みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2017.01.12 13:00

新年明けましておめでとうございます!アドバイザーのオオイです。
もう年が明けてから1週間以上たっていますが、今年はじめての投稿なので新年のご挨拶でブログを始めさせてもらいました。
ついに今週末にまでセンター試験が差し迫ってきましたね。受験は一発勝負。そのプレッシャーはとても大きいものだと思います。私も去年の今頃、プレッシャーに押しつぶされそうになっていました。センター当日の緊張感はおそらく今まで受けてきたどの試験よりも凄まじいと思います。
 
そこで、今回は私のセンター試験での体験談について書いていきたいと思います。参考にしていただけるとうれしいです。
 
―センター前日―
私が振り分けられたセンター会場は家から電車で1時間半近くかかる場所でした。もちろん当日に家から会場まで移動することは可能でしたが、何があるかわからない上、何が起きたとしても人のせいにはできないので、前泊することにしました。
寝る前には持ち物の確認も繰り返し行い、朝起きたらご飯を食べて、着替えて会場に向かうだけ、という状況を作り、10時ごろに就寝しました。
 
―センター当日―
1日目、会場に着き部屋に入ると、もわっとした温かい空気が漂っていました。教室が小さい上に隣との間隔がかなり狭く、人が密集していたのです。教室の温度に関しては、会場によって異なると思いますが、寒暖に対応できるようにしておくことはベストコンディションで試験に臨むためにもとても大事なことだと思います(ブランケット、カイロ、冷えピタを用意するなど)。
試験開始前の教室はしゃべり声であふれていました。私はそれをシャットアウトして集中するために、机に筆記用具をきっちりセットし、ウォークマンで大好きな曲を流しながら自作のノートに目を通しつつ試験開始を待ちました(いつも私が試験前に行っていたルーチンワークです)。
万全の状態で望むことができたおかげで、試験自体はスムーズにこなしていくことができました。終わったらすぐにホテルへ戻り、明日の準備をし、就寝。その日は自己採点をしませんでした
 
2日目も比較的順調に試験をこなしていきましたが、ひとつ、大失敗をしてしまいました。数学の試験中、解答欄を5問目あたりからひとつずつずらしてしまっていたのです。過去のマーク模試では一度もそんなミスは犯したことがないのに、本番に限って、やらかしてしまったのです。
中盤に気づいたため、まだ取り返しがつきましたが、それ以降も焦りが消えず、普段どおりの状態で試験を受けることができませんでした。マークミスはもちろん、すぐにもとの調子に戻すことができなかったことをとても後悔しています。
 
試験は、受験者の事情をいちいち考慮してくれません。例え、教室が寒くて手がかじかんでいても、風邪をひいていても、電車の遅れで遅刻しても、鉛筆を忘れてしまっても、マークミスをしても、テンパってしまっていても、すべて自己責任であり、他の受験生よりも受験環境が悪かったとは言えないのです。
 
厳しいですが、全員同じ条件で戦っています。最後まで気を緩めることなく、試験に臨んでいってください。
 
受験生の皆様の健闘をお祈りします!
Tags :
センター試験
大学受験生
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31