Z会ブログトップへ

2017.12.16 10:06

今年もセンター試験まであと1か月を切りました。
Z会の教室、大学受験部の方では、
冬期講習が始まっています。
 
この時期にいちばん受験生から質問されるのは
「センター試験対策に集中したいのですが、
 二次試験対策は、もう後回しにした方が良いのでしょうか?」
という内容。
 
もちろん皆さんの仕上がり具合や、
志望する大学のセンター試験の配点・二次試験と合計した時の比率によって
アドバイスの仕方が変わるのですが、
タカバタケは、
「センター対策に<絞る>のは年明けからにした方が良い」
「英語・数学・国語のセンターの過去問演習は、
 2日1セット(たとえば1日目;英語+数学ⅠA、2日目;国語+数学ⅡB)で
 時間を計って取り組んでいきましょう。これに約3間の学習時間を。」
「理科・地歴公民の詰めは時間をかけて。これで約3時間の学習時間を。」
「残った時間は二次対策で応用問題を解きましょう。
 塾の冬期講習が入っているなら、しっかり予習・復習をして臨みましょう。」
こんなイメージでアドバイスします。
 
センター対策に絞る副作用として、
「せっかく応用問題まで解けるようになっていた力が落ちてしまう。
 特に英語長文、数学の演習、国語の現代文はレベルダウンしやすい。」
「難問に対する耐性が落ちることで
 センター試験の問題が難しくなったときに差をつけられない。」
という2点が挙げられます。
 
東大、京大、旧帝大のように二次比率の高い大学を受ける人は
むしろセンター後の学習が大事になるので、
応用問題・記述問題から1か月遠ざかるのは
リスクになる部分もあると言えるでしょう。
 
あ、あと得意教科はセンター試験ばっかり
やらなくていいからね。
センター試験の問題に「解ける喜び」は
感じられないはずなので、
息抜きに(笑)記述問題でストレス発散してください。
 
センター試験中心に、
二次対策も着々と。
 
年内、怖かったらクリスマスまでは、
そんなイメージで学習して行きましょう。
 
がんばれ、受験生!
 
 
 
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.12.15 18:45

昨日、こんなニュースが入ってきました。
 
都立高入試英語にスピーキング導入へ
19年以降
http://www.asahi.com/articles/ASKDG3K15KDGUTIL00K.html
 
19年以降ですから、現中1生からが対象ですね。
 
英語教育については、
大学入試への民間検定の活用、
英語「4技能」を測る入試へ・・・という流れが
強まってきていましたが、
高校入試も大きく変わることになりそうです。
 
実施に向けては、いろいろなハードルがありそうですが、
方向性は変わらないはずなので、
「話す」力も、しっかりつけていく必要がありそうですね。
 
かつて都立の進学指導重点校の「自校作成入試」の導入が
全国の公立入試での「応用問題増加」の流れにつながったように、
東京都の入試制度は他の都道府県入試に
大きな影響を及ぼします。
 
今後の公立入試の英語の動きには、目が離せません!
1技能もおぼつかないタカバタケですが、
あ、古文と漢文と現代文の3か国語は話せるタカバタケですが、
ニューなニュースはキャッチして、
ユーにオトドケしていきます!
 
Tags :
英語
ソーシャルブックマーク:

2017.12.14 10:11

大学入試分析問題シリーズ。
大変遅くなりました。
一橋大学の分析記事、始めます。
 
入試分析記事のまとめはこちら。
東大・京大・東工大・阪大の難易度分析記事を掲載中!
http://www.zkaiblog.com/jr07/60018
 
 
まずは国語から!
 
