大岡信ことば館スタッフブログ 旧サイト

Z会ブログトップへ

2014.06.06 18:23

こんにちは。

明日はいよいよ、第2回三島でシネマ

ある精肉店のはなし」の上映が行われます!

 

大岡信ことば館の休館期間を利用しての映画上映会です。

第1回目の三島でシネマでは、ことば館らしくアットホームな雰囲気の中で

開かれましたが、今回もそうなる気がしています。

 

お座席数が少なくなってきていますので、

行こうかな、と考えている方はご予約をオススメします。

チケットのご予約はこちらのページのフォームよりお願いします。

 

いのちをテーマにした真剣な映画です。

ぜひ多くの方に見ていただきたい映画ですので、

皆様ご来場ください!

 

 

ことば館ツイッター

http://twitter.com/kotobakan/

ことば館フェイスブックはこちらから

http://www.facebook.com/kotobakan

ソーシャルブックマーク:

2014.06.03 18:13

こんにちは。

6月1日をもちまして、「これっていいね 雑貨主義展」が終了しました。

大岡信ことば館は、ただいま撤去作業の真っ只中。

展示替え期間中は休館になってしまうのですが、

今回は、この休館期間の合間を使い、

第2回三島でシネマを当館2階展示室にて開催いたします!

6fae086877f367b5dc393ee475f759bfd4775c4f.jpg

 

上映するのは、纐纈(はなぶさ)あや監督のドキュメンタリー映画

ある精肉店のはなし」です。

”いのちを食べて いのちは生きる”のサブタイトル通り、

食に関する事柄を再確認できる映画です。

食べることが好きな方、食物を勉強されている方をはじめ、

老若男女、多くの方に見ていただきたい映画です。

ぜひご来場ください!

 

第2回三島でシネマ「ある精肉店のはなし」

日時: 2014年6月7日(土)午後7時~9時(上映108分)

☆上映前にミニトークショーあり。

場所: 大岡信ことば館 2階展示室

入場料: 一般1,200円 高校生以下800円

 

チケットのお求めは、大岡信ことば館まで。

お電話、Eメール、またこちらのページの予約フォームにて

ご予約名とチケット枚数をお知らせください。

皆様のご来場をお待ちしております。

 
ソーシャルブックマーク:

2014.04.13 11:38

大岡信ことば館で開催するイベントのお知らせです。

 

2014年4月20日(日)14:00~(15:30終了予定) 

鼎談 谷川晃一×安藤礼二×寺村摩耶子

 「聖民俗学」ときくと、むずかしいのでは?と思ってしまいますが、

谷川晃一(画家・美術評論家)、安藤礼二(文芸評論家)

寺村摩耶子(絵本研究家)の3人が、たのしく雑貨の世界を語ります。

入場券: 2000円 ※当日の大岡信ことば館の入館料も含みます。

 

 

2014年5月17日(土)18:00~1時間程度

フォルクローレ・コンサート

雑貨がならぶ展示室で、日本のフォルクローレ界の第一人者によるイヴニングコンサート。

入場料: 2000円 ※当日の大岡信ことば館の入館料も含みます。

定員: 50名(自由席)

 

 

 2014年6月7日(土)19:00~(上映時間 108分)

三島でシネマある精肉店のはなし」(2013年/日本)

――いのちを食べて いのちは生きる―― 

 

 

2012年3月。代々使用してきた屠畜場が、102年の歴史に幕を下ろした。
最後の屠畜を終え、北出精肉店も新たな日々を重ねていく。
一家の姿を追うドキュメンタリー作品。
 

監督: 纐纈(はなぶさ)あや

制作: やしほ映画社、ポレポレタイムス社

 場所: 大岡信ことば館展示室

入場料: 大人1,200円/高校生以下800円

※大岡信ことば館は展示替え期間中です。

 

★チケットは、当館受付でお買い求めいただくか、

お電話・Eメールでもご予約承ります。

地域の皆様に楽しんでいただけるよう、さまざまなイベントを企画してまいります。

ぜひお越しくださいね。

 

 

ことば館ツイッター

http://twitter.com/kotobakan/

ことば館フェイスブックはこちらから

http://www.facebook.com/kotobakan

 

ソーシャルブックマーク:

2013.10.08 19:42

 

 
こんにちは。
 10月2・3・4日に開催した「三島でシネマ」。
無事に3日間終えることができました。
 
状態のよい35ミリフィルムで観る名作映画。
ご来場いただいたお客様には、ご好評いただけたようです。
ご来場、まことにありがとうございました。
 
今回、ことば館で初の試みとなった映画上映会は、
三島近辺にお住まいの方々に、
若い頃の思い出の映画、DVDでしか見たことのない名作映画を
大きなスクリーンで観ていただくチャンスをプレゼントしたい、
ということで企画をいたしました。
 
