Z会ブログトップへ

2011.05.17 23:40

(2)の続きです。

3.科学的確率統計の考え(VSゼロリスク)について
岡山大学大学院環境研究科 津田敏秀氏


・我々は常に、さまざまなものに晒されて(曝露して)いる。
物理的曝露…放射線、高温・低温、騒音など→熱射病などの被害
化学的曝露…多種多様な化学物質→大気汚染、アスベストによる被害など
生物学的曝露…感染症、細菌やウィルスによる食中毒症など→O157などの被害

・曝露対策は3つ ※主に作業員想定
1.発生源対策…曝露を発生させないようにする(←ベスト!)
例)切削油をかけて騒音曝露を低くする
2.発生源を覆う…曝露ができるだけ漏れないようにする
例)機械を覆って騒音曝露
3.作業者に保護具をつけてもらう
例)耳栓

・今回の原発で上記をあてはめると…
1.失敗→レベル7に
2.現在望み薄
3.これも望み薄

・曝露には外部被爆と内部被爆がある。

・因果関係は1対1ではない
→一つの原因がたくさん病気(結果)を生じさせる。たくさんの原因から一つの結果が生じる。
原因と結果は目に見えるが、因果関係は目に見えない。この因果関係を示すのが「因果モデル」。

・実際の科学の営みは、個別事象の観察→一般化→理論や一般法則→これを踏まえて再観察→一般化…の繰り返し。観察は「実在世界」であり、理論は「言語世界」。そして「因果関係」は「言語世界」(=個別の実在事象に100%あてはめて考えることはできない)。実在と言語世界を区別して考えるべき。

・放射能における発ガンリスクは、発症者/(発症者+非発症者)で計算される。そして
a=被爆者リスク=被爆発症者/(被爆発症者+被爆非発症者)
b=非被爆者リスク=非被爆発症者/(非被爆発症者+非被爆非発症者)
とすると、リスク差(リスク増加分)はa-b

・ある一定の被曝以上で相当数の標本数があつまり、そこからリスクを計算するが、このリスクは「直線的に増加する」のを前提として考えられている。しかし、「~以下なら安全」という「~以下」の目安となる数値は、(安全=(これまでの)標本数がほとんどない、ことを意味するから)推測するしかない。「絶対的にこれが正しい」という目安はないが、目安がないと(人は)行動できない、というジレンマ。

・自然放射線でもわずかに発症している(はず)…しかし私たちは(どういうわけか)それは心配していない。

・目安の提示は「~シーベルト以上だと、発ガン率が~倍になる」という方法が一般的なもののひとつ。では、「~倍になる」という「~倍」がどのような数値だと人は〝不安になるのに相当で遠ざけようと試みる”か?…この数値は実際、人によってバラバラ。つまり、基準は究極的には自分でしか作れない。そして、その基準さえわかれば、対処法が提示できる(※が、実際には基準を自ら決められる人もほとんどいない)。

・「~以下なら絶対安全」というものはありえない。「放射線を浴びないにこしたことはない」としか、科学的には言えない。

・様々な事柄からトータルで(津田先生が)考えるに
■福島県に旅行やボランティアでいくのはまず大丈夫。
■福島の人が東京に来ても100%大丈夫(うつるわけではない)
■放射線を浴びると増えるリスクは「ガンが発生する」こと。一方で、ガン発生リスクは放射能のほか、自然界には他にもある(大気汚染など)。だから大丈夫、というわけではないが、これまでいろいろ発がんリスクとともに歩んできたことを振り返り、「放射線」という言葉に過剰に反応しない。
■福島県内ですら、予防可能な最大の脅威はいまだタバコだと思える。

・リスクに向き合うには、「事実をしっかり見つめて」「がっつり論理的に考え」「どっしりと構える」しかない。
ソーシャルブックマーク:

2011.05.12 19:40

タイトルのものに出席予定です。
学校の先生、保護者の方、是非一緒にいかがでしょう?