問題一 評論文読解
問題二 近代文語文か現古融合文
問題三 現代文の要約(200字)
 
という鉄板の構成が続いています。
独特ではありますが、鉄板である分、
評論文を中心に対策が取りやすいセットです。
 
問題一の現代文が難しくなった分
「難化」となっています。
 
各問題のZ会指導部難易度分析と「コメント」です。
 
問題一 評論文 やや難
塩野谷祐一「エッセー 正・徳・善」
タイトルからして、難しそうな匂いがしますが、
実際に抽象的かつ難しい文章でした。
「記述問題の制限字数は問三、問四とも80字と
 一橋大にしては比較的長めだが、
 「問題文全体をふまえて」「自分の言葉を用いつつ」
 といった設問条件がそれぞれ付与されており、
 問題文を誤りなく読解した上で
 理解した内容をまとめ直さなければならない。」
ここがまた難しいですよね。
 
問題二 近代文語文 標準
末松謙澄「歌楽論」
音楽の発展について日本と西洋の状況を比較し、
楽譜編集や版権保護の整備を提言する文章。
一橋らしい出題ですね。
問題二では、こうした社会科学的な話題を扱う文が多いです。
ここ2年近代文語文⇒現古融合文と来ていますが
はたして来年は・・・?
と言ってないで両方の対策をしておきましょう。
近代文語文は、古文・漢文の基礎知識が入っていることが必須です。
「古文・漢文は出ない」などと、決して思わぬように。
⇒そういう人はセンターでやられます。
 
問題三 現代文・要約 標準
佐々木浩雄「体操の日本現代」
面白いテーマでしたね。
例年通りの200字要約問題。
要約問題は、過去問や対策問題を中心に、
相応の対策が必要です。
実際に自分でまとめてみる
⇒先生に見てもらう
を繰り返しましょう。
Z会の教室でも要約の方法論と
講師による添削で密な対策を行っています。
 
以上、例年以上にタフな内容でした。
 
個人的には一橋大対策は、
早い時期から「要約だあ、文語文だあ」と
絞りすぎることなく、
正確に文章を読み、要旨をつかむトレーニングを
繰り返すことが大事だと思っています。
 
そして秋から直前に
過去問と予想問題で、
本番に対応して行くのがベストでしょう。
 
Z会東大進学教室は
伝統的に一橋対策に強く、
一橋大対応講座も数多く開講しています。
ぜひ、利用してみてください!
 
[開催迫る]
高2生対象無料イベント
難関大入試研究会~一橋大を斬る~
12月16日渋谷教室で開催します!
http://www.zkai.co.jp/juku/high/tm/event/k2_2017_winter_kouennkai_010.html
今年の入試傾向を中心に
各教科の入試対策を詳しくお話しいたします。
 
[受験生の皆さんへ]
受験生の皆さんへ!
入試直前の「最後の一橋大模試+解説講義」
直前大学別実戦講座
一橋大対策
http://www.zkai.co.jp/juku/high/tm/course/2017k3_jissen/index.html
 
Z会の一橋大対策!
 通信教育・教室 資料請求はこちらから!
http://www.zkai.co.jp/home/siryou/index.html?trflg=1
 
【Z会の教室からのご案内】
 首都圏
Z会東大進学教室
御茶ノ水、渋谷、新宿、池袋、横浜
http://www.zkai.co.jp/juku/high/tm/index.html
特別企画・イベントを続々開催!
一橋大入試の情報満載の講演会も企画しています。
http://www.zkai.co.jp/juku/high/tm/event/index.html
   
 
 
Tags :
大学受験
国語
一橋大
2017難易度
ソーシャルブックマーク:

2017.12.13 12:52

Z会東大進学教室・Z会京大進学教室から
東大・京大を目指す高2生の皆さんに、
毎年大好評の企画のご案内です。
 
Z会東大・京大テストゼミ
http://www.zkai.co.jp/juku/high/k3_2018testzemi.html
 
東大・京大合格まで、一人ひとりが目標に向かって
より効果的に学習を進めてもらいたい。
そんな想いで生まれたのが「Z会東大・京大テストゼミ」です。
設問内容やレベル、形式などの点で独特の傾向を持つ
東大・京大入試の傾向を踏まえた上で、
合格するための到達段階を考慮し、
あなたが今身につけるべき力を明らかにします。
東大・京大を見すえた問題に挑み、
自分の課題を明確にすれば、
着実に合格への距離を縮めることができます。
 
