奥駿河湾釣り日記

酒、釣り、読書、ときどき国語力。なお、このブログはフィクションであり、登場する土地、機関、人物は、作者自身も含めてすべて架空のものです。

2017.04.26 12:50

3月19日、11時少し前にマリーナに着くと、みなさん準備中である。炭をおこしたり、鍋に火を入れたりね。
 
でも、自分は特に何かを準備するわけでもない。
 
「ま、ま、軽く飲んで」
 
あ、どうもすいません。
38bc90b3eddd5d82306df8ccc233ade82db0aa5a.JPG
缶ビール片手に、準備を冷やかしてまわる。
 
お。愉快なGさん、何してんの?
 
「朝獲れのイナダさばいてます」
4d54b48052613f74eb3c730c970e548df1b9ec7e.JPG
ふうむ、器用なもんだねえ。
 
「これでもつまんでてくださいよ」
214dac6b673b799df307030c2e08013391341ffa.JPG
お、S山さん、これは……。
 
「御殿場名産水かけ菜っす」
 
あ、美味いね、これ。
 
「モツ煮も作ったんでどうぞ」
1fa877e402501316e47f9fa3cc070df6a0aa8da7.JPG
あ、これもイケる。みんな器用だねえ。
 
「ビールの次はこれ行ってくださいよ。焼酎。くじら。美味いっすよ」
020d9ba93df0e08477f292589666b534ca4988ab.JPG
あ、ホントだ。美味い。富士のダンディTさん。
 
11時過ぎ、お寿司屋さんからの料理も届く。
18e82a4fa13f5c9dee4a5e30d439145b3f4ecac1.JPG
マダイやらイカやらのお刺身。
c812c8a95f2d2f094317c653a7e0b535a50b37a6.JPG
ホウボウやらイサキやらのお刺身。
22ce8194c6cb49dba0e81b2accea1a95c89b06e8.JPG
マダイのカマの煮付け。
8b404fd863dac39bca24efd39e09acec9856c531.JPG
マダイの頭の煮付け。
c8d60ea76640af5e1264447a5e5551279c713286.JPG
黒ムツとオニカサゴの煮付け。
5f23f7be520143060c28f06a7c41ecb322e27ba1.JPG
握り寿司。
 
いやあ、釣り仲間のBBQじゃなきゃ、こんなの食えないよな。ゼータクだ。
 
11時過ぎ、ジャイアンMさんの乾杯の音頭で、宴会開始である。
 
(続く)
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.25 12:50

3月18日、帰航すると、陸にササハラさんがいる。
 
「どうだったー?」
 
ミッションコンプリートです。コンプリートすぎます。
 
「どれどれ。おーっ。やるときはやるなあ」
 
仕事以外では結果を残す男です。みんなも、せめて仕事以外では……なんて余計なことを言うから怒られちゃうんだけど。
 
「ジャイアンMさんも2枚、A名人も1枚獲ってるし、マダイ以外にもいろいろ獲れてるって連絡入ってるから、1枚は持って帰れば?」
 
え。いいんすか。じゃ、小さいほうはお土産にしますわ。
 

 
帰宅して魚をさばく。
 
でかい卵を持っていたので、頭と一緒に煮て食うことにする。
 
その後、業務スーパーのヤキソバで昼飯。
 
昼寝してリタイア後トレーニングしてから、晩飯をこしらえる。
 
中骨から中落ちをとって、サラダ仕立てに。
1b37bbef33c121f6e2e718fb6e4895bd814303b7.JPG
あとは、頭の身と卵を煮付けて、初日は終了。
16c04620a345792440974aa0ed517bc992d0e3e8.JPG
歯がすげえ。
ba0f25bf9b930c8327c93fc1fca7cb0466693226.JPG
お、そうだ、中骨からダシを引いておこう。
 
アクアパッツァもこしらえたいからな。
 

 
3月19日は、マリーナでのBBQである。
 
前日PBだったらこの日も海に出たんだけど、もう十分でしょってことで釣りはお休み。
 
でも、4時前に起きちゃうんだよなあ。
 
新聞読んだり本読んだり二度寝したりして、10時前、酒と、カミサンがこしらえたラスクとチョコケーキを持って出かける。
 
前日の魚がどうなるのか、楽しみである。
 
(続く)
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.24 12:50

カミサンに言われる。
 
「アンタさ、A面もいいけどさ、ずーっとA面だけだと、バカっぽく見えるよ」
 
そ、そうか?
 
