みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2016.12.31 19:00

こんばんは。中の人です。(あぁ、「お前は誰だ?」というあの映画のあのセリフが聞こえてくるぅ・・。)大つごもりですね。あと数時間で今年も終わってしまいます。そんな年の瀬、中の人が選ぶ2016年、今年の3大ニュースです。
 
第3位 オリコンでZ会5冠!!
こちらのブログでもとりあげました。生徒さま・保護者さまからとても高い評価をいただきありがとうございます。Z会を選んでいらっしゃるみなさま、その選択に間違いはありません。引き続き一緒に頑張っていきましょう。
http://www.zkaiblog.com/liberales/58927
 
第2位 映画「君の名は。」超大ヒット!!
8月の公開開始から超話題になり、2016年12月現在、邦画興行収入歴代第2位!!とまだまだ勢いとどまらず。「観てきた!」「よかった!」との話題でもちきりでした。中には「2回も観てきた!」という人も。Z会のロゴも登場していたのですが、見つけていただけましたでしょうか?
9b5cb9813c794bd8f9f4bd9d321fb0f4d6d08cf3.jpg
第1位 Z会リベラレス、オープン!!
8/1にオープンし、たくさんの生徒さま・保護者さまにご来室・ご利用いただいています。本当にありがとうございます。スタッフ、アドバイザー一同より精進してまいります。これからもよろしくお願いいたします。
 
b8f4f7b841bdd0878829d954f98cb51d5faed54c.jpg
 
 
え、中の人の個人的なニュースも書いて、ですか?う~ん、久々に映画館に行ってきたこと・・・ですね。実は中の人は、映画館に行ってきた!というのはまだ1桁の回数だったりします。最近観た映画は「ポニョ」でした。。(←最近、なのかな?)というわけで、中の人にとってはかなりの大ニュース、になるのでした。観てきた映画はもちろん「君の名は。」です!しかしZ会のロゴを見つけられず・・。涙(難易度高かったのでしょうか。。。)
 
いろいろなことがあった2016年でしたが、もうそろそろおしまいです。
2016年、いろいろとありがとうございました。
2017年、また新たな気持ちで頑張っていきましょう。
cb9b88e02fafc5a3b8c4e152318ad2be7b158e32.jpg
 
 
それでは、よいお年を~!さようなら~。♪. (⌒∇⌒)ノ""マタネー
 
 
 
 
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.12.30 16:00

こんにちは、リベラレス大学生アドバイザーのイシハラです。
今年、印象に残ったニュースを私の感想をつけながらざっくりと振り返っていきたいと思います!
957c440b6f56fe3e10e01f480865bc058c1c1818.jpg
 
第一位 トランプ氏次期大統領に
 これには正直驚きました。大統領選挙当日はこの話でもちきりで、みんな速報を見ていました笑。今後の動向に注目ですね。
第二位 18歳選挙権
 投票してきました!やはり自分にも選挙権があると注目度も違いました。
第三位 イギリスEU離脱
 国民投票で僅差だったことも含め、これも驚きでした。
第四位 ポケモンGO
 私はポケモンのことはよく知らずインストールもしていませんが笑、リリース当日から(試験前にもかかわらず)キャンパスにポケモンGOをしている人がたくさんいました。
 ポケモンGOによる交通事故も起きていたので、怖いなあとも思いました。
第五位 小池氏、都知事に
 初の女性知事が誕生しました。オリンピックや築地市場問題など課題が多いと思われますが頑張ってほしいですね。
第六位 リオオリンピック・パラリンピック
 個人的に学校の課題で大変な時季だったので、選手の活躍に元気をもらえました。
 
ほかにもPPAPのヒット、カジノ法、新宿のバスタ熊本地震福岡の道路陥没等たくさんの驚きのニュースがありましたね。
みなさんにとっては今年一年はどんな年だったでしょうか。
私は大学生になったことで生活にも変化があり、大変なこともありましたが充実した一年だったと思います。
来年も様々なことに挑戦していきたいです。
 