受験生にとって、東大・京大志望者を母集団にするテストは、
夏の東大・京大実戦模試まで待たなければなりませんが、
このテストゼミでは2月からハイレベルな母集団で
自分の位置を知ることができます。
 
また、自分に応用力がついているかどうか
実戦的な問題に取り組むことで
力を試すことが可能です。
 
さらにZ会精鋭講師陣による解説付き!
解法への道筋を示します。
 
例年通り、
第1回 2月
第2回 5月
第3回 7月
第4回 9月
年4回、実施することになります。
 
第1回は2月10日から18日の間に、
関東・関西のZ会の教室で実施します。
皆さんの積極的な参加をお待ちしています!
 
首都圏の方のお申し込みはこちら。
https://www.zkai.co.jp/juku/proposal/link_asp/todai_m/high2_koza_form.asp
関西圏の方のお申し込みはこちら。
https://www.zkai.co.jp/juku/proposal/link_asp/zm/high123_koza_form.asp
 
※日程も確認できます。
Tags :
東大・京大
ソーシャルブックマーク:

2017.12.12 22:00

過去問対策のお供に最適!
入試問題難易度分析シリーズ。
東大、京大、一橋大、東工大、阪大の
入試問題難易度を分析しています。
まとめはこちら。
http://www.zkaiblog.com/jr07/60018
 
本日は京都大学世界史の難易度分析。
11月28日に書いた日本史の記事のタイトルが
世界史になっていたことに先ほど気が付きました。
お詫びのうえ、世界史の記事を改めて・・・。
 
例年通り問題量多め。
2017年は小論述が増加したことで、
さらにスピードが必要となりました。
4題構成で、最初の2題はアジアから、
後の2題は欧米から出題されます。
300字の論述が2題出題されます。
 
Z会指導部による各問題の難易度分析と「コメント」です。
 
Ⅰ 前3世紀から後4世紀初頭に至る匈奴の歴史
300字論述 標準
「問題の要求はシンプルで解答の筋道は立てやすい」。
北方民族史は学習が手薄になりがちなので
差がついた出題かもしれません。
 
Ⅱ 梁啓超が提唱した「新史学」・エジプトにおけるキリスト教徒
長文下線部・空欄補充 やや難
問1、5、10で小論述が出題されました!特に問10は難易度が高め。
その他、問13、18は細かな知識が要求されました。
 
Ⅲ 1980年代の社会主義国家における経済体制および政治体制の動向
論述300字 標準
「論じるべき地域が多いので、制限字数内に収めるために
 問題の要求に応じて的確に事項を取捨選択したい。
 単に各地域の経済体制・政治体制の動向を述べるだけでなく、
 地域間の類似点・相違点が明確になるよう
 解答をまとめる文章力が必要である。」
はい、Z会指導部の上記のコメントは、
京大論述対策の本質が詰まっていると思います。
 
Ⅳ 古代~中世ヨーロッパにおける集団の移動
  16世紀以降のバルト海周辺地域史
長文下線部・空欄補充 標準
小論述はオーソドックスな事項説明の問題。
「リード文の読み込みが必要な問題が散見されたものの、
 概ね基本的な事項からの出題であり、失点は最小限に抑えたい」
 
大問Ⅱに小論述が出題されたのが大きなトピックですね。
 
例年通り、知識+論述力を問われるタフな内容でした。
現役生の方は、まずセンター試験で満点をとれる知識力を鍛えましょう。
テーマ史中心のセンター世界史は、二次対策にもつながって行きます。
そのうえで盤石な論述力を磨いていきましょう。
Z会の教材は「添削付」ですので、お勧めです!
量が多く時間をうまく力も求められますので、
京大型の演習と過去問演習を積み重ねて行くようにしましょう。
 
がんばれ京大受験生!
 


