奥駿河湾釣り日記

酒、釣り、読書、ときどき国語力。なお、このブログはフィクションであり、登場する土地、機関、人物は、作者自身も含めてすべて架空のものです。

2018.07.19 12:50

7月8日は、海上のゴミが心配だったけど、一応海に出てみる。朝3時起床、4時20分マリーナ着、4時50分出航。
ed7413ebc2d257b7aa68ebcc0658dae735683d2c.JPG
潮目んとこは、やっぱり流木が多い。スピードを落として通過しないと、ゴン!とぶつかる。
 
まずは流れのあるエリアへ。中層っつーより、ボトムちょい上にベイト反応あるな。落とし込み仕掛けを入れてみると、おお、やたら元気だ。元気すぎる。エサには大きすぎるサバである。
265826a950cee8e71ce18844392c655e6c4a5cdc.JPG
表層近くにも反応があって、これはコヅクラとソーダ。ソーダはうっちゃって、コヅクラは何本かキープする。某堤防の人たちなら「ワカイナ」と呼ぶくらいのサイズも混じっていて、腹にはイワシが入っていた。あと一ヶ月もすればイナダになるかな。
 
ちょい西のエリアに移動してみる。あれ? ボート集まってるな。マリーナ仲間だ。どうっすか?
 
「ブリ獲りましたー」「ヒラメ獲りましたー」「本鰹獲りましたー」
 
そりゃ熱いっすね。どれどれ。なるほど、イワシがつく。
 
が、なかなかガツン!と入ってくれない。
 
何回か入れ直しているうちに、あれえ?
 
リーダーの先のスイベルがちゃんと閉じてなくて、仕掛けと40号オモリが水没。嗚呼。これにて落とし込みは終了。
 
しょうがないので、流れのあるエリアに戻ってタイラバを巻く。
 
お。何か乗った。最初だけ暴れたけど、あとはおとなしいな。そこそこ重いけど。なんだろう。
 
と思ったら、まあまあの型のカサゴであった。
 
これで今日明日の晩飯のおかずはできたか、てことで、早めに上がる。暑いしね。曇ってれば11時まででもイケるけど、晴れてたら10時までが限度だ。
 

 
11時過ぎに帰宅。昼飯は素麺を食うことにする。何年かモノの大門素麺と揖保の糸素麺の食べ比べ。
 
どっちも、ほっそいのにコシがあるなあ。インスタント豚骨ラーメンには是非見習っていただきたい。前者のほうがよりコシがあるけど、それは長期保存の故か。ちょっとヒネたような味もしたし。とりあえず揖保の糸で十分だけど、業務スーパーのやっすい素麺とも比べてみることにしよう。
 
12時過ぎには、例によって昼寝。3時に起きて、図書館へ。4時半からは例によって庭の草引き。ようやく苗っぽくなったミニトマトも植え替えてみる。
5cdda7de8842e06fb4ef460cbca3bddcf0e4c025.JPG
ゴーヤもツルが出てきた。
40ae78be1112638501959a3d8929706124be53fa.JPG
そろそろネットを用意しなきゃだな。
 

 
1時間ほどで庭いじりを終えて、水シャワー浴びてビールを飲む。
c265603dfc1fd8204949a49c850edd491fa43d2a.JPG
飲みつつ、魚をさばく。とりあえず全部三枚下ろし。コヅクラのアラは煮ちゃうかあ。あ、骨、取っといて。とカミサンに任せたら、えらいこと徹底的にやられて、完全にフレーク状になってしまった。まあよかろう。
 
この日は、カサゴとアラとコヅクラの一部を食うことにする。カサゴのアラは、焼いて取り出した身をポン酢であえる。
2cbf06ea9afdca44b2968711a6040f95730ec65b.JPG
コヅクラは、脂がない、パサパサってことでこのへんでは人気がない。脂がないなら、補えばよいのである。てことで、オリーブオイルで焼いて食う。
0ee6febbe67655529403eb3ccdd7b1b6fcdd6299.JPG
うむ、こうすれば十分イケると思うが。
 
食いつつ、大河……はスペシャルか。これやるくらいなら、それこそ大雨の報道したほうがいいのに。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.18 12:50

浅見雅男『歴史の余白 日本近現代こぼれ話』(文春新書)読了。
 
「こぼれ話」系は、まあ、息抜きの読書である。著者さん、皇族・華族系の本を書く方で、何冊か読んでそう悪い記憶がなかったので読んでみる。
 
……うん、息抜きですな、これも。著者さんも、割とさらさらっとお書きになったのではないか。
 
いくつか引用。
 
上野のパンダの話から。観たことあるからね、上野のパンダ。シャンシャンも。大威張り。
 
で、あの今いるパンダ、元都知事の石原さんは「いらねえよ、あんなもん」だったらしい。
 
《「友好といってもカネをとるんだろう。カネは都民の税金だ」》(p32)
 
