Z会ブログトップへ

2014.02.14 18:52

以前にこういう記事を書きました。もう2年前になるんですね。。

かけ算には順序があるか?~指導要領とZ会の場合~
(↑クリック!)

この記事、インサイトナウという投稿サイトにも掲載させていただいているんですが、この記事をご覧になった方が、先日こんなつぶやきを。
==========
掛け算の順番問題で、Z会のほうがいいかなーと思ったのです。→ http://www.insightnow.jp/article/6932
==========
筆者としてとても嬉しいですね。。。!

この記事、以前には、こんな声で頂戴したこともありまして。
==========
Z会への信頼度が急上昇中.> http://www.insightnow.jp/article/6932
==========
https://twitter.com/suniida/status/400588044069130240 より引用

世に言う(!?)「かけ算の順序問題」において
・本質的には、どう教えるのがいいか、という視点
・しかし学校での教え方は様々で、学校には「評価」をされる「テスト」もある、という現実を捉えて、どう教えるのがいいか、という視点
をあわせ、Z会ではどのように指導しているか、を文章化しただけで、Z会の教材への信頼を(おかげさまで)勝ち得ることができました。


Z会の公式サイト(小学生コース)では、Z会の教材・サービスの良さを、次のように表現しています。

・品質にこだわり抜いた教材
・お子様に寄り添う個別指導
・学習への意欲を高めるしくみ


Z会のことをよくご存じない方もいらっしゃいますから、全体を通じた、このような「強み」をサイトで打ち出すのはとっても大事なことです。
一方で、いろいろな教材・サービスを比較検討されている方からすると

“Z会でしょ?よく知ってるよ、それくらいのこと。じゃあ、どの辺が「品質にこだわっている」というの?”

などという「?」をもたれても当然なんですよね。
そして、僕が所属する「編集部」、つまり、教材編集に携わっている社員が集う部署では、まさにこの“何を持って「品質にこだわっている」といえるのか”という点において

・本質的な部分を
・わからない人にも「なるほど!」と思わせる言葉で
・しかも簡単に

述べられないと、これから利用しようとしている皆さんを安心させることはできません。


かけ算の順序についての指導法は、確かに小2の、しかも算数の一単元に過ぎないかもしれませんが、多くの保護者さんの「共通言語」になりやすい項目ですので、その指導法をお伝えするだけで“おお!Z会の教材は、確かに品質に拘っているな~”と、算数以外の教科イメージにも伝播し、Z会の良さをわかってもらえる、そんなポイントだったのかもしれません。
書いてよかった!笑

他にもZ会の指導内容の良さを、「簡単に」「わかりやすく」表現できるようにならないといけませんね。
また見つけたらブログに書きます!
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年11月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