Z会ブログトップへ

2013.09.29 23:40

 
 
表題のような投稿をFacebookやツイッターでしたところ、友人の元コンサル、SIIIS社長の杉山隆志さんからコメントを頂いたり、これまた友人の経営コンサル、鮒谷周史さんのメルマガ「平成・進化論」で似たようなことが届けられたりしましたので、ブログで紹介しまーす。
 
1.僕の投稿内容
 
「中途半端に賢い」って層が、最も問題解決力がない気がします。「賢くないもんね、俺達、わはは~」と笑っている人たちは、考えずに行動することで問題を解決している場合が結構あります。一方、 ちゃんと賢い人は、「問題解決のための問題点洗い出し」をして、しっかり代替案を提示します。
 
動かない、そして、問題点だけ表現して、それで終わり、と言う人は、たいがい、「中途半端に賢い」層です。 だいたいが「レールに乗って勉強してきた」ってだけで、習得スピードをあげることもしなげれば、レールから外れるってこともしてこなかったタイプ。
 
一般的には、「なんとなく、行ける大学に行っちゃった」人たちに、このタイプが多いと感じます。より賢くなるために日々主体的に勉強するか、振り切ってバカになって行動するか、どちらかを心掛けないと社会に出ると辛いでしょう。逆にそれができれば、学歴の差は簡単に乗り越えられます。
 
 
2.SIIIS社長の杉山隆志さんのコメント
 
元々の根本問題に関する話でなく、その派生の手段の是非を論じるタイプですね。「それは直せば良いけど、で、それしたら最初の問題って解決するの?」に答えがない人は、少なくともコンサルティング会社なら、NGですがね。
たちが悪いのは、自分の言ってることは間違えてないのに、聴きいれてくれない、と他人に転嫁する賢さがあるので、変わらない、というのが不幸だなぁと。
そこを、逃げないでら自分の問題とできるかが肝かな、と自分の経験上は思います。
 
 
3.メルマガ「平成・進化論」より
 
「行動の伴わない、学び中毒の人」の行く末
 
■最近、数多くの個別コンサルを実施させて
 いただいて、つくづく感じるのが、
 「やることやらなきゃ、世界は変わらない」
 ということ。
 
■当たり前の話ですが、
 どれだけ学んでも、どれだけ考えても、
 結局のところ、
 「行動しなければ、取り巻く世界はなんにも変わらない」
 のです。
 
 だから常に自問自答し続けなければなりません。
 
 「自分は外の世界に向かって、
  何に対して、どれだけの働きかけをしているのか」
 
 と。
 
■直接、間接は問いませんが、
 外の世界(≒自分以外の人)に働きかけるのは
 大前提で、その上で
 「働きかけの総量」
 についても見直す必要があるでしょう。
 
■つまり外界を変えるためには、
 「外部に働きかけをしているか」
 を振り返り、働きかけているとするならば
 「大量に行動できているか」
 を常に自らに問い直していかねばなりません。
 
■両者のいずれか、あるいは両方の質問に
 「イエス」
 と答えられないのであれば、
 厳しい言い方になりますが
 「変われないのは、当たり前」
 といえるでしょう。
 
■この2つの質問に
 「イエス」
 と答えられる人が学ぶことによって、
 初めて
 「学びの果実(=大量行動の精度が上がってくる)」
 を得られるようになるのです。
 
 逆の言い方をすれば、
 「行動していない人は、いくら勉強しても
  学びの果実は永久に手に入れられない」
 ということ。
 
ソーシャルブックマーク:

2011.04.01 20:09

東京電力の情報公開を巡る動きを声高に批判する方がいらっしゃいます。
政府の情報公開を巡る動きを声高に批判する方がいらっしゃいます。

いずれも、

「(政府や東電が)ほんとうの情報を伝えていない、という疑いからくる怒り」

が根本にある方が多いと思われます。


被災者の方は、被災者の方しかわからない複雑な感情もありますから、お気持ちも十分察しますし、批判があれば政府も東電も甘んじて受け止めるべきだと思います。どちらも「当事者」ですからね。

