Z会ブログトップへ

2011.09.27 14:41

~~これからの「未来」を生きる若い世代のみなさんへ、
大人たちからのメッセージをお伝えします~~


弁護士 紅山 綾香さん
(広島みらい法律事務所)
弁護士 紅山 綾香氏

■ 自己紹介が苦手だった私
 「紅山綾香です」「めずらしい名前ね!」と、毎回繰り返される相手の反応がいやで、子どもの頃の私は、自己紹介がとてもきらいでした。決して目立つタイプではない私自身と、「めずらしい名前」の間に大きなギャップを感じていたのです。
 母はよく、親子向けのステージイベントに連れていってくれました。バレエを習っていたこともあって、映画や音楽よりも、舞台の上に人が出てきて、目の前で演じる、舞台の魅力に惹かれました。中学では演劇部に所属していましたが、舞台に上がることよりも、演出をしたり、脚本を書いたりすることが好きで、将来は脚本家になりたいと思っていました。

■ 弁護士になった私
 法学部に進学しましたが、友人に誘われて参加した模擬裁判のサークルが、法曹の道を選ぶきっかけだったと思います。卒業後の進路を考えたとき、自分自身の成果や評価のために働き続ける自信が、私にはありませんでした。困っている誰かのために働く弁護士なら、自分のために働くよりも、やる気を持ち続けられるのではないかと考えたのです。
 私は、弁護士は通訳のような仕事だと思っています。依頼人の方は、大きなトラブルを抱え、精神的に混乱している場合もめずらしくありません。トラブルの状況や依頼人の言い分を、裁判所で公正に取り扱える言葉に翻訳すること。さらに、法律の専門家ではない依頼人が理解できるよう、状況を整理して説明することの両方が、弁護士には求められます。どんなに難しい法律の知識を持っていても、相手に伝わらなければ何の役にも立ちません。書類や弁論といった「ことば」を使って、相手の理解を得ることは、私が憧れていた脚本家の仕事にも通じる部分があるような気がします。

■ 私にとって未来とは
 現代の日本にも、社会的に恵まれない境遇の下で、手助けを必要としている人がたしかに存在します。まず、その現実に目を向けなくてはなりません。自己責任ということが強く謳われますが、なにかのタイミングで困難な立場に追い込まれてしまう可能性は、誰にでもあるのです。
 自分の力ではどうすることもできない状況にある人に、「あなたがしっかりしないからいけない」と言い立てることでは、解決に近づかないのではないかな、と思います。困難を抱えている人を、周囲が理解し、支援し、人と人がお互いに支えあっていく未来になるように。制度面を含めて、社会全体がそうなることを心から望んでいます。

■ 未来を生きる人たちへ
 私ははじめから「弁護士になりたい」という明確な希望を持っていたわけではありません。高校の先生が法学部を進路として薦めてくれたときも、友達の参加しているサークルを見に行ってみたときも、理屈はなにもありませんでした。ただ、今振り返って、特に根拠もないのに、意外と迷いなく決められた決断が、将来につながっている気がします。
 大切なのは、素直に「これだ!」と思えるタイミングを逃さないこと。そして、一度自分で決めたことは、決して他人のせいにしないでほしいと思います。様々なトラブルに直面して、誰かを恨んだり、憎んだりせずにいられない方も、何人も見てきました。そんなとき私は、恨んでも憎んでも、相手を100%自分の思い通りに変えさせることはできないんだ、と話します。お金でも、法律でも、人の心を思い通りにはできないのが現実。他人を責める気持ちを捨てたとき、人は、新しい未来へ前向きに歩き出せるのだと思います。

-----
あのころの未来

プロローグ
第1回 社長
第2回 シェフ
第3回 薬剤師さん
第4回 ミュージシャン
第5回 看護師さん
第6回 おかあさん
第7回 弁護士さん
第8回 お花屋さん
第9回 絵描きさん
Tags :
広報
80th
ソーシャルブックマーク:

