Z会OBであり、現在は共同通信社の記者である大塚圭一郎氏が、時事問題について自らの視点で解説する、高校生・大学生向けの週刊メールマガジン「社会をよみとくキーワード」の解説部分を掲載しています。
Z会ブログトップへ

2018.09.22 12:00

 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が祝日の9月24日月曜日に勤務先の共同通信社の契約社、SBC信越放送(長野県)のラジオ番組「らじ☆カン」の夕方5時15分からのコーナー「きょうの注目」に出させていただき、「東京ゲームショウ、ディズニーの人気ゲームが国内初披露」をテーマに取り上げます。

 ディズニー作品が登場するスクウェア・エニックスの人気シリーズ「キングダムハーツ」の本編として約13年ぶりの「3」などをご紹介します。

76b7bb8c02c3fe29db47db2ae969f4334fdc4ef3.jpg

 △東京ゲームショウの「キングダムハーツ3」のブース

 司会は生田明子アナウンサーと、根本豊さんです。AM放送に加えてワイドFMも始まったSBCラジオのほか、インターネットのラジオ放送「radiko.jpプレミアム」ならば全国から聴けます。

 番組サイトは、以下のリンク先です。


sbc21.co.jp/blogwp/radikan/
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.09.14 05:00



 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が来週の祝日の9月17日月曜日に、勤務先の共同通信社の契約社でいらっしゃる長野県のSBC信越放送のラジオ番組「らじ☆カン」の夕方5時15分からのコーナー「きょうの注目」に出させていただき、「自動運転バス、運転手の人手不足で救世主に?」をテーマに取り上げます。


 バス業界の人手不足が社会的な課題となっている中で、「救世主」になるとの期待感を持たれている自動運転バス。自動運転車(http://www.zkaiblog.com/zkai04/54226)の一環で研究開発が進んでいます。実用化に向けた実証実験の状況と、実際に乗った感想、実現への見通しと課題を盛り込んでお伝えします。


 司会は生田明子アナウンサーと、根本豊さんです。AM放送に加えてワイドFMも始まったSBCラジオのほか、インターネットのラジオ放送「radiko.jpプレミアム」ならば全国から聴けます。

 番組のサイトは、以下のリンク先です。

http://sbc21.co.jp/blogwp/radikan/
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.09.07 20:00


 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が9月10日月曜日に長野県のSBC信越放送のラジオ番組「らじ☆カン」の夕方5時15分からのコーナー「きょうの注目」に出させていただき、「東芝も撤退、去りゆくパソコンの純日本ブランド」をテーマに取り上げます。

 家電量販店の売り場では気付きにくいものの、実は外資系の機種が大部分を握っている日本のパソコン市場の実態を解説します。

 司会は生田明子アナウンサーと、根本豊さんです。AM放送に加えてワイドFMも始まったSBCラジオのほか、インターネットのラジオ放送「radiko.jpプレミアム」ならば全国から聴けます。


http://sbc21.co.jp/blogwp/radikan/
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.09.04 03:00


 太陽の日照時間が長くなる3月から10月にかけての半年間に、

残る半年間のウインタータイム(Winter Time、冬時間)より時刻を1時間早める習慣のこと。

英語で「Summer time」となり、日本語訳は「夏時間」。逆に冬時間への移行時は、1時間遅らせる。

 

 緯度が高い北半球にあり、夏に日照時間が長くなるアメリカ(米国)やカナダ、ヨーロッパ(欧州)

といった北半球の地域を中心に採用されているほか、ブラジルなどの南半球の一部の国・地域も用いている。

 

 日照時間が長い夏時間は明るい時間を有効活用でき、逆に冬時間は日の出が遅くなるのに対応できる利点がある。

夏時間の間は、太陽が出ている明るい時間帯に仕事をして、日没後の夜を余暇時間として有効活用できるのが利点。

また、人の動きが活発な日中時間帯が明るいため、交通事故や犯罪を防ぐのにも効果があるとも指摘される。

 

