Z会ブログトップへ

2014.02.22 23:40

元インテルの社長、西岡郁夫さん。
http://nishiokajuku.com/blog/30/_1943_1966.html
このサイトにもありますが
1.自己変革の意欲無き者は去れ
2.雄弁は金、沈黙はクズ
3.出過ぎた杭になれ

まっ、そんな方です。

携帯の将来を考える「モバイル文化研究会」というチームでご一緒させていただき(2008年頃)、先日、田澤由利さんの出版記念パーティーで久しぶりにお会いすることができました。
70歳を超えるというのに、開拓者精神がまだまだ凄かったです。


そんな彼が、この記事

教科書を7回読むだけで、断然トップになれた!

をご覧になって、Facebookにこんな投稿をされていました。

こういう能力を重視する正解主義は、会社経営など正解のない実社会では役に立たない。
日本の会社を弱体化させたのは、正解主義の教育で優秀な人間が経営でも優秀だと誤解したことに始まる。
明治時代のように列国の後を追う時代は正解主義に価値があったが時代は変わった。こういう能力に憧れる必要はないよ。
今は行動してを結果を精査してスピーディーに修正を繰り返して結果を出して行く能力が求められる。


いろいろ語りたくなって、投稿にコメントで反応(^^
以下が僕の意見です、いかがでしょうか。

===
>行動してを結果を精査してスピーディーに修正を繰り返して結果を出して行く能力が求められる。

は100%同じ想いです。
では、どこから教育を変えていくか、と、僕のような教育畑の人間は考えてしまいます。

この山口さんが幼いころから目指していたのが弁護士、とするならば、司法試験、および大学入試が「正解主義の方が合格しやすい」となっていることを変えないといけません。大学入試はその方向に進もうとはしています。

一方、「なんで大学入試ってあんなに正解主義なんだ!(おかしいよ!)」という意見は結構拝見しますが、その正解主義を作っているのは、他ならぬ日本人自身(ときには、そういう意見を言っている人自身)と感じています。

1990年以降の大学入試を見ていると、「説明責任」という言葉の下、「点数開示」の流れができ、不合格者に「不合格の理由」を受け止められるようにしなければ、という圧力がかかり、結果、○×の付けやすい問題(つまりは知識問や基本問題)が加速度的に増加している感を受けます。
出題側が勝手に圧力を感じている部分もありますが、一方で「○×が明確ではないものに納得しない」という受け手側の問題がそれ以上にあると感じています。
※勤務先が「添削」の会社なので、添削基準づくりの一連の労務を見ていると、ほんとわかるんですね、相手の付けた点数に納得しない人がいかに多いか。。

大学入試は、大学のアドミッションポリシーに基づき、大学が、採りたい人を採るわけですから、「公平(フェアー)である一方で、“主観的な”評価基準」で構わないわけです。この評価基準に同意する大人がある程度影響力を持つようになることをあわせないと、教育から正解主義の日本社会を変えることはできないと思っています。

大学入試が変われば、自ずと、高校および高校の先生が変わらざるを得ません。それくらい高校において、大学入試というものは重いので。

理想主義的視点に立てば、幼児や小学教育から変える方がいいとは思うのですが、現在の義務教育の在り方(受け止め方)、運用、教師の資質(教員採用のあり方含む)…もろもろを総合すると、下から変えるのは極めて難しいと感じています。

が、入試改革もそこそこ時間のかかる話なので、手っ取り早いのは、大学で、正解主義ではおおよそ単位取得が不可能な必修カリキュラムおよびテストを一定割合入れる方が早いは早いと思っています。理想より実利をさらに優先するやり方になってしまいますが。

蛇足ですが、僕自身は、管理職の立場で、スピード重視、修正主義重視です。
きれいな提案書にまとめようとしている所作を「詳しすぎて読む気しない」と却下するくらい(笑
自分にできることをやっている、つもり、です。
ソーシャルブックマーク:

2013.07.10 13:40

高校の理科が新課程になって、2年目を迎えています。
昨年、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」が始まり、それを受けて今年は、「物理」「化学」「生物」などといった、理系の皆さんが主に選択する科目の新課程が始まっています。


新課程、正直、かなーーーり旧課程と変わったんですよね。特に生物。
Z会ではその変化に対応するために、“本当の意味で”つまり

・指導要領を読んで
・新課程の思想性をつかみ(←ここ大事)
・本質的な変化に対応させ
・かなり時間をかけて(苦笑)

新課程理科のラインナップをそろえました。
http://www.zkaiblog.com/histaff/47625


そして、春にリリースした参考書の感想、届き始めています!
結構苦労した部分もありますので、理科課長としてちょっと嬉しい。


なぜか化学が手元にないんですが(苦笑)、物理と生物の感想をここでででーんと公開します!


