大岡信ことば館スタッフブログ 旧サイト

Z会ブログトップへ

2013.09.25 18:40


 
こんにちは。
9月があっという間に第4週となってしまいました。
9月は二度の月曜祝日があり、休館日が通常とは異なりましたが、
最後の週にも臨時の休館があります。
 
9月29日(日)メンテナンスのため休館し、
翌日9月30日(月)は開館いたします。
ご注意ください。
 
 
そして来週の今頃は、「三島でシネマ」の真っ最中ですね。
みなさま、当日行ってみようかなーという気になりましたら、
ぜひ会場へ脚をおはこびください!
 
 -----------------------------------------
10月2・3・4日は
三島でシネマ
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
 
 
 
Tags :
大岡信
ことば館
見ることはさわること?展
三島でシネマ
休館日
ソーシャルブックマーク:

2013.09.22 15:54

こんにちは。

芸術の秋、食欲の秋を満喫したい方におすすめのイベントをご紹介します。

10月2日から5日の期間は、三島のイベント目白押しです。

 

以前からお知らせしている10月2・3・4日開催の「三島でシネマ」。

その翌日、10月5日(土)には、大岡信ことば館開館記念日として、

入館料無料、午後7時まで開館時間を延長いたします!

 

さらに10月5日には、今回で5回目となるチケット制の食べ歩き、飲み歩きイベント、

三島バル」が開かれます。

 debb40d1e404f41685284973cf6e01ea36509ded.jpg

三島バルに参加している約80店のお店でバルチケットを渡すと、

自慢の一品・一杯を提供してくれます。

5枚つづりなので、うまく5軒まわれば大満足間違いなし。

もしチケットがあまってしまったら、おみやげバル、後バルというシステムもあるので

無駄なくおとくに楽しめるイベントです。

(ことば館スタッフも個人的に、毎度のように楽しませてもらっているオススメイベントなのです。)

 

ことば館もバルに参加していますので、10月6~14日の間、入館料が2割引になります。

(「三島でシネマ」ご来場の方は、シネマチケットで

ことば館の入館料が半額になるサービスもございます。10/14まで。)

 

また、今回は泊まってバルという企画もあるそうです。

三島市内のホテルで、三島バルチケット付きの宿泊プランを用意しているそうですよ。

 

つまり、この企画をつかうと・・・

10月2・3・4日は三島でシネマの映画を観て、泊まってバルで市内のホテルに宿泊。

翌10月5日は、午前中にことば館の「見ることはさわること?展」を鑑賞、

お昼から三島バルにて、食べて飲んで、街を歩いて・・・

というステキな秋の小旅行プランができあがります!

 

お天気ならば、世界遺産となった富士山も見られるはず。

遠方の方も、ぜひこの期間に三島に遊びに来てください!

 

 
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
Tags :
大岡信
ことば館
三島バル
見ることはさわること?展
三島でシネマ
ソーシャルブックマーク:

2013.09.20 19:22

 


こんにちは。
昨夜は「中秋の名月」でしたね
 夕方、帰宅途中に見た月は、丸くて黄色くて、見とれるほどきれいでした
310489a49583046bdd6b207eaf6708523ef83c03.JPG
夜に双眼鏡で観てみると、銀色に輝いていて、クレーターもくっきり!
なかなか寒かったのですが、頑張って双眼鏡越しに写真も撮ってみました。
中秋の名月の夜に満月を観られるのは、8年後だそうですよ。
今から楽しみにしておこうと思います。
 
さて、
10月2・3・4日に開催する三島でシネマ」。
今日は最終日の2作品をご紹介します。
 
■3日目のプログラム■
10月4日午後5時から 「鉄道員」(1956年/イタリア/118分)
監督:ピエトロ・ジェルミ 出演:ピエトロ・ジェルミほか 音楽:カルロ・ルスティケリ
敗戦後のイタリア。鉄道員の父は、事故をきっかけに逸脱と破綻の道を進む。
貧しさに塗り込められた男の人生の最後は……頑固者の父親をめぐる
家族愛、夫婦愛、人生の喜びや悲しみが、末っ子サンドロの純真な目を通して綴られた名作。
 

 
10月4日午後7時30分から 「卒業」(1967年/アメリカ/105分)
監督:マイク・ニコルズ 出演:ダスティン・ホフマンほか 音楽:ポール・サイモンほか
 
青年から大人へ変化するころ、誰もが抱いていた不安や焦燥感。
青春期の危うい心理と恋心を描き出した傑作。
当時さほど有名でなかったダスティン・ホフマンの代表作ともなった。
センセーショナルなエンディングとサイモン&ガーファンクルのテーマソングは、
いつまでも心に残る。
 
 
6作品、どれも名画といわれるものばかりです。
一度は観ておきたい映画、この機会にぜひご鑑賞ください。
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
  
