みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2017.05.25 20:00

 
こんにちは。リベラレスのハヤシです。
 
2年前の夏に入る前に私自身も受けたZ会のサービスを今日はご紹介。
 
東大テストゼミ
http://www.zkai.co.jp/high/k3/course/tokkou/ttest.html
04982cb903778ffd9c6bb3153c84141ea4ccd9ad.jpg
 
受験を半年前に控えつつもそれっぽい勉強を何もしていなかった高3生の私が、
はじめてまともに受けたテストです。
 
模試の一環でもありながら、受験後の採点済み答案は添削問題のようにきめ細やかという点で、Z会だからこそのテストゼミだと思います。また、自宅受験ならば、解き・解説を受け・答案を返却される という一連の流れが家で完結するので、「Z会の教室」や塾が遠いひとでも大丈夫!
 
「まだ受験勉強していない!」「受験はする予定だけれど勉強のやる気が起きない!」という、ちょっと弱気なそこのあなたもぜひぜひ申し込んでください!
 
 
ソーシャルブックマーク:

2017.04.20 18:40

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのイシハラです。今回は今までに受けた授業で印象に残ったもののひとつ、「現代教育論」を紹介してみたいと思います。
 
 
 
突然ですが、2020年度から「センター試験」にかわって「新テスト」が行われますよね。マーク式から記述式問題に変わり、求められる力・測られる力も違ってくると思われます。
このような大学入試システムの変更はもちろん初めてではないのですが、日本の入試制度や学校制度の変遷の歴史は意外と知られていないのではないでしょうか。
私もこれまで日本の学校・入試制度の変遷や海外の学校・入試制度についてほとんど知らなかったのですが、昨年の秋学期に大学で学ぶ機会がありとても興味深かったので、今回はそれについて少し書きたいと思います。
 
 
 
 
授業では戦後~現代の学校問題(非行、不登校、いじめなど)についてや戦前・戦後の学校制度戦後の入試制度の変遷海外(主にドイツ、フランス、イギリス、アメリカ)の大学制度など、現代の教育問題に通じるさまざまなトピックが扱われました。
センター試験の導入のねらいやその背景、戦後なぜ現在の学校制度になったのかなどを知ったり、海外と日本での学校制度の違いや社会の違いを知ることによって、自分が実際に考える日本の教育の問題点やこれからの教育のあり方について考えを深めることができたと思います。
そして、ただ不満を述べたり自分で考えただけで終わらせてしまうのではなく、さらに詳しく調べたり人と意見を交換したりすることが重要だと思いました。教育問題は身近なものですが制度や社会のせいにされてしまうことが少なくないと思うので、これからも向きあっていきたいです。
 
 
私たちに身近なトピックではありますが、高校までは「学問」として習うことのない分野なのではないかと思うので、大学で学んでみてはいかがでしょうか。
 
ソーシャルブックマーク:

2017.04.18 16:00

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
今日は東大の理系の一年生が必ず受けることになっている「ALESS」(文系はALESA)という授業についてお話ししたいと思います。
 
ALESSとはActive Learning of English for Science Students の略で、理系一年の必修科目となっています。名前にEnglishとあるように、英語の授業なのですが、普通の英語の授業ではありません。簡単にいうと、「英語で論文を書いてみよう!」という授業です。
 
今世の中に存在する論文のほとんどが英語で書かれています。どんなに優れた論文を書けたとしても、多くの人が読めなくては評価のされ方も大きく変わってきます。英語で論文を読み書きする力は、研究職などに就くに当たっては必須だと言えるでしょう。
 
したがって東大の英語教育に組み込まれていて全くおかしくない授業なのですが、これを入ってきたばかりの一年生にやらせるのだからすごいですよね。
 
私は去年相当苦しみました。(笑)
 
何が大変かって、論文を書くためには当たり前ですが実験が必要です。まず自分たちで研究テーマを考え、何を知るためにどういう実験をするのかを決めます。そして、計画をプレゼンした後、実際に実験します。得られた結果をもとに、考察し、またプレゼンします。これらの行程と同時進行で論文を書き上げます。
 
ここで思い出してください、これ全部英語の授業ですよ。(笑)
 
日本語で書く場合でさえ自分で考えた実験について論文にすることはかなり難しいのに、それを英語でこなさなければなりません。プレゼンだってもちろん英語です。他の人のプレゼンを理解し、その上質問することも求められます。
 
かなりハードな授業だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。ですが、こういうことを早いうちからやっておくことで、将来抵抗を感じずに英語を使って研究、発表ができるようになるのです!
 
これからALESSを受けることになる皆さんは、大変だと思いますが頑張ってください!
 
89a4dcf6a368b30d663de8b6f8b6e813c5fc3205.jpg
ソーシャルブックマーク:

2017.04.12 07:00

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
今日は4月12日、東京大学の入学式がある日です!
 