■物理
物理 解法の焦点 力学・波動編
物理 解法の焦点 熱・電磁気・原子編

・シンプルで非常に見やすい。
・カバーやそれをめくった紙面のデザインが全体的にかっこよかった。
・価格も手ごろで、良いし、わかりやすい。
・図が多くて分かりやすかった。式に単位が書いてあったのでどれがどの値かよく分かった。
・分かりやすくてとても使い易いです。
・自習用に重宝しております。
・詳しく知ることができた。


■生物
生物 知識の焦点

・この参考書は厚いのに聞きやすい点と、レイアウトがすっきりと見やすい点が良いと思ったので購入しました。内容の重要度がすぐにわかる点も良いと思います。
・内容が分かりやすくてとてもいいです。カラーなのもgoodです。
・旧課程の入試にも対応(使える)しているため購入しました。ずっとこのような参考書を探していたので嬉しいです!ありがとうございます。
・カラーで図が多く3年間使えるので良いと思いました。『1冊でかなりの実力がつく!!』ので何回もやり込むのに最適だと思いました。
ソーシャルブックマーク:

2013.04.20 23:30

[Z会つぶやき紹介]Z会CMの”ウザいがり勉くん”がイケメンだった!
http://matome.naver.jp/odai/2136628540018546901
CMのまとめが1日で約10万pv!話題のZ会高校コース
http://www.zkai.co.jp/high/

=◆=◆=◆=

学生時代に起業した経験を持つ知人が、入った会社(超大企業、もちろん上場しています)で軽症うつになったようで、この3月で辞めました。。。
精神の強さは、普通のビジネスマンと比較しても強い部類でしたし、負けん気も強い人間です。

彼は、大企業コテコテの保守部署に配属されました。
恐らく会社側は、彼に組織変革してもらうことを期待したんでしょうけど、仕組み・制度・社風…などなどが余りにも整わず、とうとう…という感じのようでした、話を聞く限り。


こんなエピソードを聞くと…
管理職、経営者クラスが若い人に向けて

「キミたちの力で今の難局を打開して欲しい!」

と語る人の相当数は

・自分がエエカッコして
・ないものねだりしている

だけじゃないの?と思ってしまいます。

結局、変革者の「支援」をしていませんから。

変革者が変革しやすいように、会社の制度や仕組みを整える。
変革者を持ち上げる社風を作る。
変革者が尖った、目立ったことをやろうとしたとき、それを抑えようとする批判的評論者の声が全体を包み込まないよう、「あいつはあいつでいいんだ」と、腹をくくって。

それは先人の仕事ですよ。

「いや、(社内調和を含め)乗り越えてやるのが、ほんとうの変革者の仕事だ」と、変革しない人が高所から言ってるばかりでは、まず変革なんておきやしません。

若い人に「(会社を)なんとかしてほしい」と期待だけして、本心は、自分の引退の花道(ぶっちゃけ、給料の維持)を飾りたいだけの管理職、経営層って、ほんと、多いんでしょうね、世の中に…。

僕(管理職です)は若い人に「打開して欲しい!」と“だけ”が強くたった言を吐くことはありません。
どんどん提案しろ、そうすれば必ず僕の立場で出来る支援をする、そんな言い方になりますもん。
若い人が定年まで働ける企業を、という思いが強ければ、自ずとそういう言い方になりますって。

そして、若い人の、荒っぽくて、生意気で、感覚的にいろいろ問題点がありそうに感じる提案を、本人には荒さが“過剰”になっているところについて修正するよう伝え、自分は提案をタネとして芽になるようビジネスに落としこんだり、社内共通言語になるよう「翻訳」したり。
それが管理職の、一つの大切な仕事なんだと思っています。


