奥駿河湾釣り日記

酒、釣り、読書、ときどき国語力。なお、このブログはフィクションであり、登場する土地、機関、人物は、作者自身も含めてすべて架空のものです。

2020.04.08 12:50

3月25日、釣りから帰って12時。道具を片付けて魚を冷蔵庫にしまってから、昼飯をこしらえる。
cf0739163cef63a304a2ddbb104ed37787c74d31.jpg
この日は正麺旨塩。モヤシがないので、トッピングは菜の花とトリムネと半熟卵である。
 
昼飯の後は例によって昼寝。4時半に起きて、魚をさばく。アマダイの頭と、中落ち取った中骨はダシ用にするとして、と。マハタはどうしよう。頭とかぶつ切りにした中骨とかカマとかで鍋をこしらえてポン酢で食うと抜群にうまいんだけどなー。でも、そういう骨からチマチマと身をとるような料理をカミサンが好まない。しょうがねえ、マハタの頭と中骨もダシ用にするか。
cac9ba2e007e5a6d33a49694c1516743770ebd6a.jpg
なかなかゼータクなフュメドポワソンである。
 
さて三枚におろした身は熟成させとくとして、この日は中落ちを食おう。
9801e060751feb21bb6b683ba479134eee6e1e15.jpg
塩昆布とゴマ油であえてみた。酒のアテによい。
 
そしてメインは、魚のカマがまた出るし冷凍庫にはマダイカマ2匹分あるし魚ダシも少し残ってるしカットトマト缶もたくさんあるし、てことで、マダイカマのトマトクリーム煮。
 
煮込みつつ、ニュースを見ていると、NHKの有名な女性記者が出てきて、オリンピック延期について解説していた。それによると、我らが敬愛する首相、アメリカのトランプ大統領から1000%の支持を得た由。これをマジメな顔して言うもんだから、吹き出しちゃったじゃねーかよ。
 
いや、トランプさんそんなこと言わないって。多分。1000%ってところがね。こんなの思いつくの、日本人で、かつ「君は1000%」って歌を知ってる世代だけじゃねーの、という気がしなくもなくなくない。
 

 
3月26日もお休み。だけど、海には出ない。クルマを車検に出しに行くのである。
 
朝9時に家を出て、12時に目的地着。例によって、1時間ほど釣り談義をする。こっちはマダイ、だいぶ上向いてきましたよ。
 
「そうですかー、東京湾、せっまいポイントに何十パイもフネが入ってタイラバ落とすもんだから、すっかりマダイがスレちゃって、ぜんっぜん食わないっすよ」
 
あ、そういやダイヤモンドプリンセス、大変でしたねー。
 
「泊まってんの毎朝見てましたよー。で、接岸してるときじゃなくて、ちょっと沖に碇泊してたときあったでしょ。あそこがね、この時期のちょうどアジのポイントでね、釣り船がまわり取り巻いてましたよ。ダイプリのお客さん、こっち見て手振っちゃったりして」
 
中華街はどんな感じっすか?
 
「まあ人は減りましたね。修学旅行生いないし。人が道を歩いてないことはないですけど、お店は三分の一ぐらい休んでるんじゃないかな」
 
そうっすかー。
 
「お店空いてて、むしろ安全だと思うんですけどねー。行きます? 送りましょうか?」
 
いや、今回は趣向を変えて元町あたりを歩いてみようかと思ってるんで。じゃ、クルマ、よろしくお願いしまーす。
 
(続く)
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.04.07 12:50

3月24日も仕事。25・26日とビバ有休発動なので、一応ちょっとは気持ちだけできる限り仕事も頑張ろうというその意気やよし、だったんだけど、嗚呼、難しい。ややこしい。めんどくさい。
 
仕事は5時で上がって帰宅。一服しつつニュースを眺める。オリンピック、もう延期だな。ニュース以外の番組も結構グダグダで、テレビ版卒業式みたいなのをやっていた。みんなで卒業ソングを歌うってやつ。ふーん。まあ、例年通りの卒業式ができなくて悲しい生徒さんたちもいるだろう。それは否定しない。ただ、別にどうもいいじゃん、て生徒も一定数はいると思う。こんなところから出られてせいせいするわ、というやつ。おれがそうだったんだけど。そうか、おれは陰キャだったのか。「この支配からの卒業」なんて歌ってた人も、陰キャだったのか。
 
