Z会ブログトップへ

2016.08.08 08:30

初等中等教育アクティブ・ラーニング研究会主催の、アクティブ・ラーニングフォーラム2016 in 京都に出かけてきました。
元堀川高校校長の荒瀬克己先生と、大学ジャーナリストの後藤健夫さんとの2時間近くの「対話」を中心に、多くの学びと交流があった会でした。

この会に出席した多くの方は、現場の先生です。
業務ではなく自腹で勉強にいらっしゃってる方が大半だと思います。
そして、そんな会が、全国でたくさん開かれる、それが夏休み期間なんです。
※夏休みの間でしか、離れたところの皆さんと一気に交流できる期間がないので。。


昔話をします。

大学生時代、「駒場子ども会」というサークルに入っていて、夏のこの時期は2泊3日で約100名の子どもたちと一緒にキャンプに行っていました。
子どもたちの楽しんでいる姿を見て、また来年もやろう!という気持ちになったものです。準備はめちゃくちゃ大変でしたけど。
※キャンプが終わった数週間後に、もう次年度に向けて動き出しました。

キャンプが終わると、「よく頑張ったよなあ、俺たち」という気持ちももちろん多分にありました。

ただ、今にして思えば、子どもたちの生き生きと姿を見るための「頑張り」を、学校の先生は普段からずっとやっている、継続してやっているわけですよね。
そう考えると、先生って凄い、「学校」っていう場って素晴らしい…と、ふっと思ってしまうのです。


その上、冒頭に書いたような、学び続ける姿勢。
一部には不祥事を起こす教師もいらっしゃいますが、それだけで教師をひとくくりにして述べては絶対にいけないと、学び続けている教師の皆さんを見るたびに感じます。

これからの学びをつくってくださる先生の皆さんに改めて敬意と感謝を表し、今日も私は、自分ができる「教育」の動きに頑張ろうと思います。
しばらくは「教育の情報化」をミッションとして。

ソーシャルブックマーク:

2014.05.06 23:39

GW は、妻の家族とごはん、そのあと丹沢湖近くの中川温泉に泊まり、のんびりしてきました。
泊まった場所は丹沢荘というお宿。
山菜を中心とした食事がとーーーってもおいしくて(天ぷらの揚げ具合がすごく良かった!。山の素材の良さを存分に引き出していました!)、また泊まりたいと思いました。

丹沢湖周辺は、学生時代、駒場子ども会(←クリック!)というサークルで、何度も訪れた地。
大石キャンプ場、棚沢山荘キャンプ場など、20年ほど前のまんまでたたずんでいたのは、ほんと、なんともいえない気持ちでした。
そして、近くの箒沢の杉を見たり、清流で我が子と遊んだり、何度も訪れ深夜まで仲間と語りあった八戒荘の前でパシャリしたり。

丹沢湖
新緑がとってもきれいな丹沢湖

八戒荘
学生時代に何度も泊まった八戒荘

大石キャンプ場
丹沢湖近く、大石キャンプ場の側を流れる清流

学生時代は、ヤンチャして、いろいろな方に沢山のご迷惑をかけてしまいました。。。
自分自身でも、社会人になって、働いて、家族を持って…という姿が全く想像できない、なんというか、幼い人間でした。
でも、なんとか家族持って大人やれてて…不思議なものです。
そして、なんともいえないありがたさを、20年前程前によく訪れていた土地から、感じました。


ある時から「自分勝手なことはもうたくさんやったから、あとは誰かのために生きているだけで幸せじゃん」って心持がとても強くなって、目の前の課題や、困ったことの解決、そして目の前の人をほんの少し、幸せにするお手伝いをすることが中心の生活。
自分の趣味はと言うと、人と会うことと寝ることくらい。

そんな自分でも、多分凄く幸せを感じている部類に入るのも、なんというか、生(せい)に対して「ありがたいなあ」という気持ちが何か感じているからかなと。
20年前と変わらぬ景色を見て、生を感じ、なんとなく、そう思ったGWでした。
ソーシャルブックマーク:

2011.03.16 15:39

前回からの続きです~


TVで報道されていた大きな被害なところは、逆に自分が行っても邪魔になるだけ、と思っていましたから、東の方から少しずつ、人手が必要かどうか、ボランティア受付センターに足を運ぶことにしました。
最初に「とりあえず今日1日はこれやってくれ」と言われたのは、西宮市です。

配属された地での役割は、「送られてきた支援物質を整理し、不要なものを捨てるため仕分けすること」
…ありえないと思いませんか。

◆要請されないかぎり何も送らないことです。
何が不足しているかもわからずに送られてくるものは、千羽鶴と同じゴミです。
「着るものがないだろう」とボロを送られても馬鹿にされたと思うだけです。
水もガスもないところにカップ麺を送られても意味ありません。
現場に何が必要かを理解しているのは現場のプロだけです。
「○が不足しているのでどこに送って欲しい」という呼びかけに応えるのであれば、
ぜひ送ればいいともいます。

