奥駿河湾釣り日記

酒、釣り、読書、ときどき国語力。なお、このブログはフィクションであり、登場する土地、機関、人物は、作者自身も含めてすべて架空のものです。

2017.05.25 12:50

4月23日も海に出る。
 
朝3時起床、4時に家を出て、4時半マリーナ到着。
 
あれれ、この日はクルマが全然ない。車中泊のTさんだけだから、実質的に一番乗りである。ちょっと早すぎたか。
 
ゆるゆると支度をして、5時10分頃に出航する。
 
さあて、昨日の激アツポイントへ向かうか。
 
と思ったんだけど。
 
意外と波がある。ボートがバッタンバッタンして、エンジンのパワーが負けそうである。
 
ここはムリをせず、ごく近くのエリア~目の前のエリアにしておくか。
76d90abce94b2412f369d6ca5cfbee1bb97c0bf1.JPG
反応を探しつつ、TGベイト60グラム+春色ユニットを落としていく。
 
そして6時過ぎ。
 
あやしいアタリの後で、ラインが一気に出される。
 
これはでかい。巻くより出されるほうが多い。
 
ここでドラグを、カチ、と。
 
締めたと思います? 逆です、緩めたんです。なんせ、TGベイトだからね、ラインブレイクなんかでロストしたくなかったわけですわ。ゴリ巻きするんじゃなくて、マダイを疲れさせてから寄せる作戦。
 
案の定、だいぶ離れたところから、プカッと浮いてきた。60UP。
 
これは今日は超早上がりか?
 
まあ、でも、マダイ以外の魚があってもいいな、ということで、それ以後は中層のベイト反応にTGベイトをあてたりしていく。
 
お? でも、このボトムの反応は……にあててみた7時半。
 
グイーッと一気にラインを持っていかれる。
 
こりゃあさっきよりでかいぞ、今日は8時上がりでいいな。
 
……などと考えつつ、やりとりをしていたら。
 
あれ? あれえ? まさかのノーテンションである。
 
くああああ。ジグとリーダーの結束部分で切れた。TGベイトが、TGベイトがぁ。
 
しばし放心状態である。
 
もう、おっかなくて、80グラムのTGベイトを投入する気になれない。
 
あとはタイラバでお茶を濁したろ。
 
惰性で巻いていると、8時半過ぎ、急に風が上がってきた。
 
これは危険だ、ということで9時前に上がる。
 
まあ、1枚獲れただけでよしとしよう。TGベイトロストはかなり痛いけど。残業でもするかあ。
 

 
帰宅後、魚をさばく。
 
いまさらだけど、どうもこれまでマダイのさばき方が間違っていたようである。
 
いや、アジとかサバとかイナダとかと同じように3枚におろしてたんだけどね。
 
40ぐらいならそれでもいけるけど、50や60になると、腹骨になかなか難儀していたわけである。
 
先日、「風土」のトクマルさんがフェイスブックに、マダイをさばく様子をあげていた。
 
ほー、なるほどー、たしかにこのやり方だと出刃に力入るわ。
 
というわけで、真似してみたわけである。
 
結果、すげえあっけなくさばくことができた。
 
これまでは、2枚獲れると、うれしいけどさばくこと考えるとなー、という感じだったが、2枚なんか余裕な気がしてきた。
 

 
その後、昼飯。この日はチャルメラ豚骨ノンフライである。
 
週明けに特売258円で追加購入予定なので、積極的に食ってしまうのである。
 
「うーん、スープはいいんだけどさ、この麺はちょっとね……。本格的なのかもしんないけど、ソーメンみたいじゃん」
 
うむ、それが本場の豚骨ラーメンなのである。
 
でも、気に入らないなら、追加購入は見送ることにしよう。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.24 12:50

4月22日は海に出る。
 
朝3時半起床、4時半に家を出て、途中、クルマにガソリンを入れたりコンビニでタバコ買ったりして5時過ぎにマリーナに着くと、なんと。
 
駐車場はほぼ満車で、すでに出航しようとしている人もたくさんいる。
 
すっかり出遅れた感バリバリである。そうだよな、もう日の出が5時ちょいだもんな。
 
あわてて支度をして、ボートを引き出そうとすると、おや?
 