【お知らせ】
900名を超える合格者が使った京大対策
Z会の京大対策講座も活用しましょう!
 
Z会京大進学教室
梅田、上本町、京都、神戸三宮、西宮北口
http://www.zkai.co.jp/juku/high/km/index.html
 
京大入試情報が詳しくわかる!
イベント・講演会を多数開催。
 
特別企画にご参加ください。
http://www.zkai.co.jp/juku/high/km/event/index.html
 
京大受験に強い!Z会の通信教育!
資料請求はこちらから。
http://www.zkai.co.jp/home/siryou/index.html
 
首都圏のZ会・大学受験教室
Z会東大進学教室でも京大対策講座を開講しています!
http://www.zkai.co.jp/juku/high/tm/index.html
12月16日、高2生対象に京大入試分析イベントを開催します。
 


 

Tags :
大学受験
東大・京大
世界史
2017難易度
ソーシャルブックマーク:

2017.12.10 23:00

今年の東大推薦入試、
第1次選考の合格者数が発表されました。
書類での選考となります。
http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400071706.pdf
 
[合格者数/志願者数]となります。
 
法学部 18名/26名
経済学部 6名/10名
文学部 10名/18名
教育学部 7名/11名
教養学部 12名/24名
工学部 39名/43名
理学部 22名/24名
農学部 11名/11名
薬学部 6名/6名
医学部医学科 4名/5名
医学部健康総合科学科 0名/1名
 
合計 135名/179名
 
昨年は173名中129名でした。
法学部が昨年一昨年と全員合格だったのと対照的に
不合格者を8名出していますね。
学校から選ばれて出願した受験生ばかりのはずですが、
それでも44名の不合格者が出てしまうんですね。
 
最終合格者は昨年が71名、一昨年は77名。
ここからまだ熾烈な争いが待っています。
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.12.09 21:39

今日の午前中は、
中学受験コース渋谷教室の保護者会でした。
 
タカバタケは鳳、いや大トリを仰せつかりまして
いや、そんなたいそうなものでなく
順番が最後でしたので
他の先生方の話を聞いたうえで
まとめ的にお話をさせていただきました。
 
あ、最後の保護者会の出席率が高かったことは
とても嬉しかったです。
 
先生方の話の共通項。
 
この時期から新しい問題ばかり解くことばかり、
に、意識を向けないようにしましょう。
過去問を解いたら繰り返しましょう。
一つ一つの問題を、丁寧に、
答えの「型」とそこに至る過程を
ていねいに復習して、
自分のものにして、
定着させるようにしましょう。
 
全員の先生がおっしゃっていました。
 
そう。
 
ここから先は、
入試本番で自信を持って再現できる
「型」の習得こそが大事です。
 
この時期の保護者会でしたので
 
されば。保護者の皆さん、焦る勿れ。
 
という話も多かったですね。
 
僭越ながら、それはすごく正しくて、
そんな先生方と一緒に受験まで指導できることが、
心強く感じる保護者会でした。
 
直前こそ、量より質。
 
そんな感じで、受験まで指導させていただきます。
 
生徒の皆さんも、
保護者の皆さんも、
最後まで頑張りましょう。
 
まだまだみんな伸びます。
 
最後まで、頑張りましょう。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.12.09 19:01

本日の渋谷教室。
大学受験生に向けた「壮行会」が
開催されました。
 
大教室が埋まるぐらいの参加者で、
なんとも熱い雰囲気に満ち満ちた壮行会。
 
タカバタケは小学生の授業前、
会場の外と中で、味わっておりました。
午前中には小6中学受験の保護者会も開催され
そちらには先生として参加していたのですが
渋谷教室全体が「いよいよ受験だ!」モードでしたね~。
 
