2014.02.28 18:40

受験生の皆さん,東大入試,本当にお疲れさまでした! 本日は2014年度東大入試化学についての,Z会化学担当「ベガルタの13番」による分析・所感をお送りします(正式な入試分析結果については、後日別途お知らせいたします)。
 
(1)分量/難易度の変化(昨年度比)
分量:やや増加 / 難易度の変化:昨年並み
 
(2)特記事項
・例年通り,大問として理論1題,理論・無機1題,有機1題が出題された。また,各大問は2つの中問に分割され,実質6題の構成となっていた。
・計算過程を書かせる問題が減った。また,空欄補充や記号選択問題が増えた。
化学Ⅱの選択分野について,2009~2011年度の3年間は出題がなかったが,2012年度以降,3年連続で出題された(第3問Ⅰ,Ⅱ)。
 
《各問の分析》
第1問
 水素に関する総合問題  やや易
 水の状態の違いに気づけば,書くべき内容はすぐに思い浮かぶだろう(の問題文で水の蒸発熱が与えられていることもヒントになるだろう)。
 こちらも,原子核と電子との距離に気づけば問題なく解答できる。
 ヨウ化水素の反応速度  標準
 時間をかけずに解答したい。
 類題を解いたことがあるかどうかで差がついたであろう。
 
第2問
 酸化還元反応に関する問題  やや易
 有機化合物の酸化還元反応の化学反応式は,通常の酸化還元反応の化学反応式を作る手順で,一歩一歩冷静に対応すれば問題なく解答できる。
 過マンガン酸カリウムは触媒であることを素早く見抜きたい。
 硫化水素は還元剤として働くことに素早く気づきたい。
 
 アルカリ金属の塩の溶解度に関する問題  やや難
 問題文の内容を正しく理解する必要がある。ただし,理解さえできれば,それほど時間はかからないので,これらを手早く処理して,以降または他の問題に時間を使いたい(理解する時間がなければ,を秒殺して他の問題に時間を使うのもOK)。
 
第3問
 α-D-グルコースおよびその重合体に関する問題  やや難
 ここまで勉強している人は少ないかもしれない。「銀イオンが還元されるので,グルコースは酸化される」,「反応溶液がアルカリ性」ということから,正解にたどり着きたい。
 問題文中のヒントから解答できるので,確実に得点したい。
 
 ナイロン66(6,6-ナイロン)およびアミド結合をもつ高分子化合物  やや難
 問題文の注)をヒントに確実に解答したい。
 学校などで実際に実験をした経験がある人は難なく解けたであろう。
 Xはジカルボン酸,Yはジアミンなので,「(カルボキシ基の総数)÷2=ジカルボン酸の総数」,「(アミノ基の総数)÷2=ジアミンの総数」となることに気づくかどうかがポイント。
 
《総評》
第3問はⅠ,Ⅱともに高分子化合物を扱っており,東大受験生には嫌な出題だったであろう。今後も高分子化合物については注意しておいた方がいいだろう。
第1問,第2問Ⅰでいかに得点を確保し,第2問Ⅱ,第3問でどれだけ得点を稼げたかが,高得点のカギになるだろう。試験時間に対して問題量が多いので,解ける問題を確実に解き,得点を積み上げていくことが大切である。
 
《新高3生のみなさんへ》
東大化学では,高校化学の基本に重点をおきつつも,見慣れない題材を扱う問題が出題されます。見た目で惑わされたり慌てたりしないように,普段から基本をしっかりと押さえつつ,柔軟な応用力を身につける必要があります。柔軟な応用力を身につけるためには,基本事項の根本的な理解と,いろいろなパターンの問題演習が必要になります。来春の合格を目指す新高3生の方,Z会といっしょにがんばりましょう!
 
*********これから東大をめざす高1高2生にオススメなのが↓↓*************
【新高3生(現高2生)向け】
★通信教育:特講「大学受験勉強スタート」シリーズ★
★Z会東大・京大テストゼミ★
★映像コース:新高3生対象講座★
 
【新高1生(現中3生)&新高2生(現高1生)向け】
★通信教育:専科「東大総合演習」★(英数国のみ)
 
【新高1生~新高3生向け】
★通信教育:本科・専科「高1高2生向けコース」
        本科・専科「大学受験生向けコース」
★映像コース★
Tags :
理科
東大
2014
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2020年09月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着記事

月別アーカイブ