クラブハウスに、メモをつけたクーラーボックスが置いてある。
 
「遠方からお客さんが来るので、魚余ったらください。ヒラマ」
 
ほう。じゃあ、3枚獲って1枚差し上げるか。
 
てなわけで、5時半前に出航。
 
マリーナメンバーが5艇ほど集まっているエリアに、自分も入る。
4bb94df051d04f3f507906a65b4061c7426faf26.JPG
ふむふむ。反応はいいな。
 
が。
 
アタリがない。
 
2時間近く粘っても、アタリがない。
 
この日は10時上がり予定だったので、近場に戻るという意味もあり、目の前の実績ポイントに移動。
 
が。
 
ここでもアタリがない。
 
終了30分前、ようやく軽いアタリがあって、ホウボウが獲れる。
b487e8750692559da2ad460394657690bcef8117.JPG
んー、こいつをヒラマさんに進呈するか。これだけじゃどうしようもないけど、誰かがでかいマダイ獲ってきて、そいつの賑やかしにはなるだろ。
 

 
ホウボウ1のみで、10時に上がる。
 
あ、ジャイアンMさん。
 
「あのあと、時合いだったのにー。でかいの2枚獲れたよ。ヒラマさん、ほれ1枚」
 
あれ? TGベイト、こんな具合に使ってるんすか。
 
「そうだよー。この時期のネクタイの色はこれね」
 
ふむふむ。明日は虎の子のTGベイト60グラムを投入するか。
 

 
帰宅後、昼飯。この日はチャルメラちゃんぽんである。
 
週明けに特売258円で追加購入予定なので、積極的に食ってしまうのである。
 
夕方、TGベイトにつけるユニットをこしらえる(正確には、カミサンにこしらえてもらったんだけどね)。
 
ぐふふ、これで釣れない気がしない。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.23 12:50

マーク・ルイソン『ザ・ビートルズ史 誕生(下)』(河出書房新社)読了。
 
結局上下巻あわせて2週間と少しかかった。家の外には持ち出さず、読めるのは早朝と帰宅後だけだったから、まあ頑張ったと言えるだろう。
 
少しだけ引用。
 
1962年の話から。
 
《ぼくらはぼくらのままでいたかった。いつも自然体で、『素のままのぼくらが気に入らなければ、それは残念』という姿勢を崩さなかった。すると、そういうところが気に入ってもらえたんだ。》(p624)
 
おれも、そういう時代があったな。若い頃だ。
 
ジョンとポールの曲作りについて。
 
《「ジョンとぼくはよく盗んでいた。(中略)聴いている人は夢中になって、最後には元ネタなんて絶対にわからなくなる。あちこちから持ち出したものをくっつけて、オリジナルなものを作るわけだから」》(p728)
 
岩佐又兵衛の「絵から絵が生まれる」にならえば、「曲から曲が生まれる」ということだろう。
 
創作とはそういうものなのである。多分。
 
最後に、「著者によるクレジット」から。
 
《市議会のまぬけどもがビートルズ史に残る第一級の建造物をいくつもリストから抹消してしまった(中略)市議会のご都合主義は今に始まったことではないが、リバプールでは特に、その権力が乱用されている。》(p770)
 
大丈夫っすか、こんなこと書いちゃって。
 
リバプール市当局を怒らせたら、いろいろ都合の悪いことも……なんて思っちゃうところが、すでに「自然体」ではないってことだな。
 
そうか、マーク・ルイソンさんは自然体で書いてるってわけだ。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.22 12:50

マーク・ルイソン『ザ・ビートルズ史 誕生(上)』(河出書房新社)読了。
 
いやあ、マニアックな本だった。
 
よっぽどのファン以外は、読まなくてもよいのではないか。
 
少しだけ引用。
 
1957年4月の話から。
 
《徴兵制度が、つまり誰もが恐れていた軍隊への召集が、一九六〇年に廃止になると発表された(中略)四人全員が、間一髪で徴兵という苦行から逃れることができたのである。》(p233)
 
ポール、ジョージはともかく、リンゴとジョンはマジで間一髪だった。
 
それはともかく、4人とも、あと数年したら軍隊行きだと、割とリアルに感じていたわけだ。どういう思いで音楽をやっていたんだろう。
 
1957年7月の話から。
 
《ポールは自分の年齢のことが気になって仕方がなかった。彼は(中略)三週間前に一五歳になったばかりだった。一方、ジョン・レノンは見るからにずっと年上で、もうすぐ一七歳になろうとしていた。その隔たりは明らかで、まるで大人と子どもだった。》(p249)
 
