Z会ブログトップへ

2011.01.15 23:09

センター試験の国語、評論と小説の出典については、ブログで取り上げると、普段教育関係に接してない方も「へぇ~」と思って興味深く眺めるネタですので、速報としてご連絡。

センター試験国語

評論:鷲田清一「身ぶりの消失」
小説:加藤幸子「海辺暮らし」


「あっ、鷲田先生だ!」「大阪大学学長だ!」…なんて感じた方、いらっしゃるのでは?
作品は『感覚の幽い風景』に収められている模様です。

ちなみに鷲田先生、Z会も参画している「安心ネットづくり促進協議会」の会長でもあります。

加藤幸子は芥川賞作家。1987年の短編集『自然連祷』に収められている作品のようです。

※1月16日(日)追記
Z会では、教室スタッフが、土日出勤で分析頑張っていますよ!
分析速報がどしどしあがる「東マス便り」「英語好きスイッチ
大学受験、「国語」に関心の高い方は、「東マス便り」の「国語」関連記事一覧へ!

Z会ブログ内のセンター試験関連記事はこちら
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年09月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