みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2017.02.14 17:46


こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのイシハラです。
今回は2月12日に行われた「新傾向入試を体験しよう!英語編」のイベントの報告をさせていただきます。

当イベントでは、参加者の高校生のみなさんに、変わりゆく大学入試について知り、それに対応する力を養うにはどうすればよいのかを考えていただけたと思います。
 
第1部では講義の形式で、近年の英語の指導要領の変更やそれによる英語の入試問題の変化について知っていただきました。近年は、聞く・話す・読む・書くを統合的に活用できるコミュニケーション能力の育成が重視されており、それに伴って大学入試もその力をはかるものへ変化しています。具体的には、設問や注釈など、問題の本文以外もすべて英語で出題されるなど英語処理量が増加したり、「情報を的確に理解し、語彙や文法の遣い方を適切に判断し活用しながら、自分の意見や考えを相手に適切に伝えるための、思考力・判断力・表現力を構成する諸能力」である、「新学力」を試す問題が増加しているのです。
 


第2部ではその「新学力」を試す問題の一つである、提示された写真について英作文を書く問題に取り組んでいただきました。まずは個人で問題を解いていただき、そのあとにグループに別れて各グループのベストアンサーを作成していただきました。
1枚の写真をとっても、登場人物や場面の設定が人それぞれで異なっていたようです。グループのメンバーで「何を大切にして答案を作成するか」を話し合い、試行錯誤しながらベストアンサーとしてまとめてもらいました。最後にファシリテーターの方からそれぞれのグループのベストアンサーへの講評やこれからの学習のポイントを教えていただき、イベントは終了となりました。

新傾向入試
 



参加者のみなさんからは、「これからどのような勉強をしていけばよいかがわかった」などの感想があり、よかったと思います。

普段から、日常的なことに関して「英語ではどう表現するのだろうか」と考え、言い回しなどを知っていくとよいとのアドバイスがありましたのでみなさんもぜひやってみてください。
入試は常に変わっていくので、新傾向入試がどのようなものなのか、どのような力が求められるのかを体感することが大切ですね。
Tags :
大学入試改革
無料イベント
ソーシャルブックマーク:

2016.12.14 20:10

 
 
こんにちは!年の瀬ももう間近ですね…。リベラレス大学生アドバイザーのハヤシです。
 
今回は「2030年、私たちの選択 -21世紀型能力養成-」講座の課題図書、18歳からの選択」のご紹介(というか私的に読んだ感想ですが…)。課題図書というと大仰ですが、普通に読んでいて面白い本でした!面白いものやことって、往々にして言葉にしようとするとつまらなく(せせこましく)見えるものですが、そしてこの面白さは小説のそれとは多少違うものですが、でもぜひ皆さんにも読んでいただきたいです。
 
6a0184ff411ced86980e7c8a2b5ec09e131cc926.PNG
 
 
―このまま結婚しない人が増えるとどうなりますか?(p43)
―いまは正社員になれない人が増え、年収200万円台も珍しくない時代ですよね。僕たちも社会に出たときどうなってしまうのか、お金の不安はとても大きいです。(p76)
ほかの国にもいじめはある?どんな対策がとられていますか?(p94)
―近い将来、地方の多くの自治体が消滅する危険性があると知りました。消滅ってどういうことですか?自分の生まれ育ったまちがなくなるって想像できません…。(p124)
―人工知能が普及したら人間の仕事が奪われるなんてことは?(p229)
 
 
この本では、現在の私たちの身の回りの社会の問題が、いくつかに系統だてられて書いてあります。お金やいじめ、SNSの話から選挙権や人工知能に至るまで親しみやすさの度合いは様々です(必ずしも身近な問題が意見を持ちやすい問題とも限りませんしね)。でも、その全部の章に共通した特徴があって、僕はその点でこの本がよく練られた本だなぁと思いました。
 
・さらりとも読めるしじっくりとも読める
本文をどんどん読み飛ばしながら読んでいくことも、気になった章だけをみっちり読んでいくこともできるので、とても幅の広い本だと思います。質問と回答をベースに進んでゆくので読みやすいですし、多様な人々で情報を共有することも簡単です。余白にある参考文献や根拠となる資料へとじっくり辿ってゆけば、あなたはもうその分野のミニ・エクスパートです(エクスパートは言い過ぎですが)。
 
・「数字」が多い
とても豊富な数値資料が盛り込まれています。たいてい本の余白部分に書かれていることが多いので、しれっと読み飛ばすこともできるのですが(休み時間に読むときはそれでよいと思いますが)、誰が見ても納得できる情報や情報源が記されていることは、ちゃんとその問題を考えたり調べ学習の道しるべとしたりするときにもとても役立つ本だと思います。
 
・この本を書いているひと自身が迷い迷い書いていること
この本は社会問題のことを扱った必ずしも口当たりのいい本ではないにも関わらず、「上から目線」がほとんどありません。それどころか本の端々に「みなさんこそが」この問題の当事者であり解決者であるという「信頼」が現れているように感じられました。この本に書かれていることに僕は必ずしも賛成するわけではないけれど、それでも僕らと同じ目線で語ろうとしていることはひしひしと伝わってきました。
 
全体として、お世辞抜きで大学生として高校生のときに読んでいたらもっといろいろな選択肢の幅が広がっていたんだろうなぁと思わせる本です。「…のときに読んでいたら」といっている人は大抵そのときにそんな本が出ていても読まないものですが、今回このブログを読んでこの本とこの本を使った今度の日曜のイベントの存在を知ったあなたが、数年後に今の僕のように遠い目をして後悔する必要はありません。思考力や実践力といったスキルの向上や、もっと漠然とした未来の自分の可能性を探しに、ぜひ「2030年、私たちの選択 -21世紀型能力養成-」講座に来てください!
 
申込みはこちらから→http://www.zkai.co.jp/home/liberales/event/index.html
 
9d19b81a67a0ccd8f59d346707afe26c089035ce.PNG

↑前回の様子はこんな感じ。

 
Tags :
中学生
高校生
無料イベント
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31