晩飯は、残っていたマダイとアオハタを唐揚げにする。
488dbc972a2710a6070dcc9d4aca5315801e4b60.jpg
「ん? こっちのほうが明らかにうまいね」
 
そりゃ、ハタのほうがうまいだろうよ。嗚呼、すっかり格落ちになったマダイが不憫だ。
 
シメは、カツオと昆布のダシで茶漬け。
285703c20e092d9789dc7cdbf2229764b397ab5a.jpg
これはうまい。さて明日も食材調達に出かけるとするか。
 

 
3月25日はお休み。当然海に出る。朝5時15分にマリーナに着くと、平日にもかかわらずなかなかの盛況である。週末は雨っぽいからな、それもあるのだろう。5時45分出航。10分後にはシラス漁船が出てくるので、とりあえず水深60~70あたりで漁船の様子を見ることにする。メインロッドにタイラバをセットしてボトムに落とし、ドラグを調整して、置き竿のままサブロッドに落とし込み仕掛けをセットする。さてタイラバを巻くか……と巻き始めたところで、いきなりバイト。まあまあ重いけど、走る魚ではない。何だ?
55c58e6f79970929717a89e2042349b7267976aa.jpg
40UPのマハタであった。これはうれしい。このサイズのマハタはうれしい。
 
引き続き、タイラバを巻くも、その後はバイトがない。水深50あたりには漁船も来ないようなので、流れのあるエリアに移動。水深50前後を何度か流す。
 
が、バイトがない。ナギもいいので、久々にちょい西の潮目に行ってみる。水深60台を何度か流す。
 
が、バイトがない。うーむ。
 
流れのあるエリアに戻って、今度は水深60前後を流すと、ようやくこの日二度目のバイト。こいつもラインを出さんな……と思ったら、中層でギュルルル、とラインを出す。でもマダイじゃないよな……と思ったら、40UPのアマダイであった。これはうれしい。このサイズのアマダイはうれしい。
 
カミサンがマダイよりも評価する魚を2つ獲れたところで、でもシメはマダイでしょ、てことで、水深50前後を攻める。と、9時半、マダイっぽいバイト。うむ、これは間違いなくマダイだ。
5f6e5435ff2c1d5580e70831df6d0abeedff19e4.jpg
が、さすがにこれはリリースである。50に30足りない。
 
まあ、でも、こんなもんでいいか。残り時間は目の前の水深40台で遊んで、10時半に上がる。
 
11時ぐらいにもう1回ジアイが来そうな気もしたけど、12時上がりは体力的にかなりきつい。マルヤマさんとかタケイさんとか、元気だよな。昼寝はしなくていいんだろうか。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.04.06 12:50

3月23日は仕事。いつも通りに起きて、新聞読んで、お弁当こしらえてから、シャワー浴びるまでの30分、自重トレ。4種目ぐらいか。ちっとマジメにメニュー組み立てよう。
 
仕事は適宜流して……というわけにも行かなくなってきた。年度末だ。でも5時過ぎには上がって帰宅。一服しつつニュースを眺めていると、オリンピック、やっと(少なくとも)延期の流れになってきたねー。
 
が、6時台7時台のニュースでは、これはやらない。9時台ではちょこっとやってたみたいだが。
 
《学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当し、2018年3月に自殺した財務省近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=の妻は23日、決裁文書の改ざんは佐川宣寿元国税庁長官(62)の指示だったとする夫の手記を公表し、国と佐川氏を提訴したのに、安倍晋三首相や麻生太郎財務相が再調査をしない意向を示したことに抗議する自筆メモを代理人弁護士を通じて公表した。/妻はメモで、安倍首相と麻生氏について「この2人は調査される側で、再調査しないと発言する立場ではないと思います」とした。》(3月23日 共同通信)
 
うむ、全く正しい。しかし。
 
《安倍晋三首相は23日の参院予算委員会で、森友学園を巡る公文書改ざん問題を再調査するべきだとする野党議員の要求を改めて拒否した。「麻生太郎副総理兼財務相の下、事実を徹底的に調査し明らかにした。捜査当局による捜査も行われた」と述べた。》(3月23日 共同通信)
 