「たまにはB面も入れないと。またミヤハラくんが困っちゃうんじゃない?」
 
そ、そうだな。
 
てことで、時々はB面を。
 

 
古賀邦正『ウイスキーの科学』(講談社ブルーバックス)読了。
 
『知のスクランブル』つながりの読書である。
 
こういうのを「つながる知識」というわけですよ。
 
が。
 
思ったより専門的であった。
 
前半~中盤までは何とかついていけたけど、終盤になって化学式やグラフが頻出するようになると、もうお手上げ。
 
とりあえず、安くて美味いウイスキーを科学の力によって短時間で作り出すことは、そう簡単ではなさそうだ、ということだけはよくわかりました。
 
少しだけ引用。
 
《「辛み」は、舌や口の中にあるバニロイド受容体という部分が刺激されて感じられている。バニロイド受容体とは、痛覚を感じる受容体だ。つまり、人は「辛み」を味ではなく「痛み」として知覚しているのだ。》(p181)
 
なるほど、業務スーパーの「おとなのカレー大盛り辛口」を、カミサンが「これ辛いんじゃなくて痛いよ」っつったのは、間違いではなかったのか。
 
そして「渋み」やエタノールの味も、「痛み」として知覚しているそうである。
 
《面白いことに、基本味として認知されていない「辛み」「渋み」「アルコールの味」はいずれも“大人の味”であり、痛覚などの侵害受容器を介して知覚される「痛み」を伴う味なのだ。》(p185)
 
サンマや鮎のワタを食うようになったのは、酒を飲むようになってから、だったよな。
 
……うーん、これもカテゴリーとしてはA面か。
 
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.23 12:50

3月18日。当然海に出る。
 
翌日のBBQに備え、マリーナメンバーはヤル気マンマンである。
 
獲った魚をお寿司屋さんに持ち込み、料理して翌日持ってきてもらうという企画もあったのである。
 
オキアミ・イカタン・サンマの全投入も考えたんであるが、やっぱり深場はスペシャリストにお任せしよう。
 
近場のポイントはカヤックチームに任せるとして、フィッシングボートチームは、深場担当、少し遠くのエリア担当、西のエリア担当というふうに分散したほうがリスクヘッジになるだろう。
 
てなわけで自分は久々に西のポイントへ行こうかと考える。
 
が。
c2e7bd783482407f55c5e3a353ab53a763d10f02.JPG
予想していたよりも海がザワついている。
ccdf54ae6d8f12180612938e34b65c632114fa5e.JPG
この中で西のポイントへ行くのもな……てことで、しばらくは目の前のエリアを探ることにする。昨年のこの時期に実績のあった、ディオールヘッド+紅牙レッドネクタイの組み合わせを投入。
 
まずは水深60~70台を探る。
 
ボトムのベイト反応はあるんだが、どうもでかい魚の反応が見つけられない。
 
しばらくやってから、水深70~80台へ移動。
 
ここは、ボトムのベイト反応はないものの、ボトムから数メートル上に時々単体っぽい反応が現れる。
 
で、7時前。
 
あれ? リール巻けなくなったな……と思ったら、ラインをシューッと出される。
 
いやあ、さすがに、すんげえ慎重に巻いたね、このときは。
 
ドラグ締めちゃいけないドラグ締めちゃいけないガマンガマンガマン……てな感じである。
 
そして上がってきたのは。
ceb43a24e81a0d492e15f95527ac3131060c1f9d.JPG
60UPのベッピンさん。
16ad4da3fdb79f4caa9ab91aeaccfd6dbad450c0.JPG
口にはディオールヘッド。
 
