Z会ブログトップへ

2007.04.18 01:49

私が皆さんに贈るメッセージは、「常識を疑う確かな力」を養ってほしいということです。

東大の小宮山宏学長の、今年の東大入学式、式辞より引用しました。式辞前文はこちらからご覧いただけます。

「常識を疑う」。
この姿勢は、これから変化の激しい社会を生きていく上で、今まで以上に必要な力になることは間違いないと思います。

例を挙げるとキリがないのですが…
たとえば、今誰もが持っている携帯電話なんて、ほんの15年くらい前まではほとんどの人がもっていませんでした。
いや、もっていない、だけであればまだマシかもしれません。技術として世の中になく、ほとんどの人が「(そういう機器を)知らない」だけの場合もありますからね。
しかし、15年前には「自動車電話」として、一部のお金持ちは利用していましたし、ドラマなどでも自動車内に電話がかかってきてとるシーンなんてよくありました。

つまり、「携帯電話、という概念、機器自体はあった」にも関わらず、ほとんどの人が「そんなの普及するわけがない」と思っていたわけです。(もちろん、値段そのものが高かったから、などの理由もあるでしょうが、そういうのをすべてひっくるめて「普及するわけがない」という考えになっていたと思います)

今やどうでしょう。
固定電話がいずれは「非常識」になるかもしれない、というほどの勢いで、携帯電話の普及は進みましたよね。


一方で、「常識を疑う姿勢」を誇大解釈して、「常識なんて知らなくていい」みたいな態度を取る人がいますが、これも違いますよね。

知った上で、疑う。
温故知新、守破離…このような言葉にも通じる姿勢が大事なんですよね。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.17 23:57

Z会ブログ、まだまだ自分の思うように、そして皆さんの期待に添えるようなサイトには成長していませんね。
申し訳ない限りです。

そんな中、いろいろ仕込んでいるのですが…
今週、協力スタッフが加わり、来週は「強力」なスタッフが加わります。

このブログでお知らせできると思います。お楽しみに(^^
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.14 23:20

明日は日曜ですが、大学生の皆さんとZ会スタッフとの座談会のため、お仕事。
そのため、今日は1日中、妻と一緒に家のことを…。

4月になっても忙しさは止まらないなあ。平日は22時より前に帰ることほとんどないし。

ゆっくり本が読みたい。
ゆっくりブログも書きたい。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.12 00:26

『ほんとうの「国語力」が身につく教科書』、本当に「絶賛」発売中です。

本当に絶賛?はい、僕が笑顔


先日、教育熱心な方と会う約束をしたときのこと。
書店で、発売になったばかりの『ほんとうの「国語力」が身につく教科書』を見かけました。
「あ~話に聞いていたやつ、これね」と思ってチラチラみる。
これがまた、よくできている。やるぢゃん、Z会。


そして自腹で本を購入、そのままその方にプレゼント。


なんか気持ちよかった。
けど、なんか、Z会に貸しを作った気分も(^^
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.11 22:15

恐れを克服するための最も有効な方法は、決心することである。

どんな勉強法がいいだろうか…
どんな参考書がいいだろうか…
そして「教えてください!」という質問。
パルティオゼットでよく見られます。

うん、質問すること、いいと思います。
ただ、質問する前に一つ、やっておくと効果が格段に違うことがあります。

それは、勉強法にせよ、参考書にせよ、「試してみる」ことです。

試さない前に、不安を除くために質問し、回答が得られても、きっとやる段階で「本当にこれでいいのだろうか…」とまた不安になるか、あるいは回答をそのままマに受けすぎて失敗するか、どっちか、ということが多いんです。これはほんとに。

まずはやってみる。やるということを決心する。それが一番大切です。
その上で迷いが生じたら、質問する。回答を得る。

その後にやると決心したら、自ずと不安も取れるでしょう。


受験勉強は精神面の不安と戦うことも大切な要素なんです。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.10 22:45