これを聞いた赤木さんの奥さんは。
 
《参院予算委員会での安倍晋三首相と麻生太郎財務相の答弁を受け、森友学園への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で自殺した近畿財務局の赤木俊夫さん(当時54)の妻が、弁護団を介して追加のコメントを出した。「怒りに震えています。夫の遺志が完全にないがしろにされていることが許せません」「何度も再調査の実施を訴えたいと思います。是非、第三者委員会を立ち上げて欲しいと思います」などと述べた。》(3月23日 朝日新聞デジタル)
 
これまでどおりのやり方をしていると、今回はさすがにまずいかもしんないっすよ。
 
晩飯は、酒のアテに、まずマダイのカルパッチョ。
e1b6bfe505da70d66e7c029b3e0557616613fcbc.jpg
それから、魚ダシとアオハタのカマでリゾットをこしらえる。
cb03f419c77462cb17164e235137791b84b67952.jpg
アマダイとイトヨリのグリルもトッピング。ハタ類のダシはうまいわー。
 
さて、この日はこんなニュースもあった。
 
《福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」に隣接する楢葉町営駐車場で空間放射線量が比較的高い場所が見つかった問題で、一帯を福島第1原発事故の収束作業の対応拠点として使った東京電力は23日、施設返還の際に除染をしていなかったと明らかにした。施設は東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの出発地点。》(3月23日 共同通信)
 
おいおいおいおい。実は東電、オリパラ反対派か? 聖火リレーの妨害をしようとしてんのか?
 
と思っていたら、こんなニュースも。
 
《新型コロナウイルスの感染拡大で、国際オリンピック委員会(IOC)が東京オリンピック(五輪)の延期を含めた検討を始めたことを受け、大会組織委員会が23日、ランナーによる聖火リレーを見送り、車でランタンを運ぶ方針を固めたことがわかった。》(3月23日 朝日新聞デジタル)
 
クルマでランタン……。その見物も自粛要請対象なわけだよね。これ、もう、全国まわる意味あんの? 聖火リレーってのは何かの目的のための手段だと思うんだけど、リレー自体が目的化しているような気がしなくもなくなくない。……いや、そんなことはないな。それだったらまだマシ、とは言わんけど、まだかわいい。多分、究極の目的は片時も忘れてないんだよな、要路の方々は。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.04.05 12:50

藤田達生『藩とは何か』(中公新書)読了。
 
これも広い意味の城つながりか。江戸時代、大名が住む城、そしてその家臣が住む屋敷までもが、一種の官舎と認識されていたらしい。家臣にとっては、社宅、といったほうが近いか。
 
《江戸時代には、国替えに関する作法が整備され、城郭そのものと城内の城米や城付武具をはじめ城下町の武家屋敷までが天下の共有財産と認識され、幕府から派遣される旗本などの上使によってチェックされるようになった。》(p26)
 
その背景にあったのが、預治思想。
 
《預治思想は、国家の統治権を「天」から天皇を介して天下人が預かっているという理念である。》(p176)
 
なので、藩も自分のものではなく、預かりものというわけである。
 
で、問題となるのが、「天皇を介して」というところ。
 
《預治思想に拠る限り公武融和を実現しなければ、支配の正統性を主張することができない》(p176)わけである。
 
そこで、家康・秀忠には「大坂幕府」構想があったらしい。
 
《自身の外孫にあたる皇子(高仁親王)を天皇にして公武合体政権を成立させることが、当時の秀忠の意向だった。それが実現すれば、秀忠が江戸城から大坂城へと「御居城」を移し、事実上の「大坂幕府」を発足させる構想があった。(中略)これは家康以来の徳川将軍家悲願の政権構想でもあった。》(p177)
 
しかしそうはならなったことが、後の歴史にも影響しているというのが著者さんの見立てである。
 
《「大坂幕府」が実現していたならば、上方の朝廷や寺社のみならず、西国の外様諸大名に対する圧力は格段に強化されていたに違いないから、後の雄藩への成長などなかっただろう。(中略)武家によって徹底的に抑圧された朝廷だったが、幕府との距離的な懸隔、それに加えて家光以降の歴代将軍が上洛を企てなかったことが、その権威と正統性を脈々と生き延びさせることになった。それが、幕末の動乱の前提になったのである。》(p203)
 
