Z会ブログトップへ

2018.01.03 23:30

(ニュースリリース)
【Z会】思考力・判断力・表現力を活用!「超恋文コンテスト」を開催します。第1弾は新海誠監督による『クロスロード』とコラボ。
http://www.news2u.net/releases/158114

『君の名は。』地上波初登場が本日(3日)でした。
『クロスロード』もしっかりTVで見ました。

▼新海誠監督×Z会 クロスロード
http://www.zkai.co.jp/home/crossroad/

クロスロードが公開されたとき、「映画にして!」という声がツイッターで多かったな~
『君の名は。』が公開され、人気を集めてよかったな~
としみじみ思いつつ。。。


コンテストにも是非多くの方からの応募があることを!
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.01.02 14:48

“本当の教育格差とは、塾に通わせられる裕福な家庭と経済力がなく進学させられない家庭の格差ではなく、日本の学校で粛々と勉強させとけばいいと思い込んでる家庭と、それじゃあ今後は通用しない人材になってしまうと理解できてる家庭の格差。こっちのほうがよほど深刻。”
※ちきりんのツイートより
https://twitter.com/InsideCHIKIRIN/status/947638054914686983

これは深く同意します。
入試の「テクニック」的なものは(様々にある)塾に通った方が身につく部分があるかもしれませんが、テクニックで差をつけるだけでは、社会に通用する力、という視点に欠け、将来生き生きと働きながらメシを食べていく力…そうですね、人間力と言い換えてもいいかもしれません、そんな力が身につきません。
※Z会の塾で身につける力は、個人的には、人間力+入試のお作法的なもの(「学力」は両方に含まれます)じゃないかなあと思っています。プレアデスなどはその典型かと。

主に家庭の中で育む、将来への「感度」の格差、これが深刻とは思います。
文化資本の格差と比例すると思いますので、文化資本の格差、と言い換えることができるかもしれません。
そして、文化資本の格差は、家庭の経済力の差に(残念ながら)比例していて…


やはりお金がないと不利じゃないか、と思われるかもしれません。
不利という現実は認めざるをえないと思いますが、家庭の文化資本の格差は、社会関係資本で補えるところも大きいと思います。

自営業で両親中卒。高校以降のことは何もわからない、と話していた両親。
そんな私でも東大を目指せて、合格までできて、今それなりに様々な社会の多様性に目を向けられている(と思っている。笑)自分になれたのも、文化資本の差を補って余りある、両親のソーシャルキャピタルの高さだと思います。
端的に申せば、自分たちのわからないことを聞いたり助けてもらったりする、信頼できる人を見抜き、そばにおいておくことには卓越しています。それに私もとてもお世話になりました。


社会関係資本は家庭だけでなく、周りのサポートで増やすことができると思います。
残念ながら冒頭の格差で劣位に置かれた子供には、ソーシャルキャピタルを増やすサポートをしたいと思います。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2018.01.01 23:07

あけましておめでとうございます。

年をとるごとに、「今年これをやる!」のような気持ちは薄れてきました(当然と言えば当然かもしれません)。
一方で、今「在る」ことのありがたさを感じる気持ちは強くなってきました。


今「在る」ことは普通ではなく、いろんな方が普段から「社会」を作ってくれているからであって、その中で生活を営み、身近な人たちと笑い合える環境がある、これは凄いことなんだなあと思うと、いろんな事物に感謝の念を抱かざるを得なくなります。

2018年を迎え、ゆっくりした元日を過ごしながら、感謝の念を噛みしめています。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.12.31 10:32

「学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(平成28年度)〔速報値〕及び平成30年度以降の学校におけるICT環境の整備方針について(通知)」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1399902.htm

ICTの環境整備についての重要な資料も上記から一覧できます。

【学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(平成28年度)〔速報値〕】
今年度からは、第2期教育振興基本計画に位置付けられている全てのICT環境整備に関する項目について、その整備状況を見やすくグラフ化されています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1395145.htm
「各教育委員会におかれましては、本実態調査結果を参考にしていただきつつ、地方財政措置についても積極的に活用し、学校のICT環境の安定的かつ計画的な整備を推進いただきますようお願いいたします。」(通知より)