=====
震災から約2ヶ月が経過しましたが、いまだ震災のストレスが大人や子どもたちに様々な影響を与えています。特に、目に見えぬ放射線に関する話題では、保護者・教職員に関わらず、難しい専門用語や危険性を示す独特な表現に対して、強い戸惑いと不安が表明されている現実があります。
子どもを守り育てる立場として、これらの”見えないモノ”への不安と冷静に向き合うには、いま、何を知るべきでしょうか。
このたび、呼びかけ人のみなさんと企画した本セミナーでは、放射線学・疫学・学校教育相談それぞれの専門の立場からご講演いただくこととなりました。多数のご来場をお待ちしております。(国際大学GLOCOM
豊福晋平)

■日時・会場
2011年5月15日(日曜日)13:00~15:30(開場12:30)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
六本木駅 徒歩8分 http://www.glocom.ac.jp/access/

■講演および講師のご紹介
「放射線,放射能ってなんだろう」 横山広美先生 東京大学大学院理学系研究科准教授
「科学的確率統計の考え(VSゼロリスク)について」 津田敏秀先生 岡山大学大学院環境学研究科教授
「震災とストレス、メンタルケアについて」 芳川玲子先生 東海大学文学部心理・社会学科教授

■参加費 2000円
(経費を除いた残金は東日本大震災被災地で活動するNGO/NPOを支援するThink The Earth基金に寄付いたします)

■参加申し込み こちらから受付いたします。 → http://www.i-learn.jp/110515/
(定員70名・ご希望多数の場合は先着順といたします)

■呼びかけ人(敬称略・順不同)
加藤まちこ 区立小学校保護者
神先史土 漫画原作者
神矢みのる 漫画家
川石哲哉 漫画家
川端裕人 作家
岸裕司 秋津コミュニティ
田中幹人 早稲田大学政治学研究科 ジャーナリズムコース 准教授
豊福晋平 国際大学GLOCOM准教授
永井美奈子 フリーアナウンサー・慶應義塾大学政策メディア研究科上席所員
由比まゆみ 区立小学校保護者
=========

公式サイトはこちら
ソーシャルブックマーク:

2011.03.19 23:54

マーケティング全般でいろいろアドバイスを頂いており、誠実な人となりが素晴らしい方…
マーケティング・人材育成プランナーの山本直人さんが、

「震災後の生活と新たな機会」(pdf)

というリポートを出されました。


最初に「今後危惧されるもの」をしっかり見つめ、その後で「事実を知れば解決策も思い浮かぶ」という流れ。
やたら不安を煽るだけの記事ではなく、やたら楽観視する記事でもない。

我々が不安に向き合う時に必要な姿勢さえ教えていただけるような気がします。


是非、ご覧ください。
ソーシャルブックマーク:

2011.03.18 23:30

佐賀県武雄市、樋渡市長のツイッター @hiwa1118 を見ていたら、樋渡市長に

「twitter上で統一地方選挙の延期を訴える書き込みを多々見られますが、首長としてこの動きどう思われていますか?」

と質問される方がいらっしゃいました。市長の返事。

「興味ゼロです。あるのは被災者支援だけです。」


この言葉が嘘ではないことは、武雄市のWebサイトを見ればはっきりわかります。
下記サイト、しばらく(30秒~1分くらい)ご覧頂き、画像が変わる様子をご覧ください。
http://www.city.takeo.lg.jp/index.php

トップページの写真が次々変わるのですが、写真が全部で3つ。それらはすべて被災者支援のことです。
武雄市の紹介そのものに関する写真は見当たりません。

地方の一都市、武雄が「今、できること」「今、やるべきこと」が、今回の地震の被災者支援100%である、ということの強烈なメッセージです。
そして、これを行うこと自体が、武雄市の未来にもつながる…つまり、市政にとっても被災者支援がベスト、と考えているのでしょう。
「なんでそうなるの?」という理屈はここでは書きませんが、僕にはその理由がよくわかります。


また、会社(Z会)では、今回の震災でトラブルに巻き込まれた部署の関係者が、土日も含め連日出勤で緊急時対応をしています。(先ほどもメールが来ました)


そんな僕は…
ブログなどでいろいろ(震災に関する)書きものをしているだけで、実際に手や足を動かしているか、というと、いろんな意味でまだまだ、まだまだ、です。。。


必死さも、精神力の強さも、まだまだ。

だから必死さをもっと発揮することで、精神力の強さもつけていかなければ、それが「未来」につながることだ、と、深く思う「今」という瞬間なのでした。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