Z会ブログトップへ

2017.02.23 12:44

「メールマガジン」という呼称がついているのだから、メールでの「マガジン」ではなければいけない、というのは、アタリマエだと思っています。

「マガジン」であるからには、読者が読みたいものでなければいけません。
“伝えたいことを伝えるために一斉にメールを送る”のは、”メルマガを送る”のではなく“一斉送信メールを送る”ことです。

「マガジン」であるからには、編集責任者(編集長)や編集者が存在してほしいものです。
紙の「マガジン」もそうですが、執筆者だけでは本は売れません。そこに編集者が存在し、ネタを世に出し、そして売れるものにしているんです。
つまり、「メールマガジン」を「書く」のは、本来「(話題を)伝えたい」と思っている方であって、「伝えたい」だけでは伝わらないので、編集者が介在し、話題を加工してよくする、あるいは場合によっては削除する、などがあるわけです。
「伝えたい」だけのメルマガなんて、読者がつきませんし、10年前は「チラシメール」などと呼ばれていた(いまでも、なんですかね)俗称のものになり、「届いているけれど読まれちゃいない」ものになります。

執筆者のネタの提供と執筆、編集者の加工の協働作業で、メールマガジンは「伝わる」ものになっていきます。
これには、(Z会編集者時代もそうでしたが)執筆者と編集者の、互いに対する感謝の念が、とてもとても必要になります。


…と、最後に宣伝ですが(笑)、現在担当しているICT CONNECT 21 のメルマガ
https://ictconnect21.jp/mail-mag/
は、自分が着任して以来の8ヶ月で、読者数は2倍近くに膨れ上がりました。
私がすごいわけではありません。私が「編集」でき、「執筆」で支える皆さんとの役割分担ができ、最終的に「伝える」ではなく「伝わる」を、組織として強く意識しているからに他なりません。
ソーシャルブックマーク:

2017.01.21 23:40

Yahoo!やグーグルで、現時点で「次期学習指導要領」と検索すると、1番目に表示されるのが、文科省が去年の8月に出した「審議まとめ」です。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/004/gaiyou/1377051.htm

そして2位が、ICT CONNECT 21のこちら。
★次期学習指導要領答申について(中央教育審議会(第109回)資料より)
https://ictconnect21.jp/news_161222_001/

3位もICT CONNECT 21のこちら。
★次期学習指導要領答申が公開されました(文部科学省)。13ケのPDFについて補足説明付きでまとめました。
https://ictconnect21.jp/news_161228_001/

自分が関わったサイトがこんなに上に表示されると、嬉しいものです。

次期学習指導要領やプログラミング教育関係でお声をかけられることが増えてきましたので、正確に、迅速に、わかりやすく、情報を届けていくことを続けたいと思っています。

ソーシャルブックマーク:

2017.01.17 20:31

勤務先のICT CONNECT 21が主催するイベント「生涯、情報にアクセスできる社会を目指して」
https://ictconnect21.jp/recruit-and-events/event2017_01/
お陰さまで順調にお申し込み者が届いています。

今日は「イベントを掲載しました」と、障害者情報ネットワーク「ノーマネット」さん
http://www.normanet.ne.jp/
の担当の方から連絡が届きました。
※こちらですね。ありがたいことです。
http://www.normanet.ne.jp/box/#node-2002


情報を掲載した連絡を下さったのは、上にもあるイベントのページ
https://ictconnect21.jp/recruit-and-events/event2017_01/
講演者の河村宏氏の関係する団体の方でした。
上記サイトの河村氏の紹介文、よければご覧ください。
所属する団体にリンクをはっていますよね。

これが相手に対する、ちょっとした、してあげられることだと思うんです。
団体に興味を持ったら、すぐクリック、すぐ相手の情報にとべますからね。

相手にとっては広報になり、見ているほうはラクチン。
きっとここにリンクしてあるのを見て、「あーうちでもこのイベント紹介してあげよー」という気持ちになった部分もあるのではないでしょうか(推測ですけどね)。