彼らがレコードデビューしたときは、メンバーは二十歳前後。そのぐらいであれば、十九と二十歳、二十歳と二十二の差は、そんなにはないだろう。
 
しかし、十代半ばの2歳差は大きいね。中3と高2だもん。むしろ、よく一緒にバンドやってたな、という感じである。
 
1960年、スコットランドへ一週間のツアーに出かけるとき。
 
《リッチー・スターキーがウェールズに行ってドラムを演奏するために組立工見習いの仕事を辞めようとしていたのと同時期に、ジョージはスコットランドへ行ってギターを演奏するためにやはり電気工見習いの仕事を辞めようとしていた(中略)戦後のリバプールはこのうえなく厳しい時代で、手に職があれば生活は保障されるというのに、職をみすみす手放すのは常軌を逸した行為だった。》(p585)
 
現代の日本で「音楽やりたいから会社辞めるわ」と言うのとは、無茶さのレベルが異なるということだろう。しかしだ。見る前に跳ばんといかんのである。
 
《「ぼくらには問題を乗り越えるこんなやり方があった。誰かが『さあ、これからどうしようか……』と言うと、ぼくらはこう言うんだ。『そのうち、何かが起こるさ』ってね。そして四人ともそう信じるんだよ。(中略)信念っていうのかな、そういうのがあったんだよね」》(p652)
 
そして、常にポジティブであらねばならんのである。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.21 12:50

4月16日は海に出る。
 
が、前日の疲れもあったのか、イマイチ気合いが入らない。起きるのも遅かったしね。
 
あらかたのボートが出払ったあとに出航。
75d4bdf5a527c93d52cb461017988d14fb92ae85.JPG
それでも6時前ではあるのだが。
 
あちこちを探る気もしなかったので、ごく近くのポイント~目の前の沖を適当に流す。
077421b4a6a77d5ede48e5ee618198f831ba2889.JPG
しかし、アタリがない。
 
ベイトの層にTGベイトを通したとき、サバが釣れたのみ。我が家ではサバはリリース、てことになっているので、リリースする。
 
ベイトはてんこ盛りで、単体反応も出るんだけどなあ。
 
この日は、「アタリまくりでしたよ」派と「全然アタんないよね」派に分かれ、ワタクシは後者であった。ま、PBでなかっただけよしとしよう。
 

 
帰宅後、昼飯を食う。先に書いたとおり、ラーメンの在庫が大量にあるので、ラーメンである。
 
この日は、チャルメラ豚骨ノンフライである。
e0bf1fff0b9f61257b6d3ca22c2c270b2651475b.JPG
麺の茹で時間、なんと90秒。たしかに麺が細い。
fff7a23c96c6190f6dbd437e9af50ef702a80d4f.JPG
どれどれ。
 
お。本場っぽい。麺が。
 
本場の麺から、粉っぽさを除いたって感じですかね。
 
これは258円であればリピートしてもよいな。
 
Tags :
読書
飲み
ラーメン
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.20 12:50

4月15日、MOA美術館で山中常盤物語絵巻を鑑賞する。
 
まず、主人公の源義経が登場。
fd765bee83008142365b16c7d2ac9db6a15825ff.JPG
義経が京から奥州へ下る。
 
奥州で歓待される義経。
850835d0916bee59a0150bc8628b13d8e46a0ce5.JPG
描き込みが細かい細かい。
 
一方、義経の行方を案じる母・常盤御前。
c18086456563d0ab92cfd5fdea24cf56479543be.JPG
奥州へ下ったのを知り、自分も奥州へ赴こうとする常盤。
0ee14d71f549a93cc25f90c074903a9bde51e227.JPG
貴人が山中の宿にいることを知り、襲おうと企てる盗賊たち。
2c3156ad560394d491672adc1ae23e20d64b26b4.JPG刀を研いでますな。
 
宿の門を打ち破り、押し入ろうとする盗賊たち。
48becaedd2c3f6d1381a330ef0ee93f87e234e2a.JPG
着物を奪って逃げようとする盗賊たち。
a65a68ee18d25b9d12e18cba068e846ccd5ecc28.JPG
ここで常盤が、言わずもがなのことを言っちゃったんだな。
 
盗賊に刺される常盤。
fae6485904f7ff166cbfd9764bc4f3e2e63fba28.JPG
三度、刺されている。
18a91293659d413a8b97b61c32ac05278b73f02a.JPG
いつの間にかお供の人も殺されている。
48959e31686389d9ee0b78d25f530c5c2b2cd341.JPG
このあたり、公開されてないわけだな。
 