日・月とプライベートで外出していましたので、ブログ更新できずすいませんすいません
後日、日月の出来事と一緒にアップする予定です。

さて…と。今日のブログ。

会社で「内外教育」という、時事通信社発行の教育紙を購読しております。
巻頭に「ひとこと」というコーナーがあり、いつもすばらしいコラムが紹介されています。

4月6日(金)号では、桜美林大学大学院招聘教授の潮木守一氏のコラム。
出だしを引用します。

いつごろからか、大学院生に向かって
「そんなことも知らないの」というせりふを吐くのは、
はばかるようになった。
「そんなこといっても、先生は教えてくれなかったではないですか」
という答えが返ってくるようになったからである。


「教えられなかったらわからない」

確かに、高校生、大学生になっても、平気でこのような姿勢で学問に向かってくる人が増えているような気がします。


一般的に

初等教育(小学校)~「教えられ、その後に学ぶ」の色合いが100%
中等教育(中学校、高校)~「教えられ、その後に学ぶ」の色合いが50%、「自ら学ぶ」の色合いが50%
高等教育(大学生)~「自ら学ぶ」の色合いが100%

と言われているようです。

守破離(しゅはり)の教えに例えると、
初等教育では「今までの先人達の教えを守りつつ学を高めていく」
中等教育では「先人達の教えを学びつつも、破ることでさらに学を広める姿勢が芽生える」
高等教育では「離れて自らの道を追求しはじめる」
そういう進化ともいえます。


振り返って引用した大学院生の姿勢。
「自分はまだ初等教育の段階にいる人間ですよ」とアピールしているも同然です。
悲しくないんでしょうかね。それで損するのは、他ならぬ自分自身なのに。


学ぶこととは、「習ったことをそのまま適用できるように訓練する」ことだけではありません。
「習ったことを応用してそれ以上のことができるようになる」ことも、大切な学びです。


Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.07 23:48

尊敬する知人の一人、はてなの近藤社長。
(今は異国:アメリカにいらっしゃいます)
Z会でもこちらで取材させていただいたことが。

ちょっとある企画(あ、仕事がらみじゃないですよ)があって、社会を元気にすること間違いなし!みたいなものだったので、
「ちょっとご協力いただけませんか?あ、忙しかったら返信も結構ですよ!」
みたいな感じでメールしたら、返信が。

要約すると

「ごめんなさい…今は本業に集中したいので…」

みたいな感じの。


なんともいえない、温かさを感じました。


「仕事以外の話だったら協力なんてしてられないよ~」みたいな考えは、ちょっと悲しいですよね。
でも僕は、「仕事以外でも、知人の頼みは協力するものだ」という「べき論」が強すぎる考え方も、好きじゃありません。

本業があって初めて、自分の生活が成り立ちます。
とくに近藤さんのように社長業をされている方は、従業員の幸せ、お金を頂いているお客様の幸せを第一に考えなければいけません。
その「本業に集中すること」で、「今」という時間の使い方としての幸福感と、生み出す社会的価値が大きければ、どんどんそちらに費やして欲しい…
僕はそう思っています。

「本業に集中したい」

この言葉を言い切れるって、カッコイイんですよね。
打算的な人には決して言えない。
「いいですよ!時間があれば協力します!」ってばかり発言する人(で、結局協力してくれなくて終わっちゃう人)にも決して言えない。
自分自身が生み出す社会的価値を最大限にしたい、と真剣に考える方だからこそ、発せられる言葉だと思います。


僕も見習わなくちゃ。

Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.06 13:47

以前、『日経情報ストラテジー』の取材を受け、今年3月号(1月末発売)に記事が掲載されたのですが、その記事がネット上に先日無料公開されました。

「添削の雄」が集客法で大英断 DM廃止、SNSで囲い込む

顔がこんなに出ると、ちと恥ずかしい。


せっかくこのブログを見にきてくださった皆さんですので、誤解がありそうなところなどを補足笑顔

・DM廃止、というのは「住民基本台帳を閲覧して得た名簿を利用してDMを送るのを廃止した」ということです。加えて、それまで持っていた住民基本台帳利用の名簿もすべて破棄しちゃいましたまる
実はここ、「これからは住民基本台帳の閲覧は止めますけど、今まで得た名簿は使わせてもらいまっせ」みたいな、他の教育業者さんもありますので、同じ「閲覧中止」でもかなり姿勢が違うんですよね~。