おお、石原さんがそんなに都民思いだったとは。ひょっとしたらカネを払う相手がお嫌いな国だったからかもしれんが。
 
けど、結局パンダ人気には勝てず、今いるパンダを受け入れることになったそうな。
 
《レンタル期間は一〇年、年に九五万ドルが中国野生動物保護協会に支払われるとの条件つきだった。》(p32)
 
うーむ、結構なレンタル料なんですね。それは知らんかった。あれ? シャンシャンはどういう扱いになるんだろう? 日本と中国、どっちのものになるんだろう?
 
岸さんと大平さんと宮沢さんの話から。
 
岸さん、大平さんのことを「たいしたもんじゃない」「見識がない」と評していたそうな。一方、宮沢さんは「頭のいい男」と持ち上げていたそうな。
 
《岸は内心では、自分や宮沢のような帝大法学部出身の大秀才こそが日本の政治をになうべきであり、商大出の大平などは(中略)政治家としての「見識」はもてないと決めつけていたのかもしれない。》(p90)
 
角さんとかは、どう見られていたんだろう。それはともかく。
 
《もしそうだとすれば、(もとよりかなわぬ望みだが)岸が自分の孫を含む最近の政治家の「見識」や「頭」や「教養」をどう評するか、ぜひとも知りたいところではある。》(p90)
 
ああ、そうでしたね。岸さんのお孫さんが、我らが敬愛する首相でしたね。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.17 12:50

7月6日も仕事である。朝カレーを食って出かける。お弁当もカレー。キレンジャーかよ。実に6食連続カレーであるが、ちっとも苦にならない。今度、何食連続までイヤになんないか、試してみようかな。
 
さて、この日は「なんとタイミングの悪いときに家を出たものよ」てやつで、強風強雨に見舞われ、オフィスに着いたときは首から下はズブ濡れ状態である。クツん中は歩くたびにジュボッ、ジュボッ、だし、靴下脱いで絞ったら勢いよく水が落ちる。気持ち悪くてしょうがないので、リタイア後トレ用タオルで足をふき、リタイア後トレ用ソックスとシューズに履き替える。なわけで、この日のリタイア後トレは翌日に延期。ま、どうせ明日も雨で釣りには行けんしな。仕事に行って3時で上がるか。
 
帰宅時は運よく小雨。トレ用ソックスでもなんとかなった。
 
帰宅してニュースを観ると、雨がすごいことになっている。そしてカミサンがブツブツ言っている。
 
「東京のキー局、オウムばっかやってる。んなことより、西日本の雨でしょ。東京で5センチ雪降ったぐらいで大騒ぎするくせに」
 
西日本の出の人で、親類縁者も多いからな。気持ちはわかる。
 

 
なわけで、7月7日も仕事。雨は大丈夫そうだったが、波と風がちょっとね。ムリすれば出られなくもないかとは思ったけど、こんな大雨の後は大概海がどんより濁っていて、かつ海上は川から流れてきたゴミだらけである。あんまり楽しい釣りにはならなそうだと考えて、よしておく。
 
にしても、大雨すごいな。何十年に一度の災害の恐れか。台風と違って、すーっと行ってくんないもんんな。72時間の雨量が1000ミリ超って何だよ。
 


と思っていたら、んん? 7月5日の夜、某政党のみなさんが、議員宿舎で宴会を開き、我らが敬愛する首相も参加なさって、大変な盛り上がりだったそうな。
https://twitter.com/katayama_s/status/1014871245836431360



おいおい。もう大雨がかなりヤバかったよな、その時点で。いや、酒飲んじゃいけないとは言わんけど、ツイッターに楽しそうな写真アップするこたあねえだろ。ううむ、岸田さんも参加しちゃってるかー。残念。あれれ? 法務大臣さんも。笑顔で親指立てて。7人の死刑を執行する前夜だよねえ。この方たちの内面が、自分のような下々の人間には今ひとつよくわからない。そんなもんなのか。

 
ああ、それに関連して、某テレビ番組では、死刑執行のたびに執行シールをボードの顔写真に貼っていくという、実況中継まがいのことをやってたみたいっすね。そういう演出を考えた方の内面も、自分には今ひとつよくわからない。
 