箸休め的に、国宝の壺を鑑賞。
5a41d95f9110c3e7b383fa4b7e6b63a52f56dc21.JPG
この手のものの良し悪しはさっぱりわからない。
 
宿場町の様子。
5c0176d6ad9ab00218680a7c162fe7fe1444abaf.JPG
描き込みが細かい。
 
盗賊をおびき寄せ、母の敵を討つ義経。
07e37e4d9675972ca508850b66beba3eaa45cf93.JPG
足を斬ったあとに首をスパーンである。
35c60607cf3a567325feb113080605bc193cc949.JPG
残り5人もなで斬りに。
cbbec402a1b494d6c1f5e36a6ad6bcd34bb618a8.JPG
これに続くあたりも公開されていないようです。
 
死体を菰に包ませる義経。
be6321da97d89357a38b517729ce367aa199ee32.JPG
で、奥州に戻った義経は、大軍を率いて再度上京することになり、めでたしめでたしで話は終わる。
f9972f90536674a747aba05fa8001dd187cb7843.JPG
うむ、なかなか見応えがあった。
 

 
人麻呂と貫之の絵もあった。
6a1bfae4575496b25a7f7d91854fad424ac49246.JPG
8a5620b3f1654d29346c69055dcea80b99e0066f.JPG
これも又兵衛作品。山中常盤とはタッチが全く異なるのがおもしろい。
 

 
ミュージアムショップに寄る。
 
図書カードが使えたら又兵衛の作品集3000円ナリを買ってもいいかと思ったけど、使えそうもないのでよしておく。
 
お。
 
このマスキングテープ、よくない? 648円。
b6abd87e2697caf2d9ff08333cd0f1c37a6992d3.JPG
「どこに使うのよ」
 
よしときます。
 

 
最後に海でも見て帰ろう。
7a7e115ac44ad3643a3b2e0b229607623889ed26.JPG
初島へ向かう船が見える。
2e14123954d0416b2c7ba9813b4807b825128a78.JPG
建物はこんな感じ。
b658d3609728f999e4d4781c6cb538f02d4ed6a0.JPG
立派なもんである。
 
なかなか楽しめました。たまにはこんな休日もよかろう。
 

 
で、ちょっとおもしろかったのは、午後4時になったとき。こんなアナウンスが流れた。
 
「当館は、午後4時半閉館となっております。閉館まで、ごゆっくりお楽しみください」
 
これに、「へー」と思ったわけである。
 
というのはですね、リタイア後トレーニング施設では、毎回こんなアナウンスを聞いているからである。
 
「館内ご利用のお客様にお知らせします。4時50分になりました。用具を片付け、お帰りの準備をすませ、5時までには退館していただけますようお願いします」
 
この、ニュアンスの違いに、「へー」となったわけである。
 
リタイア後トレーニング施設も、「4時50分になりました。あと10分、きっちり追い込みましょう!」とかアナウンスすればおもしろいのに。
 
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.19 12:50

4月15日、午後1時前にはMOA美術館に到着。
eb7096c79f42d14b7e74aadfead8ac4dfdedb4bd.JPG
セミナーは1時半からなので、じっくり観るのはその後にして、まずはざっと観てまわる。
13fef6c344232bf94efa6a6846501d0f687e37cd.JPG
又兵衛の来歴。ふうむ。お寺はアジールなわけね。
 
洛中洛外図。
995223ce62f310e9ac3991b61f70d79d94d7bc33.JPG
近づいて観られないのがちょっと残念。
 
それから早足で展示物をチェックすると、もう1時25分である。
 
セミナー室へ行くと、すでにほぼ満席であった。
2a7c1b09fbf1958624ceb3e416a8f6e3e8910895.JPG
1時半、セミナー開始。このセミナーで、山中常盤物語絵巻が一層味わい深くなるはず……と思ったんだが。
 
あれえ?
 
