Z会ブログトップへ

2014.01.18 21:35

Z会が2014年センター試験(1日目)分析速報中!(21:30現在)
※問題は日経のサイトをご参照ください。

ニコニコ生放送
(↑ニコ生にリンク)
Z会の講師が解説しています!


Z会東大対策ブログ
(↑クリック!)
かなーーーり詳しい分析記事がもう掲載されています!


ソーシャルブックマーク:

2014.01.17 23:50

受験生の皆さんが、自分の実力のすべてを出せますように。
ソーシャルブックマーク:

2014.01.16 12:41

本日は2014年度センター試験2日前。
23年前の同じ時期、僕は何していたかなあ…
試験会場まで遠く、近くのホテルに前泊することになっていたので、「わーい明日はホテル~」のように考えていたんじゃないですかね。
直前はとにかく「普通に、気楽に」という自分を作ることを意識していましたから。
#たいがいそれでうまくいきました。


さて、昨日のブログで紹介した、ニコニコ動画の企画。

2014年大学入試プロジェクト
(↑クリック!)

恐らくこのサイト、昨日できたばかりなんですが、当日のニコ生、視聴予約がもうすぐ900件近くになりそうですので、割と「見たい!」と思っている人多いんじゃないですかね。
放映時間も長めなので、きっと来場者数は10,000人は固いんじゃないでしょうかね。過去のニコ生を見る限り。。


よーし、僕も、頑張って、2日前に受験生にアドバイスできることはないか?と考えていたんですが、すでに東マス便り(←クリック!)がひじょーに丁寧に書いていました。
このブログを紹介することが、今日これから出張などでバタバタする、僕にできる最大のこと(苦笑


そして、おおっ!ベネッセさんにもいい記事が!!
センター試験ありがちトラブル! 前日までに知っておきたい10のこと


とにかく、事前準備は怠らないでくださいね!
ソーシャルブックマーク:

2014.01.15 23:50

いよいよセンター試験3日前。。。
受験生以外の皆さんは、どんな記事がネット上を賑わせているのかなーと、気になるところですね。
そこで

「センター試験」

と検索してみると

“ニコニコ生放送で「センター試験特番」放送決定 ホリエモンやひろゆきによる「センター試験解いてみた」も”

なんて記事が。
こちらですね。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1401/15/news132.html

(以下、引用)
今週末に迫った大学入試センター試験に合わせて、ニコニコ生放送では1月18日、19日の2日間にわたり「センター試験特別番組」を放送することが決まった。

 18日、19日両日とも、日中はセンター試験会場の1つとなる東大赤門前より定点生中継を実施、視聴者はコメントで受験生たちを応援することができる。また夜からは、各分野で活躍中の有識者たちが当日の試験問題に挑戦する「センター試験解いてみた」を放送。1日目はホリエモンこと堀江貴文氏、2日目は2ちゃんねる元管理人のひろゆき氏も回答者として出演する予定となっている。

 各教科の回答時間中には講師による試験問題の解説も行うとのこと。番組の特設ページはこちら。
(引用終了)


特設ページを見てみると…

2014年大学入試プロジェクト
(↑クリック!)

ニコニコ動画でいろいろ企画があるようです。
…と、ニコニコ動画、といえば!

超難問コロシアム 2/9(日)決勝はニコ生!
(↑クリック!)

上記の大学入試プロジェクトページでもしっかり、超難問コロシアムの宣伝をしてくださっているようです(最下部のバナー広告)。


とくに高校2年生の皆さんは、センター試験の当日、受験の世界でおきるいろいろな事柄を観察しておくと、きっと来年に向けてよい経験になると思います。
ソーシャルブックマーク:

2014.01.14 10:50

2014年度のセンター試験、いよいよ今週末になりました。

受験生の皆さんは、いろいろな方から言われていると思いますが、「健康第一」です。

1週間で実力そのものが伸びることはそんなにありません。
でも、テストでは、実力の100%を発揮できる人もほとんどいません。
で、あれば、「(センター試験)本番で、実力の100%を発揮できるように」を目標にすることが一番いいわけです。

