Z会ブログトップへ

2014.04.01 09:00

  photo

  伊豆半島の平野部では、早咲きで有名な河津桜がすっかり散ってしまいました。季節の移ろいを感じる日本人に特徴的なものの考え方に改めて瞠目するとともに、やはり、新たな可能性の広がりを感じる季節としての“春”の在り難さを実感させられます。
 
 「ものの考え方」を、複数の選択肢の中から1つを選ぶ基準である「価値観」と置き換えていいかも知れません。他の考え方を許容しない傾向を持つものもありますが、何を大切にするかは、個人ごとに差異があるのが普通です。さらに、国とか地域レベルでの差異も確かに存在していて、それが文化の核を形成しているのではないかと思っています。
 ひとつの文化の中で、生まれ、育ち、暮らすことによって、文化に根差した感性が養われます。日本という国に生きる私たちは、個人ごとに差はあるものの、日本人としての感性を身に付けています。3年前の東日本大地震に際して、被災された人たちの冷静で協力的な行動が、多くの国の人々から賞賛されたのもそのうちの一つではないでしょうか。
 

 手元の語源辞典でintellect(知性)を調べますと、

 

 ↓ 続きはこちらから ↓

社長メッセージ

Tags :
社長メッセージ
お知らせ
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
※トラックバックはブログ管理者による確認後、ブログに反映されます。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
Z会広報担当

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