今年はセンター試験も早いですし、
熱気が満ちるのも早くなりそうです。
 
dc5747ed822a5d0cc3f695acca5895188d727be5.jpg
 
この厳粛かつ熱い雰囲気、
伝わるでしょうか。
 
冨崎教室長から、
ここからセンター試験まで
センター試験当日、
そしてセンター試験のアドバイスが
詳細な資料とともに。
 
豊富な経験に基づく、
資料に載っていることプラスαのアドバイスは
みなさん、参考になったのではないでしょうか。
たくさんメモを取りながら
聞いている姿が印象的でした。
 
教室スタッフ木村さんと
副教室長若村さんの勝ちどきつきのメッセージで
みんなのモチベーションが高まったと思います。
 
Z会で頑張ってきた受験生の皆さん。
最後の最後まで、点数は伸びます。
しっかり一題一題、丁寧に取り組んで
ぜひ目標を現実に変えて行きましょう。
 
大学受験も高校受験も中学受験も、
ここから3か月ほど、
熱い季節がやってきました。
 
皆さんの健闘を祈念するとともに、
全力で支えて行きたいと思います!
 
明日は関西で保護者イベントです。
なんか、モチベーションがすごく高まったので
うまく行きそうな気がするぞ(笑)
 
新幹線の中より。タカバタケでした。
 
 
 
Tags :
大学受験
ソーシャルブックマーク:

2017.12.08 18:17

なんだなんだ、一週間が早すぎる。
ということで、若干旬を過ぎましたが、
ロシアW杯をZ会ブログ最速で唯一予想する
このシリーズ。
意外とアクセス多いので後篇行きます!
 
前篇ではアルゼンチンとクロアチアが
ベスト4に進出するの巻。
http://www.zkaiblog.com/jr07/60843
 
グループE
ブラジル、スイス、コスタリカ、セルビア
 
うーむ曲者ぞろいの組ですね。
珍しく批判されないチチ監督で予選盤石だったブラジルが
前回の地元開催でドイツに大敗した悪夢を振り払えるのか。
意外と混戦で2位抜けと見ました。
采配も盤石で今のタレントならGLは問題ないでしょう。
次点は、前回確か無失点で敗退したスイスですが、
なんだか上に行けないイメージがあるので難しい。
コスタリカが不気味ですが、まあ、順当に。
セルビアも弱くないから混戦気味になりそうです。
 
◎スイス、○ブラジル
 
グループF
ドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国
 
いや、この韓国のところに日本が入っていた可能性が
一時期50%もあったわけですよね。
ラララ、メヒコ、ラララ、メヒコ!
タカバタケがこの種の予想でメキシコを外すことはあり得ません。
そしてもう一つはドイツ・・・と行きたいですが、
GLもプレーオフもジャイアントキリングを繰り返して
ここにいるスウェーデン。
プレーオフ見てたけど、まとまってますからね~。
我がメキシコの命運はいかに!?
メキシコ、スウェーデンと行きたいところですが・・・。
 
◎ドイツ、○メキシコ
 
 
グループG
ベルギー、パナマ、チュニジア、イングランド
 
あれ、このグループってみんな赤くないですか?
そんな中、赤い悪魔ベルギーは、
前回のベスト8以上をねらえそうな布陣。
イングランドは、まだまだ復活途上。
それならばアフリカの中では
経験豊富なチュニジアの方が上かも。
パナマはまったく知りません。
その昔のバルデスの時から、知識が止まってます。
でも、この国とアイスランドが勝ったりしたら、
国にとっては忘れられない一日になるんだろうな。
 