最後に、あれ? これ、チクリとやってる?というところから。
 
《江戸時代中・後期に各藩校の教育を通じて育成されたのは、儒教的な徳目を遵守する知性であった。藩士たちが幼年期から四書五経の素読を通じて繰り返し教わったのは、上司を忖度したり役得を確保することではない。それは、天命を知り仁政をおこなうことだったのだ。》(p230)
 
いわゆる戦後教育に対して否定的なみなさんは、この時代までは遡ろうとしないんだよな、なんでだろう……と思わなくもなくなくない。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.04.04 12:50

城つながりで、小野正敏『戦国城下町の考古学―一乗谷からのメッセージ』 (講談社選書メチエ)読了。
 
一乗谷かあ。夏の帰省時のルート上にはあるんだよな。今度寄ってみるか。日本のポンペイと呼ぶ向きもあるぐらいだし。掘ってみたら戦国時代の城下町がそのまま出てきたそうです。
 
いくつか引用。
 
遺跡からは、大量のかわらけが出てくるそうです。なぜか。当時の人がみんなウッカリ者で、器を壊しまくっていたわけではない。
 
《かわらけは(中略)中世においては、ハレの場で特別の意識を込めて使われた特殊な器である。素焼のかわらけは、飲食器としては一度使うと汚れが染み込むので、再使用しないのが原則である。清浄の象徴としての伝統的な儀式や、宴会の膳等のハレの場で使われたのである。》(p112)
 
宴会の食器は、使い捨てだったわけ。
 
ただ、そんな器ばっかりじゃなくて、繰り返し使うような中国製の陶磁器もこの時代にたくさん入ってくる。
 
《中国貿易の商人は、一六世紀中頃になると菊花形や木葉形、木瓜形の皿など、日本人をターゲットにした商品を作るようになる。》(p187)
 
写真が載ってるんだけど、おー、木葉形や木瓜形、和食の店で出てくるわ。そして菊花形は、アレにそっくりである。ヤマザキ春のパン祭りの、白い器。この皿ならウチに何枚もあるじゃん、て思ったもん。
 
そして中国陶磁、意外と安かった由。大工さんの一日分の日当で、染付皿が3コぐらい買えたそうな。……そんなに安くもねーな。100均がある現代では。鉄鍋が大工さんの日当一日分。高い。カツオ一匹が染付皿1枚と同じ。これも安くねーな。大根22本が鉄鍋1コと同じ。大工さん一日働いて大根22本。大根もたけーなー。高級品じゃん。
 
《ついでにみると、先に紹介した越前の代表的な都会である敦賀湊の中心に近い東町の町屋の借家料が年に六一八文。(中略)今の感覚からいえば、他の物価に対して住宅が非常に安く、我々庶民からいうと羨ましいかぎりである。》(p193)
 
大工さん6日働けば1年分の家賃を払えるのかー。それは安い。
 

 
さらに城つながりで、中井均監修『戦国の城の絵事典』(成美堂出版)読了。
 
絵事典、とあるように、見て楽しむものです。なるほど真田丸ってのは、そういうわけだったのか。
 
一箇所だけ引用。
 
《秀吉は信長同様、装飾性に富んだきらびやかな大坂城を建てたが、家康の建てた名古屋城は、天守の外見こそ豪華だったものの、内部は質素で、襖絵もなく、天井すら張ってなかった。(中略)家康にとって天守は権力の象徴であり、見る者を圧倒することが出来ればよかったのだ。》(p143)
 
家康らしいっちゃあらしいな。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.04.03 12:50

伊藤潤『城を攻める 城を守る』(講談社現代新書)読了。
 
どこかで見たお名前だな……と思ったら、去年の図書館講座の講師を務めた方だった。図書館講座にはめずらしく市民文化会館という大箱で、しかも抽選が必要だったやつ。有名な歴史小説作家でいらしたのか。小説作品も読んでみなきゃ。
 
というように、結構楽しめた。おれも城好き、てのもあるんだけどね。
 
少しだけ引用。
 


《なぜ、人は城に行くのか。
 その答えは様々である。
 私の場合、数百年の歳月を隔てているにもかかわらず、そこに人の意思が感じられる点に魅かれる。》(p3)