その後、某政党の議員さんが、ツイッターで《今年の七夕の短冊に願いごとを書くとしたら、まず何より「大雨の被害がこれ以上広がらないように」》とつぶやいていたとか(願い事かよ)、富山の寿司は美味いと写真をアップして絶賛していたとか(うまいけどね、ありがとうございます)、これは7月8日だが京都でビアパーティを開いていたとか(資金集めっすね)、いろいろ知るが、嗚呼、て感じである。
 
仕事は3時で上がってリタイア後トレへ。ショルダープレスでまず追い込んだせいか、スミスベンチのフルは70が4回目で潰れる。まだまだやね。
 
帰宅すると、カミサンがさらに怒っている。
 
「東京のキー局あかんわ。バラエティとかサッカーとかやっとる場合か。アホちゃうか」
 
完全に関西人に戻ったな。まあ、こういうときは、ほっこりする番組はテレ東にまかせとけ、というのもわからんでもなくなくない。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.16 12:50



7月3日ももちろん仕事である。寝不足の方も多かったのではないかと思うが、自分はいたって平常運転である。むしろいつもより遅く起きたぐらいだったからな。

 
さて、東京オリンピックのボランティアについて前にあれこれ書いたが、なんと、人材派遣会社のパソナさんがボランティアの募集や研修業務を請け負うみたいですねえ。
 
パソナさんは儲かって、ボランティアさんはタダ働き。これもなんだかなあという気がしなくもなくなくない。パソナさんにもボランティア精神があるんなら、請け負ったカネの幾分かでもボランティアさんに回してやれよ、と思わなくもなくなくない。どうっすか、パソナ会長の竹中平蔵さん。あ、でも、若者には貧しくなる自由があるんでしたっけ。
 
それと、この日の朝刊(東京)に、おもしろいというか何というか、何コレ?的な記事があった。
 
「No.9」「NO WAR」とプリントされたTシャツを着た人が参議院の委員会を傍聴しようとしたところ、入口で職員に制止されたそうな。そしてこんなやりとりが。
 


「9を付けているね。そのようなものを付けて入ることはできません」
「どうしてですか」
「NO WARとも書いているだろう」
「どうして駄目なんですか」
「意思表示をしているものは駄目です」
「1だったらいいですか」
「1だったら大丈夫」
「5だったらどうですか」
「5でも大丈夫」
「では、なぜ9は駄目なんてすか」
「意思表示をしているからです」

 
シュールだ。シュールすぎる。大丈夫か国会は。
 

 
7月4日は雨予報のため、渋々仕事に行く。が、あれえ? 降らないじゃん。けど、風が結構強いので、どうせ海には出られなかっただろうな、と自分を慰める。
 
原稿催促が効を奏して、この日は新たに入手した原稿関連仕事をあれこれ。そして3時に上がってリタイア後トレ。ラットプルをやってからスミス。バーのみ、30、バテないように50はパスして60。おお、フルで10回、割と余裕でできた。調子に乗って70。おお、フルで5回2セットできた。調子に乗って80……は自重しておく。けど、わずかでも進歩が見られてうれしい。しかし、「ほれ、クロストレーナー空いてるよ。下半身もやんなよ」と言われてやるも、こちらはやはり傾斜20負荷9では10分で息切れ。うーむ。
 
帰宅後、焼酎を飲みつつニュースを観る。んんん? 最初よくわからなかったけど、ははあ、おカネをもらったりするんじゃなくて、入試で便宜をはかってもらったりするのも、収賄になるのね。
 
晩飯は、魚がないのでカレーを食うことにする。
8277cc50432483ceed81890a20a7c0c6051f922c.JPG
季節限定、ゴールデンカレーバリ辛である。が、これだけで作るとカミサンが文句を言うので、とろけるカレー中辛と1:1でブレンドしてこしらえる。
 
これが、なかなかにうまかった。口に含んだ瞬間は甘みと旨みを感じるのだが、その後、じわじわと辛さが口の中に広がる。158円なら買いだな、これ。
 

 
7月5日も仕事である。朝カレーを食って出かける。嗚呼、今週は6日連続労働せねばならんような雲行きである。気鬱だ。週明け月曜が仕事だけど仕事もできずに一日潰れるからなー。弱った弱った。いや、土曜が晴れで海況よければ無理やりにでも休むけどね。雨予報ときたもんだ。11日の水曜は絶対休んでやる。晴れで海況よければ。
 
お弁当もカレーで、5時前に上がって某所で某ディスカッション。7時頃に帰宅して晩飯はカレードリア。しかし、風が強いな。庭に植え替えたゴーヤが怖くて見られない。なんとか生き延びてくれ。
 
