が映っていたため、検察側は扉を
故意に壊したと判断した。
 

 サムスングループは、サムスン電子を世界電機大手に引き上げたグループ総
帥の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が病に倒れ、長男の李在鎔(イ・ジェヨン)副
会長が経営を主導する体制に移行した。
 

(以下略)
 

 ○キーワードのその後○
 

 韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領( 現在は前大統領、http://www.zkaiblog.com/zkai04/58956 )
の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告=職権乱用罪などで逮捕、起訴=らに
よる国政介入疑惑が表面化し、朴氏は国会での弾劾可決により大統領職の職務
停止に追い込まれた。韓国憲法裁判所は17年3月10日に弾劾を妥当とする判断を下し、朴氏は大統領職から罷免されて失職した。
 

 一連の疑惑などを調べている特別検事の捜査班は、サムスングループの事実
上の経営トップであるサムスン電子副会長の李在鎔被告を贈賄や偽証、横領な
どの容疑で2017年2月17日に逮捕し、2月28日に起訴した。
 
 李被告は無罪を主張し、副会長の職務を続ける意向と伝えられている。しか
し、電機業界で世界を代表する企業の一つで、韓国最大の財閥であるサムスン
グループの事実上の経営トップが逮捕、起訴されたことに衝撃が広がっている。
 

 報道によると起訴状では、李被告はサムスングループの経営権を引き継ぐ計
画の一環で、傘下のサムスン物産と第一毛織の合併を支持するよう、年金資金
を運用するためにサムスン物産の大株主になっていた政府機関「国民年金管理
公団」に支援してもらうことを画策。便宜を図ってもらうために崔被告側に最
大430億ウォン(1ウォン=0.1円で換算すると約43億円)の賄賂(わ
いろ)を贈ったなどとしている。
 

 李被告は16年12月に韓国の国会に出席して証言した際、便宜を図っても
らうために賄賂を贈るように指示したことはないとしながらも、崔被告の娘が
馬術の練習をするために10億ウォン相当の馬を提供したことは認めた。
 
 一方、大手菓子メーカーのロッテ(東京都)などを抱え、創業家同士で役員
解任といった内紛を起こしたロッテグループを巡っても16年、免税店への出
店で業者から約30億ウォン(約3億円)の裏金を受け取った疑いなどで、創
業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名重光武雄)氏の長女でロッテ奨学財団
理事長の辛英子(シン・ヨンジョ)被告が背任や横領などの罪でソウル中央地
検特捜部に逮捕、起訴された。さらに、辛格浩氏と次男で韓国ロッテグループ
の辛東彬(シン・ドンビン、日本名重光昭夫)会長、長男の辛東主(シン・ド
ンジュ、重光宏之)前副会長の3人も横領などの罪で在宅起訴された。
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.03.27 01:00

 

 
 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が3月27日(金曜日)の夕方、午後5時から長野県の有力放送局、信越放送(SBC)のラジオ番組「らじ☆カン」に出演させていただき、「JR発足30周年、経営格差が鮮明に」をテーマにお話しします。
 
 

 
 
 JR東日本と東海、西日本の本州3社とJR九州は「成功のシンボル」とされる東京証券取引所第1部への株式上場を果たしました。一方、JR北海道が経営危機に陥り、JR四国は業績低迷が続いており、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化からの30年は「真の成功と言えるのか?」を問います。
 
 

 
 
 
 

 
 筆者が関係筋から聞いたJRロゴを巡る紛糾劇や、JR三島会社にあった“”幻の再編劇“を織り交ぜてお届けします。クイズも出題し、司会の中澤佳子さんと根本豊さんに挑戦していただきます!
 
 

 
 
 
 

 
 大塚は「原則として週に1回の『社会をよみとくキーワード』では取り上げられるテーマがどうしても限られる中で、司会の皆様の素晴らしい進行で有益な情報を次々と知ることができるSBC様の『らじ☆カン』にも接していただき、より幅広い情報にアクセスいただければ幸いです。耳学問も重要です!」とコメントしています。
 
 

 
 
 長野県の方は、是非ラジオで視聴ください。全世界から以下のリンク先インターネットサイトで27日午後5時半以降は聴いていただけますので、是非アクセスください!
 
 

 
 
https://sbc21.co.jp/podcast/todaystopics.php
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.03.20 01:30


 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が3月20日(月曜日)の夕方5時から長野県の有力放送局、信越放送(SBC)のラジオ番組「らじ☆カン」のコーナー「きょうの注目」に出演させていただきます。






 テーマは米国のドナルド・トランプ大統領(http://www.zkaiblog.com/zkai04/58771)が掲げている巨額インフラ投資に関する「トランプ政権のインフラ投資、日本企業に商機は?」です。

 米国のインフラで、日本企業が車両などの受注を狙う高速鉄道計画の行方も避けて通れません!どこからでも以下のリンクで日本時間20日午後5時半以降に聴いていただけますので、是非アクセスしてください!
 



http://sbc21.co.jp/podcast/todaystopics.php
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
 
共同通信社編集局経済部次長、前ニューヨーク特派員の大塚圭一郎氏が執筆するZ会の人気週刊メールマガジン「社会をよみとくキーワード」の解説部分を毎週火曜日に公開。筆者は国立東京外国語大学フランス語学科卒。

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

月別アーカイブ