いやあ、ホッとしたね。ミッションコンプリート。
 
今日はたとえ釣れても家では魚捌かないし、てことで11時上がりにしてたのを、マリーナに電話して10時上がりにしてもらう。
 
あとは3時間ほど、余裕の釣りである。
 
適当にボートを流しつつ、それっぽい反応が出たときだけ、タイラバを落としていく。
 
お、そうだ。「一切れのパン」的ではなく、新しいオモチャを試してみる的に、TGベイトも投入してみるか。
 
そして9時まではアタリもなかったんであるが、9時過ぎ。
 
水深70メートル台の、ボトムから10メートルあたりに厚いベイトの層の反応が現れる。
 
ここに、試みにTGベイトを落としてみると、ボトムまで落ちずに、ベイトの層で止まったので、んんん? と思ってロッドをあおってみると、お、乗ってんじゃん!
8283a23ef000a8578b49b74f4ed45cb3300f7db2.JPG
さらにサイズアップ。
658bc0ef408cf669921112d1092fda909a26d306.JPG
口にはTGベイト。
 
もう、十分である。
 
刺身にすれば30人前はとれるだろ、てことで早上がり。
 
いやあ、久々にいい釣りだった。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.22 12:50

3月15日は、海に出る。調整休調整休。
 
が、朝5時過ぎに家を出るとき、ポツ、ポツだった雨が、沼津市に入るころ、本降りになる。おまけによく見ると、雨ではなく霙?雪?ではないか。気温も急に3度ほど下がって、5度から2度になる。こりゃ寒いな。食材調達は断念か?
 
マリーナに着くと、またポツ、ポツとなったが、うーむ、どうも気分が盛り上がらんな。
 
が、空が明るくなるころ、ようやく雨も上がった。
 
では、頑張って食材調達に出ますか。
 
なわけで、6時半過ぎに出航。
 
出航時点では、いいナギであった。ボートもすぐにプレーニングするし。
 
が、一応浅場も見ておくか、という判断が、結果的に正解であった。
 
といっても、釣れたわけではない。いや反応はあるんだけどね。食わねーんだこれが。
 
ではなくて、7時過ぎに、急に波風が上がってきたのである。
 
ボートが時速2キロぐらいで流されて、流しなおそうとすると、まともに波をかぶる格好になる。
 
波をかぶるのを避けてボートを進めると、どんどん浅場に行ってしまう。
 
かといって、この状態で深場へ向けてボートを進めるのも危険だ。
 
7時半ごろまでやってみたが、こんな状態で釣りをしてても、全然楽しくないし、どうやらカヤックのヒラマさんも見切りをつけて上がるみたいだし、てことで撤収することにする。
 
数日前の事故のこともあり、ここは安全第一である。
 
帰途がまたね、真っ直ぐマリーナへ向かおうとすると、まともに横波を受ける格好になって、怖い怖い。それを避けるのに、なかなか難儀した。
 
しかし、3月19日のマリーナのBBQ用に魚を獲らねばならんのだが、残るは18日だけになってしまった。朝イチだけはタイラバ試すとして、やっぱ、オキアミ・イカタン・サンマの全投入しかないか……。
 

 
早上がりしたので、帰宅も9時前である。
 
新聞読んで本読んでビートルズアンソロジー観終わっても、まだヒマである。
 
そうだこんなときこそ、てことで、タイラバヘッドを加工する。
 
ずっと鉛無垢でやってきたけど、たまにはお化粧もよかろう。
 
ディオールとレブロンのマニキュアをヌリヌリ。
993b7da4dd75ea9630355c84c3458932358c41d5.JPG
トップコートで仕上げ。
60031e8b0ca65a1a96fefc7b3042181fcfa71c06.JPG
最後に、名人からいただいたホロシールを貼る。
503a2136cf0e5bc1941f1387c353fe50741882c9.JPG
うむ、これだ。実績あるディオールヘッドとレブロンヘッド。
 
これで18日は釣れる気がしてきた。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.21 12:50

3月13日。
 
新聞記事で、前日、まさに自分が釣りをしていたところで、まさに「この波風だともうヤバいな」と目の前の浅場に移動した直後に、二人乗りの手漕ぎボートが転覆し、一人が亡くなったことを知る。
 
