みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2016.08.27 16:02

みなさん、こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのイシハラです。
 
8/21(日)に「入試改革研究会+総合ゼミ体験会」の第2回を開催しました。
8/7(日)の第1回よりも多くの方々にご参加いただき、「総合ゼミ体験会」での意見交換も大変活発に行われていました!
取り扱うテーマは第1回と同じものでしたが、参加者やグループのメンバーが変われば、話も様々な方向に発展していくものです。今回のレポートでは、8/21に行われた意見交換の様子を共有します。
 
 

■「総合ゼミ体験会」実施レポート

[対象]:中1~3生および保護者の方

 
「総合ゼミ体験会」では通信教育の専科「総合」を題材に、情報整理のしかた、視点の広げ方、意見の伝え方を学び合いました。参加された中学生の皆さんは、お互いに意見を出し合うことで、自分だけでは気が付くことのできなかった“新たな視点”を得ることもできたようでした。
 
第1回に引き続き、テーマは「常識を疑え」。
普段私たちが「常識」だと考えていることは、ある特定の場所、あるいは現在やある特定の時間でしか通用しないのではないか、ということについて考え、意見を出し合いました。
 
例えば、「家の中で靴を脱ぐこと」について。
 
 
私たち日本人からすると家の中で靴を脱ぐことは常識かもしれないけれど、海外では家の中でも靴を履いているよね。だから、これは「ある特定の場所でしか通用しない常識」だと思う。
 
そうだね。でも、これは日本では常識と言い切れるのかな?
 
うーん、どうなんだろう?
 
縄文時代や弥生時代では靴を脱ぐ習慣はなかったんじゃない?
 
そうかもしれない。となると、これは「ある特定の時間でしか通用しない常識」とも言えそうだね。
 
実際、靴を脱ぐ習慣はいつ生まれたのだろう?
 
平安時代じゃないかな?
 
そう考える理由はなに?
 
国風文化が生まれたのは平安時代だから、こういう日本ならではの風習が生まれたのかもしれない、と思って。
 
なるほど、調べてみたら面白そう!
 
 
・・・このように「家の中で靴を脱ぐことは常識かどうか」ということから議論が発展し、そこから“新たな問い”が生まれていました(第1回のものとは別の視点からの問いですよね)。
このような”新たな問い”を自ら生み出せるようになることが、ゼミの目的のひとつでもあります。
自分の意見を発信し、聞いてもらう。そして疑問を投げかけてもらうことで、新たな考えが生まれる。
今回の「総合ゼミ体験会」ではこれを実感してもらえたのではないかと思います。
 
 
このほかにも「観光地はきれい」、「一日三食食べられる」、「病気になったら病院へ行く」、「水道水をそのまま飲むことができる」など、様々な題について、これらは常識といえないのではないか、と意見が交わされていました。
 
 
 
リベラレスの「専科総合ゼミ」では、正解のない問題に取り組む姿勢や論理的に考える力を身につけ、他人の意見を受けて自分の考えを深め、それを相手に伝える機会を得ることができます。こうして身についた力は大学受験のみならず、その先の大学での勉強や社会人生活でも生きるものとなるでしょう。
 
リベラレスでは9月以降「専科総合ゼミ」を毎月開講予定です。通信教育の専科「総合」だけではなかなか進まないという方も、直接意見交換する場がほしいという方も大歓迎です!
ご興味のある方は、お電話でも直接足を運んでいただいても構いません。一度リベラレスまでお問い合わせください!
 
 
TEL:03-6262-9777
OPEN:13:00~21:00(月曜日~木曜日 休室日を除く)
 
 
0821_総合ゼミ
 
 
ソーシャルブックマーク:

2016.08.16 10:51

みなさん、こんにちは。リベラレススタッフのツルミです。

 

前回記事、

■「入試改革研究会」実施レポート

に引き続き、今回は「総合ゼミ体験会」のレポートです。

 

 

■「総合ゼミ体験会」実施レポート

[対象]:中1~3生および保護者の方

 

Z会では「総合」という講座を開講しています。教科の枠を超えて、与えられた資料を読み、疑問を持ち、考え、「論理的に答えを導き出す」ことを目的とした講座です。新大学入試では教科の枠を超える「合教科型」と呼ばれる出題は見送られそうですが、「与えられた資料を読み、疑問を持ち、考え、論理的に答えを導き出す」ことは必要になることは間違いありません。中学生のうちからこうしたことに慣れていくことで「新大学入試」への対策になるものと考えています。

 

しかしこの講座、なかなか大変なことも事実です。

「疑問を持つって、どうすればいいのさ」

「考えるって、どう考えるの」

こうした疑問を持つ人も少なくありません。そこで、「総合」の毎回の準備問題「ウォーミングアップ」問題を利用し、「どう考えるのか」を実際にやってみるのが「総合ゼミ」の基本的な考え方です。今回は、中1の3月号『常識を疑え』を例に、総合ゼミを実際に体験してもらいました。

 

その前に!

まずは「ノートの取り方」をレクチャーしました。

講演を行っても、保護者の皆さんは「メモ」を取っています。では、中学生の皆さんは……?

無理もないことです。「講演や講義を整理しながらメモやノートに書いていく」その方法を知らないのですから。ですので今回は「思考を整理しながらノートを取る」ために4つの記号を紹介し、議論を深めていく際に必要な考え方を紹介しました。

 

その上で「総合ゼミ」のスタートです。

われわれが「常識」と思っていることは本当に常識なのか? それはごくごく狭い場所だけで通用する「常識」ではないのか、いまという時代だけに通用する「常識」ではないのか?

保護者の皆さんにも一緒に考えてもらいました。

 

うーん……エスカレーターで、東京では左に立ち止まるけど、大阪では逆!

そうですね、これは「場所」に関係することですよね。

えっと……みんながケータイを持っている!

これは「時代」に関係することですよね。

そうだ! 銃を持たなくても安心して生活できる!

これは「場所」ですかね?

えっ、「時代」でもないですか?

それを言ったら「ケータイを持っている」ことだって、「場所」かもしれませんよ?

そうだそうだ、発展途上国だと、まだケータイを持つのは一部の人だけかもしれない!

 

議論は深まっていきます。

 

だとすると、「場所」だけ、「時代」だけではなく、両方に関係する「常識」が結構あるかも!

ん? じゃあ「場所」にも「時代」にも関係なく、ずっと変わらない「常識」ってあるのかな。

人間には感情がある!

感情がない人間って、いないのかなあ?

人は必ず死ぬ!

死ななければ、もはや人間ではない?

うーん……。

 

答えはこの場では出ません。しかしこうして考えたことを、今度は家に帰って調べればよいのです。まとめに移ります。

 

「確かに今日は答えは出ませんでしたが、答えが出るものではありませんよね。それよりも気づいてほしいのは、一人で考えていたらこんなことまで考えられたのかどうか、ということ。場所にも時代にも関係しない常識があるかどうかって、今回のテキストには出てきませんでした。これは、みんなで議論をしたことで新たに生まれた『問い』です

 

7日の午前と午後でも、また違う展開となりました。21日にはまた、違う展開となることでしょう。このような経験を積み重ねることで、より深く「考える」ことができるようになっていくのではないか。Z会では、そのように考えています。

 

0807_総合ゼミの板書

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31