ほとんどの大学がすでに入学式を終えている中、なぜ東大の入学式はこんなにも遅いのでしょうか。ちなみに、授業は一週間前に始まっています。(笑)
 
実は、4月12日は東大の創立記念日なのだそうです!だから例年、入学式は原則4月12日に行われていると言われています。
 
普通なら、入学式で初めて大学の仲間と出会うことが多く、緊張しながらその日を迎えるものですが、二週間前から新入生向けのイベントがあり、しかもすでに一週間授業を受けてから迎える東大の入学式では違います。同じ語学クラスのみんなで、朝から集まって写真を撮ったり、近くに固まって式に出たりと、大学で新しくできた友達と一緒に入学をお祝いされることも出来ます。
 
その変わりと言っては何ですが、友達に家族と一緒にいるのを見られてちょっと恥ずかしい思いをするリスクは上がります。(笑)
 
もう入学おめでとうシーズンは過ぎたようにも思えますが、新入生のみなさん、入学おめでとうございます!
 
 
ソーシャルブックマーク:

2017.03.29 14:34

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
もうすぐ4月ですね。いよいよ新学期が始まります!
 
新しく大学生になる方は大学生活が楽しみな反面、不安も多くあるだろうと思います。一年前、私も、入学手続きでは読み切れないほどの紙や冊子をもらい、何が大切なのか教えてくれる人もおらず、不安でいっぱいでした。
 
そこで、一年だけ先輩の私から、東大での授業の取り方の基本についてお話ししたいと思います。(進振りについてはまた今度書きたいと思います)
 
高校までは、決められた時間割に沿って同じクラスの人たちと同じ授業、同じ試験を受け、その結果、最後に成績が出て進級する、という形だったと思います。
 
しかし大学では、「自分で」授業を選択し、登録を行い、出席して試験を受けに行き、合格点に達すれば、「単位」がもらえます。この「単位」を進級や進学の規定に沿って取る必要があるのです。この規定が唯一詳しく書かれているのが「履修の手引き」というものです。一度しかもらえないので、大切に保管しておきましょう!とりあえずまずはこれを熟読しましょう。ここに書いてあることさえ理解できていれば、ひとまずは安心です。
 
自分が取るべき単位の種類、個数が分かったら、次に具体的にどのコマにどの授業を取って、どう単位を取っていくのかを決めます。つまり時間割を作ります。そこで用いるのが、「シラバス」というものです。シラバスには、どんな授業がどのコマにどこでやっていて、合格するとどの単位がいくつ取れるのかが書かれています。これを見ながら、「実現可能な」自分の時間割表を作っていきます。当然ですが、同じ時間に複数の授業を受けることはできませんからね(笑) 一年生は予め決まっている必修授業が多くあるので、必修授業が入っていないコマに自分の興味のある授業を埋めていくという形になると思います。
シラバスにはものすごい数の授業が紹介されています。なるべく一度は全部見ておいた方が良いでしょう。これを見ながら自分の興味を探っていくのも良いと思います。
 
そして授業が始まります。授業が始まった第一週目は、大抵ガイダンスと称して、今後のその授業の進め方についての話があります。たまに初回からがっつり授業する教員もいますが(笑) 授業が始まる前にシラバスを見て気になる授業を選抜しておき、それらのガイダンスに出て本当に履修する授業を絞っていくのが良いです。履修を確定させなければならないのは、授業が始まって約二週間後なので、それまでいろいろな授業を見に行ってみると良いでしょう。
 
以上が東大での授業選びの基本になります。東大には進振りがあるので、自分の行きたい進路によって、実際にはもっと複雑になりますが、これについては別の記事で書きたいと思います。
 
このように、大学は高校までと比べてかなり自由ですが、その分何でも自己責任です。自分で考えて行動しなければ、後々進級できないということもあり得るのです。
 
ですから、自分の受ける授業を決定する、「履修登録」は非常に大事なのです。こんなに大事なことなのに、入学して早々に済ませなければなりません。
 
分からないことがあれば、すぐに先輩や教務課に聞きに行き、失敗しないように気を付けてください!
 

85de947a18821270386d1774447af1feda4c4efe.JPG

↑今学期のシラバスです↑

ソーシャルブックマーク:

2017.03.27 20:45

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
みなさんの日々の努力の結果、今年も多くのZ会生東大に進学されることとなりました!合格されたみなさん、本当におめでとうございます!
 
そんな新入生の方々に、受験をひかえる後輩へのメッセージをいただくため、先日、アンケートを実施させていただきました。
 
アンケートを実施したのは東京大学駒場キャンパスで行われていた、新入生のための教科書・教材販売会の出口でした。
 
私が行きました3月26日は、あいにくの雨模様でしたが、多くの新入生とその保護者様がいらして、Z会の旗に足を止めていただきました。
ご協力いただいたみなさん、お忙しい中本当にありがとうございました!
 
