Z会ブログトップへ

2014.02.23 23:50

東洋経済ONLINEに寄稿するなど
http://toyokeizai.net/category/super_tehu
積極的に活動されている、スーパー高校生、Tehuくん(今春からSFCに入学されます)。
彼の講演を伺った後の懇親会でご一緒させていただき、親交ができ、紹介して頂いたのが、母校灘高校の生徒会メンバー。

僕が一サラリーマンとして、大人の世界のお話(とでもいいますかね)をいろいろさせて戴くと、凄く興味関心を持って聞いてくれて…。
そういう皆さんにはいろいろと協力したいし、未来を切り拓いてほしいので、知人の起業家、ロックオンの岩田社長を紹介、するとその後、彼らは企業訪問するまでの仲になったそうで。。。

高校生を初めとする、若い人の主体的な活動って、今の大人のその頃よりも、グンとレベルが高いものになっている、そんな気がしています。
全国高校生徒会大会(←クリック!)の動きなんかも素晴らしく、代表の菅野泰史さんと交流ができたこともあって、今回は個人的な支援もさせていただきました。
(100人以上集まっているそうです!生徒会の皆さん、1年に1回のこの機会、活かしてください!)

そんな菅野さんのFacebookページを拝見すると…とても積極的に情報発信されていました。
そして、Facebookの友達の中には、たくさんの高校生の皆さんが。
これは菅野さんに限ったことではなく、灘の生徒会の皆さんも、とても有効に活用されています。


主体的に活動し、勉強熱心で、大人から吸収しようとしている高校生って、その多くがFacebookやっているんです。
見てるととってもよくわかります。


世の中に、なかなか「高校生」にターゲットをあてた調査って少ないんです。
そのため、
「Facebookなんて高校生が使ってないでしょ、使っているのはごく一部でしょ」
と思っている人が、少なからずいます。
Z会が以前にやった調査では13.9%とでており、これを多いと見るか少ないと見るかは「解釈」の領域ではありますね。

ただ、「少なくない、主体的な高校生」がFacebookを利用している、ということだけは確かです。
この現実はしっかり見つめて、若い人の主体性に「あっぱれ!」というエールを送り、そしてできる支援をしていきたいと、僕は思っています。


「×(かける)哲学」プロジェクトというサイトに登場する、杉山史哲さんから、こんなメッセージも頂戴しました。

最近うちの教室に「教育に興味がある」という高校生が立て続けるに来る、ということが起こってます。Facebook経由で。塾の生徒としてではなく、「見学者」として高校生が来るんです…すごいですよね。高校1年生と高校3年生です。


皆さんは、こういう高校生の活動に気づいていらっしゃいますか?
ソーシャルブックマーク:

2013.11.04 23:50

 
 
1つ前のブログに続けて投稿。今度はZ会の宣伝ですが(笑
 
10/31、天才の日(ってあるんですね…)にあわせて募集開始!した、「超難問コロシアム[Z1]」
 
Z会が考える極めて難易度の高い「良問」の解答を競うコンテスト「超難問コロシアム[Z1]」開催!
 
専用Webサイトはこちら
 
 
ここしか言えない企画の裏話をちらっと。

 
問題選定にあたっては、僕の部下(理科課の編集部員)含め、教材編集のメンバーがかなりコミットしています。
盛り上がるような「仕掛け」を、マーケティング担当者が一生懸命考えています。
問題のレベルを調整するために、東大生に解いてもらったり手伝ってもらったりしています。
 
つまりは、Z会としてめっちゃ本気!の企画ってことです、じゃないとつまんないですもんね。
 
 

ただいま参加チーム募集中です、是非こちらのサイトの要項を見て応募してください、全国の高1・2年生諸君!!
 