 
文体が、いかにも歴史小説作家である。一文で改行。なので、300ページ超だけど結構さらさら読めます。
 
北条氏について。
 
《結果的に、その強気な姿勢が北条家を滅亡に追い込んだのかもしれないが、多くの戦国大名が、織田家の天下を簒奪した秀吉の前にひれ伏すのを尻目に、北条家が最後まで意地を貫いたのも事実である。(中略)権力者の前に膝を屈し、江戸時代まで生き延びた大名ばかりが評価される昨今、堂々と秀吉と戦い、散っていった北条氏は、もっと評価されてしかるべきと思う。》(p105)
 
なるほどそういう見方もできるか。
 
そして七尾城。
 
《七尾城こそ、難攻不落と呼ぶにふさわしい堅城だった。》(p143)
 
イナカから近いのに、行ったことないや。行ってみなきゃ。あとでよく調べたら、能越道の高岡から七尾まではタダみたいだし。ついでに能登島寄って水族館見て温泉入れば完璧だな。
 
上杉景勝について。
 
《景勝の武辺気質は信長に似ている。(中略)しかも信長以上に冷酷非情だ。(中略)氏政や勝頼そして景虎は甘かったのである。/それは秀吉にも当てはまる。景勝が秀吉の立場であったなら、家康を取り込もうなどとはせず、いかなる手を使っても殺したはずだ。》(p162)
 
そこんところを間違えずに、家康はきっちり豊臣家を滅亡させたわけか。
 
最後に、「おわりに」から。
 


《私の本業は小説家である。それゆえ、こうした歴史研究本を出すたびに「小説家の書いた」という枕詞が、必ずと言っていいほど付いてくる。
 これはある意味、小説家を名乗った先達たちの負の遺産でもある。
 先達たちは専門研究家に遠慮していたのか、さしたる意欲がなかったのか、酒を飲みすぎていたのか、研究本を書くにあたって、エッセイ的な雑感をつづったものや、紀行文的なものに終始してきた。
 中には、正直に「電車の車窓からしか見たことはないのだが」と前置きした上で書かれた城の紹介本さえある。》(p313)

 
このくだりがいちばんウケたかな、と。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.04.02 12:50

3月22日もお休み。いつもどおりに起きて、一応天気予報をチェックする。明け方から3メートル、9時から5メートルの風予報は変わらず。が、新聞を取りにオモテに出ると、ほとんど吹いてない。実況も、風は0~1メートル。これ、予報、いいほうに外れるんじゃねーか? 一応、行くだけ行ってみるか。
 
てことで、ロッド1本リール1コ、低スペック魚探のタイラバジグシバリ仕様で、4時45分に家を出る。
 
5時、マリーナ着。が、マリーナのゲートが閉まっている。あらら。やっぱこの予報じゃ、誰も来ないと思ったか。とりあえず第二駐車場にクルマをとめて、様子を見に行くと、マリーナ脇のスペースにとめてあったクルマから人が降りてくる。あれ? 割と新しいメンバーさんだっけ。
 
「うちら、もう1時間前から待ってるんですけどね」
 
そりゃ早くからおいでですな。でも、予報だとダメっぽいけど、今は吹いてないっすよね。
 
「出せそうですよね……管理人さんに電話してみますわ」
 
てことでゲートを開けてもらい、クルマを入れて、風が上がり次第戻ることにして、5時45分出航。
 
が。沖に出るとやっぱ風が強い。当然波も高い。ボートがえらいバッタンバッタンする。かつ、この日からシラス漁が始まって、水深40~50前後はシラス漁船の動向がはっきりするまで入れない。
 
水深60前後でやってみるも、釣れる気がしない。
 
おや? 少し遅れて2艇出航してきたぞ。オバタさんとクシキさんであった。近所に住んでる強みで、なんだ予報ほど吹いてないじゃん、出られるかも、てことで来たのだろう。そして「なんだカワフチさん出てんじゃん」てことで出たのだろう。
 