◎ベルギー、○チュニジア
 
 
グループH
ポーランド、コロンビア、セネガル、日本
 
グループFよりマシだと思いましたが、
よく見ると、ここも結構アレですね。
まず、ニッポンの皆さん、
ポーランドは強いです。
レバンドフスキ、ヤバイです。
メンタル、伝統的に強いです。
しかも地の利もあります。
ポッド1がポーランドで良かったなんて言葉は、
お父さんが認めません。
そして、日本が大の苦手のコロンビア。
前回から力は決して落ちていません。
そして、身体能力で押してくるであろうセネガル。
サッかー協会の内紛に期待・・・とか言ったら怒られるかな。
 
とにかくまあ、ギリシアがいた分、
前回の方が何とかなるのでは感がありました。
タカバタケは楽観していません。
「予想」なので・・・ごめんなさい。
 
◎コロンビア、○ポーランド
 
外れてくれることを祈ります。
せめて文字を青くしたのは期待です。
 
ではベスト16。
 
ブラジル○ - ドイツ
スイス - メキシコ○
ベルギー ー ポーランド○
チュニジア - コロンビア○
 
はい、先ほどブラジルを2位にしたことで
起こってしまったブラジルドイツのつぶし合い。
前回の雪辱をブラジルが果たす
・・・このドラマこそワールドカップでしょう。
そして、メキシコが悲願のベスト8!
いや、メキシコとブラジルを回避させるための
予想じゃないですよ、決して。
そして東欧の健闘が目立つこの大会。
ポーランドが満を持してベスト8に。
最後は調子を上げているコロンビア。
 
さらにベスト8。
 
○ブラジル  ー ポーランド
メキシコ - コロンビア○
 
あれ、南米がベスト4に3か国になっちゃった。
前回も確か、そうだったな。
単に中南米好きのタカバタケ予想、
必然の成り行きとなりました・・・。
 
ロシアの大会なので、
南米が3つも残らないような気がします。
むしろアルゼンチンとコロンビアは割引のような気がします。
ええい、やり直すのもめんどくさいので、
まとめてしまうと、
 
それぞれのワールドカップを楽しみましょう。
 
そして最後に受験ブログとして、もう一度。
 
 
 
来年6月、期末テストが終わるまでは、観戦は控えめに!
今年の高3生は、ちゃんと受かっておくように!
 
 
それではみなさん、
読んでくれて、
スパシーバ ハラショ
(タカバタケ、大学の第二外国語はロシア語でした。)
 
 
 
 
 
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.12.07 23:30

 


 
冬期講習前ですが、もう春のご案内です!
 
首都圏の高校受験の名門
Z会進学教室
春の新中1生の募集を開始しました!
 
春の特別企画(新中1)
http://www.zkai.co.jp/juku/jr/zshin/event/2018spring_event_shosai_kenkyukai.html
中学準備講座
http://www.zkai.co.jp/juku/jr/zshin/course/jr_junbi.html
 
特別企画では、
おなじみ橋野先生の「中学からの正しい学習法」
Z会ブログでおなじみ長野先生は新教室八王子に登場!
その他、各教室で入試情報や学習法の講演会を
多数開催します。
現時点での力が分かるテスト企画もあります。
Z会進学教室の指導の特徴が、
わかっていただけると思いますので
入会をお考えの方はぜひ、ご参加ください。
 
中学準備講座は、
英語・数学・国語の中学の学習の「基本」を
短期間で学習して行きます。
中学校に入ってからの学習の注意点も
授業の中に盛り込んでいきます。
 
「中学生になる」ことを意識して、
入学前に少しずつ準備を始めて行きましょう!
 
たくさんの方の参加をお待ちしています。
 
※特別企画は定員に達することも多くありますので
 お申し込みはお早めに!
 
お申し込みはこちらから
https://www.zkai.co.jp/juku/proposal/link_asp/zshin_c/junior_high_event_form.asp
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
高畠尚弘
「ただ添。」ついに10年目。首都圏、関西圏、三島の「Z会の教室」の、ゆるく熱く日々の教室のあれこれを綴ります。趣味はFマリノス、オリックス、国語、入試情報、教育ICT、受験生のサポーター【12】であらむ、あるべし。

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