みなさん、こんにちは。Z会リベラレススタッフ一同です。このブログでは、Z会リベラレスで開催したイベントや講座の様子などをお届けしていきます。遠方にお住まいの方にも、Z会リベラレスの様子を少しでも共有できればと思っています。
Z会ブログトップへ

2016.11.02 18:45

こんにちは。リベラレス大学生アドバイザーのハヤシです。
 
ふとカレンダーを見ると、センター試験まで残すところあと70日あまりになりました。受験生のみなさん、いかがお過ごしでしょうか。風邪などはひいていませんか。切迫感や不安、焦りや迷い、様々な感情が入り混じる頃です。心身ともにバランスを崩さず、一歩一歩進んでいきましょう。
さて、この時期の受験生の大問題、それはセンター/二次のバランスをどうしようか…ということだと思います。どれくらいの点数?どれくらいの力のいれかた?うーむ。…ということで、この時期におけるセンター攻略法、東大理系にひき続いて今回は東大文系編です。
 
目指すべきところ、それは理系同様センター9割だと思います。9割?そんな点数安定してとれていない?そもそもとったことない?前期東大の足切りの水準自体は700点前後じゃないの?そもそも東大は二次重視なんじゃないの?…昨年の今頃の僕もそう思っていました。でも9割とっておきたいというのには、いくつか理由があります。
センター二次の割合は110:440=1:4で二次重視の得点配分ではあるが、見方を変えると5分の1の得点は既に決まってしまう(しかも、ほぼ一律に110点に圧縮するので手を抜いてよい教科はない…)。
・足切り自体は700点前後だが、合格者平均は9割近いもの。他の受験生に差をつけられないようにしたい。
・センターで9割を多少超えておくと、二次を受けるときに「自分は数点~十数点のアドバンテージを持っている」と思えて心理的に優位に立てる
・<私立センター利用の滑り止めも考えているなら> 9割をきっちり超えていれば多くは抑えられる。二次受験前に合格の確定したところをつくることができる。
・<国立後期の併願も考えているなら> むしろ9割を超えていないと足を切られることがある
 
なるほど、9割ほしいのはわかった。でもいつからどれくらいやろう??
人によって差はありますが、12月に入ってから詰めていくような感じだと思います。ただ、今までのセンター模試の結果を踏まえて自分の苦手・得意は明らかになってきているだろうと思います(自分の苦手を把握できていないなら、ざっとでいいのですぐに把握しましょう)。把握している苦手教科・単元のセンター対策に関しては、少しずつやってみてもいいかもしれません。センターでしか使わない理科基礎は、もし暗記等があるのならすき間時間で軽く目を通してみる、二次でも使う英数国社は、二次の基礎固めという意識で時間を区切って取り組んでみる、いろいろな方法があるとは思いますが自分にあったやり方で無理ない範囲でやってみるのはいかがでしょうか?
あと、自分の苦手の原因を「センター独自の解答方式」にあるとすぐ結論付けないようにしましょう。確かに厄介な解答方式ではありますが、問われていること自体は特殊なものではありません。センターの勉強は二次にもつなげられるという意識は持っておきましょう。センターの独自性に拘泥すると、かえって自分が得点できていない本当の原因を見逃してしまうかもしれませんよ。
 
こと東大に関しては総合力が問われる入試です。あれやれ、これやれと言われて少々気分が不安定になってくる頃だとは思いますが、自分でやることの必要性を認識すれば、「やらねばならない」勉強時間が、これからにつながる有意義な時間になるはずです!
その際にはZ会の参考書もぜひぜひお使いください…
 
また時期が近付いてきたら、経験談も交えつつ教科ごとの時間配分等々の具体的な対策も載せていけたらと思います。
それでは、気を抜かず気張らず、希望の進路を目指して頑張ってください!!0da8f9dbaee8fb6fd4624f5caf515e1807fa347d.JPG
Tags :
高校生
東大
大学受験生
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31