というわけで、健康管理、すごく大事なんですね。
あとはもちろん、リラックスして受けること。
今のうちから、テスト1日前、何時に寝るといいか、などを、無理のない範囲でシミュレーションしておくといいと思います(僕もそうして、センター試験で成功しました!)。


もう一つ、Z会から、ほんのちょっぴりでもできること。
2013年度のセンター試験をベースに、センター試験直前期、無理せずできる

・心構え
・こう解くと差がつくポイント
・今からでも間に合う点数アップ術


を公開しています(各科目ごとにででん!と公開!!)。

Z会 センター試験特集
↑クリック!

無理のない範囲でできる、テスト中の進め方なども掲載していますので、是非さらっとご覧ください。
そして、「これ、いいなあ!」と思った方、是非実行してみてください!
※これまで培った解答スタイルを大幅に変えるようになるのであれば、無理してやらない方がいいとは思います。


そして、センター試験が終われば、個別試験(二次試験)対策モードです。
最後の仕上げに

Z会 直前予想演習シリーズ

をどうぞ!
ソーシャルブックマーク:

2013.01.24 09:41

Z-wikiに、2013年度センター試験、Z会員の成績(科目別平均点および設問別正答率)を掲載いたしました。
※Z-wikiとは、このような高校生・大学受験生の悩みを解決できるように、
Z会が大学受験や日々の学習に役立つ情報を提供するサイトです。
大学受験を目指す中学生にも参考になるサイトです。

センター試験対策 Z会員の成績

各教科の設問別平均点も掲載。

2013年度センター試験 設問別正答率 英語
2013年度センター試験 設問別正答率 数学
2013年度センター試験 設問別正答率 国語

東大を初めとする難関大学志望の会員が多いため、全国的な平均より高く出ています。
一方、難関大学志望者の平均として、わかりやすいデータだとも思います。


[PR]センター試験終わったあとの最後の追い上げにはコレ(24日(木)締め切り!)。予想パックあります。
Z会の個別試験直前対策

高校2年生の方は、東大レベルにチャレンジ(自宅で出来ます)。
Z会プレ東大テストゼミ
ソーシャルブックマーク:

2013.01.20 23:50

2日間にわたるセンター試験、受験生の皆さん、ほんとうにお疲れさまでした!

さて、センター試験が終わると、Z会の教科担当者は(もちろん)分析に入ります。
予備校さんはこのように、素早く分析、予備校の「公式」の見解としてすぐに届けられています。

しかし、Z会の場合は、伝統的に「速報」ではあげません。
速報には速報の良さがあるんですが、Z会は、速報で出すのではなく、各教科担当者がすぐに解いた見解を持ち寄って議論し、見解をすり合わせ、その見解を「正確に、詳しく」表現したものを「公式」の分析として皆さんにお届けすることにしています。
「解説の詳しさ、わかりやすさ」はZ会の一番の柱ですから…
※今年の分析は入試分析資料送付より無料でお届けいたします。

ただ、もちろん、Z会の教科スタッフには、「早く分析を届けたい!」という願いがあります。
そこでZ会では、昨年より「ブログによる速報」を開始。

・教科スタッフが解いて「個人的に」思ったり考えたりした分析を「ブログ」で率直な形でお届けし
・より正確性・緻密性・公式性に強いものは入試分析資料にしてお届けする

という二段構えの形をとっています。


本日(20日)、早速、理科3科目についてあげさせていただきました。

【速報】2013年度センター試験物理
【速報】2013年度センター試験化学
【速報】2013年度センター試験生物

くどいようですが、これらは「公式」のものではなく、一人ひとりの個人的な見解です。
しかし、だからこそ、一味違った良さがありませんか?