ライジャケは着用していたとのことだが、そうか、あの波風だと、ライジャケ着てても厳しいのか。おまけに、一年の中でも海水温が一番低いときだからな。
 
アンカーを打って釣りをしていたそうだから、間違いなく見掛けているはずである。
 
タイミングさえ合っていれば、救命浮環を投げていたはずである。
 
運悪く、近くにはゴムボートしかいなかった由。多分あれか。あれだと、救助は難しいだろう。
 
ホントに、岸からでも見えるところである。
 
海は怖いなと改めて思った次第である。
 

 
3月14日は仕事。調整休が多いので、仕事の日はキリキリ働かねばならない。やむをえまい。4月になれば、もっとゆったり働けるだろう。
 
さて、夜、食べる魚がない。
 
しょうがないのでスーパーに寄ると、三島産水菜が見切り品で2把98円で売っていた。これはよい、ということで購入し、久々に水菜の鍋をこしらえる。
 
あれも使ってみたかったからな。
f025876fc10b66ba46939ed8ee9ff58e5a9fb0cd.JPG
函館で購入してみた、がごめ昆布ぽん酢。
 
これがかなりイケた。ぽん酢なのに、酸味よりも甘味が勝っている感じで。
 
安いものではないが、これはリピートだな。
 
が、次に函館へ行くのは、いつになるんだろう。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.20 12:50

3月12日も海に出る。
 
オキアミエサは温存して、タイラバ勝負である。と、言いつつ、「一切れのパン」であるTGベイトもカバンに忍ばせておく。
 
6時半出航。この日は、11時まで粘る予定なので、あちこちを見て回ろう。
96eeef72051979559e9275d8d07ecb52d71e1e10.JPG
まずは目の前の水深50メートル台のエリアへ。
2401d9d6a1479e60193c171ec0193c9c7633e258.JPG
……バイトなし。
 
続けて水深70~80のエリアへ。
 
……バイトなし。
 
ごく近くのポイント沖、水深90~100のエリアへ。
 
……バイトなし。
 
目の前の水深80~90のエリアに移動。
 
……バイトなし。
 
近くのポイント沖はどうだ!
 
……バイトなし。
 
このあたりで、すでに10時近くである。おまけに風も上がってきた。
 
安全をとって、目の前のエリアに移動する。
 
と、昨日も来てたんだけど、今朝「一週間ぶりです!」と言ってた、ある意味尊敬してやまないⅠ師匠が不必要に引き波を立てて近づいてくる。
 
「ど、どうっすか?」
 
師匠、すっかり涙目である。今日は(今日も?)ダメだわ、これ。
 
「ア、アタリもないっすよねえ」
 
うん、ジャイアンMさんもカスリもしねえっつってたし。セーダさんもTさんも、どうやら迷走しているようだし。かく言うおれも迷走してたんだけどね。
 
「な、何なんですかね、これ」
 
さらに迷走するⅠ師匠とTさんの師弟コンビ。
e18277737202bcc263398e6021074f408820aeda.JPG
結局、二日連続ノーバイトのSPBであった。
 
いつもであればヘコむところであるが、この日は、Mさん、精進湖のYさん、Ⅰ師匠とTさんの師弟コンビ、セーダさん、フィッシングカヤックチーム全艇がPBだったからなあ。これはもう、釣れない日だったと思うしかないであろう。
 
しかし、3月19日のマリーナのBBQ用に魚を獲らねばならんのだが、3月15日と18日、マジで獲れるんだろうか。15日に獲れなかったら、18日はいよいよ「一切れのパン」を投入か? あるいは、アミコマセ・オキアミ・イカタン・サンマを全投入か?
 

 
帰宅後、昼飯。
5f660e6935f1858a8f4743ed182dc2aaeb5072fe.JPG
ピザトーストと、以前「あさくま」でもらったコーンスープを食う。
 
この、コーンスープが……なんか個性的な味である。
 
デンプンが多すぎるような気がしなくもない。
 

 
夜、食べる魚がない。
 
あ、あった。鮭とイクラ。
3a92448f8e152968de279775d3160c15e83e2d9f.JPG
ちらし寿司をこしらえて食う。
 

 
実は冷凍庫に、まだ小分けしてあるお弁当用マダイアラ煮があるんだよな。2016年産。こいつをまずはキレイサッパリ片付けることだな。いわば、背水の陣ってやつである。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.19 12:50

3月9日、10日はもちろん仕事である。ただし何をしたのかはよく覚えていない。時期的に言って、大学入試問題を解いてたんだっけ。そんなのも仕事なのである。大学入試がどんなものがわかってないと、大学入試対策の出題なんてできないからね。
 

 
しかし、食べる魚がない。
 
あ、あった。
f515f7f994d97003b78d4f0aa5dfbb5c90fed70d.JPG
サヨリの干物を焼いて食う。
 

 
3月11日は海に出る。
 
……あれえ?
 
