Z会ブログトップへ

2016.12.07 00:00

OECD生徒の学習到達度調査(PISA2015)結果情報をまとめておきます。

■国立教育政策研究所のOECD生徒の学習到達度調査(PISA)サイト
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/

〇OECD生徒の学習到達度調査(PISA2015)のポイント
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/01_point.pdf
・2015年調査において、筆記型調査からコンピュータ使用型調査に移行
・科学的リテラシー、読解力、数学的リテラシーの各分野において、日本は国際的に見ると引き続き
平均得点が高い上位グループに位置している。一方で、前回調査と比較して、読解力の平均得点が
有意に低下しているが、これについては、コンピュータ使用型調査への移行の影響などが考えられる。
・生徒の科学に対する態度については、OECD平均と比較すると肯定的な回答をした生徒の割合が依
然として低いものの、例えば自分の将来に理科の学習が役に立つと感じている生徒の割合が2006
年に比べると増加するなどの改善が見られた。
・情報通信技術(ICT)を切り離すことができない現代社会にあって生徒の知識や技能を活用する能力を測るため、また、よりインタラクティブで多様な文脈の問題を提示するため、コンピュータ使用型調査に移行された。
・他の能力と比べると「科学的探究を評価して計画する」能力の平均得点は相対的に低い。

〇OECD生徒の学習到達度調査(PISA2015)について[松野文部科学大臣コメント]
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/02_oecd.pdf

〇PISA2015年調査国際結果の要約
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/03_result.pdf
・(読解力について)2015 年調査の得点は 2012 年調査の得点よりも 22 点低く,統計的な有意差
がある。
・生徒の習熟度の違いを社会経済文化的背景の違い,すなわち,保護者の職業や教育歴,家財や家庭にある本の冊数に関連する生徒の回答から構成された「生徒の社会経済文化的背景」指標(ESCS)から見ると,本指標の標準偏差が,日本は 18 か国中,韓国(0.68)に次いで 2 番目に小さい値(0.70)であり,生徒間における家庭の社会経済文化的水準の差は小さい。

〇PISA2015年調査問題例
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/04_example.pdf

〇読解力の向上に向けた対応策について
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/05_counter.pdf
※ブログでも掲載しました。
http://www.zkaiblog.com/histaff/58838
ICTについての言及が多く見られます。ICT CONNECT 21としても貢献できるところがあるかもしれません。

〇PISA2015年調査補足資料
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/06_supple.pdf
生徒の科学に対する態度・理科の学習環境


■原典
PISAのサイト(英文)
http://www.oecd.org/pisa/

■PISAのサイトがPISA2015を「ニュース」として日本語でまとめたもの
http://www.oecd.org/tokyo/newsroom/singapore-tops-latest-oecd-pisa-global-education-survey-japanese-version.htm
・シンガポールの成績が世界の他の国々を凌ぎ、トップになりました。OECD加盟国で最も成績が良かったのは、日本、エストニア、フィンランド、カナダでした。
・OECD諸国の生徒10人に約1人、シンガポールの生徒の4人に1人が、科学でトップレベルの成績を出しています。OECD諸国の生徒5人に1人以上が、基本的な能力を身につけていません。15歳の生徒の10人中少なくとも9人が、あらゆる生徒が学校を修了するまでに知っているべき基礎を身につけていのたは、カナダ、エストニア、フィンランド、香港(中国)、日本、マカオ(中国)、シンガポール、ベトナムのみです。
筆者注)日本の教育レベルはまだまだ高いと言えます。