お客様に書いていただいたアンケートや、上映会を経ることで
ことば館の課題も見えてきました。
今後のイベントもたくさんのお客様に楽しんでいただけるよう、
ことば館スタッフみんなで力をあわせていきたいとおもいます。
 
 -----------------------------------------
三島でシネマ
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
 
ソーシャルブックマーク:

2013.10.04 17:27

   

 
 
こんにちは。
 
無事に二日間が終わり、本日最終日の「三島でシネマ」。
昨夜は、「大人は判ってくれない」と
「ニュー・シネマ・パラダイス」の二本を上映しました。
 
夕方の学校帰り、仕事帰りの方がおおくご来場くださっていました。
お客様が書いてくださったアンケートを見てみると、
当日、上映会があることを知って急いで会場に来てくださった方もいらっしゃったようです。
質のいいフィルムに満足してくださった方もいらっしゃって、
たいへん嬉しくおもいました。
 
本日のプログラムは、以下の2本です。
午後5時から「鉄道員」(1956年/イタリア/監督:ピエトロ・ジェルミ)
午後7時30分から「卒業」(1967年/アメリカ/マイク・ニコルズ)
 
どちらも、とても人気の映画です。
この機会を逃すと、フィルムでの鑑賞は難しくなってしまいます。
ぜひ会場で、名作映画をご鑑賞ください!
 
チケットは、会場にて800円で販売しております。
会場でお待ちしております。
 
 
 -----------------------------------------
10月2・3・4日は
三島でシネマ
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
 
ソーシャルブックマーク:

2013.10.03 16:46

  
 
 
 

 
 
 
こんにちは。
昨夜からはじまりました、「三島でシネマ」。
会場で観た素直な感想としては、
フィルムで観る映画はこんなにも良いものか、というものでした。
作品のなかに入り込めるような大画面と、白黒の美しいコントラスト。
35ミリフィルムの状態は、かなり良いそうです。
みなさまにもぜひご鑑賞いただきたいです。
 
また、今回はスクリーンのうしろにスピーカーを追加しているので、
音響もかなり良かったです。
昨日の「街の灯」の場面音楽、「死刑台のエレベーター」のマイルス・デイヴィスの音楽も
会場を包み込んで、映画のよさを引き出していることがわかります。
58ee9456e118e3f446079fad3e6ff98c8015408c.JPG
 
今回初めての試みの三島でシネマでは
客席に映写機を設置して上映をしています。
 二台の映写機を使い、ひと巻20分ずつ交代していきます。
機械をまわすカタカタという音や、交換するガッチャンという音も
いい味をだしていました。
 
美しい映写機を間近で見られるので、
機械好きにはたまらないのではないでしょうか?
 ことば館館長の岩本圭司氏も機械好きらしく、
映写機と一緒に記念写真も撮っていたようですよ。
お客様から上がった質問に、映写技師の相澤さんとこたえる場面もあり、
お客様の入りが悩ましいかわりに、和やかでアットホームな上映会となりました。
 
映画を観終わったお客様が帰り際に、
「やっぱり、むかしの映画はいいねえ」と感想を言ってくださり、うれしいかぎりです。
 制服を着た高校生から、昔の想い出の作品を観に来てくださったご年配の方まで
楽しんでいただけたようでした。
 
 本日の上映は、以下の2本です。
5時から「大人は判ってくれない」(1959年/フランス/監督:フランソワ・トリュフォー)
7時から「ニュー・シネマ・パラダイス」(1988年/イタリア、フランス/監督:ジュゼッペ・トルナトーレ)
  
映画のそばで育った、「ニュー・シネマ・パラダイス」の少年トトと同じ気持ちで
ご鑑賞いただきたいとおもいます。
チケットは、会場にて800円で販売しております。
お仕事帰りにでも、お立ち寄りください!
会場でお待ちしております。
 
 
 -----------------------------------------
10月2・3・4日は
三島でシネマ
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
 
ソーシャルブックマーク:

2013.10.02 16:29

  

こんにちは。
いよいよ本日から、大岡信ことば館主催
「三島でシネマ」が開催されます。
 
三日間連続で、映画史にのこる名作6作品を
すべて35ミリフィルムで上映いたします。
会場となる三島市民文化会館にて、当日券も販売しておりますので、
お仕事帰りにぜひお立ち寄りください!
 
ただいま、会場で上映テストを観たことば館スタッフによると、
35ミリフィルムで観る映画はとても良いそうですよ。
 
 本日の上映は、
5時から「街の灯」(1931年/アメリカ/監督:チャールズ・チャップリン)
7時30分から「死刑台のエレベーター」(1958年/フランス/監督:ルイ・マル)
 の2本です。
作品の間に、6時50分からミニトークショーがございます。
お話するのは、3日間映写機をまわしていただくスタンスカンパニーの相澤英成さんと、
ことば館館長の岩本圭司。司会は、イベントを企画した太田越智明です。
 
少しでも観てみたいなと思われましたら、
ぜひご来場ください!
会場でお待ちしております。
 
 
 -----------------------------------------
10月2・3・4日は
三島でシネマ
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
ソーシャルブックマーク:

2013.09.25 18:40


 
こんにちは。
9月があっという間に第4週となってしまいました。
9月は二度の月曜祝日があり、休館日が通常とは異なりましたが、
最後の週にも臨時の休館があります。
 
9月29日(日)メンテナンスのため休館し、
翌日9月30日(月)は開館いたします。
ご注意ください。
 
 
そして来週の今頃は、「三島でシネマ」の真っ最中ですね。
みなさま、当日行ってみようかなーという気になりましたら、
ぜひ会場へ脚をおはこびください!
 
