2016.06.23 21:51

ネイティブ講師とティームティーチングの準備でメールのやり取りをしていると、途中でこんなフレーズが。

 

Just my two cents ...
「僕のほんの2セントなんだけど・・・」
 

 

 

単なる個人的な意見だけれど、くらいでしょうか。
2セント程度の価値しかない意見だけれど、と謙遜して控えめに意見を伝えるときに使います。
 

以上、私の2円ほどの情報でした。

 
 
 
2円
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.23 21:03

 

 
二度寝という訳ではないけれど、必ず目覚ましを2度鳴らすように設定する。
 
 

 
例えば6時に起きるとしたら、5:50と6:00。
 
 

 
 
 
 

 
なぜか?と考えるに、
 
 

 
1度起きたけれど、「あ、まだ10分寝られる」というお得感、というか、、、
 
 

 
その10分の何とも言えない寝ているでもない起きているでもない「曖昧な時間」を楽しみたいからなのだと思う。
 
 

 
 
 
 

 
ところで、昨夜聴いていた英検準1級のリスニングに出てきた "sleep inertia"「睡眠慣性」。
 
 

 
inertiaは、静止状態が続いたり、無気力な状態で、形容詞はinert。
 
 

 
 
 
 

 
パッセージの内容は、
 
 

 
人は起床して2時間くらいは、sleep inertiaの状態が続く。
 
 

 
特に、睡眠周期(sleep cycle)の始めに起きると、sleep inertiaはひどくなる。
 
 

 
目覚ましのスヌーズを使ったりで「二度寝」すると、睡眠周期は最初に戻ってしまうので、本当に起きた時のinertiaはひどくなり、、、ボォ〜っとした状態がより長く続く。記憶力や反応時間にも悪影響が・・・
 
 

 
 
 
 

 
というもの。
 
 

 
そうなのか?
 
 

 
私は「朝活」が好きで、朝食前の頭がスッキリしている時に仕事や勉強をするのが常なのですが。
 
 

 
朝の方が記憶力も良いとず〜っと信じていたけれど、、、
 
 

 
結局は、「早起きのススメ」ってことで。
 
 

 
 
 
 
 

 
ニワトリならぬ、オカメインコの「おはよう!」で今朝も目覚める。
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.22 23:32


I'm in seventh heaven.

「気分は最高!」

 

heavenだけでも「天、天国」で、「極楽じゃあ〜〜」って気分なのに、

ユダヤ教やイスラム教では7番目が最上天。そこでは神や天使に会える。。。ことから最高に幸せな状態。

 

どうして7つ?と思っていると英辞郎。

ユダヤ教、イスラム教では、月と太陽の他、目に見える惑星5つが天国の層を構成していると考えられていたのだとか。

人は死ぬと順番にその7つの層を巡り、最後の7番目で神に会える。

 

・・・死んでからも忙しそうだ。ふぅ〜

 

お話戻して、

7番目の上を行くとしたら・・・

I'm in eighth heaven.

なんて考えていて、あっと思い出した。

 

同じような意味で、

I'm on cloud nine.

なんていうのもありました。

こちらは、雲を9タイプに分類した1番上の層。

 

天国もいいけれど、

ノンちゃん雲に乗る、、、もなかなか気分良さそうだ。
 

 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.16 22:35

 

 
あるネイティブ講師と話をしていて、
 
 

 
英作文のgradingの仕事をしているのだけれど、1枚につき僅かな報酬。
 
 

 
大量にこなさなければ大した収入にはならない。
 
 

 
もうやめようかとも考えている・・・
 
 

 
 
 
 

 
なんてお話で、放った言葉が、
 
 

 
 
 
 

 
It's really a sweatshop.
 
 

 
 
 
 

 
sweat = 汗、から想像できるが、話の流れからして、
 
 

 
sweatshop = ブラック企業、がピッタリではないか?
 
 

 
 
 
 
 

 
そして英辞郎を見ていると、みごと「ブラック企業」の訳語が付いていた。
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.16 07:53

「俺のフレンチ」@銀座にて。
慣れない銀座に、慣れないフレンチ。
それでもカジュアルな雰囲気にすっかりテンション上がる。
 
メニューを見るのが苦手な私にとっては、一切おまかせの「闇鍋」ならぬ「闇フレンチ」。ポーションが小さく、リーズナブルなのであれこれ注文。
オーダー担当の本人も何を注文したのか忘れてしまう。
 
そんな中、我々の前に登場した謎の一品。
見ただけでは素材がわからず。。。
でも、一口食べてすかさずに私、
 
「あぁ〜蟹とウニのすり身ね!」
 
すると、注文担当者が爆笑。
「あ、あの、蟹とウニのテリーヌなんだけど」
 
ふん!同じじゃん。。。俺の呼び方だ!
 