…と、実はこの文章、先にFacebookに投稿したんですよね(今回ややリライトしています)。
すると、こんなコメントがつきました。

・組織の側は「前例のあるイノベーション」「自分たちが変わらなくてもよいイノベーション」を求めるんですよね。

・一人入れてどうにかなる組織なら、もっとまえによくなっているはず。変革者に対する実権も支援もないまま、ただ、「変わろうとしただけ」のふりをするのは、合理的判断の持ち主とは思えない。とおもうのね笑

極めて同感。

変革を他人に期待するのであれば、せめて、支援する覚悟くらいもってほしいものです。
ソーシャルブックマーク:

2013.04.13 16:53

[Z会つぶやき紹介]
だぁーーーっ‼‼‼
4月から始めるZ会の教材届いた^o^
決してわくわくしないけど笑
なんかやる気は出てきたっ。
自分で決めて親に頼んだ。
だから投げ出さんようにせんとな。
高校の勉強は難しいっていろんな大人に言われたけど、頑張るしかない‼
気合い注入。
https://twitter.com/sca_1d_luv/status/318352266937638913
Z会高校コース
http://www.zkai.co.jp/high/

=◆=◆=◆=

友人が急逝した、との連絡を、本日午前に受けました。
43歳、早すぎる死。。。
4月11日、ほんとに2日前、楽しく呑んだ様子がわかるツイッターのつぶやきがありましたので、ほんとに急な出来事…。

友人の名前は堀江繁伸さん。ツイッターでは @husaosan としてWeb関係者では結構著名でした。

友人、と言っても、お会いしたのは2回しかありません。
ツイッターがご縁でいろいろやり取りしているうちに、お会いしたくなって、お会いした、それだけの関係。
でも、考え方がとっても似ていて、ツイッターを通じてアドバイスし、アドバイスされる関係でした。
インターネットが普及して以来、人間の関係性というのは、会った回数だけに影響するものではないと、つくづく思います。


通夜、本葬、とこれから行われますが、僕の考え方として、「通夜などは親しい人だけで」というのがあります。
亡くなった本人が「近親者のみ」を「親しい人」と定義するならそれで。
「一回でも交流があった人」を「親しい人」と定義するならそれで。
それが関わったものの務めだと思うのです。
で、亡くなった本人の本当の意図はわかりませんから、家族ほか、本人の意思を代行するに足る関係性のある人間の意図に従うべきだと。

連絡を受けた時、僕は、この情報を広く皆さんに公開した方がいいか、や、僕自身が通夜に伺った方がいいか、悩みました。
気持的にはもちろん「行きたい」ですが、近親者ならびに僕なんかよりずっと近しい関係者が何を望んでいるか、わかりませんでしたから。

いろいろ問い合わせ、結果、伺うことに決めました。
多くの友人に見送ってほしい、との旨が伝わってきましたから。


親しさ、の捉え方は人それぞれで、少しでも本人の意向に沿うよう考えていければ…と。


行ってきます。

追)本ブログをご覧になっている知人の方もいらっしゃるかもしれませんので、通夜などの詳細を書いたFacebookページへのリンクをご紹介しておきます。
https://www.facebook.com/teranishitakayuki/posts/330893323700526
ソーシャルブックマーク:

2013.03.22 13:28

※1日遅れで昨日のブログ「中学受験の塾へ行かないという選択。」を書きましたので、そちらもよろしければ(^^


タイトルはニュースリリース丸パクリww

【Z会の本】<理科>高校新課程完全対応の参考書、書店でも評判!

年度替りで仕事もプライベートもばたばたなんです。
ブログ更新優先で宣伝記事ですが、あげます!!笑
ソーシャルブックマーク:

2012.03.27 23:50

Webで様々な声を集めていますと、新学年の教科書販売の時期だなーって思います。

高校生もかなりの方が使っているツイッターでは

「何この物理基礎、化学基礎、生物基礎って…1年で3科目もあるの…?」
「理科総合どこいった?」
「化学Iってなくなったの?」

…など、事前に先輩や兄弟姉妹から聞いていた情報と違うことに慌てている声も散見されます。


このブログでも何度もお伝えしてきましたが(それくらい大事なことなので…)2012年から、理科は新課程に変わるんです。
また、理科総合が物理基礎と化学基礎に分かれた、とか、化学Iが化学基礎に変わった、とか、そんな単純な問題でもありません。


正確にお伝えするとキリがありませんので(苦笑)まとめた記事を既に書いております。

【おさらい】2012高校新課程、理科基礎(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎の総称)

高校生の皆さん、参考にしてください!
ソーシャルブックマーク:

2012.03.13 17:52

高等学校は、2012年4月の高1生より、(数学と)理科において、新課程が導入されます。
中高一貫校において、教科書販売が早いところでは、使用教科書のリストなどが生徒の手元に届けられているようで、昨日あたりから

○物理基礎と生物基礎?何これ??理科総合ってどこに???

