みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2017.01.23 20:57

こんばんは!2連続登場のリベラレスADオオイです。
先日、リベラレスでは高2生向けイベント「誤答から学ぶ!センター試験講評会」が開催されました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
 
今回のブログでは、このイベントのレポートを書いていきたいと思います!
 
 
まず、今回のイベントの目的は、今年度のセンター試験の問題のうち受験生の正答率が低かった問題をピックアップし、正答率が低かった理由やそこで間違えないようにするにはどうすればいいかを参加者とともに話し合うことでした。
 
教科ごとに正答率の低かった問題を2,3題ピックアップし、それを中心に「何に注意して問題に取り組めばよかったのか」、「このような問題に引っかからないためにはどのような勉強をすればよいのか」「問題を解く際の時間配分」などについて各教科20分ずつ話し合っていきました。
 
例えばセンター英語の回では、文法問題から2題、読解問題から1題が正答率の低い問題として挙げられていました。
取り上げられていた今年のセンター問題の一つがこちら↓
 
 
第2問 
A.(A)と(B)に入れるのに最も適当な組み合わせを選べ
問8
He (A) his umbrella (B) in the door by accident when he boarded the rush hour train.
  ①A: got  B: caught         ②  A: got   B: to catch
  ③A: made  B: caught       ④ A:made  B: to catch
 
 
 
「Get + O + done」→「Oが(意図せず)~される」 という文型を理解していれば解ける問題でしたが、「Made + O + done」 →「Oに(強制的に)~させる」 や、「Get + O + to do」 →「Oに~してもらう」 という文型と混同させてしまった受験生が非常に多かったようで、Z会の調査によると、正答率は半分以下の48.0%
 
この問題から、文法上のニュアンスの違いの理解、使い分けがほかの受験生と差をつけるためには必要であるということなどが指摘されました。
 
例として英語の回で取り扱われたセンター問題の一つを挙げましたが、他教科においても詳しい問題分析と対策が議論されていました。
問題を解くときの時間配分や解く順序などについても教科ごとにイベント参加者との話し合いが行われていました。
 
 
参加してくださった方々にとっては今後の勉強の方針やセンター問題への取り組み方を決めるのに役立つ講評会になったのではないかなと思います!
b28ab6043d4abcf93bdf3d1cd33ca6429c3ebf79.JPG
Tags :
高校生
センター試験
開催レポート
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31