Z会ブログトップへ

2016.12.25 20:51

7月から出向となり、勤務先(ICT CONNECT 21)のWebサイトを管理したり、メルマガを書いたり…と、様々に広報業務に携わっていますが、おかげさまでサイト来訪者ほか、かなり伸びています。
Yahoo!ニュースにも掲載される、なんて、成果の一つでしょうか。

□ICT CONNECT 21、平成29年2月正式に法人化へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000007-resemom-life

広報で成果を出すと、(私に)特殊技術!?があるように思われる方もいるようですが(苦笑)、技術よりもずっとずっと大事なのは、
「相手がどんな情報を欲しているかを想像する力」
なんです。

様々な企業・団体…の広報を見ると、「(自分が)伝えたい」という気持ちが出すぎた情報の出し方をし過ぎているんです。正直。。。
代表例が、創立〇周年を迎えました!という情報だけの派手なリリースなどでしょうか。
いや、伝えたいのはわかりますが、情報を待っている人間は‟そんなこと伝えられても…”と思うだけですよね。。。


自分が伝えたい、ではなく、どんな情報が世の中で欲されているか、を先に想像し、その想像に自らの伝えたい話題との交差点があれば、その交差する領域をできるだけ増やす。
それが広報(PR)の手順です。
例えば、ICT CONNECT 21で出した次期学習指導要領答申についてのページの来訪者はほんとに多いのですが、来訪者が増えた理由が
・文部科学省の概要も20ページ程度あって読む時間がなかなかとれない、だからもっと端折って欲しい
・端折るときに「解釈」を入れず、できるだけ正確に要点をまとめてほしい
という欲求を満たす役割として、「中教審を傍聴し、教育について日頃見つめているICT CONNECT 21」が適切で、そしてその広報である私がうまくはまるからです。

このブログのタイトルに「先意承問」という言葉があります。
「先方の意向を承って問いただす。」
これがまさに、広報(PR)に大切な姿勢だと思います。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