作品の前にまず作者の生涯をたどる、というのはわからんでもないけど、1時間予定のセミナーでそれを40分やるか? 途中で「これが又兵衛のお母さんの桐谷美玲さんです」と大河を引用したのはちょっとおもしろかったけど。
 
その後、近代に入ってからの又兵衛の再発見・再評価、又兵衛論争の話に10分。
 
おいおい、作品についてはたったの10分かーい! と思ったら、25分延長して、セミナー終了は3時近くでした。
 
「今回公開したのは、全長150メートルの半分、75メートル分ほどで……」
 
あれ? 「全12巻一挙公開」って、「全公開」という意味じゃなかったのね。
 
「最も凄惨なところは、さすがに公開してません」
 
そこを観たかったってのもあるんだけど。
 
「対象の観察からではなく、絵から絵が生まれる。先人の絵を学んで、自分の絵をつくる、ということですね」
 
ポール・マッカートニーも同じようなことを言ってたな。
 
さて、では、再度じっくり観ますか、とセミナー室を出るとき、こんな看板が目に入った。
20fa135d4f6ba588c4fdd1ee0349c0ee2c14e2ff.JPG
なんだ、この日もその演題だったのか。であれば、あの話だったのも理解できる。
 

 
再度、館内を観てまわる。
45fc268abea11d5883d929fab41a6683d08f0db1.JPG
能楽堂。
9ad245e60abefdde40e6f267dab0db8a25c474c8.JPG
金の茶室のレプリカ。
 
さて、いよいよ山中常盤物語絵巻である。
 
三脚・フラッシュを使わなければ写真撮影可ってところが、なかなかよろしい。
 
(続く)
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.18 12:50

4月15日10時過ぎ、蒲鉾の里併設の「えれんなごっそ」さんでブランチを食う。
 
おい、駐車場ガラガラだぞ。人いるのか?
 
店内に入ってみると、2割ほどの入りであった。まあ、満席でガチャガチャしているよりはいいけど。
 
「お好きな席にどうぞ」
 
天井が高く、外の光もよく入って、なかなかいい感じのお店である。
 
外に面したカウンターに席をとり、メシを食う。
 
ドリンクは、ジュース3種とコーヒー・紅茶など。コーヒーはレギュラーとアメリカンとエスプレッソ。コーヒーフレッシュがスジャータってところが少し哀しい。
 
スープは2種。ミネストローネとクリームスープ。パンも2種ってところが少し哀しい。マーガリンじゃなくてバターだったのはマルだけど。
 
あとはいろいろである。とにかく、蒲鉾を多用している。スモークサーモンが載っているのは蒲鉾。筑前煮にも蒲鉾がゴロゴロである。
 
まずは前菜的なものをいただく。
9a5bb4edb29e41b47dbb8c93caaf19dbc5f5d60c.JPG
ルッコラと豆乳のムース、とかいうもの。フレンチっぽい。
 
それから本格的なメシへ。
d6e3e7dcdf2bcdc6cf24b3ba6aba16e8e2617126.JPG
この程度では苦しくならない。
 
魚介と野菜のトマト煮なるものがあったので食べてみる。
926363dd301a91002763c88eab20d4484a66f45a.JPG
ふむふむ、野菜をゴロゴロ入れて、ね。これは魚料理のヒントになった。
 
途中でタケノコご飯が登場。これも食わねばなるまい。
1063a4ff3d6d8b5a51af581b7f90255b28435b96.JPG
んんん? これ、タケノコじゃないよな。
 
よーく見ると、ゴロゴロ入っているのは蒲鉾で、タケノコは1ミリ角ほどのみじん切りで入っていた。めずらしいタケノコご飯だ。
 
さて、く、くるしくなる前に、甘いもんでも食っとくか。
9290d86f2ebdd02ba82794ef7f61017feb52a13f.JPG
カットケーキとシュークリームは業務用だな。クレームブリュレはちと甘すぎか。イチゴののったプリンが優しい甘さでよかった。
 
そしてシメは。
63b48efbea0c6e3915b5b86c885508eb5c4f8058.JPG
あればついつい食ってしまうカレーである。
 
……やめときゃよかった。く、くるしい……。
 

 
しばし休憩の後、国道135で熱海へ向かう。
 
この道を運転するのは初めてかもしらんな。
 
熱海に近づくと、MOA美術館の案内看板が出てくる。親切だ。
 
なになに、バスはもっと先で右折、一般車は2つ目の信号で右折とな。
 
指示通りに、クルマを運転する。
 
でまあ、知らなかったわけだが、MOA美術館へ向かう道、なかなか厳しい。
 
すげえ上り坂だし、すげえカーブの連続だし、道細いし。こんなとこ、確かにバスは通れんわな、というところがいくつもあった。運転初心者は、熱海駅からバスで行ったほうがいいかもしんないすよ。
 