 米国とカナダ、メキシコは3月の第2日曜日午前2時から11月第1日曜日午前2時までが夏時間となり、2018年は3月11日~11月4日。

 

 欧州連合(EU)に加盟するドイツやフランス、フィンランドなど計28カ国は、

3月最終日曜日の午前1時から10月の最終日曜日の午前1時までが対象で、

18年は3月25日~10月28日。世界の航空会社の国際線は、夏時間・冬時間変更の影響を受けるため、

欧州の夏時間の期間に合わせて夏のダイヤ、欧州の冬時間期間中に冬のダイヤをそれぞれ設定している。

 

 採用国・地域のスマートフォンなどは、夏時間と冬時間の移行時に時刻が自動的に切り替わる仕組み。

ただ、社会全体が一斉に切り替わるため、事前に把握していないと1時間早まる夏時間の切り替え後会合や待ち合わせに遅れたり、

航空便に乗り遅れたりする恐れがある。また、一斉に1時間ずれることで、健康面の悪影響があるとの指摘も出ている。

 

 一方、日本は「夏時間・冬時間」を使わずに1年を通して同じ時刻のため、採用国・地域と1時間の時差が出る。

世界標準時間の「グリニッジ標準時」であるイギリス(英国)の首都ロンドンと日本の時差は夏時間が8時間、冬時間が9時間。

米国の首都ワシントンやニューヨークなどが含まれる米国東部時間と日本の時差は夏時間が13時間、冬時間は14時間。

 

 日本でも第2次世界大戦で敗れ、日本に乗り込んだ連合国軍総司令部(GHQ)の方針に基づいて「夏時刻法」が制定され、

1948年に夏時間の制度が導入された。だが、国民による反対などを背景に、GHQによる占領が終わった52年に夏時刻法は廃止された。

その後、政界や経済界などで「省エネルギーの効果がある」として夏時間の導入が議論されるなどの経緯があったものの、

復活には至っていない。

 

 2020年7月下旬に開幕する20年東京オリンピック(五輪)を控えて大会組織委員長の森喜朗会長(元首相)は18年7月27日、

安倍晋三首相に面会し、夏季に全国一律で時間を早めるサマータイム制度の導入を求めた。

猛暑による夏の熱中症対策を求める声が高まっている中で、暑さ対策として東京五輪の競技時間を気温が比較的低い早朝にずらし、

選手と観客、大会関係者に猛暑の場合の悪影響を避けるため。

日本では開催時期をずらすべきとの声もあるが、時期の変更は国際オリンピック委員会(IOC)との契約で難しいという。

 

 森氏は18年夏の猛暑を踏まえて「来年、再来年に今のような状況になっているとスポーツを進めるのは非常に難しい」と指摘し、

もしもサマータイムが定着すれば「東京五輪の大きなレガシー(遺産)になる」と期待を込めた。

 

 続いて安倍首相は18年8月7日に森氏と首相官邸で会談した際、サマータイム制度導入の可否を検討するよう自民党に指示した。

安倍首相は「国民の関心は高い。やるならば、国民生活に影響する。業界にいろいろな意見があるから、

(自民)党部会で意見聴取をしてほしい」と語った。

 

 ただ、サマータイム制度を導入すれば国民生活に混乱が生じたり、新たに航空便国内線や鉄道、路線バスといった

公共交通機関のダイヤ変更やコンピューターのプログラム改修などに手間や経費がかかったりすることへの懸念の声も出ている。

 

 菅義偉官房長官は7月30日の記者会見で、サマータイムの導入について「一つの提案として受け止めるが、

日常生活にも大きな影響が生じる」と慎重な姿勢を示している。

東京五輪では暑さ対策として、マラソンのスタート時間を当初計画より30分早めて午前7時にすることを既に決めている。

 