・できたてほかほか、「今解いたぞ!」感(物理)
・「そうそう、僕も解きながらそう思った!」のような、受験生の一人になって親身に分析している感(化学)
・ほんわかとした優しさ(生物)

ひじょーに個性豊かな分析になっています(笑)


だからこそ、「人間」の体温を、凄く感じないでしょうか。
…そこが、このような分析の形で、受験生の皆さんに届ける狙いがあります。

「二次試験に向けて頑張れ!最後まで応援している!」

そんな温度感を漂わせ、「想い」で受験生の皆さんと一体化したいんですね、Z会スタッフが。
Z会の教材を手に取っている方は、通信教育書籍を通じてだけで、リアルではお会いできていない生徒さんも数多くいらっしゃるからこそ…


今年のセンター試験、国語(古文)で、出題をドンピシャで的中させることができたのも、「想い」を分析に活かし、そして教材づくりに反映させた結果だったのかもしれません。
とある方からこんなありがたいツイートを頂戴しました。

「予備校とか教育産業が問題を的中させてしまったというのはスゴイこととは思うけど、それで受験が有利になったって喜んだりするのはおがど違いなんだと思うんだな。むしろ、実力を測ったり涵養したりするのに優れた問題は何で、それの意見が大学と見解を一にしているという点が大事なんだと思う。」
こちらのツイートです


[PR]センター試験終わったあとの最後の追い上げにはコレ。予想パックあります。
Z会の個別試験直前対策

高校2年生の方は、東大レベルにチャレンジ(自宅で出来ます)。
Z会プレ東大テストゼミ
ソーシャルブックマーク:

2013.01.19 20:24

ツイッターでやたらZ会がつぶやかれていると思ったら…

古文の問題が、Z会の問題集とどんぴしゃ!

【的中問題集】
Z会 センター試験実戦模試
こちらの「国語」Z会オリジナル模試(6回分)の第2回目第3問

【的中題材】
『松陰中納言物語』

たとえば、設問文で

==(センター設問文)==
次の文章は、『松陰中納言物語』の一節である。東国に下った右衛門督は下総守の家に滞在中、浦風に乗って聞こえてきた琴の音を頼りに守の娘のもとを訪れ、一夜を過ごした。以下の文章は、それに続くものである。これを読んで、あとの問い(問1~6)に答えよ。

==(実戦模試設問文)==
次の文章は『松陰中納言』の一節である。東国で起こった不穏な動きを平定した右衛門督(男君)は、下総守の屋敷に滞在していた。九月十三夜の月見の宴で、男君は守の娘である姫君の琴に合わせて笛を吹いた。それ以来、男君は姫君に心ひかれている。以下の文章はそれに続く場面である。これを読んで、あとの問い(問1~6)に答えよ。

似てるでしょ!

中の取り上げた文章も、9割方全く同じ所(Z会の問題集が、センター出題文を包含する形で少し長く取り上げているような感じです)。


他、問6は
==(センター設問文)==
この文章の表現と内容に関する説明として最も適切なものを、次の1~5のうちから一つ選べ。

==(実戦模試設問文)==
この文章の内容に合致するものを、次の1~5のうちから一つ選べ。


どうだ!!!!

って僕がやったわけじゃないですが(^^


流れはZ会受講生にきてます!
センター試験終わったあとの最後の追い上げ、予想パックありますよー

Z会の個別試験直前対策

高校2年生の方は、東大レベルにチャレンジ!(自宅で出来ます)
Z会プレ東大テストゼミ

参)Z会東大対策ブログにもタカバタケ氏が記事にしています
ソーシャルブックマーク:

2013.01.19 11:43

Z会ブログの勇!ただいま添削中にセンター情報がまとめて掲載されていましたので、本文引用(というかコピペw)してお知らせ(笑)

2013年センター試験間近!1日目の解答はすぐ確認した方がいい?でも書きましたが、確認は試験が全部終わってからの方がいいです、はい。

最下部にリンクしてある「分析記事」、20日にあがる分もある予定です!