おっかしいな。海に出たんだっけ。
 
よく覚えてないや。
55b15b76a0474216cf69ad6a19e416225ae82408.jpg
すべては忘却の彼方である。
 

 
そうそう、3月11日はいろいろ用事があったんだ。
 
5年前に買った左目のコンタクトレンズの調子がどうも悪いので、サントムーンの中央コンタクトへ行ったのである。
 
5年前に購入したのは沼津の中央コンタクトであるが、そのときの書類やらケースやらは取ってあるので、これと同じのください、て言えば、すぐに済むだろ。
 
と思ったのが大間違い。
 
まるっきり同じのをくれ、というのに、併設の眼科で診察を受けろという。
 
前にメガネスーパーで聞いたら、まるっきり同じのなら、診察なしで買えるって言ってたんだけどなあ。
 
「ハードレンズの場合は、診察を受けていただくことになっておりますので……」
 
しょうがねえなあ。
 
しかも、それがやたら待たされるんだ。
 
えらいこと時間食っちまったぜ。レンズ代に加えて1010円(診察代)取られるし。
 
その後、近くのイシグロへ。
 
念のためにオキアミエサを補充しておく。
 
さらに、ユニクロやらダイソーやら。
 
帰宅がすっかり遅くなってしまった。
 

 
夜、食べる魚がない。
 
しょうがないので、味仙の辣肉醤を使ってマーボ風のものをこしらえる。
a5fc3a449e12d28fafed65db5d86a1a9c750f0c7.JPG
うむ、これはこれでアリだ。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.18 12:50

3月8日、沼津の「スオーロ」さんというイ、ターリアンで昼飯を食う。
 
まずは白ワインをボトルで頼む。
e9468a2e37d37e0f863e2d400c6075574b66b7af.JPG
そんなに高いワインでもないのだが、ちゃんとサーブしてくれる。
f24761d48cb2d3b8c4aad12d4059094e25a236c0.JPG
ええと、じゃ、パスタとメインが選べる2500円のコースにしますか。
 
は、いいのであるが、パスタは10種類以上、メインも6~7種類の中から選ばねばならない。慣れてる人ならいいんだろうけど、そうじゃないと料理名見ただけではそれがどんなものか、サッパリわからないだろう。
 
自分も、メインのいくつかはどんなものか想像できたが、パスタのほうはまさにサッパリであった。できればメニューに写真をのっけていただきたいところである。
 
なわけでパスタは適当に選ぶ。
 
「メインはそれぞれ肉と魚にする? 魚は駿河湾直送の白身魚のアクアパッツァ、てあるけど」
 
おいおい、駿河湾直送の白身魚のアクアパッツァならウチで食えばいいだろ、モノならウチも負けてないぜ……と、一瞬思ったんであるが、いやいや、プロの料理を知るってのも勉強か、てことで、肉と魚を頼む。
 
ワインを飲みつつ、料理を待つ。記念日だからな、昼間っから飲んでもいいのである。
 
「結婚したばっかのころさあ、アンタ、休みの日は朝からジン飲んでたじゃん。ロックで。昼には泥酔しちゃって。この人、大丈夫かいなと思ったよ」
 
スマヌスマヌ……。確かに当時は依存症だったかもしらんな。今はすっかり更生したから許してくれ。
 
などと、来し方についてあれやこれや話していると、前菜が出てくる。
3f1e3bf187c10ba001bb5e03bdf76bf1441a50fa.JPG
生ハムと、鹿のソーセージと、白身魚やら白子やらを練りこんだコロッケと、イワシのマリネ。
 
ふむ。このコロッケは家でも再現できそうだな。マダイの中落ちと白子で作ってみるか。
 
パンが出てくる。
5abb452f59e71e9025a8b22b6d59781e74920410.JPG
イカスミのフォカッチャとバゲット。フォカッチャは評価できず。イカスミの味ってのがわからんからね。バゲットは美味い。
 