【平成30年度以降の学校におけるICT環境の整備方針について】
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/26/1399908_01_3.pdf
「。新学習指導要領においては,情報活用能力が,言語能力,問題発見・解決能力等と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置付けられ,「各学校において,コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整え,これらを適切に活用した学習活動の充実を図る」ことが明記されるとともに,小学校においては,プログラミング教育が必修化されるなど,今後の学習活動において,積極的にICTを活用することが想定されています。」(通知より)

情報活用能力が新学習指導要領ではこれまでより重視されることになることは押さえておきたいポイントです。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.12.30 23:40

「学校における働き方改革に関する緊急対策」が出されました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/12/__icsFiles/afieldfile/2017/12/26/1399949_1.pdf

「民間団体等からの作文・絵画コンクール等への出展依頼や,子供の体験活動など各種団体からの家庭向けの配布物」

に対しての負担軽減要請がかかれていますが、これ、多くの先生方から負担と聞いています。。。

なかなか保護者の立場では気づきにくいですけどね。
だからこそこの機会に気づいて広まってほしいです。


…と、とあるSNSで表現したところ、学校の先生方から下記のような意見が寄せられました。
いろんな方に届いてほしいと願い、本ブログにもあげます。


「何でも学校に配布やとりまとめの依頼がありますから,かなりの数です。断ると,地域に協力的でないとか言われてしまいそうで,地域の中の学校という立場では,無碍にに断れないということもありました。
まとめて1000枚とかビラがきて,それをクラス毎に数えるとなるとそれなりに手間がかかります。学校のことをわかってくれているところは,学級毎にまとめて届けてくれたりすることがあり有り難かったです。」

「特に学期末にいろいろな団体からチラシを配布してほしいと依頼されます。
担任は、配達人かと思うくらいです。
掲示してほしいというものも多数あります。
担任の処理能力がないと、
とても対応できない数です。

朝の10分間でこれだけのものを配布してくれと
言われます。
多すぎると数日に分けて配られますが
消化不良になることもあります。
担任は、出欠点呼、健康観察、生徒への連絡、
生徒同士の連絡、提出物の回収・・・・。
これでは担任オリジナルの言葉かげができません。
担任が、日々の言葉掛けで生徒を成長させていくのです。そのことを知っているのでしょうか。
ホームルームって担任にとって
本当に貴重な時間なんです。
高校だと一切クラス授業を持たない担任もいます。

昔に比べれば
様々な募集
非常にありがたいこともありますが
教員も生徒にとって過飽和になっている部分もあるかと思います。」

「うちの学校は朝の時間は5分です、その中で健康観察も義務づけられています。登校していない生徒への連絡もその時間でします。そうしないと授業に間に合いませんから。配布物は一度ホームルーム前に配っておいて、スタートします。掲示物は貼りきれないので廊下まで使っています。デジタル化できれば良いのですが。」
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.12.22 19:55

12/15に開催された、初等中等教育分科会(第115回)の資料は、今年度の公教育上の課題に対し、どのように臨んでいるか、がまとまっています。
教育に関係される方は年末年始にご覧いただくとよいと思います。

1.新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(中間まとめ)(案)
→今年話題になった先生の労働環境とその解決に向けて

2.平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」結果(速報値)について
→学校になじめない児童生徒の現状は

3.高大接続改革の進捗状況について
→大学入試改革と共に、高校教育そして大学教育の改革、三位一体改革が進行中です

4.「新しい経済政策パッケージ」について
→政権の重要課題で教育にスポットがあてられています。

▼資料はこちら
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/1399789.htm
Tags :
文部科学省
初等中等分科会
学校における働き方改革
高大接続改革
ソーシャルブックマーク:

2017.12.16 19:14

下記、友人の許可を得て転載します。
とくに女性ドライバーは気を付けてください。
そして、あんな事件があったにも関わらずこんなことが起きる、という意味で、知っておいてほしいのです。その気持ちからブログにてご紹介します。

何があっても集中ロックをしたまま、これが一番大事だと、別の知人からも聞いています。
下記の内容が多くの方に伝わることが、友人が最も願っていることですので、よろしければ是非、周りの方に、このブログを共有などしていただけると嬉しく思います。

=====
先日,左車線から右車線の車を追い越しました.たまたま信号が青になった時私が先にレーンに入ったので減速せず進めたからです.そのまま右レーンに車線変更し進んでいました.しかし,その行為が左から追い越しをかけられたと思われたのでしょうか.右に止まっていた車が猛スピードで追いかけてきて,反対車線に侵入し幅寄せ.そのまま前に回り急停車しました.

