Z会ブログトップへ

2012.09.13 23:40

実践的ビジネストレーニング誌のThink!
オフィシャルfacebookでこのような投稿がありました。

==========
「仕事ばかりがんばっても、仕事に必要な能力は身につかない」

次号Think!の特集「新しいキャリアの教科書」で取材させていただいた、キャリア論の第一人者、高橋俊介氏の警鐘です。

古来から人間は、頭・体・心を使って仕事をしてきました。
しかし現代は仕事が細分化され、頭脳労働者は頭だけ、肉体労働者は体だけ、感情労働者は感情だけを使うようになりました。
その結果、たとえば頭脳労働者は感情機能が弱体化するなど、人間としての総合能力が劣化し、仕事においてもマイナスの影響を及ぼす危険性があると指摘されているのです。

では、これを克服するにはどうするか。
休日はアウトドアで遊ぶなど、自分の仕事で使わない能力は仕事以外の場で積極的に補填しないとまずい、と指摘されています。
==========

なるほどなー、そうだよな…、と感じました。


「仕事に必要な能力」とは、テクニックをスキルに昇華させることだと思うんです。
パソコンでエクセルをめちゃめちゃ使いこなせることがテクニック、
会社の業務上「あ、それは、エクセルで処理したら早い」と気づき、自らのエクセルテクニックを駆使しして素早く問題解決をするのがスキル。

ここには「問題を自分の課題化し、課題を素早く解決する」ことが必要になります。
そのためには、目の前の仕事ばかりがんばる…悪く言えば、言われたことだけをやる…のではまず無理。
自らの力がどこで活きるか、を把握する力が必要ですから。

だったら、いろいろな場面を知っていないとダメですし、いろいろな力をつけておかなければいけない。
…そう考えると、高橋氏の「仕事ばかりがんばっても、仕事に必要な能力は身につかない」という言葉は身にしみます。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