 
Tags :
大岡信
ことば館
映画
中秋の名月
三島でシネマ
ソーシャルブックマーク:

2013.09.19 17:57

 

 

 
こんにちは。
ここ最近は、富士山がきれいに見える秋晴れが続いています。
69397718e2b2e4ed4788aaa7eca199289384aba7.JPG
 
この夏は、富士山が世界遺産登録されましたが、
残念ながら三島からはめったに富士山が見えないのです。
やっと見られるようになった、まだ夏の青い富士山。
これから少しずつ寒くなって、雪化粧をしていくのが楽しみです。
 
写真は、伊豆箱根鉄道の車窓から見た富士山です。
そろそろ稲刈り時期の田んぼの稲も、風にそよいできれいに見えました。
 
伊豆箱根鉄道は、富士山がきれいに見えるスポットがたくさんあります。
カメラを持った人が並んでいる姿もよく見かけるほど。
秋のお出かけには、カメラを持ってスニーカーで、たくさん歩きまわりたいですね。
 
秋の旅行に伊豆方面にお越しの方は、
ぜひことば館にもお立ち寄りくださいね!
 
 -----------------------------------------
10月2・3・4日は
三島でシネマ
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
 
Tags :
Z会スタッフの日常
富士山
大岡信
ことば館
伊豆箱根鉄道
ソーシャルブックマーク:

2013.09.18 18:51

 


こんにちは。
「三島でシネマ」開催まで、あと2週間となりました。
三島市文化会館のスクリーンで、名作映画6本を、すべて35ミリフィルムで上映します。
10月2・3・4日、みなさまのご来場をお待ちしております!
 
■2日目のプログラム ご紹介■
 
10月3日17:00~ 「大人は判ってくれない」(1959年/フランス)
監督:フランソワ・トリュフォー 出演:ジャン=ピエール・レオ
音楽:ジャン・コンスタンタン
 
フランソワ・トリュフォーの長編デビュー作。
パリの場末、貧しい一家とその子ども、非行。だが映画へのはかない夢と憧れ。
13歳のジャン=ピエール・レオの演技が心を打つ、
トリュフォー自身の自伝的要素も織り込まれた、フランス・ヌーヴェルヴァーグの傑作。
 

 
10月3日19:00~ 「ニュー・シネマ・パラダイス」(1988年/イタリア,フランス)
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演:フィリップ・ノワレ
音楽:エンニオ・モリコーネ
 
年老いた映写技師のアルフレードと映画に魅せられた少年サルヴァトーレの友情の物語。
時代と共に変化していく映画を取り巻く環境、
そんな中で成長するサルヴァトーレ、となりにはいつも映画があった。
フィルム上映にこだわった「三島でシネマ」だからこそ、
実際に映写機の回る会場で、幼き日のトトと同じ気持ちで見てほしい。
 
何もかもが新鮮な若者が観ても、過去を懐かしむことができる大人が観ても
楽しめる映画です。ぜひこの機会に名作映画をご鑑賞いただきたいとおもいます。
「三島でシネマ」チケット販売は、大岡信ことば館の受付、
または、お電話、メール、FAXにてチケット予約を承ります。
 
「三島でシネマ」へのご質問は、大岡信ことば館へお気軽にお問い合わせください。
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
Tags :
大岡信
ことば館
三島
見ることはさわること?展
三島でシネマ
ソーシャルブックマーク:

2013.09.13 16:51

 

 

 
 
 
こんにちは。
夏のじめじめが弱まって、すっかり秋に入りましたね。
外に出ることが苦ではなくなったので、予定を考えるのも楽しみです。
そんな秋の夜長に大岡信ことば館のイベント「三島でシネマ」はぴったりです。
10月2・3・4日、みなさまのご来場をお待ちしております!
 
■一日目のプログラム ご紹介■
 
10月2日(水)第1部 午後5時~「街の灯」
(1931年/アメリカ/87分)
監督:チャールズ・チャップリン、出演:チャールズ・チャップリンほか、
音楽アルフレッド・ニューマン
 
喜劇王チャップリンによるサイレント映画。
チャップリン演じる浮浪者と健気に生きる盲目の娘との恋を、おもしろおかしくも感動的に描く。
ラストシーンの娘の台詞は、無声ながら心に深く響く。
映画初期作品の一つである本作を、三島でフィルムで見られるのは
最後のチャンスかもしれない。
 
 *
 
10月2日(水)第2部 午後7時30分~「死刑台のエレベーター」
(1958年/フランス/92分)
監督:ルイ・マル、出演:ジャンヌ・モローほか、音楽:マイルス・デイヴィス
 
道ならぬ恋、殺人、そしてあらかじめ終わっている逃避行。
不安の中で夜の街をさまようジャンヌ・モローの美しい表情と、
それを際立たせるアンリ・ドカエの斬新なカメラワーク。
全編を緊張感で包むマイルス・デイヴィスのジャズ・トランペットが見事に一致した傑作。
鬼才の名をほしいままにしたルイ・マル25 歳のデビュー作。
 
 サイレント映画だからこそのことばと音楽、
作品を際立たせる天才的な即興演奏。
一日目の両作品は、音に注目して観たい映画です。
ぜひ、大スクリーンで、会場をつつむ音で、名作映画をお楽しみください!
 