2011.09.20 15:17

~~これからの「未来」を生きる若い世代のみなさんへ、
大人たちからのメッセージをお伝えします~~


おかあさん 山元 玲子さん
山元 玲子氏

■ さみしがりやだった私
 両親が共働きで、もともとさみしがりやの性格だったため、家でひとりじっと勉強しているのが嫌な子どもでした。それもあってか、親になった今は「子どものそばにいたい」という思いがとても強いです。他方、「勉強しなさい」と口うるさく言われたり、「あれはいけない」「これはだめ」と頭ごなしに叱られた記憶はありません。のびのびというか放任というか。それは、今の自分にも自然と引き継がれている部分だと思います。

■ おかあさんになった私
 もともとは会社員として働いていましたが、結婚を機に退職し、以降、3人の子どもの母親業に専念しています。
 いつも考えているのは、「子どもに自分の理想を押し付けない」ということ。「この子を誰々さんのように育てよう」などとは、あまり考えてこなかったです。「なるようになる」とか「子どもが助けてくれる」とか考えるほうがいいと思うんです。育児について説いた本などは楽しく読んでいましたけど、本は本であって、自分とは違うと思っていました。おかげで、あまり思いつめずに済んだのかもしれません。
 育児に悩まれているお母さんは、自分だけで育てるのではなくて、家族みんなで育てるんだと考えるといいんじゃないかなと思います。その方が自分も楽になりますし、お母さんの意見だけでなく、お父さんや周りの大人の意見も聞けた方が、子どもにとってもいいでしょう。「仕事が大変なのもわかるけど、子育てはこんなに面白いんだよ」って、忙しいお父さんにも伝えたいですね。

■ 私にとって未来とは
 日々目の前にやってきたことを受け入れて、今まで生きてきたので、これから自分がどうなっていくのか…なんてことは考えたことがなかったですね。子育てに関しても「なるようになる」と考えて、夫や子どもたちに助けられながらここまできましたから、これからもそういう風にして進んでいくのではないかと思います。

■ 未来を生きる人たちへ
 時代はこれからもどんどん便利になっていくと思いますが、本来の人間らしいあたたかさ、思いやりは忘れないでほしいし、育てていかなきゃいけないと思っています。私は子どもたちに対して、「勉強しなさい」と口うるさく言うことはありませんが、人としてきちんとしてほしいことについては教えてきたつもりです。たとえば、「人に迷惑をかけない」「親に変な隠し事をしない」「あいさつをしっかりする」「ちゃんと歯を磨く」「忘れ物をしない」なんていうことです。勉強ができる、知識がたくさんあるということ以前に、忘れてはいけないことだと思っています。親や学校、周囲の大人など、どこかしらで接する大人が子どもに教えてあげられる社会でありたいですね。

-----
あのころの未来

プロローグ
第1回 社長
第2回 シェフ
第3回 薬剤師さん
第4回 ミュージシャン
第5回 看護師さん
第6回 おかあさん
第7回 弁護士さん
第8回 お花屋さん
第9回 絵描きさん
Tags :
広報
80th
ソーシャルブックマーク:

2011.09.16 16:01

中高一貫校 学校案内送付サービス

Z会の通信教育中学生向けでは、私立中高一貫校の学校案内を無料で送付するサービスを行っています。学校案内はZ会の資料と合わせてお送りします。

【対象校】
愛知県:滝中学校・滝高等学校
大阪府:高槻中学校・高槻高等等学校
京都府:洛南高等学校・洛南高等学校附属中学校
奈良県:西大和学園中学校・高等学校
和歌山県:開智中学校・高等学校
兵庫県:滝川中学校・滝川高等学校/滝川第ニ中学校・滝川第二高等学校
香川県:香川誠陵中学・高等学校
高知県:土佐塾中高等学校
宮崎県:宮崎日大中学校・宮崎日大高等学校
鹿児島県:志學館中等部・高等部/ラ・サール中学校・高等学校