俺のフレンチ
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.13 19:30

 

 
パーティーなどの席で、
 
 

 
Help yourself to the cake.
 
 

 
と言ったら、「どうぞ遠慮なくケーキを自由にお取りください」の意味。
 
 

 
 
 
 

 
このhelpって?と思い辞書を引いていると、
 
 

 
serve 「(料理など)をよそう」の意味であることに遭遇。
 
 

 
 
 
 

 
なので必ずしも、help oneself ... の形でなくても良い。
 
 

 
I'll help you to some ice cream.
 
 

 
「アイスクリームを取ってあげますよ」
 
 

 
They helped each other to the beer.
 
 

 
「ビールを酌み交わした」
 
 

 
 
 
 

 
そういえば、「おかわり」のことをsecond helpなんて言うのもこれだと今気づく。
 
 
 

 
わぁ〜〜helpって結構格好良いかも!
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.11 07:32

 

 
cannot help -ingで、「〜せずにはいられない」はよく知られている。
 
 

 
私も深くは考えずに丸暗記しましたが・・・
 
 

 
 
 
 

 
なんでhelpを使うのか?
 
 

 
実は「〜を助ける、手伝う」ばかりではなく、helpには「〜を避ける」の意味がある。
 
 

 
 
 
 

 
I couldn't help laughing.
 
 

 
「笑うのを避けられなかった」→「笑わずにはいられなかった」
 
 

 
 
 
 

 
でも、機械的に覚えてしまったのだから、それはそれで、、、
 
 

 
It can't be helped!
 
 
 

 
としておこう。
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.10 06:53

通訳ガイドをしている友人と話していて。
 
「私って、ガイドに向いていないのかも・・」
「どうして?」
「うまくいかなかったことが気になって気になって、、、週に5日ガイドするなんて考えられない〜」
 
真面目な性格の彼女ならではか、反省することで疲れてしまうらしい。
それで、あまり多く仕事を受けていないのだとか。
 
「じゃあ、もっと仕事入れちゃえば?そうすれば気にしている時間もなくなるから!」
 
確かに反省することは大切だけれど、そればかりでは前に進めない。
ちょっと振り返って、ちょっと反省。
そして、「次」のことを考える・・・
 
そうやって、私は20周年の年を迎えている。
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.09 16:49

 
 

 
たとえば「バスに乗る」を英語にしたい時、
 
 
 
 

 
get on a bus
 
 
 

 
take a bus
 
 
 
 

 
が考えられる。
 
 
 

 
日本語の「乗る」には2つの意味があるので間違えやすい。
 
 
 

 
そして、その違いを説明するのもなかなか難しい。
 
 
 
 

 
よく、get onは動作で、takeは状態だと言われるけれど、
 
 
 

 
ちょっとわかりにくいような。
 
 
 
 

 
もっと他の説明はできないか?
 
 
 
 

 
get onは、「〜に乗り込む」「〜に乗車する」。
 
 
 

 
バスならステップを上がる感じ。
 
 
 
 

 
takeは、「〜を交通手段として利用する」「〜に乗って移動する」。
 
 
 

 
go to - by busに言い換えられる感じ。
 
 
 
 

 
などと考えてみる。。。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.05.08 07:52

「11:30に開店です」
・・・これを英語にするとしたら、
 
The store opens (     ) 11:30.
The store is open (     ) 11:30.
 
空所に入る前置詞は?と以前あるクラスで聞いたことがあった。
 
openには動詞と形容詞があって、意味も違ってくる。
よく言われるのは、動詞は動作を表し、形容詞は状態を表す。。。
 
動詞は「点」、形容詞は「線」を表すとも言える。
 
The store opens at 11:30.
The store is open from 11:30.
 
これが「閉店」になると、
動詞はclose、形容詞は分詞の形でclosed。
 
店先の表示は、開店・閉店の状態(=線)なのだから、
やっぱり形容詞でないとね!
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
田中 亜由美
英語からはじまる世界が大好きです。いつまでも日々の新鮮な発見にわくわくしたい♪
TOEIC990点(全問正解)、英検1級、通訳案内士(英語)。
趣味は、ピアノ、小鳥、横浜散策など。
乙女座B型。

カレンダー

<<   2019年07月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