大岡信ことば館スタッフブログ 旧サイト

Z会ブログトップへ

2013.12.25 10:00

こんにちは。

ただいまの展覧会「聞くことは さわること?展」は

1月19日(日)まで開催いたします。

---

その次の展覧会についてお知らせいたします。

これっていいね 雑貨主義展

921321e012f62390fce8872a4923da052ec91ea1.jpg

 

会期:2014年2月9日(日)~6月1日(日)

開館時間:午前10時~午後5時 ※毎月第3金曜日は午後7時まで開館

(ご入館は閉館時間の30分前まで)

 

伊豆高原アートフェスティバルを立ち上げた

画家・谷川晃一さんの雑貨コレクション&作品を展示します。

詳しくは、企画展ページをご覧ください。

期間中には、さまざまなイベントを開催いたします。

 

■ワークショップ 2月23日(日)10:30~「ビックリ!!箱をつくろう」

■対談 2014年3月2日(日)14:00~

谷川晃一×山根基世(アナウンサー、「ことばの杜」代表)


■鼎談 2014年4月20日(日)14:00~
谷川晃一×安藤礼二(文芸評論家)×寺村摩耶子(絵本研究家)

■フォルクローレ・コンサート 2014年5月17日(土)18:00~  演奏:木下尊惇

 

展覧会と同時に、谷川晃一著『これっていいね雑貨主義』が

平凡社コロナブックスより発売されます。

次回の展覧会もお楽しみに!

 

 

Tags :
大岡信
ことば館
谷川晃一
これっていいね雑貨主義展
ソーシャルブックマーク:

2013.12.23 13:44

 

12月8日(日)開催 ふじのくに子ども芸術大学講座

「サンタさんにいけばなの贈り物を」 レポート

 

小学3~6年生対象、クリスマスの季節にあわせた講座。

ちょっと変わったサンタや妖精たちが登場する

絵本『サンタクロースの辞典』(グレゴアール・ソロタレフ著/大岡信訳)を読み、

自分なりのサンタ像をふくらませ、サンタさんにむけたクリスマス飾りをいけばなで作ります。

 

まずは、絵本『サンタクロースの辞典』を見て、

サンタクロースについて想像を膨らませます。

住んでいる場所や、お気に入りのもの、苦手なものなど。

サンタクロースの名前も考えました。

この自分の考えたサンタクロースに贈る、クリスマスリースを作ります。

 

太い枝を丸く編みこんでいく所からスタート。

何本か編んでいくと、きれいな輪の土台になります。

この土台に、緑の葉や、クリスマスらしい赤い花、

金色に塗られた松ぼっくりを飾り付けます。

bb74741768383dcb52ea411e09c63d547902499d.JPG

土台の材料は硬く長いので、編みこむ作業が難しそうでしたが、

できないところはスタッフが手伝って、作業を進めました。

いけばな教室に通っている子も、いけばなははじめてという子も、

それぞれのセンスが光るリースが出来上がりました。

 

 そしてただいま、ことば館の入り口付近には、

講師をしてくださった福島光加先生(草月流)作の、

大きなクリスマスリースがかざられています。

ca349b1df1254c391a08dad0eb2955f84b476733.jpg

足をとめてじっくり見ていかれる方も多く、

もうクリスマスかあ、なんて会話も聞こえます。

 子どもたちの考えたサンタさん像も一緒に飾っていますので、

お近くに寄られた際はぜひ見てください!

 

Tags :
福島光加
サンタクロースの辞典
いけ花
ふじのくに子ども芸術大学
ソーシャルブックマーク:

2013.12.23 13:30

こんにちは。

 

この3連休は、伊豆地域では観光のたくさんのお客様をみかけました。

ほかにも、年末恒例の忘年会やたくさんのイベントで

お忙しいのではないでしょうか?

お出かけ計画立ても、楽しみの一つになりますね。

伊豆地方にお越しの際は、ぜひ大岡信ことば館にもお立ち寄りくださいね。

さて。これから年始にかけてのことば館の休館日をお知らせいたします。

 

12月24日(火)・・・23日が祝日のため翌日休館

12月28日(土)~1月6日(月)・・・年末年始のお休み

 

 

年内の開館日は、25・26・27日の3日間となってしまいました。

現在開催している「聞くことは さわること?展」は、1月19日(日)までです。

まだご覧になっていない方は、一度ご来館ください!

朗読を聞く展示ですので、ゆっくりお時間をかけて

楽しんでいただければと思います。

 

 

Tags :
ことば館
クリスマス
新年
休館日
ソーシャルブックマーク:

2013.12.14 09:10

こんにちは。

大岡信ことば館がつくっている広報誌、

季刊「ことばのしごと」 第14号(2013年12月号)が刊行となりました。

 da550f7afc5537ad3461bc41f40fde7dc08cbd17.jpg

 

今回は、開催中の展覧会「聞くことは さわること?展」の様子が表紙になっています。

ことば館ショップで、または郵便振替での通販にてお買い求めいただけます。

1冊 315円で販売しています。

※2014年度からの税率変動に伴い、価格を300円+税と改めました。

 

★季刊「ことばのしごと」のご購読をご希望の方は、

ことば館へお問い合わせください!