それではみなさんよいお年を!
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.12.29 18:50

こんにちは。リベラレススタッフのツチヤです。
 
12/24(土)に「第2回東大即応オープン・京大即応オープンの成績に基づく戦略面談」を実施しました。
 
このイベントでは、先日開催された第2回東大即応オープン・京大即応オープンの成績表と、Z会が作成したオリジナルの成績資料を使って、参加した皆さん一人一人がZ会スタッフと今後の勉強方針などを相談しました。
 
前回同様、主にお伝えしたのは、第2回の東大模試・京大模試の大問別の得点から、今後点数を伸ばすことのできる分野を見極めて、センター試験、そして個別試験の本番まで、どのような対策をしていくべきかを考えて実行していくことです。
 
中には厳しい判定の方もいらっしゃいましたが、ほとんど全員が「第一志望(=東大・京大)に行きたい」という決意を新たにしていました。
別に、面談を担当した私たちや東大生のアドバイザーが強いたわけではありません。
 
1.東大や京大は、個別試験での挽回が可能な配点になっている。
2.センター試験で第一段階選抜ラインに届かない(東大・京大を受けられない)可能性は、これまでの成績、そしてこの先センター対策に集中する期間があることから判断してごく低い。
3.センター試験で目標点ないしそれに近い得点が取れたとして、合格可能性が高い大学に志望変更する選択肢はあるのか?
ということを示し、少しだけ背中を押してあげたにすぎません。
 
面談で何人かの方にお伝えした言葉ですが、「受験の結果以上に、ここで妥協するかどうかがこの先の人生を左右する」ということだと思います。
敢えて挑戦する道を選んだ方に敬意を表すとともに、私たちも全力でサポートしていくことを改めてお約束します。
 
まずはセンター試験ですね。あと2週間強、まだまだ点数は伸ばせます。
年末年始の慌ただしい時期ですが、やるべきことに集中しましょう。
来たる2017年を、皆さん自身の力で「よいお年E63Eにしてください。
 
 
 
Tags :
高校生
東大
京大
戦略面談
大学受験生
ソーシャルブックマーク:

2016.12.28 20:53

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのハヤシです。
 
センターまであと17日になりました。あと〇日になりました!といわれても気にせずどーんと大きく構えているのが理想的ではありますが…
二次向けの勉強ばかりやっていてまだセンターなんて「通し」で解いたことないし、オールで解いたことないのを隠れ蓑にはしているものの実は他大志望者に点数で負けているし、実は今までのセンター模試で不安定(or悪い意味で安定)な教科があるんだよね…というように思っているひともいると思います。でも焦りは禁物です。受験で問われているのは計量的な「学力」だけではなく、そのようなプレッシャーのかかる状況でも何とか冷静であろうとする人間力でもあります(実際社会にでて役立つために後者の能力は(たぶん)必須だと思います)。話はちょい飛びましたが、そんなこんなで、僕の私見ではありますが、センター対策・年末年始ver.です。
 
実際のところいつからどのように始めたほうがよいのでしょう?個人差はありますが、ちょうど正月が一つの境目なように思います。その際に大切なのは思いきることです。
例えば僕の場合、年賀状を書き終えた29日あたりからセンターの通しを解き始め、大晦日にはセンター一本でみっちりやっていました。周りの二次志望の友達と比べてセンターに振り切るのがすこし早いかな…とは思っていましたが、対策をほぼ一切してこなかったとはいえそれまでのセンター模試で9割にいったことがなかったことを鑑みて、思い切ってセンター一本で年を越しました(ただ、早寝(早起き)に切り替えていたので除夜の鐘はきいていません)。
数学や国語に特に顕著ですが、いくら似たような脳の回路を使うとはいっても二次とセンターの形式は全く違います。当然センターで高得点をとることより二次でベストを尽くすことを優先するべきなので、センターの勉強は「短く・集中」でのり切ることが鉄則だと思います。確かに足切りにあう確率はところによっては低いですし、クリスマス前くらいから試験1週間前くらいまでだらだらと二次とセンターを並行して解き続けることも可能ではありますが、物理的な効率に対しても精神的なモチベーションに対してもマイナスな気がします。あけましておめでとう。さあ、センター脳に洗脳しよう。くらいな意気込みでセンター一本にするとよいのではないでしょうか。
 
