print(”Z会@プログラミング”)

Z会もプログラミング教育、始めます。
ぼちぼちとプログラミングについて書いていきます。

2017.06.18 10:40

こんにちは。プログラミング担当のツルミです。

Z会の提案が採択された、総務省の「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業についてです。

(参考)
若年層に対するプログラミング教育の普及推進(平成28年度~)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/jakunensou.html

Z会の提案では、レゴエデュケーション(R)マインドストーム(R)EV3を用いた「プログラミング教育」を行います。ただし、他の事業者様との差別化ポイントは

マインドストームを用いた「制御」「設計」に重きを置くのではなく、そうしたものを学ぶ過程に重きを置く

という点です。マインドストームの制御も学びますが、それを学ぶ過程で「類推する力」であるとか、「状況を整理する力」を身につけてほしいと考えています。

ですので、マインドストームの制御そのものは、本当に基本的なところしか学びません。ですので、「マインドストーム」を通じたアウトプットは、それほどレベルの高いものにはならないでしょう。しかし、学ぶ過程での思考は、他の事業者様とは違った力が身につくものと考えています。そうした力が身についたことをアピールできるようなアウトプットを考えています。

特に実証実験を行う浜松の学校は、マインドストームの制御・操作に長けた児童もいます。そうした児童にもこの実証実験が、何かしらのプラスになるものでなければならない。そう考えたとき、なかなかにチャレンジングなものになるなとの思いもあります。それでも、われわれはやらねばなりません。

まさに、実証「実験」です。
Tags :
Z会の教材・サービス
プログラミング教育
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
Z会プログラミング担当
賛否両論の「プログラミング教育」。Z会としてどう提供していくのか!!

……なんて堅苦しい話題はこちらにおいといて、「プログラミング」のいろいろなおはなしを書いていきます。も、もちろん、ときには真面目な話もしますよ?

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着記事

月別アーカイブ