パスタが出てくる。
ee901fa499d2c21ca7d33f5eec9e0b9f406cc000.JPG
1a38d7f8f371efd6aad820fac2b3c7ba364527fe.JPG
海老と菜の花のやつと、ラグーのやつ。どっちもソースが美味い。バゲットで残らずぬぐって食ってしまう。で、パンをお代わり。
 
メインが出てくる。
bd155d2295b9e528269cd51ef5e617436bcb13b7.JPG
f265cad3190544742d94e6fd6c4c3fe775388045.JPG
アクアパッツァと鴨肉。これもソースが美味いなあ。鴨のほうはゴルゴンゾーラソースとのこと。バゲットで残らずぬぐって食ってしまう。で、さらにパンをお代わり。パスタのポーション小さいかな、とも思ったけど、メインもパンも食うと、結構おなか一杯になってきたね。
 
そしてアクアパッツァである。勉強になった。アサリの量が、我が家の4倍である。こんだけアサリをゼータクに使うわけね。ニンニクもかなりきいている。トマト缶は、ジュース部分を除いて、固形物のみ使用すればいいか。今度試してみよう。
 
ところで、この魚は何だろう。マダイじゃないし、アマダイでもイトヨリでもない。カサゴかな……と思ってお店の人に聞いたら、ユメカサゴとのことであった。ははあ、あんまり大きな魚じゃないから、それを3匹分使ってるわけね。
 
最後にデザートとコーヒーが出てくる。
577ac578c1379f5e6878949636b7cd2699b6f4e5.JPG
イチゴのタルトとパンナコッタ。プチデザートじゃなくて、ちゃんとした量のデザートである。アメリカ系エアラインの機内食デザートと違って、しつこくない甘さがよい。
 
いや、すっかり満足しました。これで2500円なら、アリもアリ、大アリだろう。
 
ここはリピートだな。つっても、せいぜい数ヶ月に1回だろうけどね。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2017.04.17 12:50

3月7日は仕事だけど、3月8日はお休み。調整休調整休……でもあるのだが、この日は記念日だったのである。銀婚式第一弾。
 
第一弾、というのにはわけがあって、この日は結婚式を挙げてから25周年。それとは別に、入籍してから25周年、という第二弾もあるわけである。
 
いや、それが数日の違いであれば、一緒にしてもいいんだろうけど、我が家の場合は半年ほど離れているんでね。あ、別に試用期間を設けたわけではない。まあ、二人とも、そういうゆるいところがあるわけで。
 
結婚式前にちゃんと戸籍抄本は取り寄せたんだけど、半年後に役場に行ったら、「これはもう有効期限切れてます」なんて言われちゃって。でも、役場の人、本籍地の役場に電話で確認して、その場で手続きしてくれたな。長泉町役場、えらい。つーか、ご迷惑かけちゃってスミマセヌスミマセヌ……。
 
そんなわけで、カミサンは半年ほど、結婚しても旧姓を使うっていうのとは逆のパターンで過ごしていたことになる。その期間、たとえばおれが扶養手当とかもらっていたとすれば問題なんだろうけど、当時は共働きだったからな、まあ、許してください。
 
さて、記念日ではあるのだが、お休みで晴れていれば、とりあえず海へ行ってしまうのである。
 
5時に家を出て、5時半マリーナに到着……するも、駐車場には1台もクルマがない。あれ? おれだけ?
 
堤防に上がって海を見ると、うーむ。微妙だ。風はそんなにないのだが、波が結構ある。もし出れたとしても、あちこちのポイントを見てまわれる感じではない。
 
と、そこへ元漁師さんが通りかかる。
 
「釣りに出るの? よしときな。この波だと沖は相当吹いてるし、今より悪くなるばっかだよ」
 
ははあ。そう言われちゃあ、てことで、諦めて帰る。もし記念日じゃなければ、多少無理しても出たかもしれないが、記念日を優先しましょう。
 
7時前に帰宅し、この日は午前中にリタイア後トレーニングを済ませてしまうことにする。ほほほ、そうすれば昼間っから飲めるからね。
 
でまあ、飲む気マンマンてことで、昼、電車で沼津へ行く。
 
記念日だからな、評判のいいイ、ターリアンでメシでも食おう、てことになったのである。沼津駅北口すぐの「スオーロ」さんというお店である。
9d5495e0f5fbfefa18b1c989e8464bbe3295fe3c.JPG
(続く)
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