目指すは(基本的に)9割ラインです。まず自分がどの科目でどれくらい失点できるかを一度シミュレーションしてみましょう。
文系の僕の場合、数学の失点の振れ幅を勘案して理科基礎と地歴の失点率を抑えたプランになりました。そこで理科基礎の課題や重要性が明確になったことはよかったと思います。また英語については多少の余裕をうめるよう組んだので、長文が満点ならアクセントとイディオムは気にしないくらいの心持でいられました。また、国公立後期出願や私立センター利用も視野に入れているのなら、そこで重視されている教科が何なのか少し頭にいれておいてもよいのかもしれません。
そして本番の時間の8割で解くイメージで頑張りましょう。8割はあくまで目安であり、マイ・タイムリミットを超えても本番の時間内までは解くべきですが、本番テンパっても大丈夫なようにきっちり意識しましょう。8割で解いてういた時間で、出しうるミスはすべて出し尽くすイメージで数をこなしてみては?
また、割ける時間は有限なので教科毎の時間配分もある程度思い切りましょう。国数英に関しては苦手分野については単元分解(漢文とか数列とかイディオムとか)でマスターする工夫も随時織り込んでいけるように思います。センターで解けない分野が二次で解けることはないので、もしも点数が低すぎて基礎が習得できているか不安な単元があればここでつぶしましょう。
僕の場合、模試で高得点が続いた国語は感覚を忘れないくらいの3日に1回程度、地歴は息抜きに数回と極度に減らした代わりに、スピードと正確性が恐ろしく欠けた数学は1日数回、選択肢組合せ問題が多く理解があやふやだと実は点が安定しにくい理科基礎は教科書に立ち返り1日数回を意識していました。理科基礎は点数をとれないと本当に泣きの目を見るので、年始にとても重点的にやりました。
 
年末年始ver.は以上です。年明けのやりこみ方で点数は飛躍的に伸びます。ほんとうにあなたの努力次第できっと伸びます。希望の進路を目指して頑張ってください。
 
E702E702センター対策にはZ会の書籍がおすすめE702E702
http://www.zkai.co.jp/books/search/set_05.html
 
Tags :
センター試験
大学受験生
ソーシャルブックマーク:

2016.12.27 19:23

みなさん、こんにちは。リベラレススタッフのツチヤです。
今回は、12月18日(日)に開催したイベント「手遅れになる前に! 理科・地歴の学び方」のレポートをお届けします。
 
【イベント概要】
[対象]:高1生・高2生およびその保護者
[日時]:12月18日(日) 17:00~18:30
 

このイベントは、高1生(新高2生)・高2生(新高3生)に向けて、12月から3月まで毎月開催していくシリーズ「春までのロードマップE748の第1弾です。

 

今回は、理系志望者E6FB向けの講義をヤマベさん、そして文系志望者E6AE向けの講義を私ツチヤが担当しました。

Z会の教室での指導経験が豊富な理系のヤマベさんと、主にZ会の通信教育畑で経験を積んできた文系のツチヤ、それぞれの個性が出た内容になったと思います。

当日の資料を思い切って公開しますので、お役立てください。

(入試問題など、著作権上公開できないものは割愛しています)

理系向けの資料(理科)はこちら

文系向けの資料(地歴・公民)はこちら

 

詳しくは資料をご覧いただくとして、理科・地歴に限らず、あらゆる科目に当てはまる基本的な考え方をまとめると以下のようになると思います。

 

■そもそも「間に合わせる」とはどういうことか?

「入試で目標点(その科目で合格に必要な点数)が取れるようにする」という意味。

カリキュラムの終了イコール対策完了ではない。

 

■入試における「配点」「出題分野」「問題形式」を早期に認識すべし

教科書や定期テストの出題と入試問題では、同じ範囲でも出題のレベルが全く違う

センター試験、個別試験のそれぞれについて、志望大学の入試要項やZ-wikiなどの入試分析、そして実際の入試問題(過去問)などを研究しておくこと。

高1生が今過去問を見ても早すぎるということはない。

 

■履修進度を踏まえ、今できること、今やるべきことは何かを考えて実行すべし。

物理の電磁気、化学の有機や高分子、生物の生態系や進化、日本史・世界史の近現代史、地理の地誌など、入試では必出・頻出であるにもかかわらず、大半の学校では履修が高3後半になることも珍しくない分野が数多く存在する