中高一貫校 学校案内送付サービス
http://www.zkai.co.jp/jr/delivery.html

Tags :
幼児・小学生
中学生
Z会の教材・サービス
ソーシャルブックマーク:

2011.09.15 19:22

ただいま、「第2回東大即応オープン」「第2回京大即応オープン」「阪大即応オープン」(ともに2011年11月実施)の申し込みを受け付けております。

入試傾向を的確に捉えた問題、Z会によるフォローアップ添削など、Z会と河合塾ならではの模試です。本番さながらの質と規模の模試を、入試本番前の予行練習として、ぜひ有効活用してください!

*お申し込みは高1・高2生向け、大学受験生向けの通信教育の会員の方及び教室の会員の方限定となります。

詳しくはこちらへ↓
http://www.zkai.co.jp/home/moshi/
Tags :
大学受験
東大・京大
Z会の教材・サービス
ソーシャルブックマーク:

2011.09.13 11:42

80thあのころの未来(第5回)数学が苦手だったわたし
~~これからの「未来」を生きる若い世代のみなさんへ、
大人たちからのメッセージをお伝えします~~


看護師 荻島 和美さん
(岡村記念病院)
看護師・荻島和美氏

■ 数学が苦手だったわたし
 高校で理系のクラスにはいたものの、私は数学がとても苦手でした。看護師の道を選んだきっかけは、ちょうど進路選択の時期に、友達に誘われてナース体験のイベントに参加したことです。生涯続けられる専門職に就きたいという思いもあって、看護学科に進みました。
 看護学生時代の一番の思い出は、実習です。学校では、毎日が同じことの繰り返しだけれど、医療の現場では、患者さんの身体は日々刻々と変わります。昨日は歩けなかった患者さんが今日は歩けるまで回復しているかと思えば、今日重体の患者さんは、明日にはもう生きていないかもしれない。卒業後に就職した大学病院の現場では、目まぐるしい毎日についていくのに精一杯だったことを覚えています。

■ 看護師になったわたし
 看護師の仕事は、患者さん、医師、リハビリスタッフなど、治療に関わる人たちの橋渡しのような役割だと思います。たとえば「お手洗いくらいは自分で歩いて行きたい」と思っていても、医師にその希望を素直に伝えられずにいる入院患者さんもいます。私は、心臓循環器科で働いていますが、心臓の病気を抱える方の中には、長く患う慢性の患者さんも多く、治療のためにこれまでの生活スタイルを犠牲にしなければならないことがあるのです。我慢をしながら病気とつきあっていく生活のなかで、叶えられる望みは実現してあげたいと考えています。一方で、患者さんに厳しく接しなければならない場面もあって「白衣の天使」なんて優しげなイメージからは程遠いのが現実です。
 でも、全ては患者さんが一日も早くよくなって欲しいという願いからのこと。患者さんにとってベストな判断は毎日違います。それを考えることは面白いと思いますし、なにより患者さんのためになることに直接関わっていける喜びがあります。

■ わたしにとって未来とは
 未来は明るくあってほしいですね。私自身、子どもの頃は自分が看護師になるなんて思っていませんでした。親にも「あなたが看護師になるなんて」と言われるくらいです。でも今は、10年後、20年後にも看護の仕事をしていたいと思っています。診療科ごとに様々な現場があって、病院の外には訪問看護など多様な働き方がありますが、形が変わってもこの仕事を続けていきたいと思っています。最近は、子育てが一段落してから、看護師の資格をとるために勉強している人もいて、そんな姿を見ると頼もしく思います。

■ 未来を生きる人たちへ
 はじめは心臓循環器科なんて私にはできないんじゃないか、という気持ちもありましたが、働いてみたら意外と合っていると感じたものです。できるかできないかは、実際にやってみなければわからないことが多いと思います。
 できないかもしれない、あるいは、やりたいことがないなんていう考えは悲しいし、そう考えてしまうのは、絶対に損です。私は旅行が好きで、全国の知らないところへ出かけるのをいつも楽しみにしています。子どもたちには、見たことのない世界を見てみよう、という経験を特に大切にしてほしいな、と思います。