 サマータイムを巡ってフィンランドは「健康に悪影響を与える」などとして7万人を超える署名を集め、1月にEUに対して廃止を提案した。

EU議会は18年2月に特別決議を採択し、執行機関の欧州委員会に対してサマータイム廃止の是非の検討を指示し、

欧州委員会はEU全域に対してサマータイムを続けるかの是非を問う世論調査を7月に始めた。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.09.03 15:00

 
 

 
 
 鉄旅オブザイヤー実行委員会は1日、日本一の鉄道旅行を選ぶ賞「鉄旅(てつたび)オブザイヤー」(http://www.zkaiblog.com/zkai04/51727)を最終選考する2018年度の外部審査員に、Z会「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎・共同通信社経済部次長ら13人・団体を起用したと発表した。審査委員長は、「旅と鉄道」統括編集長で日本旅行作家協会専務理事の芦原伸氏が3年連続で務める。
 
 
 
 
 

 
 
 18年度は、18年10月までの1年間に催行が決まった旅行業者のツアーを対象にした旅行会社部門と、一般の鉄道ファンらから「こんな鉄道旅行があったらいいな」と考える企画を募る一般部門をそれぞれ募集。受賞作品は、19年2月6日(水曜日)午後に鉄道博物館(さいたま市)で開催する授賞式で発表する。
 
 
 
 
 

 
 
81c2aef4c4f79dc0145b5d02c66100c1dfeb36ea.jpg
 
 
 
 
 

 
 
 △JR東日本長野支社の観光列車「リゾートビューふるさと」の前に立つ筆者と息子(18年9月、長野県大町市)
 
 
 
 
 

 
 
 うち3年目となる一般部門は、10月31日(水曜日)まで募集を受け付ける。19年度にJR旅客6社と地元自治体が開催する大型観光企画「デスティネーションキャンペーン」(DC)が開催される静岡県(19年4~6月)、熊本県(19年7~9月)、新潟県・庄内エリア(19年10~12月)、京都市(20年1~3月)のいずれかを対象地域とする。企画内容は開催時期を限定せず、DC期間以外を想定した内容を応募するのも可能。
 
 
 
 
 

 
 
 鉄旅オブザイヤーはJR北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州のJR旅客6社、日本民営鉄道協会、日本観光振興協会、日本旅行業協会、全国旅行業協会が後援。東日本大震災からの復興と、鉄道を活用した旅行需要喚起を目指して2011年度に設けられ、18年度で8年目となる。
 
 
 
 
 

 
 
 大塚は13年度に就任以来、6年連続で審査委員を務めることに「大変な重責を担う外部審査員を引き続き務めさせていただくのはとても光栄であり、身の引き締まる思いです。18年度も引き続き公正中立な姿勢に則り、全国の新聞が加盟する共同通信社に勤務する一員として地方活性化に貢献する秀逸な鉄道旅行を高く評価することで、鉄旅のさらなる発展に誠に微力ながら貢献できればと考えています」とコメントした。審査員は「就任時から全くの無報酬で引き受けています」と強調した。
 
 
 
 
 

 
 
 鉄旅オブザイヤーの詳しい情報は、以下の公式サイトまで。
 
 
 
 
 

 
 
http://www.tetsutabi-award.net/
 
 
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.09.03 09:00


 本日9月3日月曜日に勤務先の共同通信社の契約社、SBC信越放送(長野県)のラジオ番組「らじ☆カン」の夕方5時15分からのコーナー「きょうの注目」で、「ディズニーが娯楽大手を買収、メディアの業界再編が加速」をテーマに取り上げます。

 アメリカのウォルト・ディズニーが、8兆円の巨額を投じて21世紀フォックスの娯楽事業を買収する「舞台裏」をご説明します。

 司会は生田明子アナウンサーと、根本豊さんです。AM放送に加えてワイドFMも始まったSBCラジオのほか、インターネットのラジオ放送「radiko.jpプレミアム」ならば全国から聴けます。


 番組サイトは、以下のリンク先です。

sbc21.co.jp/blogwp/radikan/
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.08.28 03:00