 -----------------------------------------
10月2・3・4日は
三島でシネマ
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
 
 
 
ソーシャルブックマーク:

2013.09.22 15:54

こんにちは。

芸術の秋、食欲の秋を満喫したい方におすすめのイベントをご紹介します。

10月2日から5日の期間は、三島のイベント目白押しです。

 

以前からお知らせしている10月2・3・4日開催の「三島でシネマ」。

その翌日、10月5日(土)には、大岡信ことば館開館記念日として、

入館料無料、午後7時まで開館時間を延長いたします!

 

さらに10月5日には、今回で5回目となるチケット制の食べ歩き、飲み歩きイベント、

三島バル」が開かれます。

 debb40d1e404f41685284973cf6e01ea36509ded.jpg

三島バルに参加している約80店のお店でバルチケットを渡すと、

自慢の一品・一杯を提供してくれます。

5枚つづりなので、うまく5軒まわれば大満足間違いなし。

もしチケットがあまってしまったら、おみやげバル、後バルというシステムもあるので

無駄なくおとくに楽しめるイベントです。

(ことば館スタッフも個人的に、毎度のように楽しませてもらっているオススメイベントなのです。)

 

ことば館もバルに参加していますので、10月6~14日の間、入館料が2割引になります。

(「三島でシネマ」ご来場の方は、シネマチケットで

ことば館の入館料が半額になるサービスもございます。10/14まで。)

 

また、今回は泊まってバルという企画もあるそうです。

三島市内のホテルで、三島バルチケット付きの宿泊プランを用意しているそうですよ。

 

つまり、この企画をつかうと・・・

10月2・3・4日は三島でシネマの映画を観て、泊まってバルで市内のホテルに宿泊。

翌10月5日は、午前中にことば館の「見ることはさわること?展」を鑑賞、

お昼から三島バルにて、食べて飲んで、街を歩いて・・・

というステキな秋の小旅行プランができあがります!

 

お天気ならば、世界遺産となった富士山も見られるはず。

遠方の方も、ぜひこの期間に三島に遊びに来てください!

 

 
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
ソーシャルブックマーク:

2013.09.20 19:22

 


こんにちは。
昨夜は「中秋の名月」でしたね
 夕方、帰宅途中に見た月は、丸くて黄色くて、見とれるほどきれいでした
310489a49583046bdd6b207eaf6708523ef83c03.JPG
夜に双眼鏡で観てみると、銀色に輝いていて、クレーターもくっきり!
なかなか寒かったのですが、頑張って双眼鏡越しに写真も撮ってみました。
中秋の名月の夜に満月を観られるのは、8年後だそうですよ。
今から楽しみにしておこうと思います。
 
さて、
10月2・3・4日に開催する三島でシネマ」。
今日は最終日の2作品をご紹介します。
 
■3日目のプログラム■
10月4日午後5時から 「鉄道員」(1956年/イタリア/118分)
監督:ピエトロ・ジェルミ 出演:ピエトロ・ジェルミほか 音楽:カルロ・ルスティケリ
敗戦後のイタリア。鉄道員の父は、事故をきっかけに逸脱と破綻の道を進む。
貧しさに塗り込められた男の人生の最後は……頑固者の父親をめぐる
家族愛、夫婦愛、人生の喜びや悲しみが、末っ子サンドロの純真な目を通して綴られた名作。
 

 
10月4日午後7時30分から 「卒業」(1967年/アメリカ/105分)
監督:マイク・ニコルズ 出演:ダスティン・ホフマンほか 音楽:ポール・サイモンほか
 
青年から大人へ変化するころ、誰もが抱いていた不安や焦燥感。
青春期の危うい心理と恋心を描き出した傑作。
当時さほど有名でなかったダスティン・ホフマンの代表作ともなった。
センセーショナルなエンディングとサイモン&ガーファンクルのテーマソングは、
いつまでも心に残る。
 
 
6作品、どれも名画といわれるものばかりです。
一度は観ておきたい映画、この機会にぜひご鑑賞ください。
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
  
 
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
大岡信ことば館
休館日:月曜日(月曜が祝休日の場合は翌日)
入館料:展覧会により異なります。お出かけの前にご確認ください。/未就学児無料|障害者手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名無料

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事

月別アーカイブ