しかし、第三者が、彼らが公開した情報を「声高に(声を荒げて)批判する」までするのはどうかと思うんです。
そのこと自体が「人間としてなっていない」云々ではなく、理屈として。
※もう少し蛇足的に付け加えると、「その理屈があるのに批判するのは、一度自分自身の姿勢を考えてみた方がいいよ」という意味で捉え「(考えなし、という意味で)なってない」とは思います。


被災者が声を荒げて批判するシチュエーションを想像してみてください。
これからどうしていいかわからない…頼る情報が他に何もない…
そこで情報公開が遅れたり、間違いなどが散見されたら、それは怒りますよね。

つまり「どうしていいかわからない」「頼る情報が他にない」という弱い立場におかれている当事者だからこそ、限られた“信じる選択肢”から出された情報に疑いももつわけです。
「信じたい、だから疑う。」そんな気持ちですよね。


情報元を疑い、声を荒げて批判する、被災者以外の方に伺いたい。
その目的はなんですか?と。
あなたが盲目的に、何かを信じないと生きていけない、とても弱い人だからこそ、そこまで疑うのではないのですか?と。
…自分のことでもないのに、声を荒げて批判するところまでいったら、自分がピンチのとき、あなたに情報を伝えようとする周りが誰もいなくなり、あなたは孤立しますよ、と。


まったく逆の方がいらっしゃいます。「信じたい。だから信じる。」という方。
こんな方もすがる所がない、弱い人の現れですよね。
(タチの悪い宗教のようなものを盲目的に信じるパターンを想像してみてください)

この両者へのアプローチが各々見事に現れたのが、「購買者の良識を見せるとき~最新号の『AERA』と『週刊ポスト』」で記事化したことだったと思っています。
だから、本質的には同じですね。購買層のメインターゲットの1つとして、弱い人の層を狙ったところでは。

ここでは僕は『週刊ポスト』は買う、『AERA』は買わない、と宣言していますが、これはあくまで、「表紙を見た」ことで「購買を決める」のであれば、「信じたい、だから信じる。」方に、(たとえ宗教がかっていても、このタイミングでこの表紙であれば)日本が向ってもいいのではないかな、と思ったからに過ぎません。
…でも、「信じたい。だから信じる。」が、ずーっと社会に蔓延るのも、少し気持ち悪い気がします。
なぜならそれは、上述の論理に従うなら、社会の弱さの表れ=何も克服できていない、ということになりますから。


以上から何を伝えたいか。
それは、「疑うだけ」「信じるだけ」の人は、自らがとても弱い人であり、かつ、弱さをなかなか認められない人であり、そして認めていないからこそ、弱いまま、解決法を自ら見つけることができず、盲目的に「疑う」「信じる」だけではないか、ということなんです。
※蛇足ですが、「声を荒げて(疑う気持ちから)批判する」人は、「信じるだけ」の人と異なり、周りに必要のない不快を及ぼしている点において、非難されるべき人かと思っています。


弱さを認めて、初めて強くなれます、人間は。
弱さを認めて、初めて正しい選択をしていこうとできます、人間は。



弱さを認めた上で「疑う」と、疑いきれないものに「信じる」という良性が湧きます。
弱さを認めた上で「信じる」と、信じきれないものに「疑う」という選択眼が生まれます。
このバランスの中で人は成長し、周りにも「信頼できる人」が多く集まってくるのではないでしょうか。



このブログでも何度も取り上げた、メルマガ「平成進化論」執筆の鮒谷周史さん。
震災の発生と共に、危機管理として、関西地方へ移動しました。
そんな鮒谷さんが、3月30日配信号で語られていることが下記です。
※メルマガのテイストを残すため、改行や行間もメルマガに準じています。