必ずしも今すぐこれらの分野を先取りしなければならないわけではないが、受験学年になって履修済みの範囲の底上げや他科目の学習と並行させるのは相当な負担。早期に状況を認識し、早め早めに対策を講じた方が絶対に有利

 

■問題演習(アウトプット)の機会を設けるべし

学校で配られたものでも、市販のものでも、通信教育でも塾でも映像授業でも可。「問題演習→復習」のサイクルを反復・継続させることが大事。

 

■最終的には「過去問」「予想問題」がベスト

大学・学部によって傾向と対策が異なる以上、最終的にはそれに即応した問題を中心に実戦演習を積むことで目標点をクリアできる力を養うのが一番。

これらに取り組む時期としては、早くて高3夏~秋以降が目安。それまでに取り組めるだけの力を付けられるよう、逆算して動くこと。

 

以上がイベントでお伝えしたかったことの肝になります。

Z会では、通信教育、書籍、教室、映像など、各種の対策手段を取り揃えていますので、状況に応じてご検討ください。

もちろん、Z会Liberalesでも、理科や地歴を鍛え上げ、難関大学の入試を突破した学生アドバイザー陣がお待ちしています。彼ら彼女らに聞けば、きっと親身に経験談やアドバイスを語ってもらえますよ。

まずは来年1月14日・15日に迫ったセンター試験ですね。理科・地歴・公民で自分が受験予定の科目でどんな問題が出され、今の知識と実力でどのくらい解けるのか、試しておいて損はありません(もちろん英数国も!)。

Z会Liberalesでは、センター試験をテーマにしたイベントも企画していますので、ぜひ挑戦してください。

最後は、当日文系志望者向けのパートにいらした方に紹介した言葉で締めます。

やるべきことは何かを認識し、着実に対策を進めていきましょう。

 

「彼を知りて己を知らば、百戦して殆からず。
彼を知らずして己を知らば、一たび勝ち一たび負く。
彼を知らず己を知らざれば、戦ふ毎ごとに必ず敗る。」 
-『孫子』謀攻篇-

 

「ゆっくり急げ。」 

-古代ローマのことわざ-

 

<今後の「春までのロードマップ」シリーズの予定>

1月22日(日) 「誤答で学ぶ! センター試験講評会」(高2生対象)

2月12日(日)「新傾向入試を体験しよう! 英語編」(高1生・高2生対象)

3月12日(日)「志望校合格のための年間計画を作ろう!」(高2生対象)

※お申込は専用のフォームから!

Tags :
高校生
開催レポート
無料イベント
大学受験生
ソーシャルブックマーク:

2016.12.27 16:00

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
今年のニュース第5弾ということで、張り切っていきましょー!
 
と言いたいところですが、世間のニュースはみんなに結構言われちゃったので、私は自分の中のニュースを書こうと思います。興味ないかもしれませんが、読んでいただけると嬉しいです。
 
今年はなんといっても大学生になったということで、「出会い」の一年でした。
 
その中でも一番の出会いはフランス語です。以前も掲載させていただきましたが、私はTLPというプログラムに入っていて、フランス語の授業を多く取っています。自分は理系なので、進学振り分け後には工学部に進学して、理系まっしぐらでいこうと思っているのですが、教養課程の間はいろいろなことをしたいなと入学が決まった時から思っていました。
 
そんな中で出会ったのがフランス語。フランスは国際的に見ても物理系の研究が強い国なので、ある程度出来るようになっていると将来役に立つかもなあ、そんな感覚で初めは選択しました。ですが、授業を受けているうちに、フランス語自体に惹かれていき、今では、一番好きな授業の一つです。春休みにはフランスに2週間弱研修にも行けることになっているので、とても楽しみです。
 
 
サークルでの出会いも大きなものでした。私は高校までサッカーをやっていたのですが、大学に入ったからには新しいスポーツをやってみたいと思っていました。サークルの勧誘のチラシをパラパラと見ていて、何となく惹かれたのがスキーでした。高校生のうちはなかなか出来ないということもあっただろうと思います。サークルに入ってみると、先輩に自分の行きたい学部の先輩がいて、話を聞くことが出来ました。スキーもほとんどやったことがなかったのですが、先輩が教えてくれて、大分上達しました。スキーはこれからがまさにシーズンなので、満喫したいと思います!
 
