みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2017.04.03 19:14

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのソメヤです。
 
今回は、4/2(日)に開講した「現役コンサルタント直伝!人前で自信を持ってプレゼンテーションする極意、教えます!」のレポートをお届けします。
 
 
[イベント概要]
対象:新中1生~新高2生
日時:4月2日(日)  13:00~18:30
 
 
今回は、他者と協力して物事を進めていくことが強く求められるこれからの社会で必須な、「人を動かす」プレゼンや資料を作成し、それを上手く発信するスキルを学びました。
 
みなさんは「プレゼン」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。会社で部下が上司達に新しい企画を説明したり、研究者が報道陣の前で自分の研究成果を発表したりしている様子が思い浮かぶのではないでしょうか。「プレゼン」と聞くと、何かスケールの大きなものでやらなければならない気がしてしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません!
 
「プレゼン」は、何か自分が相手に伝えたいことがある時に、それを分かりやすく説明するための道具です。なので、内容はどんなものだって良いのです。
 
例えば、「お小遣いのアップを要求する」というテーマで、お母さんにプレゼンしたって何もおかしくありません。結果がどうなるかは分かりませんが(笑)
 
今回の講座では、「修学旅行の行き先を○○に変更したい」という提案を、校長先生と教頭先生に伝えるという設定で、プレゼンを行いました。
 
初めに、何も作り方を教わっていない状態で、各自でプレゼンを作ってもらいました。
 
みなさん何からやれば良いのか分からないといった様子で、なかなか手が動いていませんでした。時間が来て、それぞれ発表しましたが、紙に書いたことを読み上げるだけになっていしまっていたり、構成がなく、言いたいことの羅列になってしまっていたりと、まだまだ良いプレゼンとは呼べないものばかりでした。
 
その後、相原先生から、プレゼン作りの極意をお話しいただきました。
 
そして、どうすればもっと相手に分かりやすく伝えられるかを教わった上で、もう一度同じテーマで各自プレゼンを作ってもらいました。
 
すると今回は、みなさんまず何をすべきかが分かっている様子で、黙々と作業に取り掛かっていました。初めの発表ではなかった図や数値を使っていたり、目次がついていたりと、相原さんに教わったことを存分に使って、全員が素晴らしいプレゼンをしてくれました!
 
「これからも、今日習った作り方でプレゼンを積極的に作っていきたい!」という声もあり、とても良い講座になったと思います。
 
また、プレゼンの説得力を上げるためにも重要な、具体的数値を、少ない情報から見積もる方法については、相原先生の次回の講座「現役コンサルタント直伝!21世紀型スキル体得講座 フェルミ推定を使った課題解決の方法を学ぼう!」で取り扱うそうなので、こちらも是非チェックしてみてくださいね。
 
b0d91b1c7053a577428dae41c6616e8ec7c81338.JPG

このように一人ずつ前に出て発表を行いました!

Tags :
中学生
高校生
開催レポート
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年09月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30