アンケートにご協力いただいた方の中には、「Z会に質問してました!」という方もいて、自分が少しでもみなさんの合格の手助けをできていたことを実感でき、とても嬉しかったです。
 
今後ももっと多くの方の学習の手助けができるように頑張りたいと思います!
 
また、Z会では、大学生や社会人向けに公務員試験や司法試験、教員採用試験、TOEIC等の対策講座も準備していますので、興味のある方はこちらをご参照の上、是非ご利用ください。
 
それでは新入生のみなさん、充実した大学生活を送ってください!そして、また駒場キャンパスのどこかでお会いしましょう~
 
89a4dcf6a368b30d663de8b6f8b6e813c5fc3205.jpg
ソーシャルブックマーク:

2017.03.23 16:00

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
日に日に暖かくなり、らしくなってきましたね。そして、いつの間にか永遠にも思えた大学の春休みもあとわずかとなってしまいました。ということで、自分の春休みについて書きたいと思います。
 
受験生だった一年前の二月は、必死になって受験勉強をしていましたが(二度とやりたくないです(笑))、晴れて大学生となりました今年は、受験勉強漬けだった去年とは打って変わって、長い長い大学の春休みを満喫しました。
 
なので二月、三月は丸々休みだったわけですが、私は二月に自宅のある関東にいたのはたったの8日間だけでした(笑)。三月も半分は関東を出ていました。
 
何をしていたのかというと、二月の10日間と三月の半分はサークルのスキー合宿、そして二月のあとの10日間は大学の研修でフランスに行っていました!
 
スキー合宿ももちろん最高に楽しかったですが、やっぱりフランスの方がインパクトもあり、書き甲斐があるので、フランス研修に絞って書いてみようと思います!
(サークルのみんなごめんなさい)
 
このブログでも何度か書かせていただいているのですが、私は東京大学でTLP(トライリンガル・プログラム)に参加しています。
 
(まだ読んでいない方はこちらを見ていただけると嬉しいです。)
 
そのプログラムの一環として、今年の二月にフランスのパリリヨンを訪問させていただきました。
 
エッフェル塔やヴェルサイユ宮殿、ルーヴル美術館など、観光ももちろんしましたが、フランスで日本語を学んでいる学生との交流や、先生の助けを借りながらも自分たちでフランス語で作ったプレゼンの発表等、個人で訪れる時にはできない貴重な経験をたくさんしてきました!
 
また、現地で社会問題に取り組んでいる機関の方のプレゼンを(時には英語で補足していただきながら)フランス語で聞くというかなり難しいことにも挑戦してきました。
まだフランス語を学び始めて一年も経っていないので、なかなか全てを理解することはできませんでしたが、ところどころわかるところがあったり、少しですがフランス語で質問をすることができたりと、春から学んできたフランス語を実際にフランスで使うことができ、とても楽しかったです!
 
と、同時にもっと勉強してもっと聞いたり話したりできるようになりたいとも思いました!
 
以上、フランス研修についてでしたー
 
春から大学生になる皆さんも、大学に入って、面白い授業を見つけたり、部活やサークルに打ち込んだりと、自分の楽しめるものを一つとは言わずたくさん見つけてみてください!
 
eaf1c823af7941de2e60e044ab1940b487aeef4e.JPG
 
今回お話しましたTLPのフランス研修に興味のある方は、こちらの公式ページにブログが掲載されておりますので、是非ご覧になってみてください!
ソーシャルブックマーク:

2016.12.29 18:50

こんにちは。リベラレススタッフのツチヤです。
 
12/24(土)に「第2回東大即応オープン・京大即応オープンの成績に基づく戦略面談」を実施しました。
 
このイベントでは、先日開催された第2回東大即応オープン・京大即応オープンの成績表と、Z会が作成したオリジナルの成績資料を使って、参加した皆さん一人一人がZ会スタッフと今後の勉強方針などを相談しました。
 
前回同様、主にお伝えしたのは、第2回の東大模試・京大模試の大問別の得点から、今後点数を伸ばすことのできる分野を見極めて、センター試験、そして個別試験の本番まで、どのような対策をしていくべきかを考えて実行していくことです。
 
中には厳しい判定の方もいらっしゃいましたが、ほとんど全員が「第一志望(=東大・京大)に行きたい」という決意を新たにしていました。
別に、面談を担当した私たちや東大生のアドバイザーが強いたわけではありません。
 