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.15 12:50

7月2日はもちろん仕事である。ええと、この日は原稿の催促をしたんだっけ。それだけかい。いやいや、こう書くことによって様々な方面に波及的効果を及ぼすわけですよ。
 
3時に上がってリタイア後トレ。フリーウエイトコーナーでは学生さんたちがワイワイやっていたので、マシン系をちょこちょこ。たまにはクロストレーナーでもやるかな、と思って、傾斜15負荷10でやり始めると、顔見知りの人がやってきて、「傾斜15じゃダメじゃーん」と、傾斜を20にされる。「これで太股の上にきくよ」はいいんすけど、すげーキツいんですけど。あまりにキツいんで、負荷を10から9に下げる。それでもキツい。10分やったら息ゼイゼイで汗ダラダラ。もうダメ。「持久力もつけんといかんね」と言われる。がんばります。
 
さていつもは、帰宅前に体育館1階のウォータークーラーで給水、帰宅途中に図書館のウォータークーラーで給水なんであるが、この日は図書館が休館である。おまけにタマゴを買うためクリエイトに寄らねばならんときたもんだ。どうしよう。
 
三島には子どものカラクリ人形がギッコンバッタンと井戸から水を汲み上げて「三島のおいしい水だよ、さあどうぞ」と飲ませてくれるポイントが二箇所、白滝公園横とボイスキューの建物横にある。前者のはぬるくておいしくない。後者のは冷たくておいしいんであるが、「午後6時まで」と書かれてあるにもかかわらず、5時過ぎには停止してしまっていることがある。
 
うーむ。どうしよう。後者に賭けてみるか。賭けが外れたらヨーカドーのポッポで水を恵んでもらうことにしよう……てことで行ってみると、おお、ちゃんと稼動しておった。センサーの前に立つと、「さあ、いくぞ! よーいしょ」と、カラクリ人形が動き出す。「三島のおいしい水だよ、さあどうぞ」。うーん、やっぱりここのはうまい。おまけに脇には灰皿もあるしな。「おばあちゃんまた寝てるー」というカラクリ人形の声を背中で聞きつつ、クリエイトへ。
 
買うのはタマゴだけのつもりだったんであるが、「東本町店限定! 68円!」と書かれた「宮崎辛麺」なるカップ麺をついつい買ってしまう。限定68円に弱い。袋麺じゃなくてカップ麺だから許してね。
 
ついでにヨーカドーに寄ってポッポの水を確認しておく。ちっちゃい紙コップで飲む方式かー。かつ、あんまし冷たくないな。まあ、本来はポッポで何か買った人向けだろうから、よっぽどのことがなければ遠慮しておこう。
 
帰宅後、しばらくはエアコンなしのリビングで焼酎を飲みつつニュースを観る。こんだけ風が入れば、まあしのげるか。
 
が、さすがに晩飯をこしらえる段になると、エアコンをつけることに。揚げ物の予定でもあったしな。
 
一晩寝かせたマダイは、刺身に切ってからカルパッチョに。
e677ff9bf4140dcbd740a2b309e7e1e1fe339aea.JPG
うむ。美味いサイズではあるんだよな。
 
コチは一口大に切ってフライに。
25d2fabe3451bf593b1b3ccd1fa5bd05d6cebc4a.JPG
タルタルソースでいただく。美味。
 
さあて、おれはもう寝るけど、どうする? 日本-ベルギー戦までずっと起きてる? そう、じゃがんばってね。おれも3時には起きるから。
 

 
なんつってたんだけど、3時にいったん起きて、リビング行って「おー、始まったかー」つって、また寝直してしまった。ちゃんと起きたのは前半が終わったハーフタイム。新聞とってリビング行って、どうなってるー、と聞くと、0-0で折り返した由。がんばってんじゃん。
 
キッチンでコーヒー飲みつつ新聞読んでいると、「え、あ、あーっ!」の声が。どした?
 
「1点とった!」
 
へー、そりゃすげえじゃん。
 
さらに新聞読んでいると、「え、あ、あーっ!」の声が。どした? 同点にされたか?
 
「イヌイイヌイイヌイ! 野洲高出身! セクシーサッカー! 2点目とった!」
 
おー、ひょっとしたら勝つんちゃう? と、みなさん思ったことであろう。そしてここからは自分もテレビの前で正座して観戦する。が、結果はみなさんご存知のとおりである。
 
惜しかったねえ。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.14 12:50

7月1日、釣りは9時前に上がり、マリーナを出たのも10時前だったので、帰宅は10時20分ぐらいである。カラダがラクだ。後片付けをして、新聞を読んでから、早めの昼飯の準備に取りかかる。
 
こんな時間からエアコンは憚られる。であれば、やはり冷たいもの、アレしかない。
a9661ff635f43de6e503bf1ec16987c241e297d5.JPG
正麺冷やし中華である。
 
