Z会ブログトップへ

2014.06.01 09:00

  photo

  時間の経過は早いもので、もうすでに6月。4月の新入生たちが、何年も前からいたようにすっかり学校生活に慣れ、溶け込んだ状態になる頃です。

  また、6月の日本は生命を育む水の季節(梅雨)でもありますが、気温の上昇に加えて湿度も高くなりますので、体調管理には十分な注意が必要な時季でもあります。

 

  さて半月ほど前、数冊の本に触発されて、『陸と海と』(カール・シュミット;慈学社)という本を買いました。

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

社長メッセージ

ソーシャルブックマーク:

2014.05.01 09:00

  photo

 今年のGWは飛び石連休となっていて、遠出するよりも自宅の近くでゆっくりされる方が多いとの報道がありましたが、皆さんはいかがですか。
 GW後半の天気も良いようですので、気分転換のためにちょっと外出するのもいいですね。それでも、毎日外出というわけにはゆきませんので、読もうと思って買い求めていた本のページを開くことも良いかも知れません。
 
 ここ1年余りの私のマイ・ブームは「散逸構造」です。
 量子力学の創始者のひとりであるシュレーディンガーが、晩年の講演内容を出版したものに『生命とは何か』という本があります。この本のテーマの一つが、熱力学のエントロピー増大の法則を否定するような生命現象の不思議だったのですが、それを開放系の定常状態という考え方で説明したのが、イリヤ・プリゴジンというノーベル賞化学者です。

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

社長メッセージ

ソーシャルブックマーク:

2014.04.01 09:00

  photo

  伊豆半島の平野部では、早咲きで有名な河津桜がすっかり散ってしまいました。季節の移ろいを感じる日本人に特徴的なものの考え方に改めて瞠目するとともに、やはり、新たな可能性の広がりを感じる季節としての“春”の在り難さを実感させられます。
 
 「ものの考え方」を、複数の選択肢の中から1つを選ぶ基準である「価値観」と置き換えていいかも知れません。他の考え方を許容しない傾向を持つものもありますが、何を大切にするかは、個人ごとに差異があるのが普通です。さらに、国とか地域レベルでの差異も確かに存在していて、それが文化の核を形成しているのではないかと思っています。
 ひとつの文化の中で、生まれ、育ち、暮らすことによって、文化に根差した感性が養われます。日本という国に生きる私たちは、個人ごとに差はあるものの、日本人としての感性を身に付けています。3年前の東日本大地震に際して、被災された人たちの冷静で協力的な行動が、多くの国の人々から賞賛されたのもそのうちの一つではないでしょうか。
 

 手元の語源辞典でintellect(知性)を調べますと、

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

社長メッセージ

ソーシャルブックマーク:

2014.03.01 09:00

  photo
 先月後半では、東日本を中心に数十年ぶりの大雪に見舞われ、物流・交通や電気などの社会基盤に大きな影響が出ました。
 Z会においても、通信教育教材の配送などで一部の会員の方にはご迷惑をお掛けしました。特に、受験の最中にもかかわらず、添削済み答案の返送にも影響が出ましたのは痛恨の極みです。この場を借りまして、深くお詫び申し上げます。
 
 さて、1月末に、2016年度から東大で導入される推薦入試の概要が公表されました。
⇒ 平成28年度推薦入試について
 最大100人の募集、各校男女1名の最大2名までの推薦枠、基礎学力を担保するセンター試験8割以上など、従来とは少し趣の異なる推薦入試枠も、東大ならではの工夫でしょう。

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

社長メッセージ

ソーシャルブックマーク:

2014.02.01 09:00




 

 photo

 今年は、寒さの厳しい冬になりました。入試ハイタイムのこの時期ですから、降雪やインフルエンザ・風邪など、健康や身の回りの状況にも十分な注意を払う必要があります。
 先週のテレビで、今年のインフルエンザはA香港型、B型、新型の3つが同じ程度報告されているとの報道がありました。今年は、最悪3回インフルエンザに罹るとのコメントも紹介されていましたので、特に、受験生の皆さんは十分に注意してください。外出時のマスク着用、手洗いは必須ではないでしょうか。
 
 さて、センター試験の難易は平均点で語られることが多くあります。今年の中間発表を見ると、100点満点換算平均点が昨年比で大きく変わった教科・科目があります。数学IAの+12.27点もあれば、地学Iの-16.37点もあります。
 中間集計の平均点ですからまだまだ変化する余地はありますが、入試の合否は素点の合計で決まることが多くありますので、同一教科内でも平均点が下がった科目を選択した受験生は、ちょっと慌てることになるかも知れません。
 

 ところが…

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

社長メッセージ

ソーシャルブックマーク:

2014.01.06 09:00


 photo

明けまして、おめでとうございます。今年の干支である馬には、力強く、早く、遠くへ駆けてゆくイメージがありますが、それが成長・発展につながって、今年は良い年になりそうな予感がします。

