みなさん、こんにちは。Z会Liberalesスタッフ一同です。Z会Liberales(以下、リベラレス)は、2016年8月1日にオープンした「Z会の新しい学習空間」です。このブログでは、リベラレスで開催したイベントやセッション、普段のリベラレスの様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、リベラレスの様子やイベント内容を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2017.04.21 16:20

 こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのオオスミです。
 
 もう4月も後半になりました。高校三年生はそろそろ部活の引退シーズンが始まる頃ですね。最後の大会を目の前にして今までにないほど部活に集中している人も多いと思います。僕もちょうど二年前はそうでした。GWの始まる頃に部活を引退した記憶があります。
 
 さて、そんな人たちは今は部活に一生懸命でいてほしいのですが、受験勉強のことも気になりますよね。今まで英語や数学・国語はそこそこ勉強してきたとは思いますが、理科社会はあまりやっていなかったという高校三年生はとても多いと思います。
 
 そこで今回は、理科の参考書や問題集を紹介します。僕は物理化学選択だったので物理と化学の参考書を紹介しようと思います。まずは化学です。主に僕の使っていたものの紹介です。やさしいものから順番に紹介しますね。
 
1. セミナー (第一学習社)
 学校で配られている人も多いと思います。定期試験前に解き進めたりしている人も多いのではないでしょうか?基本的には「教科書傍用問題集」で、それほど難しいものではありません。「プロセス」「基本問題」を一通りできるようにすると受験勉強で必要な知識は一通り習得できます。これらをしっかり解けるようなレベルにできるだけ早く到達するのが望ましいです。(「発展問題」などはかなり難しいです。)リードαも同じようなレベルです。
 
2. 基礎問題精講 (旺文社)
 「基礎」とついていますがそれほど簡単な問題集ではありません。とはいえそれほど難しい問題集でもないです。セミナーに比べて問題数が少ないため、早い時間で教科書レベルの復習ができます。ある程度定期試験で高得点が取れていて、その内容を少しは思い出せるのであればセミナーではなくこの問題集を使って復習をすればよいでしょう。
 
3. 化学 解法の焦点 (Z会出版)
 わかりやすい図で単元ごとの解説をした後問題を解く形になっている参考書兼問題集。参考書の部分も、重要な語句は赤シートをかぶせて消えるようになっていて、基礎知識を覚えるのも楽になっています。問題もレベルごとに3つに分かれています。
 
このどれかを使えば化学の基本の部分はマスターできます。入試(2次試験)での基礎レベルと呼ばれる問題も確実に解けるようになるでしょう。
 
 長くなってしまったので、入試標準・難問レベルの問題集は明日紹介しますね。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
〒101-0041東京都千代田区神田須田町1-2-3
Z会御茶ノ水ビル8F
TEL:03-6262-9777
OPEN:13:00~21:00(月曜日~木曜日 休室日を除く)
MAP

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