被災地は、「自らは不要、だけど必要な人がいるかもしれない物」の回収場では絶対にありません。
古着屋やリサイクルセンターと勘違いしないで欲しい。
しかし残念なことに、「邪魔なものを捨てる」×「人に感謝される(と推測できる)」という、単に自らの満足を最大化する行為が、「被災地に自分に不要な、かつ、まだ十分に使えるものを送ること」なのです。
そしてこの行為をする人は、自らの行為の愚かさに気づいていません。

西宮市のとある倉庫で見た光景、それは…自らの身長の何倍もあるところまで積み上げられたダンボール。その多くは雑多につめられた古着でした。
床には、賞味期限間近の食品もいたるところに。
これが、これが、「知らない人が支援行為を行うとき」の実態なのです。

今回は阪神・淡路大震災の教訓が生かされているのでしょうか、ネットではいたるところで「一番必要な、かつ、被災者のために確実になる支援は、お金」と呼びかけられています。
だから今回はきっと、前回のような迷惑は発生しないと信じたいです。
#先のブログでも書きましたように、Z会では義援金による支援を決定しました。
http://www.zkai.co.jp/home/about/corporate/press/20110315.html

ちょっとだけ脱線しますが、この西宮市で働いたとき、一緒にボランティアで1日ご一緒した社会人の方からかけられた言葉が、僕の(まだまだ未熟だった)ボランティア観に大きな影響を及ぼしました。

社会人の方:「東京から来たのか~それはこっち(関西)の人間にはほんとうにありがたいことだね。」
僕:「いえ。。。会社を休んでまで働いている方がよほどすごいと思います。」
社会人の方:「それは違うよ。僕は有給がたまたま余っていたので、消化するため今日ボランティアにきているけど、働いているみんなだって、そこで商品やサービスを一生懸命作っている。今やれることを最大限やることが何よりも大事なんだよ」



西宮市は1日で離れ(ややボランティア過剰気味でした)、次の日辿りついたのは兵庫区。
震災で職員や住人を失った「神戸母子寮」が僕が最後までいることになった働き場所でした。
大学で子どもたちと野外活動をするサークル「駒場子ども会」に入っていたため、大学に戻らなければいけないスタッフと入れ替わりでの配属。
ここで経験したことは、言い切れないほどたくさんありますが、今回の記事の趣旨とは異なりますので割愛いたします。

1つだけ。僕が出向いた、震災より1ヶ月ちょっとあと。
被災者自身による自家放火が相次いでいる時期でした。
「自分の家の半壊を全壊にすることで、保険の払い戻しを多く受けたい」という意図の元。。。

ほんとうに辛い気持ちはわかるものの、二次災害につながりかねない行為ですので、被災地近辺(甚大な被災地ではない被災地の方が余計危険です)の方はくれぐれもご用心いただきたいと思います。

夜の自家放火をさせないようにするため、昼は母子寮での労働、夜は夜警と、フルで働き、平均睡眠時間は2時間程度でした。
1週間続けたときに疲労による高熱。体や気分はピンピンしており、一緒にいたスタッフから「体熱っぽいよ」と指摘されたため体温を測ったら40°近く。熱を見た瞬間に倒れ、1日寝込みました(苦笑)。

今は専門家によるボランティアが必須ですが、しばらくたてば、素人ボランティアも必要な時期がくると思います。そのとき、気持ちのある皆さん、是非伺って欲しいんです。

ただし、もちろん「人から感謝されることの楽しみ」より、実際の自分が役に立てる、という推測と覚悟を持ち出向き、加えて被災地では、まず自分の身を自分でなんとかする(そのために睡眠も必要)、この姿勢で臨んでください。



最後に、西宮市議会議員今村岳司氏のブログより印象的な部分を抜き出してご紹介します。

◆政府の大規模な財政出動に理解を示すこと、増税を受け容れること、
節電など、政府の呼びかけに応じて、不便を受け容れること、
被災者の苛立ちや要望をただ受け容れること、
プロが呼びかけるボランティアや募金に参加すること。
これくらいが関の山なのです。

◆ぜったいにこちらから安否確認の通信をしないことです。
安否確認したいのは被災していない側です。
被災していない側が安心したいだけです。
安否確認などされても被災者には何の益もありません。
安否確認で電話することは、
通信が復旧しきっていない情況で、
被災者でない側が安心したいがために通信を使用する行為です。



そして我々にできることは、メディア報道の嵐が過ぎても、被災地のことを半年、1年と「きにかけておく」こと、これだけは皆さん、忘れずに。。。
ソーシャルブックマーク:

2011.01.22 23:06

大学時代、「駒場子ども会」というサークルで、子どもの面倒みてました。
今日はそのOB会。
50才!の方も来てる、すごいさーくるなんです。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年09月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