■日本の結果のポイントをPISAサイトでまとめたもの
http://www.oecd.org/pisa/pisa-2015-Japan-JPN.pdf
・日本の生徒は PISA において引き続き高い成績を示している。PISA2015 の科学的リテラシーでは平均で 538 点であり、シンガポール(556 点)のみがこれを上回り、エストニア、台湾と同程度の成績である。
・日本の教育制度は、教育の機会の平等性が確保されており(つまり、生徒の社会経済的状況と成績の関連は OECD 平均よりも低い)、その水準は 2006 年以降維持されている。
・日本の生徒の読解力の平均得点は 516 点と OECD 平均を上回り、エストニア、ドイツ、アイルランド、韓国、ニュージーランド、ノルウェーの平均点と同程度である。カナダ、フィンランド、香港(中国)、シンガポールの平均点は日本を上回っている。
・数学的リテラシーに関する日本の生徒の平均得点は 532 点であり、OECD 平均を上回っている。また、 北京・上海・江蘇・広東 (中国)、韓国、シンガポール、香港(中国)、マカオ(中国)、台北が日本を上回っている。
・PISA2015 では、日本はカナダ、エストニア、フィンランドと並び好成績を収めているとともに、高いレベルの教育の機会の平等性を実現している。すなわち、生徒の社会経済的状況に起因する差異は成績の 10%もしくはそれ以下である。

ソーシャルブックマーク:

2016.12.06 21:38

以下、PISA2015における読解力の(順位)低下を(も)受けた、読解力の向上に向けた対応策として、中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会教育課程企画特別部会(第26回)において提示された資料からの引用(転記)です。
注1)順位が1位→6位になったことに一喜一憂しなくてもよい、とは、恐らくは教育に関心のある方であれば誰しもが思うことのような気がします。それは恐らく、本会議の委員であっても、文科省の方であっても。その上で、「順位が下がった」という事実を見て、対応策を考えるなら?という思考にもとづいて出された文言と捉えたほうが建設的だと思います。
注2)本資料はいずれ公開されると思います。
注3)各◆に続いて粒度の細かい対応策が掲載されていますが、一部省略します。


【読解力の向上に向けた対応策について】

CBTに全面移行する中で、例えば、紙ではないコンピュータ上の複数の画面から情報を取り出し、考察しながら解答する問題などで戸惑いがあったと考えられるほか、子供を取り巻く情報環境が激変する中で
・文章で取り出された情報を的確に理解し、自分の考えの形成にいかしていけるようにすること
・視覚的な情報と言葉との結びつきが希薄になり、知覚した情報の意味を吟味して読み解くこと
など、次期学習指導要領に向けた検討においてもカ改善すべき課題として指摘されている点が、PISAの結果分析からも具体的に浮かび上がってきたところである。

〇指導の改善・充実~学習基盤となる言語能力・情報活用能力の育成~
◆学習指導要領の改訂による国語教育の改善・充実
(語彙力の強化、文章を読むプロセスに着目した学習の充実、情報活用に関する指導の充実、コンピュータを活用した指導への対応、など)
◆現行学習指導要領の下での指導の改善・充実
(指導改善ポイントの作成、など)

〇調査研究の充実~読解力の向上の基盤整備~
◆子供たちの読解力に関する詳細分析
◆言語力の向上に関する調査研究
◆諸外国の国語の授業におけるICT活用の現状分析と事例収集
◆全国的な学力調査におけるICTの活用に関する調査研究

〇学校ICT環境整備の加速化~「学習上必要な時に一人一台使える環境」の構築~
◆自治体におけるICT環境整備の推進
◆学校ICT環境整備の実態把握
◆教育ICT教材整備指針(仮称)の策定

ソーシャルブックマーク:

2016.12.06 19:42

中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会 教育課程企画特別部会(第26回)傍聴。

OECD生徒の学習到達度調査(PISA2015)等の結果について発表。

2012年との比較では、OECD35カ国中(2012年は34カ国)

科学的リテラシー:1位→1位
数学的リテラシー:2位→1位
読解力:1位→6位

速報です。
ソーシャルブックマーク:

2015.03.10 11:31

もうすぐ2015年、東大の合格発表ですね。。。
Z会スタッフの一員として、どうしてもそわそわしてしまいます。。。

一方、「東大合格」だけがすべてではない、という価値観も持ち続けたいものです。
東大に合格した、というのは、一種の資格試験に合格したようなもので、それだけですべてが決まるわけではないですし。。。

東大に合格したのであれば、やはりその資質を活かすために、東大入学後も「社会を良くするために」奮闘して欲しいです。
東大に入ってから頑張るのは当然として、東大に入るときにすぐ頑張れるような礎まで身につけるところ、それが「Z会東大個別指導教室プレアデス」です。

2015年東大合格発表と共に、教室内の様子もドン!と公開しています。

【Z会東大個別指導教室プレアデス】「叡智と情熱が集う場」で、2016年の東大合格をつかもう!Z会東大個別指導教室プレアデスの教室内の様子を公開しました。本日より「無料体験授業」も開始いたします!
↑クリック!

教室に訪れる方皆さんが驚き、そして「こんな空間で学びたい」と思ってくれています。
面談、体験授業、そしてイベントと、4月まで目白押し。
是非この機会に教室まで足を運んでください!
ソーシャルブックマーク:

2015.03.10 01:31

2015年東大合格祈願!

a9f05706ba1705b559bdd10cd6d060c88e2b4ef5.jpg

最後はなんでもありです。
これ、食します、いまから(笑)

ソーシャルブックマーク:

2015.03.10 01:00

3月10日は、2015年東大合格発表日。
Z会の通信教育や教室での授業を受講している皆さんには、東大受験生がたくさんいらっしゃいますので、昨日から祈るような気持ちがどんどん強まっています。

3月10日の東大合格を確実にするためにも、高校生活における学習スケジュールを立てることはもちろんのこと、「戦略」を考えるのも大切なんです。
最終的に合格最低点を越えれば、しっかり合格をつかめるわけですから。

東大合格には戦略がとっても大切なんです。
実際に東大に合格した東大生が、自身の体験を踏まえながら語るイベントを、「Z会東大個別指導教室プレアデス」にて今週末に行います。

【Z会東大個別指導教室プレアデス】トークライブ「東大合格には戦略が必要!」開催が週末に迫る!
(↑クリック!)

残席が少なくなりつつありますので、来年以降、東大受験を目指している方は是非いらっしゃってください。
ソーシャルブックマーク:

2014.08.13 15:14

…結果的にタイトルは釣りっぽくなってしまいましたが、結果論です結果論(苦笑)。

どーしても、(とくに)広告・マーケティング業界志望の大学生・大学院生に見てほしかった、そして実践してみてほしかった。
そんな気持ちが強すぎて(意外と、商社、金融志望なんかの人にもアリかも…)。

しかも、「広告・マーケティングに関心の高い大学生・大学院生」が「なんかいいものないかな~」という興味関心ではなかなかたどりつかず、かつ、“今の自分の興味関心のレベル・領域では、そのレベル・領域での気づきを超える企画の情報に気づかない(つまり、「ほんとうにいいもの」に気づきにくい)”という現実がある中、どうやったらそういう企画をお伝えできるか、との苦心の結果のタイトルです。
「無料講習会!」などとすれば、気づくかな、と。。。

言い訳っぽいことが続きましたが(笑)、さておき、実際、何があるか、って、これです。
9月3日(水)、5日(金)、9日(火)、10日(水)、14日(日)、1日がかりの企画。

【企画書添削付!1DAY】マーケティング基礎と企画の立て方
↑マイナビ2016にリンクします。

Z会の企画なんです!

「えーなんだ、Z会じゃあ、広告とは…」
「電通とかサイバーエージェントとかじゃないんだ…」

ちょいまちちょいまち、そういう発想でたどりつく企画では気づかない気づきを与えたいから、タイトル苦労したのに(笑)
確かに、電通さんとかサイバーエージェントさんとか、その道のプロの方がやる、広告・マーケティング一般論の講習会、というわけではなく、あくまで“Z会の商品に沿った”1DAYインターンシップですから、MBAのような体系的な学びの機会とは異質です。
とはいえ、自社のことながら、オススメの理由を3点、申し上げさせてください。


1.事業者(クライアント)側からのフィードバックがもらえる!