1.東大や京大は、個別試験での挽回が可能な配点になっている。
2.センター試験で第一段階選抜ラインに届かない(東大・京大を受けられない)可能性は、これまでの成績、そしてこの先センター対策に集中する期間があることから判断してごく低い。
3.センター試験で目標点ないしそれに近い得点が取れたとして、合格可能性が高い大学に志望変更する選択肢はあるのか?
ということを示し、少しだけ背中を押してあげたにすぎません。
 
面談で何人かの方にお伝えした言葉ですが、「受験の結果以上に、ここで妥協するかどうかがこの先の人生を左右する」ということだと思います。
敢えて挑戦する道を選んだ方に敬意を表すとともに、私たちも全力でサポートしていくことを改めてお約束します。
 
まずはセンター試験ですね。あと2週間強、まだまだ点数は伸ばせます。
年末年始の慌ただしい時期ですが、やるべきことに集中しましょう。
来たる2017年を、皆さん自身の力で「よいお年E63Eにしてください。
 
 
 
ソーシャルブックマーク:

2016.12.27 16:00

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
今年のニュース第5弾ということで、張り切っていきましょー!
 
と言いたいところですが、世間のニュースはみんなに結構言われちゃったので、私は自分の中のニュースを書こうと思います。興味ないかもしれませんが、読んでいただけると嬉しいです。
 
今年はなんといっても大学生になったということで、「出会い」の一年でした。
 
その中でも一番の出会いはフランス語です。以前も掲載させていただきましたが、私はTLPというプログラムに入っていて、フランス語の授業を多く取っています。自分は理系なので、進学振り分け後には工学部に進学して、理系まっしぐらでいこうと思っているのですが、教養課程の間はいろいろなことをしたいなと入学が決まった時から思っていました。
 
そんな中で出会ったのがフランス語。フランスは国際的に見ても物理系の研究が強い国なので、ある程度出来るようになっていると将来役に立つかもなあ、そんな感覚で初めは選択しました。ですが、授業を受けているうちに、フランス語自体に惹かれていき、今では、一番好きな授業の一つです。春休みにはフランスに2週間弱研修にも行けることになっているので、とても楽しみです。
 
 
サークルでの出会いも大きなものでした。私は高校までサッカーをやっていたのですが、大学に入ったからには新しいスポーツをやってみたいと思っていました。サークルの勧誘のチラシをパラパラと見ていて、何となく惹かれたのがスキーでした。高校生のうちはなかなか出来ないということもあっただろうと思います。サークルに入ってみると、先輩に自分の行きたい学部の先輩がいて、話を聞くことが出来ました。スキーもほとんどやったことがなかったのですが、先輩が教えてくれて、大分上達しました。スキーはこれからがまさにシーズンなので、満喫したいと思います!
 
 
どうでしたでしょうか。私の今年の自分の中でのニュースはこんな感じです。
 
みなさんも大学に入ったら、思いがけない出会いがいくつもあるだろうと思います。大切なのは、その出会いを自分がどう捉えるかだと思います。私は来年も自分の興味に捉われず、いろんなことに目を向けられる1年にしたいなと思います。
 
2916e2ae9b42a29d5d0a7ef5c8bd9aa1009c4653.png
 
 
ソーシャルブックマーク:

2016.12.19 17:54

もうすぐ年の瀬ですね…日々が経つのははやい、はやい。
そんな今日は、リベラレスから嬉しいお知らせが一つ。
 
オリコン?あの音楽ヒットチャートの会社と我々Z会になんのつながりが?と思うかもしれません(僕も思っていました)。しかしオリコンは様々な分野の顧客満足度を調査している会社、その中の 大学受験 塾・予備校 現役 首都圏 部門をはじめとする5部門でZ会はなんと栄えある第1位を獲得しました!!
 
d384f70946885660189750ff48e4623e8b56c055.png
 
・大学受験 塾・予備校 現役 首都圏 「Z会東大進学教室」
http://juken.oricon.co.jp/rank_college/syutoken/
・高校受験 集団塾 首都圏 「Z会進学教室」
http://juken.oricon.co.jp/rank-highschool/syutoken/
・通信教育・オンライン学習(中学生向け) 「Z会の通信教育」
http://juken.oricon.co.jp/rank-online-study/junior-hs/
・通信教育・オンライン学習(小学生向け) 「Z会の通信教育」
http://juken.oricon.co.jp/rank-online-study/elementary/
・通信講座(TOEIC) 「Z会キャリアアップコース」
http://juken.oricon.co.jp/rank-cc/toeic/
 
5冠達成です!ぱちぱち。生徒さまや保護者さまから高い評価をいただけてとてもうれしいです。
 
ぜひぜひみなさんの周りの通信教育や塾を検討されているお友達にも広めてくださいね。
 
ただあくまでこれは一指標、数字に浮かれることなく目の前の生徒さまや保護者さま第一に、これからも精進していければと思いますので、今後ともZ会をよろしくお願いいたします!
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31