Z会ブログトップへ

2017.02.23 12:44

「メールマガジン」という呼称がついているのだから、メールでの「マガジン」ではなければいけない、というのは、アタリマエだと思っています。

「マガジン」であるからには、読者が読みたいものでなければいけません。
“伝えたいことを伝えるために一斉にメールを送る”のは、”メルマガを送る”のではなく“一斉送信メールを送る”ことです。

「マガジン」であるからには、編集責任者(編集長)や編集者が存在してほしいものです。
紙の「マガジン」もそうですが、執筆者だけでは本は売れません。そこに編集者が存在し、ネタを世に出し、そして売れるものにしているんです。
つまり、「メールマガジン」を「書く」のは、本来「(話題を)伝えたい」と思っている方であって、「伝えたい」だけでは伝わらないので、編集者が介在し、話題を加工してよくする、あるいは場合によっては削除する、などがあるわけです。
「伝えたい」だけのメルマガなんて、読者がつきませんし、10年前は「チラシメール」などと呼ばれていた(いまでも、なんですかね)俗称のものになり、「届いているけれど読まれちゃいない」ものになります。

執筆者のネタの提供と執筆、編集者の加工の協働作業で、メールマガジンは「伝わる」ものになっていきます。
これには、(Z会編集者時代もそうでしたが)執筆者と編集者の、互いに対する感謝の念が、とてもとても必要になります。


…と、最後に宣伝ですが(笑)、現在担当しているICT CONNECT 21 のメルマガ
https://ictconnect21.jp/mail-mag/
は、自分が着任して以来の8ヶ月で、読者数は2倍近くに膨れ上がりました。
私がすごいわけではありません。私が「編集」でき、「執筆」で支える皆さんとの役割分担ができ、最終的に「伝える」ではなく「伝わる」を、組織として強く意識しているからに他なりません。
ソーシャルブックマーク:

2017.01.17 20:31

勤務先のICT CONNECT 21が主催するイベント「生涯、情報にアクセスできる社会を目指して」
https://ictconnect21.jp/recruit-and-events/event2017_01/
お陰さまで順調にお申し込み者が届いています。

今日は「イベントを掲載しました」と、障害者情報ネットワーク「ノーマネット」さん
http://www.normanet.ne.jp/
の担当の方から連絡が届きました。
※こちらですね。ありがたいことです。
http://www.normanet.ne.jp/box/#node-2002


情報を掲載した連絡を下さったのは、上にもあるイベントのページ
https://ictconnect21.jp/recruit-and-events/event2017_01/
講演者の河村宏氏の関係する団体の方でした。
上記サイトの河村氏の紹介文、よければご覧ください。
所属する団体にリンクをはっていますよね。

これが相手に対する、ちょっとした、してあげられることだと思うんです。
団体に興味を持ったら、すぐクリック、すぐ相手の情報にとべますからね。

相手にとっては広報になり、見ているほうはラクチン。
きっとここにリンクしてあるのを見て、「あーうちでもこのイベント紹介してあげよー」という気持ちになった部分もあるのではないでしょうか(推測ですけどね)。


講演会など、誰かのお世話になってイベントをするとき、講演者側としては、自分の略歴あるいは関係する団体などを知ってもらえる機会になればいい、と思っている方は多いんじゃないですかね。
僕も自分が講演者側のとき、(勤務先の)ICT CONNECT 21 にはできる限りリンクをはってほしいとおもいますもん。広報につながるので。

それをやってあげると、きっと喜びます。講演者も、リンクをはってもらえた方も。アクセスグンとのびたら、そりゃめちゃ嬉しいわけで。


ほんのわずか、「相手はこうされると嬉しいかな」と思って、そのためのことをやってあげましょう。
それだけで仲間は増えていきますよ、きっと。
ソーシャルブックマーク:

2016.12.09 22:08

私がICT CONNECT 21 へ出向するキッカケになったのが、「教育クラウド・プラットフォーム協議会」の設立でした。Z会グループも関わっていますので。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000080.html

その協議会の名称が、総務省の「地域IoT」を推進するロードマップに、名称として組み込まれるのは、個人的には感慨深いものがあります。。
https://ictconnect21.jp/news_161209_002/

とはいえこれはあくまで個人的なもの。
何か具体的な成果として、児童・生徒の教育ICT環境を良くしていくのは、これからのこと。

教育クラウド・プラットフォーム協議会」に限らず、これからも、教育とICTの世界が広がるよう、尽力したいと思います。
ソーシャルブックマーク:

2016.12.08 23:50

ICT CONNECT 21の号外メルマガを本ブログにて紹介します。
ICT CONNECT 21 のメルマガ
https://ictconnect21.jp/mail-mag/
では、教育の情報化に関する情報を、
・事実に忠実に
・早く
伝えることを目標にしていますので、このような情報を早めに収集したい方は、どうぞ上記サイトよりご登録を(笑

今回の号外で紹介した「デジタル教科書」につきましても、検討会議においては、サイト
https://ictconnect21.jp/news_161205_002/

で紹介したコメント↓
「本会議で話されている「デジタル教科書」の位置付けを、全国の教育委員会ほかが誤解しているときを多く感じる。予算にも関わることが多いので、首長を含めて、正しい理解を進めていってほしい。そして、一般の皆さんへの理解につなげてほしい。」
の通りのところもあると思います。


私見ですが。。。
「デジタル教科書」は「道具」に過ぎないと思います。
「道具」だからこそ、長所もあり、短所もあり。
「長所」から受けられる益を享受し、「短所」から受ける不利益を極力少なくする、ということが大切です。

「デジタル教科書万歳!」「デジタル教科書断固拒否!」、どちらの意見も極端だと感じます。
そして、こういう極端な意見からは、利用する児童・生徒たちの姿を想像していると感じられないんですよね。。。
(結果的に)児童・生徒の良質な学びを生むためにも、温度感も含めて(とでもいいますか)、事実にできる限り忠実に情報を届けられれば、と、ICT CONNECT 21の広報担当として、思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ ICT CONNECT 21 メールマガジン号外(2016.12.06) ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ICT CONNECT 21 事務局の寺西です。
日頃より ICT CONNECT 21 の活動にご興味をもっていただき、
誠にありがとうございます。

11/30(火)に文部科学省にて開催されました
“「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第10回)”の
配付資料が、12/5(月)に公開されました。
本会議にて、最終まとめ(案)が提示されました。

同会議はメディアの注目度も高く、当日の傍聴席は満席でした。

ICT CONNECT 21 では事務局員が傍聴し、議事を記録いたしました。
資料のリンク先とあわせ、ICT CONNECT 21 のWebサイトにて
議事を公開いたしましたので、号外メールマガジンの形で
皆様にお知らせいたします。

★「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議
(11/30、第10回)配付資料
https://ictconnect21.jp/news_161205_002/


なお、ICT CONNECT 21 では、Webサイトでの公開と共に
Facebook も連動し、新着情報としてお知らせています。
https://www.facebook.com/ictconnect21/
Facebookをご利用の方は、本ページに「いいね」すると、
Facebookからの情報を早く知ることができます。


Webサイト、Facebook、そしてメールマガジンで、
国の施策を中心に、教育とICTに関わる情報は
今後もいち早くお届けしたいと思います。


ICT CONNECT 21 の情報発信にこれからもご期待ください!

ソーシャルブックマーク:

2016.12.06 21:38

以下、PISA2015における読解力の(順位)低下を(も)受けた、読解力の向上に向けた対応策として、中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会教育課程企画特別部会(第26回)において提示された資料からの引用(転記)です。
注1)順位が1位→6位になったことに一喜一憂しなくてもよい、とは、恐らくは教育に関心のある方であれば誰しもが思うことのような気がします。それは恐らく、本会議の委員であっても、文科省の方であっても。その上で、「順位が下がった」という事実を見て、対応策を考えるなら?という思考にもとづいて出された文言と捉えたほうが建設的だと思います。
注2)本資料はいずれ公開されると思います。
注3)各◆に続いて粒度の細かい対応策が掲載されていますが、一部省略します。


【読解力の向上に向けた対応策について】

CBTに全面移行する中で、例えば、紙ではないコンピュータ上の複数の画面から情報を取り出し、考察しながら解答する問題などで戸惑いがあったと考えられるほか、子供を取り巻く情報環境が激変する中で
・文章で取り出された情報を的確に理解し、自分の考えの形成にいかしていけるようにすること
・視覚的な情報と言葉との結びつきが希薄になり、知覚した情報の意味を吟味して読み解くこと
など、次期学習指導要領に向けた検討においてもカ改善すべき課題として指摘されている点が、PISAの結果分析からも具体的に浮かび上がってきたところである。

〇指導の改善・充実~学習基盤となる言語能力・情報活用能力の育成~
◆学習指導要領の改訂による国語教育の改善・充実
(語彙力の強化、文章を読むプロセスに着目した学習の充実、情報活用に関する指導の充実、コンピュータを活用した指導への対応、など)
◆現行学習指導要領の下での指導の改善・充実
(指導改善ポイントの作成、など)