講演会など、誰かのお世話になってイベントをするとき、講演者側としては、自分の略歴あるいは関係する団体などを知ってもらえる機会になればいい、と思っている方は多いんじゃないですかね。
僕も自分が講演者側のとき、(勤務先の)ICT CONNECT 21 にはできる限りリンクをはってほしいとおもいますもん。広報につながるので。

それをやってあげると、きっと喜びます。講演者も、リンクをはってもらえた方も。アクセスグンとのびたら、そりゃめちゃ嬉しいわけで。


ほんのわずか、「相手はこうされると嬉しいかな」と思って、そのためのことをやってあげましょう。
それだけで仲間は増えていきますよ、きっと。
ソーシャルブックマーク:

2017.01.07 21:50

2016年の9月時点で

「(ICT CONNECT 21 の)メールマガジンの今年度末(3月末)での読者数目標はこれくらい」

というものを立てていたのですが、おかげさまで約2ヶ月半前倒しで達成しそうです。

私自身は、目標を高めに設定することで自分にやる気を出させるタイプで(背水の陣を好むタイプ。繰り返すのは余り良くないんですけどね…)、目標自体も決して小さくはなかったのですが(とくにメルマガという、Z会時代に手掛けた媒体だったこともあり)、目標が前倒しで達成できたのは、「ICT CONNECT 21でマメな教育の情報発信がされているよ」と、Facebookでシェアしていただいたり、ツイッターでRTしていただいたり、リアルではなんと学校の職員室で共有していただいたり…、と、現場の教師の皆さんがクチコミで広げていただけたことが大きいと思っています。
心から感謝します。

日本全国の教師の皆さんが、「ICT CONNECT 21Webサイトやメルマガを見れば、文科省の教育施策および文科・総務・経産の教育ICTの動向をつかめる」と思っていただき、そして実際にそういう存在になるために、まだまだ頑張りたいと思いますので、これからも私のブログをご覧いただいている皆さんは、先生方にICT CONNECT 21 の存在を広めていただければ、と思います。

2017年、次期学習指導要領の周知徹底の1年。
広報活動に寄与することをお約束いたします。

※ICT CONNECT 21 のメルマガはこちらから登録できます。
https://ictconnect21.jp/mail-mag/

ソーシャルブックマーク:

2017.01.06 19:20

月刊『私塾界』2017年1月号に掲載されました。
↑リンクしています。

「2026年、教育現場のICT利活用はどうなる?」
というタイトルで、昨年11月7日にパネルディスカッションさせていただいたときの様子が記事にまとめられて掲載されました。

ICT CONNECT 21だけではなくZ会アステリアのことも紹介できましたし、2006年頃のWeb時代を思い返しながら2026年のことを語れましたので、満足でした。

上記リンクから4ページ分、ご覧いただけます。どうぞご覧ください。
ソーシャルブックマーク:

2017.01.04 21:35

年始年末、ほんの少しだけ(苦笑)自宅の整理をしていたら、本棚から
『自由と規律』(池田潔)
が出てきました。

この本、昨年末に勤務先のICT CONNECT 21にて、「プログラミング教育」の勉強会で、イギリスの教育制度や、「Computing」という教科についていろいろ学んだ際、講師の方から紹介された書籍なんです。

『自由と規律』、購入したのは、大学生時代、(サークル活動を一緒にやっていた)日本女子大学の学園祭にて、古本で10円で売っていて、店員の女子大生が薦めるので(笑)、内容もよくわからず買った記憶があります。
どうやらそのときのことを一瞬忘れていたみたいで、アマゾンで10年前に新品で購入歴あるようですww
※今回出てきた本は、大学生時代に買った本で、扉にしっかり元の所有者名のお名前が…