広告やマーケティングに興味があるなら、当然そういう業界の方々から話を聞くことって大事ですが、「それだけ」ではまず感性は磨かれません。
これは7年間、宣伝担当を経験した身として断言します。
「こんな広告・マーケティングをやってみたい」という安易な考えだけから出てきた提案が、いかにクライアントの気持ちを汲まず、チープなものになりがちか。。。

広告やマーケティング業界の方にクライアントが期待するのは、「クライアントの“気持ち・考え方”に100%応えてくれ、かつ、素敵な成果物」なんです。
「これ、いいでしょ!」だけではクライアントは心打たれません。
もちろん、突き抜けたスキルをもった方の提案は、それで心打たれる場合もありますが、そのスキルを身につける過程において、そういう方は必ず、クライアント側の気持ち・考え方を把握しようという努力を続けた経験をお持ちなんです。

大学生・大学院生の皆さんにとって身近な「教育」というフィールドで、事業者側の気持ち・考えを受ける機会は余りないと思います(社会人になったらまずほとんどありません)。
加えて今回は、Z会の強みを活かし、「あなたの企画を添削します!」


2.理系の人にはとくにオススメ!

本企画、理系、文系、と偏っている企画ではないんですが、なんで理系の方にオススメか、というと

理系的な企画書を作るための、マーケティング的考え方を聞く機会なんてほとんどないから

です。

一般消費財を売るために「広告・マーケティング」を考える状況は、どうしても文系脳よりになります。

・世の中で「ガチ理系」の方は少なく、文系的な考えが受け入れやすいから(→マスに受けるには文系的提案になりがち)
・購入などを決定する場合は「(ふわふわとした)心理」に影響される場合が多く、正解のある世界での体験を多く経験しているガチ理系脳だけでは、有効な広告・マーケティングの発想が生まれにくいから

などが理由でしょうか(個人的な感覚ですが)。
いずれにせよ、理系×マーケティング、って、機会として余りないんです。
でも、理系×マーケティング、という人間の僕自身(笑)、マーケティングがいかに理系的考え方に幅をつくってくれるか、経験的にわかっています。

Z会の書籍には数学も理科もありますから、「そっち系」の人が考える「企画・マーケティング」の発想や、望んでいる企画、などの話がまるっと聞けます。これ、ないですよ、ほんと、なかなか。。。
■このブログをご覧頂いた方のみこっそり情報…■
ガチ理系の担当者が登場するのは、(9月)9日、10日、14日です!


3.Z会のマーケティングって評価されているの、知ってた?

アピールにもなりますのでさらっといきますが(笑)最先端のデジタルマーケティングを賞する「コードアワード2014」にて、Z会はディズニーと並んで、グッドブランディング企画として表彰されているんです!

ディズニーさんの企画
Z会の企画

※↑クリック!さらにおまけ↓企画の今年度バージョン(笑)
超難問コロシアム2014


大学生、大学院生の皆さんだから、「教えてあげよう!」のような気持ちが働き、無料で大学生・大学院生にすごくメリットがある、こんな企画ができるんですが、社会人になるとほんと、機会ないですよ。
宣伝会議さんなんかがこんな企画をすると、受講料1万円越えるんじゃないでしょうか、いやマジで(笑)。
注)宣伝会議さんは、広告やマーケティングを「プロ」的に教えてくれますので、宣伝会議さん主催の1DAYセミナーは、実際には2万円を越えるものが多いです。


もう1度リンクしておきます↓機会を逃さないでください!
【企画書添削付!1DAY】マーケティング基礎と企画の立て方
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