 
「三島でシネマ」は1作品800円。
チケット販売は、大岡信ことば館の受付、
または、お電話、メール、FAXにてチケット予約を承っております。
「三島でシネマ」に関するご質問は、大岡信ことば館へお気軽にお問い合わせください。
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
  
 
 
 
 
 
 
 
Tags :
大岡信
ことば館
映画
三島でシネマ
秋の夜長
ソーシャルブックマーク:

2013.09.07 14:05

 

 
 
こんにちは。
大岡信ことば館のイベント「三島でシネマ」は、
来月10月2・3・4日の三日間連続で開催いたします。
開催まで、もう1ヶ月をきりました。
ことば館スタッフは、はじめての映画上映の試みがどうなるのかと、
思いを巡らせつつ準備をしています。
 452927a961a1dba751020f0f9b17e5886cfb37dc.JPG
ことば館でチケットをお買い求めのお客様も増えています。
チケットは、1作品800円。
6作品の通し券は、1作品分お得になる4000円での販売です。
今回のチケットは、映画に合ったイラストがそれぞれ描かれています。
 
イラストを担当したのは、『ことばのしごと』第12号で
事務室のページを担当したことば館スタッフ。
『ことばのしごと』の中で、このページがよかったよ!との声をきくページなのですが、
今回もステキなイラストを描いてくれています。
 
また、「三島でシネマ」の映画チケットをお持ちの方は、
ただいまことば館で開催中の展覧会
「見ることは さわること?展」を半額でご覧いただけます。
会期は10月14日までですので、ぜひご利用いただきたいと思います。
 
「三島でシネマ」チケット販売は、大岡信ことば館の受付、
または、お電話、メール、FAXにてチケット予約を承ります。
(※会場となる三島市民文化会館でのチケット販売は行っておりません)
当日のチケットお受け取りの場合、チケットカウンターの混雑が予想
されますのでご注意ください。
「三島でシネマ」に関するご質問は、大岡信ことば館へお気軽にお問い合わせください。
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
 
 
 
 
 
Tags :
大岡信
ことば館
見ることはさわること?展
三島でシネマ
ことばのしごと
ソーシャルブックマーク:

2013.09.01 16:44

  
 

 
こんにちは。
大岡信ことば館の季刊誌『ことばのしごと』第13号(秋号)が刊行しました!
今号でも、対談、連載、各エッセイ、読み応えのある内容です。
体300円とお求めやすいお値段となっています。
 
お買い求めは、大岡信ことば館ショップへ。
または通信販売も承ります。お電話、ファックス、メールにてお問い合わせください。
 b84cca6f45fced783a231e312911d98150e5b16e.JPG
 
―目次―
◎見ることは さわること? 展より
岩本圭司――「ことば」の造形・・・・・勅使河原 純
言葉を持った存在の無限の深みへ・・・・・深瀬サキ
 
連載・言葉のかげろう
「オールド・スポート」という難問 ――翻訳と日本の近代2・・・・・ 大岡玲
 
エッセイ・私が読む大岡信の仕事
切り分けられた肉ではなく・・・・・しりあがり寿
拝啓 大岡信先生・・・・・真野響子
「うたう」ことの先へ――『旅みやげ にしひがし』・・・・・田窪恭治
 
対談
歌人・若山牧水について・・・・・伊藤一彦×長谷川 櫂
 
短期連載
一柳慧の交響曲「ベルリン連詩」をめぐって・・・・・小沼純一
 
三島のむかし―水の都
所蔵資料紹介―つはもの日記より,寄贈資料報告
イベント紹介―三島でシネマ
 
 -----------------------------------------
「見ることは さわること?展」
 youtubeで動画を公開中です。
さわる
方舟
 
 
ことば館ツイッターはじめました
http://twitter.com/kotobakan/
ことば館フェイスブックはこちらから
http://www.facebook.com/kotobakan
 
 
 
Tags :
大岡信
ことば館
見ることはさわること?展
三島でシネマ
ことばのしごと
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
大岡信ことば館
休館日:月曜日(月曜が祝休日の場合は翌日)
入館料:展覧会により異なります。お出かけの前にご確認ください。/未就学児無料|障害者手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名無料

カレンダー

<<   2013年09月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

新着記事

月別アーカイブ