薄切り卵焼きをこしらえて切り、レタスも切り、冷蔵庫で冷やしておく。
 
器と液体スープも冷凍庫で冷やしておく。
 
しかる後に麺を茹で、氷水でキンキンに締め、キンキンに冷やした器に盛り、卵焼きとレタスをトッピングして、キンキンに冷やした液体スープをかける。
235f07b8349329c20d521ac35ebe9521f1fdd5ed.JPG
どれどれ……おー、これはうまい。麺もスープも文句なし。業務スーパーの生麺タイプ冷やし中華より一食分10円ほど高いんであるが、それでもこっちを選ぶだろ。業務スーパーのは、なんだろう、麺もスープも「頼りない」感じがするんだよな。
 
満足したあと、寝室は空調がきいているので、そっちで昼寝。さすがに12時前に寝始めたせいか、2時前には目が覚めた。それから2時半ごろまでグダグダして、出かける。図書館に用事があったのである。
 
ふむ。短パンTシャツであれば、日陰を選んで歩けばそんなに暑くはないな。さらにシャツを着たり、長ズボンと靴下はいたりするから、オンの服装は暑いだけであって。オンでも短パンTシャツオッケーにすればいいじゃんねえ。働く人が余計な体力つかわずにすむと思うんだけど。
 
図書館からの帰り、100均に寄って、重曹を買う。
6bcb7795f5c820a23aa4bce02d05c302b90ec1af.JPG
雑草対策に重曹がいいとどこかで読んで、試してみようと思ったのである。
 
で、4時過ぎから例によって庭の雑草引き。根っこから取れるものは取り、取れないものは茎の切り口に重曹を溶かした水をかける。さあて、どうなるか。何度もかけねばならんらしいけど。
 
5時過ぎ、終了。5時を過ぎたら飲んでもいいのと同じように、5時を過ぎたらエアコン入れてもいいことにしよう。
d9e41a544a406691f036f9dec088283a76e4b4c6.JPG
室温、32度だし。
 
エアコンを入れてから、水でシャワーを浴び、適度に冷えた部屋でビールを飲む。うう、極楽。
 
それから、冷蔵庫に入れておいた魚をさばく。コチもマダイも三枚おろしに。中骨やらカマやら腹骨部分やらは、まとめて塩振って焼いてほぐして、この日はマヨネーズと豆板醤であえる。
4c5db55c7027224718b0561c3f46886410ac7845.JPG
こいつを食いつつ、それでもやっぱり大河を眺める。
 
んんん? なんか今、ナポレオンとか革命とか言ってなかったっけ。どっから出てくんだ、そんなもんが。つか、西郷と何の関係が……とまあ、例によってよくわからないまま終了。
 
冷蔵庫にあったトマトソースでペンネグラタンをこしらえて食って寝る。
 

 
ところで、たまたま図書館で見かけたこの本。
fdd2943c4b451ea1b016d42fdd7ed259004d4c49.JPG
小笠原、一度ぐらいは行ってみたいってことで借りたんであるが、うーん、何だろう、「眺める」にはいいのかもしらんが、読みにくいことこのうえない。
 
最初の数ページの写真。キレイなんであるが、写真の上に載っているキャプション、字が小さいうえに背景の色と活字の色が紛れて、色弱のワタクシには読みづらくってしょうがない。
 
本文の活字も小さくて、かつ色がゴチャゴチャしていて、読み始めて数分で放棄。返却しよう。担当編集さんも大変だったろうなあ。
 
まだ老眼じゃないと思ってるけど、これ、老眼の方にはキビシイかもしんないすね。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.13 12:50

7月1日はもちろんお休みである。前日のダメージがかなり残っていたのだが、それでも3時過ぎに起きる。えらいぞ、おれ。
 
で、天気予報もチェックせずにマリーナへ。
 
おー、昨日のリベンジ組が堤防の上に集まっとるな。どうっすか?
 
「今日は大丈夫です」
 
ホントっすか。結構、吹いてる気もするんですけど……。ねえ、クシキさん。
 
「昨日と変わんなくないすか、これ」
 
でも、みんなが出るというのなら、出ましょう。
 
てなわけで、5時前に出航。
 
が、やっぱりそんなにコンディションはよくない。
66fc0618d4b68f9b4039c12de41d3cbc6da61351.JPG
こんなに煙っている牛臥山、見たことがない。途中、パラパラと雨も降ってくるし。
 
風もそうだけど、結構波もあって、とても深いところや流れのあるエリアに行く気がしない。いわんやちょい西のエリアをや。
 
必然的に目の前~ごく近くのエリアを見ていくわけであるが、今日はベイトいねえなー。
 
お。スミヤマさん。どうっすか。
 
「ブリにヒラメ獲りましたー。ベイトはもっと流れのあるエリア寄りっすよ」
 
そ、そうなの? であれば、ということで行ってみると、おー、確かにいる。おー、エサついた。おー、暴れとる暴れとる。あれ? 食い逃げか?
 