 ヨーロッパ(欧州)のドイツやフランスなど計28カ国が加盟する欧州連合(EU)が、個人情報管理をより厳格化するために導入した一般データ保護規則。EU加盟28カ国と、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインの3カ国を加えた計31カ国が対象となり、2018年5月25日に施行された。英語の「General Data Protection Regulation」の頭文字を略して「GDPR」と呼ばれる。

 

 GDPRの施行後、欧州で事業を展開している企業などが集めた欧州在住者の氏名、住所、電子メールアドレス、クレジットカード情報といった本人を特定できる個人情報を、EU域外に持ち出して使うことが原則として不可能になった。もしも情報の持ち出しが必要な場合は、申請して許可を得るように求め

ている。

 

 また、欧州の在住者は企業が集めた個人情報の削除や、他企業への移転などを企業に求めることができる。情報管理の責任者を置くことや、データ漏れなど問題発生の際には72時間以内に監督機関に通知することを義務化した。

 

 違反した企業は、最高で世界の年間売上高の4%、または2千万ユーロ(1ユーロ=130円で約26億円)のうちいずれか高額のほうを制裁金として科される。EUの法体系の根幹となる「EU基本権憲章」で保障されており、従来のデータ保護指令をより厳格化した。企業関係者によると、個人情報保護に関する法令で世界的に見ても最も厳しい部類という。

 

 一方、EUが「情報管理が適切な水準」と認めた国・地域については例外として情報の持ち出しを認めており、その中には同じ欧州でEUに加盟していないスイス、中東イスラエル、南米アルゼンチンなどが含まれる。

 

 日本は「情報管理が適切な水準」の対象に含まれなかったが、日本とEUが18年7月に署名した世界最大規模の貿易協定、日欧経済連携協定(EPA)で互いの進出企業が現地で得た個人情報を柔軟に持ち出せるようにすることで大枠合意した。この一環として欧州に進出している日本企業が、欧州で得た個

人情報を柔軟に持ち出せるようにするルールを策定する方向で交渉が進んでいる。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.08.24 15:00

 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が8月27日月曜日に長野県のSBC信越放送のラジオ番組「らじ☆カン」の夕方5時15分からのコーナー「きょうの注目」に出て、「鉄道博物館、新館開業で家族連れの人気向上」をテーマに取り上げます。

 7月5日に誕生したさいたま市の鉄道博物館新館の見所を紹介します。鉄道博物館では、大塚が審査委員を務めている日本一の鉄道旅行を選ぶ賞「鉄旅オブザイヤー」(http://www.zkaiblog.com/zkai04/51727)の授賞式の舞台でもあります。

 司会は生田明子アナウンサーと根本豊さんです。

 AM放送に加えてワイドFMも始まったSBCラジオのほか、インターネットのラジオ放送「radiko.jpプレミアム」ならば全国から聴けます。

 番組サイトは、以下のリンク先です。

http://sbc21.co.jp/blogwp/radikan/
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.08.21 03:00


 2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピック

( http://www.zkaiblog.com/zkai04/50173 )の組織委員会は18年7月

22日、東京五輪の大会マスコットの名前を「ミライトワ」、東京パラリンピ

ックのマスコットを「ソメイティ」に決めたと発表した。「ミライトワ」は、

「未来」と「永遠(とわ)」という二つの言葉をつなげており、「素晴らしい

未来を永遠に」という願いを込めて名付けた。20年東京五輪を通じて世界の

人々の心に、希望に満ちた未来をいつまでも輝かせるという思いを込めたという。 

 

 ソメイティは、日本が誇るサクラの代表的な品種の「ソメイヨシノ」と、英

語で「非常に力強い」という意味の「So mighty」を掛け合わせた。

ソメイティはサクラの触角を持ち、強いキャラクターという設定で、組織委員

会は「20年東京パラリンピックを通じて、サクラを愛でる日本の心とパラリ

ンピックアスリートの素晴らしさを印象付ける」とコメントしている。

 