 
どうでしたでしょうか。私の今年の自分の中でのニュースはこんな感じです。
 
みなさんも大学に入ったら、思いがけない出会いがいくつもあるだろうと思います。大切なのは、その出会いを自分がどう捉えるかだと思います。私は来年も自分の興味に捉われず、いろんなことに目を向けられる1年にしたいなと思います。
 
2916e2ae9b42a29d5d0a7ef5c8bd9aa1009c4653.png
 
 
Tags :
東大
ソーシャルブックマーク:

2016.12.26 19:53

 みなさんこんにちは。リベラレスアドバイザーのオオスミです。
もう気づけば今年もあと一週間ということで、アドバイザーが選ぶ〇大ニュースシリーズ第四弾をお届けします。
 
 今回は少し趣向を変えて、「今年の〇〇」からニュースを振り返っていきましょう。
 
 
今年の漢字:「
 
 「あれ、今年も金なの?」と感じた方も多かったのではないでしょうか?「今年の漢字」は1995年に始まり今回は22回目。そのうち「金」が選ばれたのは2000年、2012年、そして今年。全部で3回選ばれているようです。(出典:Wikipedia)
 
 2000年も2012年も今年も夏のオリンピックの年ですね。今年のオリンピックでは日本人は金メダルを12個、銀メダルを8個、銅メダルを21個、合計41個のメダルを獲得しました。合計のメダル獲得数41個というのは過去最高の数字です。確かに、夏休みは連日オリンピックのメダルラッシュがテレビを賑わせていましたね。
 
 今年の漢字は「金」ですが、金メダルの数は過去最高ではありません。金メダルを一番多くとったのは、1964年の東京と、2004年のアテネの時で、16個も獲得したんだそうです。1964年より前の大会では、金メダルは最高で7つでした。それが東京大会では16個まで増えました。ということで、次回の2020年東京大会では今回以上に日本人選手の活躍に期待しましょう!
d0743fc848bd52f951069111095c90c09ef76593.png
 「金」を「きん」ではなく「かね」と読むと、どんなニュースが連想されますか?僕は政治と金の問題を想像しました。一番記憶に残っているものは前都知事の政治資金のニュースでしょうか。
 
 
今年の単語:”xenophobia”  "post-truth"
 
 "xenophobia"(ゼノフォビアと発音します)は辞書サイトDictionary.comが発表した今年の単語です。外国人嫌悪・異民族排斥を意味します。Dictionary.comによると、この単語はシリア難民の排斥アメリカでの大統領選挙の流れを象徴しているということです。関心を持つ辞書の利用者が大きく増えたことがこの単語へのアクセス数からもわかり、今年の単語に選んだとのことでした。(余談ですが、この辞書はお勧めです。単語の起源なども調べることができ、類義語辞典のThesaurus.comにも簡単に切り替えられる、便利な英英辞典です。スマートフォン用の無料アプリにもなっていて、僕は受験生のころからこれを愛用しています。)
 
d641f4d0a9f8fa32b63910657a997a6d66900585.jpg

(Dictionary.com公式HPより)

 
 
 去年は絵文字を「今年の単語」に選んだOxford Dictionaryは、今年は"post-truth"を選びました。「世論形成において、客観的事実が、感情や個人的信念に訴えるものより影響力を持たない状況」を表す言葉です。アメリカ大統領選挙イギリスのEU離脱の国民投票の際にこの単語が多用されたそうです。
 
 来年はどのような年になるのでしょう?今年はEU離脱や米大統領選挙がありましたが、来年はフランス大統領選挙、ドイツの連邦議会選挙と、"xenophobia" "post-truth"の流れに加わりうる出来事が予定されています。これらの動きにも注目ですね。
 
 皆さんにとっての「今年の漢字」「今年の単語」は何ですか?来年はどのような年にしたいですか?今年は楽しかったという人も、あまりいいことがなかったという人もいると思いますが、来年が皆さんにとってよい年でありますように。
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.12.24 15:55

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
今年もあと一週間、センター試験までは今日でちょうどあと3週間です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。冬休みも始まり、多くの受験生がセンター試験モードに突入していることと思います。2か月ほど前に投稿させていただいた、
 
この時期のセンター試験対策(東大理系志望編)
この時期のセンター試験対策(東大文系志望編)
 
にも書きましたが、時期も迫ってきたということで、センター試験対策について改めて書こうと思います!
 