 今年も一年間、私のメッセージによろしくお付き合いください。
 
 さて私事ですが、昨年11月に、やっとスマホユーザーになりました。ネット検索はパソコンで十分ですし、携帯電話でも電車の時刻検索はできましたので、不自由を感じていなかったのですが、インターフェイスの良さやスピードなどに魅力を感じたため、変更しました。
 インターネット上で、様々な情報を瞬時に手にできるようになって、私たちの生活は一変しました。教育の世界でも、「問題発見-解決能力の育成」という文脈で、ネットを使った調べ学習や、本の中の年単位の過去の話ではなく、リアルタイムで海外の子供たちとのコミュニケーションを取る授業までもが実現しました。
 

 しかし一方で、手軽に集められる情報のつぎはぎで止まってしまっているという話も、よく耳にするようになりました

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

社長メッセージ

ソーシャルブックマーク:

2013.12.02 09:00

株式会社Z会 代表取締役社長の西村稔より、2013年12月のメッセージをお届けします。

photo



 12月の声を聞いて、寒さが一入身に染みるように感じられるようになりました。このような季節の中でも熱気に溢れているのが、受験生の周囲ですね。

 推薦やAOは選抜が進んでいますし、私立中高の入試は年明けから本格化し、大学入試センターの本試験は1月18・19日と、1カ月半余り先の実施です。

 言い古されていることですが、この時期の受験生にとって一番大事なのが、健康管理ですね。体調が万全でないと受験勉強も頑張れませんし、試験当日の成果も期待できなくなってしまいます。睡眠時間、食事、適度な運動、寒暖差などには、気をつけてください。

 二つ目に大事なことは、

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

社長メッセージ

ソーシャルブックマーク:

2013.11.01 18:32

株式会社Z会 代表取締役社長の西村稔より、2013年11月のメッセージをお届けします。

 

photo

 

 例年ならさわやかな秋風に身を包まれる時季ですが、先月は大型の台風が多く日本に接近し、風雨や大きな温度変化に悩まされました。このたびの台風による被害につきまして謹んでお見舞い申し上げます。教材が使えない、破損・汚損してしまった等のご不自由やご要望がございましたら、お客様センターまでご連絡ください。

 ~Z会員の皆様へ このたびの台風による被害につきまして謹んでお見舞い申し上げます~
 
 さて今回は、Z会内で共通の話題になっている「受験勉強の入口と出口」の話をしたいと思います。私が初めて「入口・出口」に触れたのは、35年ほど前の入社当時のことで、それ以来、常にこのことを念頭に置きながら、Z会での仕事をしてきました。
 
 受験勉強の入口・出口を図示すれば下のようになりますが、要点は至って簡単明瞭です。学習初期は他者の力を借りて行うinput学習が中心であり、学習が進むにつれて、学んだこと自体やそれを応用するというoutput学習に移行しなければならないということです。
 

・・・・・

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

 

社長メッセージ

 
ソーシャルブックマーク:

2013.10.01 09:00

株式会社Z会 代表取締役社長の西村稔より、2013年10月のメッセージをお届けします。
 
 
photo
 
 
 9月下旬に日本に近づいた台風の影響で、猛暑日が続いた9月上旬までと異なり、急に秋めいた陽気になりました。涼しくなったとたん、鼻にムズムズ感が出てきました。どうも秋の草花の影響らしいのですが、これから2カ月ほどは鼻炎に悩まされそうです。
 寒さの到来とともに、私の鼻炎も小康状態になるのですが、「寒さが待ちどおしい」とはちょっと馴染みのない言い回しだなと思いながら、読みかけのままの『「待つ」ということ』(鷲田清一、角川選書)という本を手にしていました。
 
 十数年前、高校生の保護者の方向けに、「子どもの成長を待つことができるのは、保護者だけですよ」という話を何回かさせて貰ったのですが、数年たってこの本を偶然見かけ、タイトルに惹かれて衝動買いをしました。・・・・・
 
 ↓ 続きはこちらから ↓
 
社長メッセージ
 
ソーシャルブックマーク:

2013.09.01 09:00

 
 
株式会社Z会 代表取締役社長の西村稔より、2013年9月のメッセージをお届けします。
 
 
photo
 
 9月になりましたが、まだまだ暑い日が続いています。今夏の猛暑は記録づくめでしたので、秋のさわやかな風が待ち遠しく思えます。
 一方で、集中豪雨による被害も続発していますが、亡くなった方や被災された方のことを思うと、心が痛みます。元に戻すことはできませんが、一刻も早く、悲しみや困難を乗り越えられますようにと、願わずにはいられません。
 
 さて、先月のことですが、アメリカ大リーグでプレーしているイチロー選手が、日米通算4,000本安打を達成したとの明るいニュースが届きました。20年近く前、イチロー選手にZ会の新聞広告出演をお願いした経緯もあって、彼が活躍する姿を見るにつけ、ついつい手をたたいて応援してしまいます。
 それにしても、4,000本安打とは立派なものです。まだ数年は現役を続けられるでしょうから、日米通算で世界一の安打を記録するのはほぼ間違いないと思われます。・・・・・
 
 ↓ 続きはこちらから ↓
 
社長メッセージ
 
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
Z会広報担当

カレンダー

<<   2019年09月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