 
 
 
ソーシャルブックマーク:

2012.07.12 20:14

2日前。午後、立つのがしんどく会社の医務室に2時間お世話に。休んでなんとかその後の予定を乗り切り。
昨日。正午前、頭がくらくらし、パソコンの文字その他が一切「読めない」状態になり、内科へ。
そして今日。仕事にしがみつくことも無理すればできたけど、長びくと余計まずいので、思い切って午後休み。

…ということで、3日間、ほとんどまともに仕事してません。。。


なので、会社にご奉公せねばっ!というわけで、Z会よりニュース。

【Z会の本】新単語集『英単語WIZ』発刊。特設サイトもOPEN!


「速読英単語」をはじめ、Z会の英語は、多くの高校生の支持をうけています!
本単語集も、万を持して登場!

そして、今回は…

アプリと連動!!!

書店さんでもどんどん、特設コーナーができているようです。
高校生、大学受験生の皆さんは是非どうぞ。

あ、高校時代に習った英単語を思いだしたいなーという社会人の方も是非どうぞ(^^
ソーシャルブックマーク:

2011.04.17 18:34

諏訪哲二さん。

今、一番学びたい方の一人です。
以前『間違いだらけの教育論』を読み、義務教育でしかなしえない「教育の在り方」を知り(学び)、教育とは何だろう、自分が出来る教育(Z会という私企業を通じて)は何なんだろう、と、深く考えるキッカケになりました。

そして最近、『自己チュー親子』読了。これまた素晴らしい本でした。
ありがちな、モンスターペアレントを単に批判する書籍ではなく、1970年代から家庭のありようが変わり、モンスターペアレント的な親はどのように考えているか、を分析した本です。

このブログで中身を少しずつ紹介していきたいと思います。


“私たちは「私」を信じなければ生きてはいけないが、「私」への懐疑を同時に持っていなければならない。それが近代人の条件であり、モラルである。
しかし、「私」そのものが絶対化したら?
その「私」がほかの人の「私」と交流できなくなったら?
そうなったら、本人にとっても社会にとってもかなり危険なことになろう。”


本著を貫く見方です。
「私だけの私」という言い方も本著に散見されますが、「私だけの私」は本質的に、異質なものが同居する「社会」に蔓延ってはいけませんよね。
そしてこの「私だけの私」「自分だけの自分」が「自己チュー」なわけです。


“自分はひとつで」あってはいけないのだ。社会的な「個人」としての「私」と、自分や自分の外部で閉じている「私自身であるような私」とは区別されなければいけない。近代人は外に表示する「私」と、内面に確保される「(この)私」という、二つの私を持っていなくてはならないのであろう。”

良く分かる考え方ですが、正直「なんて上手に表現するんだろう…」と感じた文章です。
「表現の自由」を論じるときに、良く、「内心」が完全自由であることに対比して、制限付き自由であることを指摘するが、これに似た表現かと思います。

社会的な「個人」としての「私」がいなければ、社会の中で生きていく権利はない、といっても過言ではないでしょう。
第三者から「贈与」を受けるために社会で生きているわけですから…


“カンニング・ペーパーを答案用紙の下に隠してテストを受けながら、カンニングはしなかったし、その意志もなかったと言いはる生徒。他人の自転車を無断借用して、家の近くに乗り捨て、盗んだのではない、ただ、借りただけと言い訳する高校生”

これらの高校生は「私自身であるような私」の論理で言い訳をしているが、社会的な「個人」として通用するハズがありません。
また、問題の本質は、これらの高校生が“社会的な「個人」として通用しない(このままでは生きるのに苦しむ)”と理解していないことにあります。

誤解を恐れずに申し上げれば、悪意がある方がまだマシです。善意だからやっかいなのです。
ソーシャルブックマーク:

2011.02.05 11:58

2/10(木)、18時頃から、「高校生×大人」という、Ustreamを使った企画に出ることになりそうです。
ツイッター↓
http://twitter.com/#!/kokoseixotona
Ustreamはここでしょうかね。
http://www.ustream.tv/user/kxokxo

テーマはもちろん!?「教育」です。
#あくまで「教育産業につとめる一人のサラリーマン」の見解を表現する場として参加します。Z会の見解ではありませんので、ご了承下さい。


是非ご覧下さいね~
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