自分が今、どの教科で何点とれるのかは大体分かっていて、どの教科をやらなければいけないかも分かっている!という人は、悔いの残らぬよう、このまま頑張ってください!!
 
次に、マーク型には自信があり、今まで主に二次対策をやってきて、そろそろセンターも対策しなきゃなと感じている人は、今日から切り替えましょう。どんなにセンターに自信がある人も、直前2週間センター試験対策メインにするべきです。試験本番では何が起こるかわかりません。思いがけないことが起こった時、自分が時間をかけて対策してきていればいるほど、落ち着くことが出来ます。なんとなくいけそうという気持ちで臨むことは絶対に避けましょう。
 
最後に、自信はないけれど何をやったらいいかが分からない!という人へ、
まずは自分が受けてきたマーク模試を振り返ってみてください。以前はできなかったけれど、今ならできる問題、逆にできていたはずなのにできない問題、相変わらず苦手な問題といろいろ見つかると思います。まずはそれを復習して、自分の問題点を見つけましょう。これからの3週間はそれを潰す期間になります。ある程度潰せたなと思ったら、センター予想問題などを解いてみて、またさらに自分の問題点を更新していきましょう。ノートに教科ごとにまとめておけば、試験直前に確認できてとても便利です。
 
たかが3週間、されど3週間!この期間でどれだけ対策できるかで、結果は全く変わってきます。今はとにかくやれることをやりきりましょう!
 
パック
Tags :
高校生
センター試験
大学受験生
ソーシャルブックマーク:

2016.12.23 15:00

みなさんこんにちは!!Z会リベラレスアドバイザーの、イチカワです。
今日は、2016年を振り返って、私の中での今年の3大ニュースを取り上げようと思います^^
 
1つ目は…ズバリ「ポケモンGO」です!
7月に配信されて一時期は街行く人皆がやっているのではないかというほどの人気ぶりになりました!
私の大学でも休み時間に大学周辺をポケモン探しに散歩したり、グラウンドを歩き回る学生がたくさん見られました(私もその一人…)。
今では当時の盛り上がりほどではありませんが、また新たにポケモンが追加されて新機能も続々登場しているようですよ!!
どっぷりハマりすぎには注意ですが、お散歩がてら楽しむのもよいのでは…?(私は今でもヘビーユーザーです^^)
4f392f1938c80c6cff41682266ecc886aa430eb0.jpg
 
2つ目は…都知事選です。
女性初都知事として、小池百合子氏が当選しました。知事に就任されてからも築地・豊洲市場問題や東京オリンピックの準備など、たくさんの仕事に励んで頑張っていらっしゃいますね!同じ女性として、ぜひ頑張っていただきたいです。これからのご活躍に期待しましょう^^4145acd73419aadf752d76a94a98b4f836a068a3.jpg
 
3つ目は…です。
今回は「メダル獲得数で日本は7位 金12、銀8、銅21の計41個で過去最多」という素晴らしい結果を選手たちが残してくれました!!
私は自分がやっている水泳と日本の国技である柔道が大好きで夜更かしして応援していました☆
選手たちの活躍する姿にたくさんの人々が勇気をもらったことでしょう…!!
東京オリンピックでは今回以上の活躍を期待したいですね^^18541cf97013fdc85a1de8551a5fe4ed3b837ef6.jpg
 
最後に、私自身の今年一年を振り返ってみようと思います。
まずはじめに、医学部に入学しました。
中高は茶道部に入っていてザ・文化部だったのですが大学では水泳部と自転車サークルに入ってバリバリ運動しています☆
夏休みには免許を取ったり、水泳の大きな大会に出場したりしました。
9月には前期試験があり、その後の長い休みには友達と旅行に行ったり買い物に行ったり。。。
最近ではロードバイクにはまってサークルで三浦半島を一周してきました!!
そんなこんなで、大学生らしいとっても楽しい生活を送っています。
 
