Z会ブログトップへ

2011.12.18 17:34

今週一部でとっても話題になったブログがあります。

工藤公康さん。―古賀史健のBLOG

工藤投手が15万人に対し、コツコツとはがきを書き続けたと言うお話。


CRMやソーシャルメディアの活用を、効率的にやろうと「先に」考える輩ども、良く読めっ!


と、強く言いたいです。


「効率的にやる」ことを先に考えるもんじゃないんですよ。
CRMやソーシャルメディアの活用って。

そして、「効率的にやる」ことを先に考える人に限って、「うまいやり方」しか求めず、汗をかこうとしない。
「時間がない(から効率的にやるしかないんだ)」とばかりいうものの、実は時間があり余っている。
―工藤投手よりあなたは時間がないと言えますか?


お客様に伝えたい強い想いがある。
その想いを伝えることで自分の(自社の)継続的なファンになってもらいたい、と強く願う。
それがCRMやソーシャルメディアの活用を考える大前提なんです。

そして、それを「仕組み的に」上手にやるのがCRM。
瞬時に伝えたり、想いをいろんな人に広めてもらえる便利なメディアがソーシャルメディア。

前提がなくて、便利さだけをうまく使おうなんて、甘い甘い。


この前提がない人がきっと工藤投手の立場なら…
15万人の住所に、直筆ではないコピーのサインのハガキを15万部作り、すぐに発送して終了~
じゃないでしょうかね。

これでは顧客感動は生まれません。伝説も生まれません。


工藤選手のこの実話は、今後、永遠に語り継がれるでしょう。
それこそ、ソーシャルメディアにて。。。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