というのを1回できただけで、波が高く、おっかなくてしょうがない。スミヤマさんみたいにサイドフロートついてれば、まだ安心なんだろうけど。
 
撤収して、ごく近くのエリアに戻る。しょうがねえ、今日はここでタイラバ巻くか。
 
と、水深50台でバイト。なんだこれ。引かんなー。またソコイトか?
 
と思ったら、水面近くで大暴れ。まあまあの型のワニゴチであった。
 
同じラインを流し直すと、またまたバイト。んん? この断続的な突っ込みは、マダイか? でも、時々ドラグが滑るぐらいで、ラインを出していくほどではない。
 
こりゃ40ねーなー、と思っていたら、案の定、ヨーカドーサイズのマダイであった。
 
久々だし、今年はあんまり釣ってないし、許して、てことでキープ。
 
コチとマダイを締めて血抜きし、コチはエラワタ頭落とし、マダイはウロコ引いてエラワタ抜いてクーラーボックスに収めた時点で、8時過ぎであった。
 
残り時間は目の前のエリアでベイト探すかー。てことで移動する。と、風が強まってきた。必然的に、波もヤな感じになる。こりゃ、ムリせんほうがいいな。8時半に撤収。ゆっくりとマリーナに戻る。
 
あれ? ヨシノさんも早上がり?
 
「7時に上がってましたよー。足漕ぎでもないカヤックじゃ、この波風だと釣りになんないす」
 
スミヤマさんも上がってきた。こっちは、クーラーボックスが満杯になって早上がりの由。そりゃブリ2本ヒラメ2枚も獲ったら、そうなるわな。
 
「ヨシノさんヒラメ1枚持ってってくださいよ」
 
おー、スミヤマさん太っ腹。
 
「できるときぐらいはね」
 
しかし、みんな戻ってこないな。大丈夫かな。
 
と思っていたけど、やっぱり10時前にはみんな撤収した由。おれが戻った時点で、6メートルは吹いてたからなー。
 
よし、次はナギを期待して、流れのあるエリアで落とし込みだな。4日の水曜か?
 
と思ったら、4日は雨の予報である。うう、ショック&ダウン。激しくテンション下がる。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.12 12:50

(承前)
 
6月30日、「あした葉」さんでのゴトさん会の続き。
 
おお、チカマツさん、お疲れさまです。
 
「今日○○温泉から帰ってきたんだよ」
 
どこすか、それ? 聞いたことないんですけど。秘湯ってやつ?
 
「うん。岩手にあってね、素泊まりの湯治場っぽいとこ。1泊2400円」
 
安いじゃないすか。
 
「でも、敷布団100円掛け布団100円マクラ100円マクラカバー100円ナントカ100円カントカ100円と、いろいろ追加で取られるのよ」
 
ははあ、そこで儲けますか。
 
「これ、お土産ね」
acfad952692cb68889bb6c27906f906ce414af8d.JPG
ぺろっこらーめん。初めて聞いた。ありがとうございます。
 
生ビールの後は、焼酎にチェンジする。
77bb8b447dd708193ca4b13353eb5b5ecac5c1be.JPG
黒霧島、ボトル2800円(本体)。こいつをロックでやっているうちに、カミサンが登場、少し遅れてフミエさんもやってくる。
 
「あー、重い。ほれ、これ、お祝い」
299e189fe6b5e57845c1be1e1f82353f77ce3aa1.JPG
ほー、十年熟成の焼酎。
a0c3ad8c0705e561bbe0f695b2a305b9968063ca.JPG
こいつぁいいもんをありがとうございます。あれ? ずいぶんとやせました?
 
「十数キロ落ちた」
 
そりゃちょっと絞りすぎじゃないっすか。食わないと。
 
「で、何かツマミは頼んであるの?」
 
ここんちオススメのものは一通り。
60cc221390e347ba8545faf7ff0a409bc5c3421e.JPG
とんぺい焼き530円。まあ、想像通りの味である。
fc0a0ad7c93486ca9fbda9803129a49aaac6e138.JPG
牛ホルモン炒め680円。これはなかなかのホルモン。
91a440f2f75072e131faef38cdfc3df3de1d296b.JPG
ハーブ鶏の一夜干し680円。これもうまい鶏であった。
 
そしてここんちオリジナルという、キャべ2という料理。580円。
f14472ce30909c21dbc4375f8896821a8c5d2a8f.JPG
うーん。悪くはないけど、感動、というほどではなかったかな。
 
え? これ頼んだ? 何これ。
ca647339ec605ac7eaaf3b858ed9062af0532ce7.JPG
「トロボッチの唐揚げ」
 
トロボッチって、沼津の深海魚じゃん……あ、白身でうまい。これで530円はアリだ。
6ae5e81bdcb5153916da34b4ba04de3dbb31ad64.JPG
ねえねえ、なぜポテトフライとえびせんなんか頼む?
 