が。6時半、これは釣りにならんてことで、シラス漁船も漁港へ向かっていなくなったし、浅場に移動する。
 
「どうしますー、ここでやります?」
 
いや、この水深でもこの波だと危険だわ、シラス漁船が戻ってくる前に上がろう。
 
てなわけで、みんな7時前に上がる。這う這うの体で逃げ出すとはまさにこのことである。ちょっとだけ遅れてクシキさんも無事戻ってきた。よかったよかった。
 
いやー、予報は正しかったわ。この日は釣行回数にカウントせずにおこう。
 

 
8時過ぎに帰宅。寝直すかな、と思ったらカミサンが農協の直売所に行くというのでお供する。家に戻って、寝直し。10時に厚切りトーストとサラダの朝飯を食って、また寝直し。昼飯は2時である。正麺ではない。
b6b0ac58c5348fbe3a7d2b44c9d87521a5c38947.jpg
たこ焼きパーチー。食って、この日は寝ない。ここで寝ると、大事なものを見逃がしてしまう。大相撲である。アサノヤマの相撲である。
 
本を読みつつ、横目でテレビをチラ見し、アサノヤマの取組のところで正座してテレビを見る。
 
お、お、お、お、おーっ! やったーっ! おそらくこの瞬間に歓声をあげていた家は、町内でウチだけだろう。大関だ大関。昨日の横綱戦も互角だったしな。今、大関は一人だけだしな。なるだろう、アサノヤマ、大関に。
 
いやー、いいもん見たわ、という余韻に浸りつつ、そのままニュースを眺めながら晩飯の仕込みをする。
 
ふーん、K1が自粛しなかったのが話題になってんのか。でも、それを言ったら、昨日の聖火イベントや遊園地はどうなのよ、という話にもなるわな。へー、東京、もう桜が満開なのか。でも宴会は自粛要請なのか。が、ニュースを見ていると、それでも宴会をしている人に警備員が近づいて「自粛をお願いしているので」と追い払っていた。うーむ。「自粛」「要請」という言葉の意味が、何かヘンになっているような気がしなくもなくなくない。路上喫煙禁止みたいに、宴会禁止としてくれたほうがわかりやすいのに。
 
晩飯は、まずいろいろサラダ。
090b0cc11783b3a7cc248672bf513864559c051a.jpg
そして白身四種(マダイアオハタアマダイイトヨリ)でちらし。
fd81d89802dd985fa7fd67464b828074e3eefc83.jpg
これはなかなかゼータクなちらしだ。食いつつ、大河を眺める。うーん。なんか、外すような予感がどんどんふくらんできた。
 
さて、この日はこんなニュースもあった。
 
《政府、与党は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で、国の財政支出をリーマン・ショック後の対策の15兆円を上回る金額とし、民間支出も含めた事業規模を30兆円超にする方向で調整に入った。大規模な2020年度補正予算を編成する。国民への現金や商品券の支給のほか、外食や旅行代金の一部を国が助成することを検討。》(3月22日 共同通信)
 
「外食や旅行代金の一部を国が助成」て、外食や旅行は控えるように、つってたんじゃなかったっけ?
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.04.01 12:50

3月21日、マリーナを出たのが11時半。帰宅途中、ラジオを聴いていると、こんなのをやっていた。
 
《【ジュネーブ共同】ノルウェー・オリンピック委員会は20日、国際オリンピック委員会のバッハ会長に対して、新型コロナウイルスの感染が広がっている状況が終息するまで東京五輪を開催しないよう要望する文書を送ったと発表した。》(3月21日 共同通信)
 
アメリカの陸連や水連といった競技団体の声明ではなく、オリンピック委員会の委員の発言でもなく、一国のオリンピック委員会としての正式な表明だからなあ。これは重い。よしんば延期になったとしても、年内はムリなんじゃないだろうか。ま、おれ的には中止になっても全然オッケーなんだけど。
 
12時に帰宅。魚を冷蔵庫にしまってから、昼飯をこしらえる。
6530df220a4cdd3d8bdbeb7c5d582f78108e0edb.jpg
この日は正麺味噌。食ってから、例によって昼寝する。4時に起きて、魚をさばく。マダイとハタの頭はアラ煮にしよう。中骨は、中落ちとって、すべてダシ引き用に。今回はたくさんダシが引けるな。
 