などのツイートが散見されるようになりました。

本ブログでも、「新高1、物理基礎・化学基礎・生物基礎の勉強ってどう進めればいいの?」などの記事を初めとし、理科基礎(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎の総称)の情報を小出しにし、参考書兼問題集として「理科基礎5days」をご紹介してきましたが、より全体像が分かりやすい記事として、改めてまとめてみました。


0.はじめに

「新課程で変わること」をひっくるめて表現すると、間違った捉え方をされてしまう場合があります。
例えば「3科目必修」を「“入試”で3科目必修」と間違えてしまうように…
そこで、本記事では、

・学習指導要領上ではどう変わったか
・大学入試(とくにセンター試験)の科目はどうなるか
・実際の授業はどうなるか

の3つに分けてご説明します。


1.学習指導要領上ではどう変わったか

これまでは2単位の「理科基礎」「理科総合A」「理科総合B」、3単位の「物理I」「物理II」「化学I」「化学II」「生物I」「生物II」「地学I」「地学II」という科目があったんですが、新課程は

A.2単位の「科学と人間生活」「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」
B.4単位の「物理」「化学」「生物」「地学」


からなります。
そして、A群から「科学と人間生活」の履修をした場合、他A・B群にあるどれかから1科目の必修。
A群から「科学と人間生活」の履修をしない場合、A群から3科目が必修となります。


2.大学入試(とくにセンター試験)の科目はどうなるか

「科学と人間生活」は、センター試験の出題科目には含まれません。
「科学と人間生活」を履修する高校もあるかと思いますので、ここはしっかりつかんでおいてください。

センター試験では、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」の出題があります(=問題として用意されます)。
「基礎」が付いていない科目では、いわゆる「理系」的な“難しい”学習内容も含みます。

また、「出題がある」ということと、「その科目で志望大学を受験できる」ということは別です。たとえば、2015年、東大の理系学部を受験したい!と思ったとき、「よし!センター試験は物理基礎で受験しよう!」…ということはできません。つまり、大学側が、「これで受験してね」という科目を指定しているのです。

<東大>
文系学部は「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目選択
理系学部は「物理」、「化学」、「生物」、「地学」から2科目選択

<京大>
文系学部は「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目選択
経済(理系型)は「物理」、「化学」、「生物」、「地学」から1科目選択
医学部は「物理」、「化学」、「生物」から2科目選択
工学部は「物理」必須、「化学」、「生物」から1科目選択
他理系学部は「物理」、「化学」、「生物」、「地学」から2科目選択

正確なところは上記なんですが、「これまでと何が違うか?」ということをザックリ申し上げると…
理系志望の方はこれまでとは余り違わずセンター試験を受験できるのですが、

文系学部はセンター試験において理科2科目の受験がほぼ間違いなく必須化します!

という点が大きな、大きな、これまでと違うポイントなんです。
東大京大だけ、ではありません。東北大文系学部でも理科基礎2科目(あるいは「基礎」がついていない専門的な科目1科目)課すことを、先日発表したばかりです。

物理、化学、生物、地学のうち、2科目、大学入試には必要なんだ!ということが、今後標準になるでしょう。


3.実際の授業ではどうなるか

「地学」を教えられる先生は全国的に多くありません。。。
従って、多くの学校では、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」の3科目を、文理問わず学ぶことになるでしょう。

では高1時に何をどれくらい学ぶか?については、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」の3科目のうち、2科目が扱われる場合が多いようです。科目の組み合わせ方は、学校の事情によりバラバラですね。。。
ただ、高1時に扱われない科目は、高2時に扱われることを覚えておいてください。

また、高校によっては、「授業名」と「(実際の)科目名」が異なるケースがあることに注意すべきです。
・「物理基礎」という授業名の年度後半では、(専門的な)「物理」の内容を扱うケース
・「物理」という授業名だけれども、「物理基礎」を扱うケース
など、時間割にある授業名と、センター試験で必要となる科目名は違う場合が結構ありますので、不安な方は先生に必ず確認してください。