ぶつかる!と急ブレーキを踏み,私はギリギリ急停車しました.
その途端,前の車から男性が降りてきて私の運転席ドアを握りこぶして思い切り叩き「開けろこらあ!開けんかい!」と怒鳴ってきました.とっさにロックし,私は下を向いてただ耐えました.
通行人が振り向くなど注目され罰が悪いと思ったのか,程なく男性は諦め車に乗り込み立ち去っていきました.
私は怖くて暫く動けませんでした.数分の出来事でしたがとても長く感じました.
その後,学校で授業などした後もどうしても不安感が拭えず,夕方警察に行き,調書を作成して頂きました.
その時,警察の方に言われた言葉です.

煽り運転に遭遇したら
・すぐドアを集中ロックする(絶対に車から出たり話さない)
・できる限り大きな道路に向かう(目撃者や監視カメラが多い)
・急停車など危険を感じたら即110番する(スマホは緊急時ロック解除無しで電話できる)
・相手のナンバーや車種などをできる限り記憶しておく.


私は動揺してナンバーも控えず通報も思いつきませんでした.
ただ,集中ロックしたことは本当に良かったです.ロックしていなかったら殴られていたかもしれません.震えが止まらず,本当に怖かったです.
煽り運転された側にも非があるのでは,と思われるかもしれません.しかし,このようなことは田舎でも優良ドライバーでも誰にでも起こりうると痛感しました.
運転は十分気をつけることはもちろんですが,もしこのような事態に遭遇されましたらぜひ参考になさってください.
警察ではとても親身に対応して頂き不安感も薄らぎました.
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.12.14 08:38

文部科学省「新学習指導要領に対応した小学校外国語教育新教材について」のページに、小学3年生~6年生に対応した新教材が一気に公開されています。
ニュース、という扱いではないためか、文科省の新着情報に掲載されていなかったので、情報流通が起きていないと思われますので、ここでご紹介しておきます。

▼新学習指導要領に対応した小学校外国語教育新教材について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/123/houkoku/1382162.htm

新課程の小学英語への不安を解消するには、早めの情報収集かと思いますし、とくに「頼るもの(教科書など)がどうなるか」ということは皆さんの関心事ですよね。
是非このサイト、多くの方に届いてほしいと思います。
Tags :
英語
新学習指導要領
小学
We can
Let's Try
ソーシャルブックマーク:

2017.12.02 16:14

新学習指導要領下で強化される小学校段階での外国語教育。
その新教材説明会の動画が文科省より公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=0L4CumZo65Y&list=PLGpGsGZ3lmbBzeX67bofX6HySoIheD_N0

新学習指導要領については、ICT CONNECT 21のこちらのサイトで様々なことをまとめています。
どうぞご参照ください。
https://ictconnect21.jp/document/170331_next_shidoyoryo/
Tags :
英語
教育
教材
文科省
小学校
ソーシャルブックマーク:

2017.11.23 10:01

徳島県なぜ駅弁ない? 姿消し1年、変わる旅のお供
https://trafficnews.jp/post/79087

駅弁大好きとしては正直残念だなあという思いはあります。

しかしそれは、たまに旅行にいき、たまに買う人間としての思いであって、業者さんを支えるほどに貢献していたかというと、“。。。”ですよね。ほとんどの人がそうでしょう。

本件だけではなく、個人の思い出だけで残そうとする動きが過剰になると、経済の流れを無視した空気が社会に流れます。それは、供給側を気持ち的に苦しめる、妙な補助金の出動につながる、それだけではなく、これまで見たことのない「未来」を創る動きを妨げます。
残す“べき”、とまで主張できるのは、その気持ちを自らの時間的・金銭的等の負荷を背負う覚悟がある方だけでしょう。。

供給側が一番つらいんです。私も業務で撤退戦略を経験していますが、「なんでー、あんないいものを」という声を頂戴することがほんとにつらいんです。そして何よりも、当事者たちが一番思い出があり、一番撤退したくないんです。
それでも撤退した、という事実に対し、残念だという思いを抱く個人の自由はあっても、供給側には「これまでありがとう」の気持ちを伝えられる人間でありたい。

これからの日本は多くの撤退が必要となります。これまでの懐かしみ、自分の子供時代の思い出を再現する社会を誘発することで、子供たちの未来を創る活動を妨げてはいけないと、(普段から)思っています。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2018年05月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