(続く)
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.17 12:50

 
 
 
リタイア後トレーニング場所の近くにMOAの売店(?)があって、前を通ることがある。
 
 
ある日、気づくと、こんなポスターが貼ってあった。
 
「奇想の絵師 岩佐又兵衛 山中常盤物語絵巻」。
 
又兵衛。興味を持ったのは、大河「官兵衛」の頃だったか。黒田日出男『豊国祭礼図を読む』(角川選書)から始まって、又兵衛本、何冊か読んだ。
 
これは観に行かねばなるまい。
 
売店で、チラシを貰って帰る。
 
さあて、いつ行くかな。
 
「無料のセミナーがあるみたいよ」
cf2bba719a05531fa1d6ed94d2e987537d35c33c.JPG
ほう。これは心惹かれるな。
 
「どうせ行くなら、セミナーの日でしょ」
 
そうだな、釣りを1回諦めても、土曜日に行くか。
 
「ついでに小田原でブランチしよう」
 
よかろう。
 

 
なわけで、4月15日、MOA美術館へ行くことにする。
 
入場料が1600円か。結構するのね。売店で100円割引券貰ったけど。
 
「熱海駅前で、300円割引券が手に入るらしいよ」
 
でも、小田原でブランチするなら、電車じゃなくてクルマで行くだろ。だとしたら、わざわざ熱海駅前に寄るのもなあ。
 
「コンビニで前売り券売ってるってさ。200円引き」
 
よし、それで行こう。
 
前売り券購入方法は、JTBの割引券サイトがわかりやすかったです。
 

 
4月15日、朝起きると、風がびゅうびゅう吹いている。ふむ、どうせ釣りには行けなかったな。ちょうどよかった。
 
9時過ぎ、家を出る。1年ぶりの箱根越えで結構緊張するが、無事、小田原にたどりつく。
 
まずはブランチなのである。
 
ここである。
5b7af6254293d497215441dffc007c338f2d239c.JPG
ご存知、蒲鉾の里。
e01c4899b102855259bfd7be56cf1020764cca3d.JPG
ここで試食の蒲鉾を腹一杯食ってブランチ……なわけではない。
 
併設のここでメシを食うのである。
90a15fd51402d4d7419711a63e4ca34773ee00fb.JPG
最近、PB師匠のIさんが「く、くるしい……」話を披露してくれないので、代わりに我々が、という趣向なのである。
 
(続く)
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.05.16 12:50

4月12日、釣りから帰ってもさばく魚がない。
 
しょうがないので、昼飯をこしらえる。
 
ここひと月ほどの間に特売で買ったラーメン5コパックが6つ(ラ王塩・醤油・味噌・豚骨醤油、チャルメラちゃんぽんとチャルメラとんこつ)、計30食分もあるので、そいつを食うことにする。
 
いくら賞味期限が10月とか11月とかとはいえ、夏になったら熱いラーメンなど食わなくなるから、ある程度は片付けておかんとな。
 
なわけでこの日は、モヤシキャベツタマネギニンジン、そして魚と人間のエサ兼用のイカを使って、チャルメラちゃんぽん。
87ce0a3e58e023ce4a5f39192309dad1e4b26e5b.JPG
嗚呼、水450ミリリットルでつくる安いラーメンより全然美味い。
 

 
昼飯の後は、例によって読書……は30分ほどで寝オチ。
 
1時間半ほど寝てから、リタイア後トレーニングへ。最近、マシンの総入れ替えがあって、なかなかメニューが固まらない。ウエイトの刻みも旧マシンとは異なっていて、オールアウトしたのかどうかよくわからんというか。一回、PB師匠・Iさんの友達がやってるジムに行ってみようかな。
 

 
夕方、カミサンに散髪してもらいつつ、DVDを鑑賞する。ビートルズアンソロジーの1枚目。上下巻1600ページの本もあと200ページほどになったので、そろそろ観てもよかろうと考えたのである。
 
ふむふむ、なるほど、確かにハンブルク時代を経て、ものすごく上手くなってるな。
 

 
しかし晩飯はまだマダイなのである。
 
西京焼き。
266334492e183e88fba403c1a5a0881117f41a5e.JPG
マヨネーズ焼きとチーズ焼き。
eea4493e508bab4deeff8deae8fc6cc8979639ed.JPG
一週間以上食い続けて、ようやく片付いた。ふう。
 
Tags :
読書
飲み
ラーメン
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