〇調査研究の充実~読解力の向上の基盤整備~
◆子供たちの読解力に関する詳細分析
◆言語力の向上に関する調査研究
◆諸外国の国語の授業におけるICT活用の現状分析と事例収集
◆全国的な学力調査におけるICTの活用に関する調査研究

〇学校ICT環境整備の加速化~「学習上必要な時に一人一台使える環境」の構築~
◆自治体におけるICT環境整備の推進
◆学校ICT環境整備の実態把握
◆教育ICT教材整備指針(仮称)の策定

ソーシャルブックマーク:

2016.10.25 23:50

私塾界リーダーズフォーラム[教育ICTカンファレンス]に登壇することになりました。
http://www.shijyukukai.jp/2016/10/12386
つい最近まで塾のお仕事に励んでいた人間として、今のICT CONNECT 21 の立場で登壇するなんて、想像もしていませんでした…。

登壇するにあたりいろいろ考えること自体が、よい学びの機会になっています(笑)

ソーシャルブックマーク:

2016.08.14 23:40

この2日は、読書とオリンピックで終わった気がします。。

お蔭様で

無理なくできる学校のICT活用

公教育をイチから考えよう


の2冊は読み終わりました。

たまにはこういう連休もいいかも(^^

ソーシャルブックマーク:

2016.08.12 22:03

7月に入ってから手元に届いた本がたくさんあります(購入したもの、献本、ごちゃ混ぜです)。

なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか
アクティブラーニングの実践家、両国高校の山本崇雄先生の書籍。

無理なくできる学校のICT活用
ICT導入公立中学の実践的かつわかりやすい報告。

特別の教科道徳Q&A
次期指導要領の一つの柱になる道徳改革について。

アクティブラーニング実践II─アクティブラーニングとカリキュラムマネジメントがよくわかる
今後の教育界のキーワードになりそうな「探究」についても書かれている。

公教育をイチから考えよう

尊敬してやまない教育哲学者苫野一徳さんと「イエナプラン」に造詣が深いリヒテルズ直子さんの共著。

そしていま予約中の書籍。
アクティブ・ラーニングを考える


本嫌いな10代を過ごしたはずなのに、どうしてこうなったんでしょう…苦笑


受験生に負けないくらい、夏、勉強させていただきます。。。
ソーシャルブックマーク:

2016.08.06 11:02

明日7日に京都で行われます
初等中等教育アクティブ・ラーニング フォーラム 2016 in 京都
に出席します。
※告知期間が短かかったのでまだ残席あります(サイトから申し込みできます)が、告知期間の短さにしてはとても入っている(多分50名以上)と思いますので、良いフォーラムになるだろうとワクワクしています。

6月まで勤務していたZ会の教室部門(現在はICT CONNECT 21に出向中です)では、アクティブ・ラーニグを柱にした講座「メテウス」を展開していました。
短く申せば、いまの自分の働き方をあらわす象徴的なワードとして、アクティブ・ラーニングからICTになっています。

面白いなあと思うのは、ICTとアクティブ・ラーニングは、教育上、とても親和性があること。
1つの例に過ぎませんが、協働学習でタブレットがあると、「あ、それ、このサイト調べるといいと思うよ」という声が、学習者から出やすくなると思いませんか。

また、ICTと「カリキュラム・マネジメント」も絡めることができます。
理科の勉強をしながら国語の参考資料を出して、そして数学的に計算する~なんてイメージの学びをするには、デジタルの環境が活きますし。


ただ、まだまだ「ICTとアクティブ・ラーニングを重ねる」「ICTとカリキュラム・マネジメントとを重ねる」といっても、「1回の授業」をこなすことができても「年間を通しての授業体系」にするのはなかなか難しいことでしょう。。。
※年間通して授業を完成させる教師の皆さんにはほんとに敬意しかないですよ。。。

「ICTとアクティブ・ラーニングを重ねる」「ICTとカリキュラム・マネジメントとを重ねる」ことが、多くの人にイメージできるようなアウトプットを作ることが、ひとつの大きな目標です。
いまの職場、ICT CONNECT 21を通じて。
ソーシャルブックマーク:

2011.07.07 08:00

本日(7/7)は、教育×ICTの実証研究発表会で、文科省に伺っています。

公立小中での取組みが一度に聞けるめったにない機会。
先生方との直接交流の時間もありますので、いろいろ勉強になると思っています。



ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年08月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