みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2017.02.14 17:46


こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのイシハラです。
今回は2月12日に行われた「新傾向入試を体験しよう!英語編」のイベントの報告をさせていただきます。

当イベントでは、参加者の高校生のみなさんに、変わりゆく大学入試について知り、それに対応する力を養うにはどうすればよいのかを考えていただけたと思います。
 
第1部では講義の形式で、近年の英語の指導要領の変更やそれによる英語の入試問題の変化について知っていただきました。近年は、聞く・話す・読む・書くを統合的に活用できるコミュニケーション能力の育成が重視されており、それに伴って大学入試もその力をはかるものへ変化しています。具体的には、設問や注釈など、問題の本文以外もすべて英語で出題されるなど英語処理量が増加したり、「情報を的確に理解し、語彙や文法の遣い方を適切に判断し活用しながら、自分の意見や考えを相手に適切に伝えるための、思考力・判断力・表現力を構成する諸能力」である、「新学力」を試す問題が増加しているのです。
 


第2部ではその「新学力」を試す問題の一つである、提示された写真について英作文を書く問題に取り組んでいただきました。まずは個人で問題を解いていただき、そのあとにグループに別れて各グループのベストアンサーを作成していただきました。
1枚の写真をとっても、登場人物や場面の設定が人それぞれで異なっていたようです。グループのメンバーで「何を大切にして答案を作成するか」を話し合い、試行錯誤しながらベストアンサーとしてまとめてもらいました。最後にファシリテーターの方からそれぞれのグループのベストアンサーへの講評やこれからの学習のポイントを教えていただき、イベントは終了となりました。

新傾向入試
 



参加者のみなさんからは、「これからどのような勉強をしていけばよいかがわかった」などの感想があり、よかったと思います。

普段から、日常的なことに関して「英語ではどう表現するのだろうか」と考え、言い回しなどを知っていくとよいとのアドバイスがありましたのでみなさんもぜひやってみてください。
入試は常に変わっていくので、新傾向入試がどのようなものなのか、どのような力が求められるのかを体感することが大切ですね。
Tags :
大学入試改革
無料イベント
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31