アラ煮とダシ引き用の鍋、2つを火にかけて、アクとって弱火にして、台所を片付けて5時半。さて、アラ煮に突っ込む豆腐買いに業務スーパーにでも行くか。
 
「4リットル焼酎も買っとけば」
 
そ、そうやな。備蓄として買っとくか。ダンベル代わりにもなるしな。2本買おう。
 
「パスタも買っといて。備蓄用に」
 
中国とイタリアがヤバくなったら、すなわちパスタとトマト缶がヤバくなるのである。今まで読んだ本から類推するに。それに、日本もいつ家籠りしなきゃなんなくなるかわかんないしな。パスタとトマト缶とコメと味噌があればなんとかなる。多分。
 
業務スーパーで豆腐と焼酎とパスタを買って帰宅。アラ煮の鍋に豆腐とニンジンを突っ込み、中落ちをピチットシートで締めておいて、ニュースを眺める。
 
《東京オリンピックの聖火を東日本大震災の被災3県で巡回展示する催し「復興の火」は21日、仙台市で行われ、約5時間半で約5万2000人が観覧した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、主催する宮城県は混雑緩和に努めたが、想定(1万人)の5倍以上の人出に500メートルを超える長蛇の列ができた。感染リスクが高まる密集の中、数時間待つ状態が続いた。》(3月21日 毎日新聞)
 
うーん、かなり濃厚接触しているように見える。大丈夫かいな。
 
《新型コロナウイルス感染症拡大の影響で閉鎖していた各地の観光施設などの一部が21日、営業を再開した。「待っていた」「やっと遊べる」。一斉休校やイベント中止で閉じこもりがちだった人からは喜びの声が聞こえる一方、施設側は感染防止の対応に追われた。/2月29日から臨時休園していた遊園地「としまえん」(東京都練馬区)では、子どもたちが晴れ渡る青空の下、笑顔で駆け回った。》(3月21日 東京新聞)
 
ま、退屈しとったのはわかるけどな。ディズニーランドが休みの間に稼いだれ、というのもわかるけどな。けど、諸々の自粛要請はどこ行ったんだ?という気がしなくもなくなくない。
 
晩飯は、アラ煮を酒のアテに、中落ちを白いメシのおかずとして食う。
 
で、天気予報は? 明け方から3メートル、9時から5メートルの風かあ。こりゃやっぱダメだ。おとなしく家で過ごすことにするか。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.03.31 12:50

3月21日はお休み。でもいつもどおりに起きて、一応天気予報をチェックすると、なんと。明け方から風1メートル、9時に3メートルになっとる。予報、変わったか? これは海に出られそうだってことで、あわてて準備をする。リールにオイルさしとかなきゃ。まあでも、出られて9時10時ぐらいまでか、あんまりアレコレの釣りはできまい、ロッド1本リール1コ、低スペック魚探のタイラバジグシバリでよかろう。
 
準備をすませ、コーヒー飲みつつ新聞(東京)読んでいると、こんな記事があった。
 
《安倍晋三首相は二十日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたイベント自粛や一斉休校を巡る対応について、記者会見などで国民に説明する機会は設けずに対策本部会合で表明した。再浮上した学校法人「森友学園」問題への追及を避ける思惑があったとみられる。》(3月21日 東京新聞)
 
ほじくり返されたくないんでしょうなあ。それをほじくり返されるぐらいなら、コロナ関連の説明なんかいいや、なんでしょうなあ。
 
4時50分に家を出て、5時10分マリーナ着。昨日の時点での予報で判断した人が多かったのか、来ていたのは5~6人である。第一駐車場に余裕でとめられた。よかったよかった。今日、ダメっぽかったよね? むしろ明日がいいと思ってたんだけど。
 
「予報変わって、明日のほうがダメっぽいっすよ」
 
あ、ホントだ。明日は明け方から風6~7メートルか。じゃあ、今日がんばるとしますか。
 
5時45分出航。まずは目の前でボートの流れを確認する。時速0キロ。全然流れない。こりゃダメだ。吹き始めたらまた目の前に戻るとして、流れのあるエリアに行ってみよう。
 
水深40台から流していく。と、6時半、水深50でバイト。んー、でもライン出さんな。重みはあるんだけど。なんだろう。アマダイかな。と思ったら。
28c84e2756de25cafab812f9572b03ec59e225fc.jpg
いい型のアオハタであった。これはうれしい。このサイズのハタ類はうれしい。
 