-----
あのころの未来

プロローグ
第1回 社長
第2回 シェフ
第3回 薬剤師さん
第4回 ミュージシャン
第5回 看護師さん
第6回 おかあさん
第7回 弁護士さん
第8回 お花屋さん
第9回 絵描きさん
Tags :
広報
80th
ソーシャルブックマーク:

2011.09.09 17:06

即応短期演習シリーズ
Z会では、東京大学、京都大学、大阪大学、東京工業大学、一橋大学を目指す高3生・大学受験生向けの添削指導付き教材「即応短期演習シリーズ」の申込受付を開始しています。それぞれ大学の入試に即した分量・形式・難易度で、本番さながらの演習に取り組むことができるため、「本番に効く力」を養成できます。

即応短期演習シリーズ
http://www.zkai.co.jp/high/juken/s_tanki/


■講座ラインナップ
※2010年度の「大学別・合格答練シリーズ」と内容が重複する講座があります。
[東大 対策用講座]
東大英語/東大文系数学/東大理系数学/東大文系国語/東大理系国語/東大物理/東大化学/東大生物/東大日本史/東大世界史/東大地理

[京大 対策用講座]
京大英語/京大文系数学/京大理系数学/京大文系国語/京大理系国語/京大物理/京大化学

[阪大 対策用講座]
阪大英語/阪大文系数学/阪大理系数学/阪大国語/阪大物理/阪大化学

[東工大 対策用講座]
東工大英語/東工大数学/東工大物理/東工大化学

[一橋大 対策用講座]
一橋大英語/一橋大数学/一橋大国語
Tags :
大学受験
東大・京大
英語
国語
数学・算数
ソーシャルブックマーク:

2011.09.08 18:52

ucul_京阪神

Z会特別協賛ウーカルTVでは、2011年夏におこなった「京都大学・大阪大学・神戸大学 合同大学説明会」の様子を動画でご紹介しています。京大・阪大・神大を目指す皆様、ぜひご覧ください。

ウーカルTV:京都大学・大阪大学・神戸大学 合同大学説明会
http://ucul.tv/live/kansai/

Tags :
大学受験
東大・京大
阪大
神大
ソーシャルブックマーク:

2011.09.06 19:27

絵本プレゼントキャンペーン

幼児コース・小学生コースでは、2011年9月1日より、「Z会が選ぶ絵本プレゼントキャンペーン」をスタートしました。幼児期のお子さまに読んでいただきたい10冊の絵本の中からご希望の絵本1冊を、合計500名様にお届けするします。また、応募者全員に絵本ガイドブックをプレゼントします。締切は2011年10月15日。お見逃しなく!

プレゼント対象の絵本ラインナップ
【3・4・5歳のときに読んでおきたい絵本】
・くまのアーネストおじさん あめのひのピクニック(BL出版)
・ピッツァぼうや(セーラー出版)
・じぶんでつくる6さいまでの アルバム(福音館書店)
・はっけんずかん むし(学研)
・かぞえて みよう(講談社)

【小学生になる前に読んでおきたい絵本】
・ひみつのカレーライス(アリス館)
・もっちゃうもっちゃう もうもっちゃう(徳間書店)
・はじめてのうちゅうえほん(パイ インターナショナル)
・プータン いまなんじ?(JULA出版局)
・続 しごとば(ブロンズ新社)

応募方法については、下記を参照してください。

▼Z会が選ぶ絵本プレゼントキャンペーン
 PC版:http://www.zkai.co.jp/el/ehon/
 モバイル:http://www.zkai.co.jp/el/m_ehon/
Tags :
幼児・小学生
キャンペーン
ehon
ソーシャルブックマーク:

2011.09.06 14:25

80thあのころの未来(第4回)内気でマイペースだったボク
~~これからの「未来」を生きる若い世代のみなさんへ、
大人たちからのメッセージをお伝えします~~


ミュージシャン 箕輪 一広さん
ミュージシャン 箕輪 一広さん

■ 内気でマイペースだったボク
 小さい頃の自分は、一人でコツコツ絵を描いているようなタイプ。思えば、お菓子の缶カラをたたいたりするのは好きだったかなと思います。「音楽をやりたい」と思ったのは、中学、高校のとき。お友達がバンドをやっている様子を見て、いいなと思ったんです。初めてやった楽器はドラムで、その後、ベースに変更しました。目立ちたいからバンドをやるというよりも、人と一緒に音を出したいという気持ちでした。基本的に一人が好きなんですけど、昔から、音楽は人とやりたいし、人と共有したいと思っていました。
 高校を卒業してからしばらくは、今でいうフリーターで、アルバイトを転々としていました。音楽をやるためにアルバイトをするという日々でした。当時はあまり深刻には考えず、「24、25才ぐらいになったら何か定職につけばいいか」ぐらいに思っていました。

■ ミュージシャンになったボク
 22才のとき、偶然、道が開けてきました。知り合いにプロミュージシャンの人がいて、その方の紹介で初仕事が来たのです。そのまま順風満帆、というわけにもいかず、アルバイトも並行して続けていましたが、少しずつ仕事が増えて、20代後半になって、ようやく音楽だけで食べていけるようになりました。
 30代後半ごろ、転機が訪れました。ベーシストとしての仕事が忙しくなるにつれ、だんだん、好きでやっているというよりも、お金のためにやっているという状態に陥ってしまったんです。音楽に対する、最初の純粋な気持ちを見失ってしまった時期でした。
 そんな中、ふとしたことでオーストラリアの民族楽器、ディジュリドゥーに出会ったんです。「ブウォー」という原始的な音を聞いて、音楽を始めたころの、鳥肌が立つような気持ちがよみがえってきました。「これってあのときのあの感じだ!」と思いましたね。
こうして、民族楽器の世界に徐々にのめり込むようになりました。素朴な音色に身を委ねていると、気持ちがリセットされ、再び音楽への情熱がよみがえると同時に、また新たな道も開けていきました。

■ ボクにとって未来とは
 私の人生はずっと、ひとつのことに固執しないで、「今」楽しいことをやっていたら、それがうまく未来につながっていったという感じです。これからも、何に出会うかわからないなと思っています。

■ 未来を生きる人たちへ
 自分の気持ちに素直になるのが大事だと思います。本当にやりたいことはどこかにきっとあるはずですが、「自分には無理」ってフタをしてしまいがち。でも、あんまり結果にとらわれすぎないでやってみると、いいことがあるんじゃないかなと思います。

-----
あのころの未来

プロローグ
第1回 社長
第2回 シェフ
第3回 薬剤師さん
第4回 ミュージシャン
第5回 看護師さん
第6回 おかあさん
第7回 弁護士さん
第8回 お花屋さん
第9回 絵描きさん
Tags :
広報
80th
ソーシャルブックマーク:

2011.09.01 10:33

株式会社Z会 代表取締役社長の西村稔より、2011年9月のメッセージをお届けします。

 9月になりましたが、夏の暑さがまだ続いています。秋風が吹くころになると、疲れた体が休みたいと言い出すことが多くなります。そろそろ、体を労わって勉強に集中する態勢作りをしなければならないのですが、皆さんはいかがですか。生活のリズムやパターンを変更するには、意識的に対応する必要があることを思い出してください。

 さて7月に、受験生の方には、志望校の過去問にあたって欲しいとお願いしましたが、いかがだったでしょうか。夏休みまでは、どちらかと言えば基礎力の充実・底上げに力点が置かれるのが普通ですが、9月からは、・・・


続きはこちらから↓
UXBM1U3P62.jpg
Tags :
総合
社長メッセージ
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
Z会広報担当

カレンダー

<<   2011年09月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