「だって食いたいじゃーん」
 
300円だし、まあよしとしよう。
 
で、あれやこれや話しつつ飲みつつ、焼酎ボトルが空いたところで、お店をかえることにする。
 
ええと、おいくら?
 
ひとり、2500円ちょいぐらいであった。
 
オペレーションがまだこなれていない感もあり、水200円氷200円てどうよ、というのもあったりしたが、この値段であればよしとせねばなるまい。
 

 
2軒めは、駅前の「301餃子」さんへ。
 
パクチー餃子食おうパクチー餃子。つってたんであるが、メニューから姿を消していた。残念。
d6d358a891de9a75505cef77df48fc204f3aa2de.JPG
チーズ餃子、焼き餃子などを食いつつ、一升3000円ぐらいの焼酎を飲む。
e3813f591e787c4de3742651bc1b74c35152a651.JPG
が、多分、ここで落ちたようである。
4e9a73691c744040e01100403e4c0e3bf9e3947e.JPG
よだれ鶏とかその他餃子とかあるけど、覚えていない。
 
フラフラと帰宅したのが、11時過ぎだったか。
 
ここんちは、ひとり1300円弱だった由。
 
「アンタねえ、酔っ払ってチカマツさんにお酒かけたりしたんだよ」
 
かけた、はないだろ。こぼしたんだろ。あ、いや、でも、スミマセヌスミマセヌ……。
 
次は昼間っからやりましょう。昼間だから酔っ払わないわけじゃないけど。落ちはしないかな、と。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.11 12:50

6月30日は、海に出る……つもりであった。
 
朝3時起床、4時前に家を出て、4時15分頃マリーナ到着。
 
まず家を出るとき、意外と風吹いてるな、と思ったんだが、途中タバコを買いにファミマに寄ってクルマを降りると、あらら、この風じゃダメかも、ぐらいに吹いている。
 
そしてマリーナに着いたとき、駐車場は八割方埋まっているのに、誰もボートを引き出していない。みんな堤防の上で様子見である。
 
おはよーございまーす。どうっすか。
 
「ダメだねー。吹いてんねー」
 
5時過ぎまで様子を見てみるも、どうもダメな感じである。
 
しょうがないので帰宅し、楽しい夏季休暇消化計画を変更して仕事に行くことにする。
 
メシ炊いて新聞読んで弁当こしらえてシャワー浴びて朝飯食ってから仕事へ。朝7時まではエアコンなくても大丈夫そうだな。午前中ぐらいは大丈夫なんだろうか。
 
仕事は、高校生向けの教材関連をちょこちょこ。
 
さて、定時前には上がろう。この日は、一宮からゴトさんを迎えての、ゴトさん会なのである。
 

 
と思ったら、4時半にゴトさんから「着いたよ。ホテルにチェックインもしたよ。もう出られるよ」メールが。
 
なわけで5時前に上がって、お店の開店時刻5時からスタートすることにする。
 
お店は、三島駅南口から南にちょっと下ったところにある、「あした葉」さんてところである。
c55a4394b8a08e05b04d279e8eebe10fb5ca446d.JPG
割と新しくできたところで、沼津にも何店かあるってことで、だったらまあまあ繁昌してるってことだろう、てことは大ハズレはあるまい、と考えて選んでみたわけである。
 
チカマツさんフミエさんカミサンはおいおい来るだろうってことで、まずは生ビール530円(本体)で乾杯。
0a5396b0dda5d70f13d39c65c1618ffb72ff8cb0.JPG
中ジョッキより、やや少なめ?
 
「お通しでーす」
5ca2053130e8f31ba85e75eabb9386361f0dcacd.JPG
鶏の煮物である。味は悪くない。でも300円て考えるとこの倍は入ってていいんじゃねーか? そして器の安定がよろしくない。おれもゴトさんも引っくり返してしまった。
 
「いやあ、ようやく解放されたよ」
 
ゴトさん、商店街の会長さんをやっていたのである。アーケードつくるために商店街として受けた融資の返済とかがあり、各商店と銀行との間に入らねばならず、もう大変だった由。そりゃメンドくさそうですねえ。
 
「そうだ、これ、お祝い。ウチで扱ってる品物だけど」
849d1fba9a4002a07e2d7d88d5749f4481b9cb0e.JPG
なんすか、これ?
 
