大岡信ことば館スタッフブログ 旧サイト

Z会ブログトップへ

2014.06.03 18:13

こんにちは。

6月1日をもちまして、「これっていいね 雑貨主義展」が終了しました。

大岡信ことば館は、ただいま撤去作業の真っ只中。

展示替え期間中は休館になってしまうのですが、

今回は、この休館期間の合間を使い、

第2回三島でシネマを当館2階展示室にて開催いたします!

6fae086877f367b5dc393ee475f759bfd4775c4f.jpg

 

上映するのは、纐纈(はなぶさ)あや監督のドキュメンタリー映画

ある精肉店のはなし」です。

”いのちを食べて いのちは生きる”のサブタイトル通り、

食に関する事柄を再確認できる映画です。

食べることが好きな方、食物を勉強されている方をはじめ、

老若男女、多くの方に見ていただきたい映画です。

ぜひご来場ください!

 

第2回三島でシネマ「ある精肉店のはなし」

日時: 2014年6月7日(土)午後7時~9時(上映108分)

☆上映前にミニトークショーあり。

場所: 大岡信ことば館 2階展示室

入場料: 一般1,200円 高校生以下800円

 

チケットのお求めは、大岡信ことば館まで。

お電話、Eメール、またこちらのページの予約フォームにて

ご予約名とチケット枚数をお知らせください。

皆様のご来場をお待ちしております。

 
ソーシャルブックマーク:

2013.09.20 19:22

 


こんにちは。
昨夜は「中秋の名月」でしたね
 夕方、帰宅途中に見た月は、丸くて黄色くて、見とれるほどきれいでした
310489a49583046bdd6b207eaf6708523ef83c03.JPG
夜に双眼鏡で観てみると、銀色に輝いていて、クレーターもくっきり!
なかなか寒かったのですが、頑張って双眼鏡越しに写真も撮ってみました。
中秋の名月の夜に満月を観られるのは、8年後だそうですよ。
今から楽しみにしておこうと思います。
 
さて、
10月2・3・4日に開催する三島でシネマ」。
今日は最終日の2作品をご紹介します。
 
■3日目のプログラム■
10月4日午後5時から 「鉄道員」(1956年/イタリア/118分)
監督:ピエトロ・ジェルミ 出演:ピエトロ・ジェルミほか 音楽:カルロ・ルスティケリ
敗戦後のイタリア。鉄道員の父は、事故をきっかけに逸脱と破綻の道を進む。
貧しさに塗り込められた男の人生の最後は……頑固者の父親をめぐる
家族愛、夫婦愛、人生の喜びや悲しみが、末っ子サンドロの純真な目を通して綴られた名作。
 

 
10月4日午後7時30分から 「卒業」(1967年/アメリカ/105分)
監督:マイク・ニコルズ 出演:ダスティン・ホフマンほか 音楽:ポール・サイモンほか
 
青年から大人へ変化するころ、誰もが抱いていた不安や焦燥感。
青春期の危うい心理と恋心を描き出した傑作。
当時さほど有名でなかったダスティン・ホフマンの代表作ともなった。
センセーショナルなエンディングとサイモン&ガーファンクルのテーマソングは、
いつまでも心に残る。
 
 
6作品、どれも名画といわれるものばかりです。
一度は観ておきたい映画、この機会にぜひご鑑賞ください。
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
  
 
ソーシャルブックマーク:

2013.09.13 16:51

 

 

 
 
 
こんにちは。
夏のじめじめが弱まって、すっかり秋に入りましたね。
外に出ることが苦ではなくなったので、予定を考えるのも楽しみです。
そんな秋の夜長に大岡信ことば館のイベント「三島でシネマ」はぴったりです。
10月2・3・4日、みなさまのご来場をお待ちしております!
 
■一日目のプログラム ご紹介■
 
10月2日(水)第1部 午後5時~「街の灯」
(1931年/アメリカ/87分)
監督:チャールズ・チャップリン、出演:チャールズ・チャップリンほか、
音楽アルフレッド・ニューマン
 
喜劇王チャップリンによるサイレント映画。
チャップリン演じる浮浪者と健気に生きる盲目の娘との恋を、おもしろおかしくも感動的に描く。
ラストシーンの娘の台詞は、無声ながら心に深く響く。
映画初期作品の一つである本作を、三島でフィルムで見られるのは
最後のチャンスかもしれない。
 
 *
 
10月2日(水)第2部 午後7時30分~「死刑台のエレベーター」
(1958年/フランス/92分)
監督:ルイ・マル、出演:ジャンヌ・モローほか、音楽:マイルス・デイヴィス
 
道ならぬ恋、殺人、そしてあらかじめ終わっている逃避行。
不安の中で夜の街をさまようジャンヌ・モローの美しい表情と、
それを際立たせるアンリ・ドカエの斬新なカメラワーク。
全編を緊張感で包むマイルス・デイヴィスのジャズ・トランペットが見事に一致した傑作。
鬼才の名をほしいままにしたルイ・マル25 歳のデビュー作。
 
 サイレント映画だからこそのことばと音楽、
作品を際立たせる天才的な即興演奏。
一日目の両作品は、音に注目して観たい映画です。
ぜひ、大スクリーンで、会場をつつむ音で、名作映画をお楽しみください!
 
 
「三島でシネマ」は1作品800円。
チケット販売は、大岡信ことば館の受付、
または、お電話、メール、FAXにてチケット予約を承っております。
「三島でシネマ」に関するご質問は、大岡信ことば館へお気軽にお問い合わせください。
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
  
 
 
 
 
 
 
 
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
大岡信ことば館
休館日:月曜日(月曜が祝休日の場合は翌日)
入館料:展覧会により異なります。お出かけの前にご確認ください。/未就学児無料|障害者手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名無料

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事

月別アーカイブ