恐らく以前にこのような経験がなかったら、今回講師から『自由と規律』を紹介されても、私は「読もう」と思えるまで興味を示さなかったと思います。
他にいろいろやることがある中で、「しらないもの」「触れたことがないもの」への行動は、人間どうしても億劫になりますから。

今回は、書棚にある本で、かつ、中途半端にしか読んでいませんでしたので、今回再読しようと思っています。
「講師の方が紹介する前に一度触れていた経験」が、知を得る行動へ自らを向かわせた例ですね。


世の中には、自らの知識や知恵が追いついていないため、自らの興味・関心が喚起されていないものがたくさんあります。
少年少女の頃「なんで勉強しなければいけないの?」と、とくに自ら嫌な教科について思ってしまい、ときには言葉にまでしてしまうのは、「自らの知識や知恵が追いついていないため、自らの興味・関心が喚起されていない」ことも影響していますよね。
だから、知識や知恵が追いついたら、「もっと早く勉強しておけばよかった!」となるわけで…。

とはいえ、知識や知恵がないものに対し、ベクトルを向かわせるのは大変です。
そこで、提案したいのは、「触れておく」ってことであり、教育する立場の側からすれば「触れさせておく」ってことになると思います。


私が立ち上げに携わった塾に「Z会東大個別指導教室プレアデス」があります。
塾の中には、英治出版さんに多大なるご協力を頂戴し、多くのためになるビジネス書が並べられています。
これは「東大の先」を見せることで「社会に役立つ人」を志向するようになる「場づくり」の演出とともに、「触れさせる」ことに拘ったからでもあります。

この塾で育てば、大学に入って再度その本に出会うと、「あ、どこかで聞いたことがある」と思い、本を読む、という次の行動につなげられるだろう…という願いを込めて。

ソーシャルブックマーク:

2016.12.25 20:51

7月から出向となり、勤務先(ICT CONNECT 21)のWebサイトを管理したり、メルマガを書いたり…と、様々に広報業務に携わっていますが、おかげさまでサイト来訪者ほか、かなり伸びています。
Yahoo!ニュースにも掲載される、なんて、成果の一つでしょうか。

□ICT CONNECT 21、平成29年2月正式に法人化へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000007-resemom-life

広報で成果を出すと、(私に)特殊技術!?があるように思われる方もいるようですが(苦笑)、技術よりもずっとずっと大事なのは、
「相手がどんな情報を欲しているかを想像する力」
なんです。

様々な企業・団体…の広報を見ると、「(自分が)伝えたい」という気持ちが出すぎた情報の出し方をし過ぎているんです。正直。。。
代表例が、創立〇周年を迎えました!という情報だけの派手なリリースなどでしょうか。
いや、伝えたいのはわかりますが、情報を待っている人間は‟そんなこと伝えられても…”と思うだけですよね。。。


自分が伝えたい、ではなく、どんな情報が世の中で欲されているか、を先に想像し、その想像に自らの伝えたい話題との交差点があれば、その交差する領域をできるだけ増やす。
それが広報(PR)の手順です。
例えば、ICT CONNECT 21で出した次期学習指導要領答申についてのページの来訪者はほんとに多いのですが、来訪者が増えた理由が
・文部科学省の概要も20ページ程度あって読む時間がなかなかとれない、だからもっと端折って欲しい
・端折るときに「解釈」を入れず、できるだけ正確に要点をまとめてほしい
という欲求を満たす役割として、「中教審を傍聴し、教育について日頃見つめているICT CONNECT 21」が適切で、そしてその広報である私がうまくはまるからです。

このブログのタイトルに「先意承問」という言葉があります。
「先方の意向を承って問いただす。」
これがまさに、広報(PR)に大切な姿勢だと思います。
ソーシャルブックマーク:

2016.12.08 23:50

ICT CONNECT 21の号外メルマガを本ブログにて紹介します。
ICT CONNECT 21 のメルマガ
https://ictconnect21.jp/mail-mag/
では、教育の情報化に関する情報を、
・事実に忠実に
・早く
伝えることを目標にしていますので、このような情報を早めに収集したい方は、どうぞ上記サイトよりご登録を(笑

今回の号外で紹介した「デジタル教科書」につきましても、検討会議においては、サイト
https://ictconnect21.jp/news_161205_002/

で紹介したコメント↓
「本会議で話されている「デジタル教科書」の位置付けを、全国の教育委員会ほかが誤解しているときを多く感じる。予算にも関わることが多いので、首長を含めて、正しい理解を進めていってほしい。そして、一般の皆さんへの理解につなげてほしい。」
の通りのところもあると思います。


私見ですが。。。
「デジタル教科書」は「道具」に過ぎないと思います。
「道具」だからこそ、長所もあり、短所もあり。
「長所」から受けられる益を享受し、「短所」から受ける不利益を極力少なくする、ということが大切です。

「デジタル教科書万歳!」「デジタル教科書断固拒否!」、どちらの意見も極端だと感じます。
そして、こういう極端な意見からは、利用する児童・生徒たちの姿を想像していると感じられないんですよね。。。
(結果的に)児童・生徒の良質な学びを生むためにも、温度感も含めて(とでもいいますか)、事実にできる限り忠実に情報を届けられれば、と、ICT CONNECT 21の広報担当として、思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ ICT CONNECT 21 メールマガジン号外(2016.12.06) ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ICT CONNECT 21 事務局の寺西です。
日頃より ICT CONNECT 21 の活動にご興味をもっていただき、
誠にありがとうございます。

11/30(火)に文部科学省にて開催されました
“「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第10回)”の
配付資料が、12/5(月)に公開されました。
本会議にて、最終まとめ(案)が提示されました。

同会議はメディアの注目度も高く、当日の傍聴席は満席でした。

ICT CONNECT 21 では事務局員が傍聴し、議事を記録いたしました。
資料のリンク先とあわせ、ICT CONNECT 21 のWebサイトにて
議事を公開いたしましたので、号外メールマガジンの形で
皆様にお知らせいたします。

★「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議
(11/30、第10回)配付資料
https://ictconnect21.jp/news_161205_002/


なお、ICT CONNECT 21 では、Webサイトでの公開と共に
Facebook も連動し、新着情報としてお知らせています。
https://www.facebook.com/ictconnect21/
Facebookをご利用の方は、本ページに「いいね」すると、
Facebookからの情報を早く知ることができます。


Webサイト、Facebook、そしてメールマガジンで、
国の施策を中心に、教育とICTに関わる情報は
今後もいち早くお届けしたいと思います。


ICT CONNECT 21 の情報発信にこれからもご期待ください!

ソーシャルブックマーク:

2016.11.08 18:21

現在、ICT CONNECT 21 に勤務している私ですが、担当業務に「広報」があります。
メールマガジンも私が編集長!?です。
※教育ICTの潮流はこちらのメルマガでどうぞ↓
https://ictconnect21.jp/mail-mag/


…というわけで、今回、赤堀会長からメッセージを発したいとの命を受け、
メールマガジン読者にメッセージを発しました。
広報の担当として、これはブログでも!ということで(笑)
下記に転載します。
※私が冒頭挨拶をしている貴重なメルマガ、是非上記のサイトから登録を!(しつこいw)