 「社会をよみとくキーワード」のメールマガジン18年3月13日号「東京

五輪マスコット」の「キーワードの解説」では、次のようにご説明していた。

 

 20年東京オリンピック(五輪)・パラリンピック

( http://www.zkaiblog.com/zkai04/50173 )の象徴として、大会をアピー

ルするのに活用するマスコット。五輪( http://www.zkaiblog.com/zkai04/60478 )

の大会マスコットは、1968年の中米メキシコ大会で初めて制定された。

 

 東京で前回開かれた1964年大会では未制定で、70年の札幌冬季五輪で

も作られなかった一方、98年長野冬季五輪では4羽のフクロウをモチーフに

した「スノーレッツ」が採用された。18年の韓国・平昌(ピョンチャン)冬

季五輪では五輪マスコットに白虎の「スホラン」、パラリンピックのマスコッ

トにツキノワグマの「バンダビ」がそれぞれ選ばれた。

 

 東京五輪・パラリンピックの大会マスコットは、五輪史上初めて小学生の投

票で決められた。20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は一般公募で集

まった2042作品から最終候補3作品を選んで17年12月に発表し、海外

日本人学校を含めた全国の小学校の各クラスに1票を与えて投票を実施。対象

となる小学校約2万1千校の約8割に当たる1万6769校から、計20万

5755票が集まった。

 

 組織委員会は18年2月28日、東京都品川区立の小中一貫校「豊葉の杜

(ほうようのもり)学園」で大会マスコットを発表し、大会エンブレムに使わ

れた日本伝統の市松模様を施した近未来的なキャラクターが選ばれた。小学生

が「ア」「イ」「ウ」の3つの候補作品の中から投票し、選ばれた「ア」の案

は半分強の10万9041票を獲得した。

 

 作者は、福岡県に住むイラストレーターの谷口亮さん。五輪マスコットは伝

統と近未来の両方を採り入れた温故知新のデザインが特色で、「正義感が強く

運動神経抜群で、どんな場所にも瞬間移動できる」と定義づけられた。パラリ

ンピックのマスコットは強い信念と自然を愛する優しさを持つとされ、「桜の

触覚と超能力を持つクールなキャラクターで、見るだけで物を動かせる」という。

 

 候補作品「イ」は五輪マスコットが招き猫とキツネをモチーフとし、パラリ

ンピックのマスコットは神社の「こま犬」をモデルにし、6万1423票を獲

得。候補作品「ウ」は五輪がキツネ、パラリンピックがタヌキをそれぞれモチ

ーフとしており、3万5291票を集めた。(以下略)
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.08.16 09:00



 「社会をよみとくキーワード」の筆者、大塚圭一郎が8月20日月曜日に勤務先の共同通信社の契約社、SBC信越放送(長野県)のラジオ番組「らじ☆カン」の夕方5時15分からのコーナー「きょうの注目」で、「アメリカと中国が高関税合戦、貿易戦争に」をテーマに取り上げます。


 「アメリカ(米国)第一主義」を掲げて保護貿易(http://www.zkaiblog.com/zkai04/61712)を推進するドナルド・トランプ米国大統領(http://www.zkaiblog.com/zkai04/58771)が中国を狙い撃ちした高関税を導入した表向きの理由と、背景にある意図、複雑化している制裁と報復の連鎖の経緯、日本にとっての影響と今後の見通しを解き明かします。


 司会は生田明子アナウンサーと、根本豊さんです。AM放送に加えてワイドFMも始まったSBCラジオのほか、インターネットのラジオ放送「radiko.jpプレミアム」ならば全国から聴けます。

 番組のサイトは、以下のリンク先です。

http://sbc21.co.jp/blogwp/radikan/
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
 
共同通信社編集局経済部次長、前ニューヨーク特派員の大塚圭一郎氏が執筆するZ会の人気週刊メールマガジン「社会をよみとくキーワード」の解説部分を毎週火曜日に公開。筆者は国立東京外国語大学フランス語学科卒。

カレンダー

<<   2018年09月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

月別アーカイブ