=========

何にしたところで、私はもとより完全完璧な
聖人君子ではありませんし、そんな人物を演じる
つもりもありません。


切れば血も出る、膿も出る、醜い生身の人間です。


初期の段階の、危険性が全く分からない状態で
楽観論や根性論、理想論で事態を乗り切ることが
できなかった臆病者の現実主義者です。


「あるべき論」のみを基準にして、
行動することができない者であり、

「あるべき論」と、実際の自分の姿とのギャップに
葛藤し続けている普通の人間です。


そもそも、東京に残ることで何か貢献できることが
あれば残る選択肢もあったかもしれないけれども、

現実にはそれが全く何も無いのに、周囲の空気を読み、
リスクを冒して残ることに意味があるのか、

などと思ってしまう、空気の読めない人間でも
あります。


東京を離れる必要はない、と科学的にいくら
説かれても、その科学的、という根拠を信じきる
ことができない情報リテラシーの低い人間です。


両親や家族から心配されるのを無視して、
東京に残ったり、落ち着いてからも戻ることが
できなかった情に弱い、小心者です。



そんな私だと認識しているから、
何を言われても、仕方ないと思うし、

同時に、

上から目線で他者を裁く見識もなければ、
指弾する資格も持ちあわせてはおりません。

だからいくら人から指弾されても、
私自らは他者を指弾するつもりはありません。

==========

弱さを認めているからこそ、疑う。
だから(彼の価値観での)正しい危機管理として、関西へ移動するという手段をとる。
しかし一方で、日本を離れないということ、これは「関西であれば大丈夫」と「信じている」ことにもなります。

自分が弱い存在だと認めた上で、疑うからこそ、信じるところのライン引きもできるのです。
これができれば、信じたことに対する「行動」に移れます(だから関西に移動したわけで)。
声を荒げて情報公開者を批判する人には、まずこんな「行動」はとれないでしょう。。。自分の弱さを認めない「変わりの形」として批判行動に出ているだけで、自ら様々な危機管理をしていかねば、という姿勢が全く感じられませんから。


そんな鮒谷さん、「指弾する資格ももちあわせておりません」とハッキリ言っていますよね。



人間は弱いんです。
だからこそ自分を守るために、何事も疑ってかかり、疑ってもどうしようもないところは信じるという手段に訴えるんです。

ソーシャルブックマーク:

2011.01.11 11:31

先日ブログで、平成進化論鮒谷周史さんを取り上げたところ、翌日鮒谷さんから「ブログでのご紹介ありがとうございました!」とメールがありまして。

そして、読者数20万部!のメルマガ、まさに平成進化論にて、僕のことをご紹介してくださいました。


==引用開始===

【今日のつぶやき】


<不易流行>

親しい友人である、

Z会ハイパーソーシャルメディア開発特命職
(=Z会のWebマーケティング責任者)

寺西隆行さんがブログに「平成進化論」のことを
取り上げて下さいました。

http://www.zkaiblog.com/histaff/33837

※寺西さん、ありがとうございます!


実はこのブログのコメント欄に寺西さんが

--------------------------------------------------------
平成進化論のいいところは

・鮒谷さんの成長・進路と合わせ変わりつつあるが、
本質は変わらない「不易流行」を体現しているところ。

・そのため、新規顧客も「内輪受け」色なく入れ、
既存顧客も飽きさせない

ってところだと思います!
--------------------------------------------------------

と書いてくださったことが
一番嬉しかったです。


あまり書いたことがないかもしれませんが、
まさに「ビジネス版 不易流行」を、具体・個別の事例に
落としてご紹介できればよいなと思い続けてきたので。

そして「不易流行」を自らの身体を使って
実証したいという思いもずっと持って、やってきたつもりです。


(参考)
-------------------------------------------------------------------
ふえき‐りゅうこう【不易流行】

(芭蕉の俳諧用語) 不易は詩の基本である永遠性。
流行はその時々の新風の体。

共に風雅の誠から出るものであるから、
根元においては一であるという。
(広辞苑第五版)
-------------------------------------------------------------------

==引用終了==

こちらこそご紹介していただきありがたい限りです。
おかげさまで最近のブログのアクセス数がとんでもないことになっています(笑)
注)僕は現職では、Webマーケティング責任者ではありません(苦笑)


確かに鮒谷さんとは(ありがたいことに)友人のような関係性を築けています。
しかし、友人だからといって、友人の言動や成果物を無条件に褒めたり、紹介することはありません。