・・・・・
ICT CONNECT 21 会員およびメールマガジン読者の皆様


ICT CONNECT 21 の寺西です。
日頃より ICT CONNECT 21 の活動にご興味をもっていただき、
誠にありがとうございます。

7月に開催いたしました定時総会にて、
赤堀会長からご連絡がありました通り、
今年度ICT CONNECT 21 は、法人化に向けて動いております。

つきましては、最新の情報とともに、
赤堀会長からメッセージが届きましたので、
メールの形にて恐縮ですが、お伝え申し上げます。


※以下、赤堀会長からのメッセージです。

ICT CONNECT 21を応援していただいている皆様へのご報告
- ICT CONNECT 21の法人化に向けて -

会長 赤堀侃司

日頃より、本団体(以下、共創会議)にご協力いただき、
ありがとうございます。

さて、本共創会議は、10月末現在、173の団体・法人、
および1,300名を超えるアソシエイト・サポーターの
皆様などに支えられて活動を続けております。

本共創会議は、昨年2015年2月2日に設立総会を開き、
その後約1年9カ月ですが、来年4月には、
会計年度では3年間を経過することになります。
この間、主に日本教育情報化振興会(以下、JAPET&CEC)に、
事務局の部屋の提供や運営経費など、
多大なご支援をいただき、今日まで来ました。
私は、JAPET&CEC会員の皆様に、
心から厚くお礼申し上げたいと思っています。

ただし、JAPET&CECにも会員の皆様にも、3年後は法人化して、
自立することをお約束してきました。
そして、その日が近づいてきましたので、本共創会議では、
法人化のためのタスクフォースを立ち上げて、
検討を重ねてきております。

会員の皆様に、新しい法人についてのご理解をいただくために、
以下の通り私の考えをお伝えします。


新たな法人は、これまで教育の情報化に尽力してこられた皆様方は
もちろんのこと、首長や教育委員会、スタートアップ企業をはじめ、
情報通信技術により教育をよくしていく意志のある方々に
幅広くご参画いただき、「ネットワークのネットワーク」を
さらに広げていきたいと考えています。
より幅広い団体・個人のご参画の下、すべての子供たちに
情報化の恩恵を届けるために一致団結して活動できるよう、
今後ともご協力いただきたいと思っています。

本共創会議は、オールジャパンで進めたいと思っております。
そのために、様々な関係者にできる限り情報を開示し、
門戸を開いて進めていくことが大切だと思っていますので、
今回、メールにて恐縮ですが、
皆様にメッセージを届けることといたしました。

現在の状況を、メールマガジンなどでできるだけ早くお知らせし、
皆様のご質問にも、すばやくお答えするようにいたします。
また、関係者には、ご協力をいただくために、
直接にお伺いすることもいたしたいと思います。

どうか、ご支援をよろしくお願いします。

〇法人化タスクフォース会議の現状(いずれも2016年)
第1回 9月28日<内容>背景説明、スケジュールの確認
第2回 10月6日<内容>事業目的・主たる事業
第3回 10月24日<内容>設立者・役員・事業計画
第4回 11月4日<内容>第三回までのまとめ、事業計画、定款
第5回 11月15日(予定)<内容>最終案の確認
アライアンス団体への説明 11月下旬(予定)
幹事会の開催       12月上旬(予定)
ソーシャルブックマーク:

2016.10.08 21:10

教育振興基本計画部会(第8期~)(第8回)配付資料が、文科省のWebサイトで公開されました。
私が担当するICT CONNECT 21 のWebサイトであげた記事へのリンクでご紹介します。

教育振興基本計画部会(第8期~)(第8回) 配付資料


サイトでもあげていますが

1)2030年代の社会を見据え、「いま」何をすべきか考えること
2)学校・地域・家庭・企業等、総出で「教育」に取り組んでいくこと
3)日本の優れた教育を世界で展開すること

は、文科省の様々な部会で語られている気がします。


1は、教育の本質的なことですね。「いま」の社会ではなく、「さき」の社会で生きる人間の資質・能力を涵養するわけですから。
2は、教育を「学校」だけに任せっきりになると、先生も、家庭他も、望まない方向に進む、だから大人社会総出で。というメッセージだと解釈しています。
3は日本経済(GDP創出)の視点ですね。恐らくは。。。


どんなメッセージでもいい、少しでも大人が「教育」に関心をもち、そしてコミットしてほしいと思っています。

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