Z会ブログトップへ

2012.09.14 23:40

『坂の上の坂』(藤原和博)

以前から気になっていた書籍ですが(藤原さんの本でもありますし)、ちょっとしたきっかけがあって購入。すぐに読了。
想像はいい意味で裏切られ、共感するところが多い書籍でした。


ちきりんさんの『自分のアタマで考えよう』、そして知人でもある泉忠司さんの
魚の釣り方は自分で考えろ』。
伝えていることの根幹は、『坂の上の坂』とおんなじです。

自分の力で自分の人生、自分の幸せを定義し、創っていかないと、これからの世の中は、きっついよ~

ってことなのかと。


僕が子どもだった、1970年代から90年代も、「自分の力で道を切り開け!」のようなことは言われていました(そう教わりました)。
でもほとんどの人は、そんな精神論を教わるにとどまり、社会に出るときに「切り開く」ように飛び出た人はあまりいない、そんな世代だと思います。

そんな僕の世代が親になった時代。周りで「自分の力で道を切り開け!」的なことを言われていても、「でもどこかにしがみつくんだよね(しがみつけるんだよね)」と思っている保護者も、少なからずいるような気がします。


今の時代、マジ、しがみつけませんから。

自分の時代感は、そんな感覚です。


正解のない時代。
考えて、選択し、決断すること。
そのスピードを速くすること。

そんな人しかハッピーをつかめないんだと思います。

そして、そんな人がつかんだハッピーは、横並びの時代に多くの人がつかんだ「そこそこハッピー」より、ずっとずっと、ハッピーなんだと思います。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年09月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