他、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」の教科書を入手し拝見しましたが、特徴として次のようなことがあげられます。
「扱っている内容そのものは、現課程の「物理I」「化学I」「生物I」より少なく、内容的には3単位→2単位相当になっていますが、教科書は分厚くなり、1つ1つの単元を丁寧にやる雰囲気。結果、2単位(週2時間)では教科書全部を終えきれないことも。」
全員初学なわけですから、内容の減よりも、教科書の分厚さが「難しくなった…!」という感じを与えることになるかと思います。


以上が「なるべく正確に、なるべくわかりやすく」と意識して述べた事柄です。
これでも(厳密に申し上げれば)正確ではないところもあります。

Z会の教材編集者は、100%正確なところを押さえ、それがどのように入試に反映されるか、を予測し、参考書・問題集などを作成しています。
理科基礎5days」では、皆さんからすると「専門的すぎてわからない…」という変化も捉え、書籍として反映している上、「予習・復習の仕方」などの紹介もありますので、是非こちらの方で理解を深めてください。
ソーシャルブックマーク:

2012.03.11 23:50

授業で理科3科目(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎のうちから3科目)が必修になる2012年、高校新課程。
それを受けた2015年度入試。
すでに東大・京大が、センター試験において「文系でも理科2科目選択」を必須と発表しているのですが、続いて東北大も発表しました。

平成27年度東北大学入学者選抜における「数学」「理科」の取扱いについて(予告)(PDF)


東北大も文系、理科2科目必須選択です!


…ちょっと細かく言うと、「基礎を付していない科目であれば1科目でOK」、つまり、「フツウ理系が学習する範囲までカバーした物理・化学・生物・地学、の試験科目であれば、1科目でOK」です。
が、文系の人が、高校の授業において、理系範囲(といわれるところ)まで理科を学習することは考えにくく、どちらかというと理系の人が文系学部を受けやすくなるだけのような…。
もしやそれを狙っているのでしょうか…。


いずれにせよ、大学がこぞって、理科強化、もっというと、理数系科目強化に走ってくるのはほぼ間違いありません。
とくに導入初年度となる理科基礎(物理基礎・化学基礎・生物基礎)は、対策方法がなかなかわかりにくいので、高1のうちから地道に実力をつけた方がいいことは間違いありません!

…とふっておいて、宣伝です(笑)

理科基礎5daysシリーズ

1,200円から始める、物理基礎、化学基礎、生物基礎対策。
新高1生は必携!
ソーシャルブックマーク:

2012.01.24 14:10

“高校の新課程(新学習指導要領)で、2012年から始まる「理科基礎」に対応する参考書はないでしょうか?”

質問を受けるようになってきましたので、その「生物基礎」バージョン。

よくわかる生物基礎【新課程】』(学研/マイベスト)

現在のところ、「問題集+参考書」の機能を果たしているのはこれくらいしかキャッチできていません…


しかし!

当然Z会でも、対策用の教材をリリースしますよ。

理科基礎5daysシリーズ

~特長~

○問題集・参考書・自分でつくるノート、3つの要素がギュッと1冊に!
○「予習」「復習」やノートのとり方など、日常学習をしっかりサポート!
○理解を深める上でカギとなる、「作図」の方法も丁寧に解説!

より詳しい内容&お申し込みは「理科基礎5daysシリーズサイト」からどうぞ!
ソーシャルブックマーク:

2012.01.23 14:00

“高校の新課程(新学習指導要領)で、2012年から始まる「理科基礎」に対応する参考書はないでしょうか?”

質問を受けるようになってきましたので、その「化学基礎」バージョン。

よくわかる化学基礎【新課程】』(学研/マイベスト)

現在のところ、「問題集+参考書」の機能を果たしているのはこれくらいしかキャッチできていません…


しかし!

当然Z会でも、対策用の教材をリリースしますよ。

理科基礎5daysシリーズ

~特長~

○問題集・参考書・自分でつくるノート、3つの要素がギュッと1冊に!
○「予習」「復習」やノートのとり方など、日常学習をしっかりサポート!
○理解を深める上でカギとなる、「作図」の方法も丁寧に解説!

より詳しい内容&お申し込みは「理科基礎5daysシリーズサイト」からどうぞ!
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