みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2016.12.22 19:53

こんにちは。Z会リベラレス担当のタナカです。
 
 
 
今回は、12/17(土)に実施した「現役コンサルタント直伝!ロジカルシンキングで2030年に活躍する方法を考える! ~人工知能vs人間~」のレポートをお届けいたします。
 
 
【イベント概要】
対象:中1生~高1生
日時:12月17日(土) 13:00~15:00
 
 
ロジカルシンキングをテーマにした講座は今回で3度目でした。
毎回、驚くようなコンサル現場のお話が聞けたり、参加者の皆さんの斬新なアイデアが光るこのシリーズですが、今回も例に漏れずとっても面白い講座になりました。
 
 
 
「ビジネスで必須のロジカルシンキングは狭義の論理思考を土台に、仮説思考・フレームワーク思考・シンプル思考で構成される」
これは相原講師の言葉です。
講座の前半は、そのうちのひとつ「フレームワーク思考」を学びました。
フレームワーク思考とは、全体を構成する大きな枠から物事を考える手法。課題解決の場面で言いかえれば、課題に対してフレームワークを活用し、問題をもれなく把握して解決にあたる考え方ですね。
 
実社会でよく使われるフレームワークは、
・強み/弱みの対比
・過去/現在/未来の時間軸
・重要度/緊急度のマトリクス
などなど、本当に様々な切り口があります。
(気になる方はぜひ調べてみてください!)
 
このフレームワーク思考がしっかりできていれば、
「あれ!?こんな状況って想定していなかったよ!!」
というようなことは未然に防げるわけですね。
 
8f6af859ca921de47d219be883f3b6500ef5da15.jpg
(相原講師の出題する”問題”に対し、学んだばかりのフレームワーク思考を駆使して課題解決に挑むみなさん)
 
 
 
講座の後半は、身につけたフレームワーク思考を武器に、今回の本題
「2030年に活躍する方法」
に取り組みました。
 
「2030年に活躍できる仕事や職業とはどうやって決まるのか」
と考えたとき立ちはだかる壁のひとつが、今急速に進化している人工知能(AI)です。
AIの存在を前提として、人間がどんな方向性で活躍できそうかを”フレームワーク思考”で考えました。
 
AIが普及しても人間が活躍するにはどういう方向性がある?
 ↓
方向性を踏まえて、どんなシーンで人間が活躍できる?
 ↓
人間が活躍できるシーンを踏まえると、どんな仕事や職業が適している?
 
 
ab21df03c9e706afe2d4ed91aad7b8b8b356f88d.jpg
(人間が活躍すると思う仕事をみんなで積極的に意見を出し合いました)
 
 
講座終了後、参加者のみなさんから
「ものの考え方が変わりました!」
「意見を出し合うことで、少しだけでも成長できた気がします!」
とのお声もいただき、有意義な時間となりましたようで大変嬉しく思っています。
 
 
 
そんな相原講師の現役コンサルタントシリーズ、次回は2017/1/8(日)に開講予定です!
次回はロジカルシンキングの第3の要素、シンプル思考を学びます。
シンプル思考はロジカルシンキングの中で最も難しく、そして最も強力な武器となります。今までのロジカルシンキング講座の集大成と言っても過言ではありません。
もちろん、今までの講座に参加していなくてもOKです!むしろここだけは是非ご受講いただきたい!
なので、
次回の講座は★特別★に【初回参加者は無料!】でご受講いただけます!
詳細は こちら からご覧くださいね。
 
 
みなさんと講座でお会いできるのを、心より楽しみにしています。
 
 
<今後の現役コンサルタントシリーズ講座の予定>
1月8日(日)ロジカルシンキングの第三の要素「シンプル思考」
2月5日(日)ロジカルシンキングと並ぶ思考法「システムシンキング」
3月5日(日)感情に流されず物事を賢く選択する考え方「意思決定理論」
 
Tags :
中学生
高校生
大学入試改革
開催レポート
協働学習
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年07月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31