大岡信ことば館スタッフブログ 旧サイト

Z会ブログトップへ

2011.08.20 17:38

ご無沙汰しています・・・NですE74F

暑い毎日ですが、昨日の夜の雨で少し過ごしやすくなりましたねE6F0

さて、少し前のことになりますが、8月7日に、
私とwarabeccoさんの2人で、子どもたちに絵本を紹介するイベント、「本祭り」に参加してきました。

三島市内の家庭文庫「てんとうむし文庫」さんが主宰するこのイベントの
「ことばの絵本」紹介コーナーを私たちが担当することになったのです。

「ことばの絵本」と聞いても「?」という方も多いと思いますが、
たとえば「しりとり」、「あいうえお」、「わらべうた」などのことばあそびの絵本や、詩の絵本など、
実は数え切れないほどあります。E6FA

イベントで紹介できたのはそのほんの一部・・・E72E

ここではさらにその中で私のイチオシをご紹介します。

15j1lDiLUB.jpg

左から

①『かずあそび ウラパン・オコサ』(文と絵:谷川晃一、童心社)

②『あいうえおの本』(文と絵:安野光雅、福音館書店)

③『いろ、いきてる!』(文:谷川俊太郎/絵:元永定正、福音館書店)

以上の3冊。

いずれもことば館にも所蔵品のある美術作家さんたちが絵を手がけています。

①の谷川晃一さんは、ほかにも『ニャンニャンマラソン』『バスがきました』など、
楽しい絵本をたくさん出版されています。

9月3日からは、東京の三鷹市美術ギャラリーにて、大きな個展を開催される予定です。
谷川さんのたのしい絵がたくさん見られるはずです。
ぜひチェックしてみてください!
谷川晃一「南の庭のアトリエより」

②の安野光雅さんは、書籍の装丁家としても有名です。
エッシャーに影響されたという不思議な画風でよく知られています。
どの絵もほんとうに美しく、ため息が出そうなすてきな本です。

③は、谷川俊太郎さんと元永定正さんのコンピ。
『もこ もこもこ』という絵本も同じ2人が手がけた名作ですが、こちらもいい本です。
あざやかな色が元気に画面を飛び回るので、
お子さんも思わず引き込まれることまちがいありません!
読み聞かせにオススメです。

このほかにも、たのしいことばの絵本を「資料映像コーナー」にご用意しています。E6F6

残暑厳しき折、外で遊ぶのに疲れたら、ことば館で絵本を楽しんでみてはいかがでしょうか??
お待ちしてます。E742
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
大岡信ことば館
休館日:月曜日(月曜が祝休日の場合は翌日)
入館料:展覧会により異なります。お出かけの前にご確認ください。/未就学児無料|障害者手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名無料

カレンダー

<<   2019年10月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着記事

月別アーカイブ