「これをな、こうやってカチカチやると……」
 
あ、火花出た! ああ、銭形平次とかで「おまいさん気をつけて」ってやるやつだ。へー、こんなん扱ってるんすか。
 
「これも神具の一種だからね」
 
ゴトさんち、神仏具店なのである。ありがとうございます。で、自分でもやってみるも、なかなか火花が出ない。
 
「結構コツがいるのよ、これ。まあ、練習しな」
 
隣りのテーブルで宴会をやっていた人たちが興味津々で見つめているので、ゴトさんが再度カチ、カチと実演し、火花を出す。
 
「おー。すげー」
 
なんてことをやっているうちに、チカマツさんがやってくる。
 
(続く)
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2018.07.10 12:50

6月28日はナギだろうが何だろうが海には出られない日なので、仕事をする。中学生向けの教材関連をちょこちょこ。高校生向けの某模試関連もちょこちょこ。
 
5時で上がって某所で某ミーティングというか某ディスカッションの後、7時過ぎに帰宅。と、あれ? 窓が全部閉まってる。カミサン買い物にでも出かけたかな……と思ったら、ホントに出かけていた。おれの焼酎も切れかけてたからな。4リッターボトルは重かろう、歩いて行ってっから暑かろう、ということで、リビングのエアコンをつけて除湿しておく。おお、快適。
 
ニュースを観ていると、働かせ方改革法案が成立しそうだ云々とやっていた。
 
んんん? 前に裁量労働がどうしたこうしたで、根拠となるデータ自体がおかしいことがわかって、やっぱこの法案やめとこうや、てなったよな。
 
高プロとやらも、実は労働者のニーズなんてそんなに聞いてなくて、おまけに実は経団連のニーズですって我らが敬愛する首相も言っちゃってて、こりゃ同じ運命か……と思ってたんだけど、これについては「んなことカンケーあるかい」てことなんですかね。
 
てなことを考えていると、カミサンが帰ってきた。
 
「あぢい~。おー、極楽極楽」
 
ヨーカドー行って、図書館にまで行ったんか。お、焼酎もありがとな。晩飯は簡単にしよう。あれをそろそろ食わんと。沼津バルで手にいれたウナギ。
 
なわけで、
838750f3f7c6a959bbd4c3045179c59b672a9ef8.JPG
鰻丼を食う。まあ、お店で食うほうがうまいわな。
 
「ところで、サッカー、観る?」
 
寝るわ。
 
「ひこくみ~ん」
 
ちょっと前まで忖度ジャパンゆうてたやつがようゆうわ。
 

 
で、6月29日、いつものように3時に起きてみると、カミサンがどよ~んとした顔でテレビの前にいる。勝ったとも引き分けとも言わない。ひょっとして負けたんか?
 
「負けた……」
 
じゃあ、予選敗退かい。
 
「いや、予選は突破できたみたい……」
 
おー、よかったじゃん。どうした?
 
「いや、試合自体がね、なんともかんとも……」
 
ボクシングで言うしょっぱい試合ってやつか。
 

 
そして6月29日もナギだろうが何だろうが海には出られない日なので、仕事をする。ボボボ、ボーナスも出るし、ちっとはテンション上げていこう。
 
が、それも長くは続かず、3時に上がってリタイア後トレへ。おお、空調入っとる。のはいいんだが、上がった後の帰り道が暑くなってきた。途中、いろんなところに寄って涼みながら帰る。
 
帰宅してみると、家ん中は32度ぐらいである。昔は35度ぐらいまでガマンしてからエアコンで室温30度にして「はー、極楽」というパターンだったんだが、もうよかろう、今年はエアコンの季節にしよう。電気売ってるしな。
 
てなわけで、28度の快適な室内で、まずは翌日に備えてリールにオイルをさし、古いリーダーを切ってタイラバ用には4ヒロ、落とし込み用には2ヒロほど、ナイロン4号リーダーを結んでおく。落とし込み用の4号てのはちと不安でもあるのだが、ドラグキチキチにしておかなければなんとかなろう。
 
その後、焼酎を飲みつつニュースを観る。
 
ふうん。結局、働かせ方改革法案、成立したのか。お、我らが敬愛する首相が出てきた。
 
「これからも働く人々の目線に立って、改革を進めて行きたい」
 
あれれ? 少なくも高プロは、必ずしも働く人のニーズじゃなくて、経団連のニーズっておっしゃってなかったっけ?
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2018年07月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