ことば館受付、お電話、ファクス、Eメールにて承ります。

年間購読(4冊分)のご注文もお待ちしております★

  

 ―目次―

【展覧会】  聞くことは さわること?展

   「紀貫之と『土佐日記』展」と「ことば」の造形 元吉喜志男 

【連載・言葉のかげろう】  「日本語の言葉」と「日本語」その一 大岡玲 

【対談】 連歌――能へ茶の湯へそして現代へ 熊倉功夫×松岡心平 

【インタビュー】   谷川晃一さんのこれっていいね雑貨主義! 

【エッセイ・私が読む大岡信の仕事】 

詩と科学はお仲間かも 中村桂子

編集者として、大岡信に出会う 八木忠栄

大築勇吏仁の「記憶と現在」絵画と大岡信作品のスペイン語訳 

【短期連載】   声と音とが重奏し交響する「場」として 小沼純一

 三島のむかし――いつも富士山があった

つはもの日記 より

イベント報告「三島でシネマ」、「ふじのくに子ども芸術大学講座」

 

 

バックナンバーにつきましては大岡信ことば館ウェブサイトをご覧ください。

過去の「ことば館便り」1~9号はウェブサイトで公開中です!

 

 

 
 

 

 
 
Tags :
大岡信
ことば館
ことばのしごと
ソーシャルブックマーク:

2013.12.08 11:30

こんにちは。

 

大岡信ことば館は、静岡県内のミュージアムがはじめた事業、

キッズアートプロジェクトしずおか」に参加しています。

県内の小学生全員に配布しているミュージアムパスポートを

受付で提示していただくと、お子様は無料でご入館いただけますので、

ぜひご活用ください!

受付で押してもらえるスタンプを集めると、プレゼントもありますよ。

 

静岡県東部では、

ベルナール・ビュフェ美術館、佐野美術館、

三島市郷土資料館、三嶋大社宝物館、富士市立博物館、

沼津市戸田造船郷土資料博物館、沼津市明治史料館、

沼津市歴史民族史料館、大岡信ことば館の

9館が参加しています。

 

県内全体で、43館が参加しているプロジェクトです。

ご家族でのお出かけにも、博物館をご利用くださいね。

 

24dc64b6582c56a5b01f507350f96413a07d0f70.jpg

ことば館では、こどもたちに展覧会の内容の理解を深めてもらうため、

鑑賞の手助けになるプリントをご用意しています。

書き込んで、作品鑑賞の想い出にしていただけたらと思います。

 

 

また本日は、静岡県で行われている「ふじのくに子ども芸術大学」の講座、

サンタさんに生け花の贈りものを」が開催されています。

 

サンタさんのおかしな生活模様が描かれている

『サンタクロースの辞典』を見ながら、

サンタさんにお花を飾り付けてプレゼントしよう、という講座です。

また後日、ご報告をブログにアップしますのでご覧くださいね。

 

 

静岡県内のお子様向けプロジェクトをふたつご紹介しました。

ことば館では、これからも地域のみなさまに向けたイベントや講座を

ご用意してまいりますので、機会がありましたらぜひご参加くださいE63E

 

 

Tags :
大岡信
ことば館
ふじのくに子ども芸術大学
キッズアートプロジェクトしずおか
ソーシャルブックマーク:

2013.12.07 13:24

こんにちは。

お天気続きの三島。ずっときれいな富士山が見えています。

昼間は上着なしでも寒くなく、穏やかです。

4487fb1672bd4d6a26bc120cafe3725a79b6b12a.jpg

 

今のことば館受付は、紫色のシクラメンが飾られています。

サントリーが開発したものらしいですよ。

シクラメンの紫色と、ポスターの黄色で鮮やかです。

 

さて。

先日、三島市立南小学校の6年生のみなさんが

ことば館へ見学に来てくれました。

南小学校は、むかし大岡信さんが通っていた小学校です。

 

今回は、現在開催している

「聞くことは さわること?展」の鑑賞と、

大岡信さんがはじめ、海外の詩人ともおこなった「連詩」について学びました。

連詩は、これから授業でやるそうで、真剣に説明を聞いていました。

こども時代にしか作れない詩。

連詩という形で、みんなで協力して一つの作品をつくりあげてほしいと思います。

 

こどもたちが興味を示していたのは、

同時開催中の「大築勇吏仁―記憶と現在― 展」です。

大築さんは、大岡信さんと親交の深い画家。スペインで活躍しています。

大岡信さんの初期書籍『記憶と現在』の世界を木炭によって、

神話の世界をアクリル絵の具によって描かれています。

明るい色合いの、少し不思議に思える絵画は、

こどもたちに人気でした。

 

こどもたちは、大人とはちがう視点で鑑賞をし、

それぞれ楽しんでくれたようです。

 

ことば館では、このような学習の場として

団体のご来館をお待ちしています。

ぜひお問い合わせください!

 

Tags :
小学生
三島
連詩
聞くことは さわること?展
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
大岡信ことば館
休館日:月曜日(月曜が祝休日の場合は翌日)
入館料:展覧会により異なります。お出かけの前にご確認ください。/未就学児無料|障害者手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名無料

カレンダー

<<   2013年12月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着記事

月別アーカイブ