・2007年度1月の経常利益はグラフでは下がっていますけど、結果的には上がっちゃいました(32億くらいです)→DMにかけていた費用が浮いて、その分教材の開発投資に向かっています。

・パルティオゼットの書き込みは事前にチェックではなく、事後なんですよね(そこで変な書き込みがあったら削除!)。ただ、ほんとに全部、目を通していますよ(^^
※でも、ほんとにすばらしいコミュニティに成長しました。中高生の皆さんに感謝です。


こんなとこですかね。

Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.05 23:44

・肉体疲労
・目の疲れ
・精神的疲労

の状態で、ちょっとした弾みで集中力が「プチン!」と切れると…

仕事が手につかなくなることが、1ヶ月に1度くらいある。
集中力を!と皆さんに伝えなきゃいけないZ会社員なのに、いかんですね。
悪い癖です。


今日は業務中1時間ほど、「仕事しているようでしていない」時間がありました。正直。
こんなときは自己嫌悪になり…
普段の自分を取り戻すために、次の日1時間だけ早めに出勤し、集中して仕事します。
もちろんこの間、タイムカードは切りません(けど、サービス残業じゃないよん。自分に対する禊~みそぎ~ですから)。


って、こうやってブログに書いておけば、明日嫌でも早く起きるでしょ。
さ、ねよっと。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2007.04.04 12:38

人は自分の問題を環境のせいにばかりしている。
私は環境など信じない。世間で頭角をあらわす人物は、自分の望む環境を自ら探し求める人物であり、もしそれが見つからない時は自分で創り出す人物である。


バーナード・ショーについてはWikipediaのこちらを参照。


このブログサイトは、Z会 はてなダイアリーver.(今このサイトは、名前を「キャリアでざいんBOX」と変更し、キャリアについて考えるブログとしてオープンしてます笑顔)から移籍!?し、バージョンアップして出来たサイトなんですが、Z会 はてなダイアリーver.では、毎週水曜日に「今日の一言」と題し、私のコメントつきで名言を紹介していました。

せっかくなんで(←って何が)、4月をなったのを期に、復活。
割と好評だったしねまる


人間、環境のせいにするほど、自分自身の成長を妨げるものはありません。
もちろん、ビジネスにおいて、売り上げが落ちたり利益が落ちたりすることが、「環境のせい」の場合も多々あります。
でも、「環境が悪かったよ~」なんていうだけの人に、そんな社員ばかりの会社に、未来なんてありません。
※逆に、そんな会社に未来があったら、困りますアウト

んじゃ、「環境が悪かった」と言い続けて、倒産したら、あんたどうすんのさ。
そういうことですよね。
そんな社員と一緒に働き、一緒に沈むなんて、サラリーマン、たまったもんじゃないです。
※そんな考えの僕がZ会で働いている、という事実で、Z会はどういう会社か、分かっていただけると思いますが。と、ちょっと会社をよいしょしてみる拍手


高校生のページで書いているブログなので、高校生へメッセージ。
( )内は僕の感覚。

・「あいつの家はお金あって有名な家庭教師つけられるからいいけどさあ~」(お金なくても自分にあった学習手段を見つけている人なんて世の中にゴマンといます。むしろ、お金ない中で考えてきた人の方が、大人になってから成長してます)

・「うちは田舎だから近くに塾がなくて…」(あのー、僕のときは、自分の住んでいる県に大手三大予備校、一個もなかったんですけど…だからZ会しか頼るものがなかったんですけど…)

・「先生の教え方が悪くて…」(じゃあ、自分で進んで勉強すりゃいいじゃん。確かに、そういう先生にあたったのはかわいそうだけど、それで実力が伸びなくて、志望校いけなくて困るのは、自分自身じゃない?)


環境のせいにするのは、ひがみ・ねたみという、卑しい感情につながりますし、そんな感情ばかりでは幸せな感覚なんてつかめないですよ。
「あ~しあわせっ」って感覚を持ちたければ、自分の都合の良い様に、環境を創っていかなきゃクローバー
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2018年05月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