「自分自身が読者の皆さんのことを考えて、紹介したいものがある、だから紹介する」


にしなければ、読者の皆さんの期待を裏切ることになり、結果、僕が行う紹介行為の価値が下がる…つまり、「あーあいつの紹介って、いつも誰かに頼まれてやっているだけだよね」になっちゃいますから。


紹介したいと思ったからこそ紹介する。
その方、その成果物が、社会に価値を与えているから。
だからこそ、知らない人に、僕の持っている僅かな力であっても、知るキッカケを与えていきたい。
それがブログなどで誰かを・何かを紹介する僕のスタンスです。

すると
・ブログの読者:「寺西のブログで紹介された方は、寺西がホンネで薦めているものだ」と感じる(信頼性が担保される)
・紹介された方:ホンネで紹介された → 読者も信頼してくれる → その読者の中から自分のファンが増える → ありがたい → 寺西が何か面白いことをしたときには自分も薦めたい!
という連鎖が起きます。わかりますか?


このブログは、寺西個人の教育を中心とした想いを伝える媒体ではありますが、Z会の広報活動の一環としての媒体である側面も持っています。
つまり、「Z会の寺西」個人、あるいは、このブログが紹介されることは、所属している会社:Z会へ還元すること多々、という結果を生みます。

仕事の側面から見ると、「広報活動の成功」なんですよね、これって。


「広報」としての真のお仕事はここがキモ。
自社のことを自社からPRすることじゃなくて、いかに他人の口をして自社のPRを引き出すか、です。



しかし実際には、広報の「前提」すら出来ていない企業が大半です。
とくにwebにおいて、僕が「前提」としていることは、

1.ネタをつくる
2.そのネタを自社のwebサイトにupする
3.upされた事柄が発見されやすい状況をつくる。

#3において、弊社はNews2u.netに大変お世話になっています。
#3の文言を修正しました(H23.1.12)

の3つの段階を踏まえることなんですが、ほとんどの企業(の広報担当がしていること)は2だけ。
「たまたまあったネタ」をサイトに載せるだけで、ネタを何とかして作ろう!という気概に溢れていたり、そのネタをwebを見ている人が偶然発見するようにいろいろと仕掛けてみよう!という気持ちもなかったり。。。

本前提をNews2u.net運営会社ニューズ・ツー・ユー社長の神原弥奈子さんに伝えたら、さらに助言されました。

「ネタを作る=伝えたいことがある=ファクトを発見できる、という能力も大事です。広報的な見方で言うと、第三者的に社内を客観的に見たときにファクトとして伝えるべきことをみつけ、正しい方法で情報を提供するということではないかと思います。」

まさにそうですね!
確かに、他人の口をして、自社のPRを引き出し続けるには、「ネタの信頼性」を醸し出すことは大切ですから。
これに加えて僕は、

・「寺西の紹介したものはほんとにいいものなんだ」ということを読者に体感させ
・“「紹介したものはほんとにいいものなんだ」ということを読者に体感させているんだ寺西は”と「紹介された人」に思わせ
・「紹介された人」にも紹介される

という工夫をしているわけで。

「相互に紹介しあう関係」を築き、私も必ずあなたのことを紹介する、だからあなたも必ず私のことを紹介してね、という「相互紹介」は(やらないより良いですが)それほど効果はないです。

そんな紹介文に魅力など感じませんからね、第三者は…
ソーシャルブックマーク:

2011.01.08 23:57

今年から

「自分が関われた方で、このブログで紹介し、多くの皆さんに知って頂き、機会があれば交わって頂くことで、社会がハッピーになる、と思える人」

をどんどん紹介していくことにします。


第1回目は鮒谷周史さん。
メルマガ「平成・進化論」の発行者で、多くの経営者に知的な刺激を与えている方です。

彼がメルマガを始め、まだ読者数が1万人くらいだったことに、興味があって登録。
そのあとご縁があって交流するようになり、今では僕の心の中で、欠けられぬ大切な方になりました。
また、今のビジネスにおける成長を形造るキッカケが、鮒谷さんとの出会いや思想性の啓蒙でした。


彼がなくては今の自分はない、そう思える方の一人です。
是非皆さんも「平成・進化論」を購読してみてください。
彼の生き映しの媒体ですから!
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年11月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