これからこのブログで今ご紹介したような私自身の体験を詳しくお話ししていきたいと思っているのでまたぜひ読んでみてください^^
 
以上、私が2016年、印象に残った3大ニュースと私の2016年をご紹介しました。
皆さんの心に残ったニュースはどうでしょうか?ぜひ、ご家族やお友達と話し合ってみてくださいね♪
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.12.22 19:53

こんにちは。Z会リベラレス担当のタナカです。
 
 
 
今回は、12/17(土)に実施した「現役コンサルタント直伝!ロジカルシンキングで2030年に活躍する方法を考える! ~人工知能vs人間~」のレポートをお届けいたします。
 
 
【イベント概要】
対象:中1生~高1生
日時:12月17日(土) 13:00~15:00
 
 
ロジカルシンキングをテーマにした講座は今回で3度目でした。
毎回、驚くようなコンサル現場のお話が聞けたり、参加者の皆さんの斬新なアイデアが光るこのシリーズですが、今回も例に漏れずとっても面白い講座になりました。
 
 
 
「ビジネスで必須のロジカルシンキングは狭義の論理思考を土台に、仮説思考・フレームワーク思考・シンプル思考で構成される」
これは相原講師の言葉です。
講座の前半は、そのうちのひとつ「フレームワーク思考」を学びました。
フレームワーク思考とは、全体を構成する大きな枠から物事を考える手法。課題解決の場面で言いかえれば、課題に対してフレームワークを活用し、問題をもれなく把握して解決にあたる考え方ですね。
 
実社会でよく使われるフレームワークは、
・強み/弱みの対比
・過去/現在/未来の時間軸
・重要度/緊急度のマトリクス
などなど、本当に様々な切り口があります。
(気になる方はぜひ調べてみてください!)
 
このフレームワーク思考がしっかりできていれば、
「あれ!?こんな状況って想定していなかったよ!!」
というようなことは未然に防げるわけですね。
 
8f6af859ca921de47d219be883f3b6500ef5da15.jpg
(相原講師の出題する”問題”に対し、学んだばかりのフレームワーク思考を駆使して課題解決に挑むみなさん)
 
 
 
講座の後半は、身につけたフレームワーク思考を武器に、今回の本題
「2030年に活躍する方法」
に取り組みました。
 
「2030年に活躍できる仕事や職業とはどうやって決まるのか」
と考えたとき立ちはだかる壁のひとつが、今急速に進化している人工知能(AI)です。
AIの存在を前提として、人間がどんな方向性で活躍できそうかを”フレームワーク思考”で考えました。
 
AIが普及しても人間が活躍するにはどういう方向性がある?
 ↓
方向性を踏まえて、どんなシーンで人間が活躍できる?
 ↓
人間が活躍できるシーンを踏まえると、どんな仕事や職業が適している?
 
 
ab21df03c9e706afe2d4ed91aad7b8b8b356f88d.jpg
(人間が活躍すると思う仕事をみんなで積極的に意見を出し合いました)
 
 
講座終了後、参加者のみなさんから
「ものの考え方が変わりました!」
「意見を出し合うことで、少しだけでも成長できた気がします!」
とのお声もいただき、有意義な時間となりましたようで大変嬉しく思っています。
 
 
 
そんな相原講師の現役コンサルタントシリーズ、次回は2017/1/8(日)に開講予定です!
次回はロジカルシンキングの第3の要素、シンプル思考を学びます。
シンプル思考はロジカルシンキングの中で最も難しく、そして最も強力な武器となります。今までのロジカルシンキング講座の集大成と言っても過言ではありません。
もちろん、今までの講座に参加していなくてもOKです!むしろここだけは是非ご受講いただきたい!
なので、
次回の講座は★特別★に【初回参加者は無料!】でご受講いただけます!
詳細は こちら からご覧くださいね。
 
 
みなさんと講座でお会いできるのを、心より楽しみにしています。
 
 
<今後の現役コンサルタントシリーズ講座の予定>
1月8日(日)ロジカルシンキングの第三の要素「シンプル思考」
2月5日(日)ロジカルシンキングと並ぶ思考法「システムシンキング」
3月5日(日)感情に流されず物事を賢く選択する考え方「意思決定理論」
 
Tags :
中学生
高校生
大学入試改革
開催レポート
協働学習
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2016年12月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31