お土産もできたのですっかり気がラクになって、そのまま水深40台後半~60までを繰り返し流す。
 
が、その後はさっぱりバイトがない。しょうがないので、ごく近くのエリア沖に移動。釣れそうだけどいつも釣れないポイントを攻めるも、やっぱり釣れない。
 
しょうがないので、目の前に戻り、ここんとこ実績のある水深50台を攻めてみるも、ボートがほとんど流れないので、釣れる気がしない。どうすべえか。もうすぐ9時か。もういっぺん、流れのあるエリアを攻めてみるかな。
 
で、移動して再び水深40台後半から流すと、水深50前半でアタるアタる。まず軽いバイトがあって、これはラインを出すほどではない。
4b66681951a4f338fdd262472ad7e6a6f60f3c61.jpg
でも、そこそこの本イトヨリ。ソコイトではなく本イトは久しぶりだ。
 
それからギュルルルル、とラインを出すバイトがあって、おー、叩く叩く。
53713e54b6778fc738a6f9ede63c1d7cb81c4172.jpg
マダイである。さらにギュルル、とラインを出すバイトで、これも叩く。
23ec6271af48d93233f43ce907cbecf1004bbfb8.jpg
またマダイかあ。でも、もうこれで十分か、と思っていたら、軽いバイトがあって、これは小さめのアマダイ。
 
もういいや。白身四種が獲れて、もうこれで十分。目の前のエリアに移動して、締めた魚のエラワタウロコとって、10時半に上がる。うむ、この日も、なかなかいい釣りであった。これで明日出られなくても、水曜までの食材は十分である。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

2020.03.30 12:50

3月19日は仕事。適宜流して、5時過ぎに上がって帰宅。カミサンが大根餅をこしらえていたので、晩飯の前にオヤツ代わりに食う。
64a4617f6369fdc571eba76818863729aafa91a2.jpg
重慶飯店を目指しているらしいが、もう少し工夫が必要やね。
 
その後はテレビもつまらんので、酒飲みつつ本を読んでゴロゴロ。合間にニュースを見ると、こんなのをやっていた。
 
《安倍首相は、自殺した職員の手記を受けた森友学園問題の再調査要求に対し「検察で既に捜査を行い、結果が出ていると考えている。麻生太郎副総理兼財務相の下、事実関係を徹底的に調査し、明らかにした」と述べ、拒否した。》(3月19日 共同通信)
 
再調査ぐらいすりゃあいいじゃんねえ。ご自分がやるわけでもあるまいし。ま、つまりはほじくり返されたくないってことでしょうな。
 
さらに、こんなのもやっていた。
 
《新型コロナウイルス感染症の政府専門家会議(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は19日、国内感染者が都市部を中心に増えており「今後、感染源が分からない患者が継続的に増加し全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を伴う大規模流行につながりかねない」とする新たな提言をまとめた。》(3月19日 毎日新聞)
 
これはアレだね、アリバイ作りだね。だから警告しといたじゃーん、てやつ。
 
晩飯は適宜すませて、9時前に寝る。
 

 
3月20日も仕事。世間はお休みのようであるが、10メートルの風予報が出ている日に休んでもしょうがない。つーか、そもそもマリーナが臨時休業だしな。
 
仕事は5時に上がって帰宅。大根餅改良版をオヤツ代わりに食いつつ、ニュースを見る。つうか、天気予報を見る。明け方からずっと風3メートル、9時に5メートルかあ。こりゃ厳しいかな。
 
てことで、翌日の釣りはほぼ諦めて、準備もせずに本を読んでゴロゴロ。晩飯は、カミサンがナス味噌炒めをこしらえてくれる。
439223efd378af5cdb5cfaed60582be8bed5d4a2.jpg
そういや、こんなニュースがあったんだけど、NHKではやらんかったな。
 
《【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は19日、安倍首相が先進7か国(G7)首脳のテレビ会議の際に、東京五輪・パラリンピックを予定通りに開催するかどうかに関して「決めていない」と説明していたと明らかにした。》(3月20日 読売新聞)
 
我らが敬愛する首相、予定通りやるってことで首脳間で完全に一致した、なんてことをのたまってからな。それを否定するようなニュースは流しにくいんであろう。
 
Tags :
読書
飲み
釣り
国語力
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