==(以下、ブログより)==

2013年のセンター試験が本日から始まります。

受験生の皆さんはそろそろ受験会場に到着したころでしょうか。

今年は大きなトラブルがありませんように。

「マークの塗り間違い」、「科目間違い」など
大きなミスがありませんように。

各予備校の問題・解答速報ページをまとめておきます。

概ね試験終了後、3~4時間程度で掲載されます。
・・・が、昨年は例年より遅かったです。
おそらく国語の掲載は夜になるのではないかと思います。

タカバタケも身と心を清めて、
今晩、解いてみたいと思います。

※受験生は答え合わせをしないこと。
 特に国語はわるかった時のダメージがでかいので。

※高2生のみなさんは、ぜひ、解いてみましょう。
 気持ちを高めて来年の自分に思いを馳せましょう。

※早い時期に出る問題の難易度分析は、
 練られたものではないのであまり信じないこと。
 後から変更になることがよくあります。

河合塾
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/13/

代々木ゼミナール
http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/center/recent/

駿台・ベネッセ
http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/

がんばれ受験生!


Z会ブログでは、スタッフが総力を挙げて
センター試験の記事を今年もアップしていきます。



こちらでまとめて読めます。
21日あたりから分析記事が上がってくるはずです。

ソーシャルブックマーク:

2013.01.17 14:35

[PR]Z会の分析による直前対策!「直前予想演習シリーズ」
http://www.zkai.co.jp/high/juken/yosou/index.html
東大・京大・阪大・一橋大・東工大・北大・東北大・名大・九大に対応!お申込みは24日(木)がほんとうのラスト!
映像授業で確認できるコースもあります。
http://www.zkai.co.jp/vod/course/index.html
※高2生は新しい試みの「プレ東大テストゼミ」をどうぞ!

2013年度のセンター試験前、ちょっと気が早いですが、試験当日は「ネット断ち」する方も多いと思いますので、1日目のお話を。

Q:センター試験1日目の解答は、初日の試験が終わった後、すぐに確認して2日目の戦略を考えた方がいいですか?それとも、不安になると余計まずいから、確認しない方がいいですか?

多いですね、このタイプの質問。

そこで、さきほど、近くにいたZ会社員30名くらい(多くは部下です。笑)に聞いてみました。


■自分自身が受験生だったときどうしたか?

解答を見た:40%
解答を見なかった:40%
途中まで見た(できてなかったので途中で止めた…):10%
覚えていない(おい!):10%

見た、見ない、ざっくり半々、って感じですね。では


■今、受験生にアドバイスするとしたら?

「見たほうがいいか、見ないほうがいいか」の二者択一であれば

全員が「見ないほうがいい」でした。

「間違っているのを1つでも発見すると、実際の減点以上に心理に響く」という経験者の談から、「だって、思ってたよりできていることなんて稀じゃないですかー」という冷静な分析まで様々でしたが、一様に「見て得することは余りない」って意見を持っているようです。


ただ、補足があります。

・「見ない」という状態が余計不安になる人
・「友達は見て、自分は見ていない」という状態が余計不安になる人

…など、「確認しない状態が及ぼす悪影響」が相当程度ある性格の人は、見たほうがいいと(ぶっちゃけ、性格による、ってことなんですけどね)。
結局、決めるのは自分であって、決めた自分に責任・覚悟を持てる状態を作るのが、2日目に向けて一番いいってことですね。


ちなみに僕自身は解答を見ました。
満点狙いの数学に誤りがありショックだったのと同時に、その直後に見た物理が予想外の満点で、結果的にはプラス心理になった側面の方が大きかったです。
おかげさまで2日目の国語(注:2013年センター試験と時間割は異なります)は192点!!模試ではほとんど150点とれてなかったのに。。。

やっぱりプラス心理をつくるって大事だと実感しました。


最後に、自分が所属する「理科課」メンバーからのアドバイス。
理科の試験は2日目ですが、1日目が終わったら

「忘れていた・忘れそうな「知識」(用語など)をまとめたメモ帳をつくり、2日目にもっていき、試験前までパラパラ見ておく」

とよいそうです。知識ってどーしても忘れてしまいますから、ほんとの直前にはこんな小細工的対策も大事なんですよねー
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年07月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