Z会ブログトップへ

2012.05.03 23:00

Facebook市長としてすっかり有名になった、武雄市の樋渡市長が、自身のブログにて「共感」について語っておられます。

これからはiSopsの時代だ。

昨年の震災で、「絆」そして「共感」という言葉がキーワードになり、今日に至るまで、今まで以上に大切にされてきた感がありますね。
ところが、震災前の2010年に、すでに「絆」「共感」の時代に入りつつあった、という兆しもあります。

2010年、4月には、『キズナのマーケティング』(池田紀行/アスキー新書)がかなり売れ、9月、広告業界で知らない人はいない、さとなおこと佐藤尚之さん(上記樋渡市長のブログにも登場しています)がブログで「AIDMA → AISAS の次は、「SIPS」かな」と。
そして、2011年1月31日に、マーケティングの新理論「SIPS]を電通を通じて発表しています(「新・生活者消費行動モデル概念『SIPS』について」参照)。

並行して、2010年9月、経営コンサルタントでもあり、マーケターでもある阪本啓一さんが、『共感企業』(日本経済新聞社)を発売。

マーケティングに関心の高い人は、「絆」そして「共感」の時代が到来したこと、肌感覚で感じとり、分析を進めていたんですよね、2010年にはすでに。


共感を生むためのマーケティング。
これを簡単に言い表すなら、僕は

“自分と相手との関係性に着目し、「相手の喜び」>「自分の利益」となることを(意識的に、ないしは無意識的に)計算して行うマーケティング活動”

だと思います。
ここで3つばかり、最近身の回りで起きた事例を紹介します。


1.Z会のCMソングを歌ってくれたアーチストがわざわざ三島市までいらっしゃってくれた!

Z会のCMソング「db-デシベル-」を歌ってくださっている、レイルステレオのメンバー。
彼らがわざわざ、4月、Z会がある静岡県三島市までいらっしゃってくれて、CDショップで生演奏を披露してくださったんです。

ライブ中も、「こちらにあるZ会のCMソングで使われている~」云々のことを何度かおっしゃってくれて、いたく感激。僕もCD買いましたし、周りの人の中には「知人に配るんで10枚買う!」という方もいらっしゃいました。


2.ツイッターでフォローしてくれていた方がZ会のお客さんになった!

これは昨日のブログに書いたとおりです。
ツイッターを通じて、企業人としての自らの在り方(&ちょっとおちゃらけたところ。笑)をご覧になっていた方が、「受験産業は嫌いだけど、まあ寺西のいるZ会ならいいか」と思ってくれたわけで。。。
本当にありがたいことです。


3.嬉しいサプライズは人に話したくなる!

これもこちらのブログで少し触れているんですが、寺子屋百年塾塾長(元リッツ・カールトン東京支社長)高野登さんが武雄市樋渡市長を招いて長野市で行った講演会に、内緒で僕がかけつけました。
図らずも、講演会開催のキッカケとなったのが僕だったので、お2人は僕の登場に予想通りビックリ(高野さんにいきなり抱きつかれて…これもまた嬉し)。

この出来事、お2人は知人、そして自らのブログなどで語ってくださいます。それだけでZ会に興味を持ってくださる方、多々います。
当日も、講演会後の懇親会で「えっ!樋渡市長のブログで出ていたZ会の方ですか?」と声をかけられ、「息子がZ会やってます!一緒に写真を撮ってください」なんて言われたり(これはさすがに照れくさかったです…)。


いずれも、「共感」を生むマーケティング活動が、購買に影響した事例です。
マーケティングは「仕掛け」と「仕組み」が大切なのですが、この3つの事例にあてはめると…

1では、「わざわざ三島市に来訪し生演奏を披露した」という仕掛けを「CDショップ」という仕組みを利用して行ったことで、客の共感を呼び、購買につながっています。

2では、「企業の“なかのひと”が信頼されるような情報発信&対話をし続ける」という仕掛けを「ソーシャルメディア」という仕組みを通じて行ったことで、じわじわと信頼感・安心感を与えることができ、購買の時の阻害要因を取り除いた例ですね。

3は、「当人が予想しないサプライズ」という仕掛けだけなんですが、お二人とも発信力のとても高い方なので、お二人を通じた(Z会にとっての)マーケティング(クチコミ)活動が自然に、かつ大きく生まれ、信頼感と購買につながる例。

という感じになると思います。


1ではレイルステレオの皆さんが「CDが売れること」、2では僕が「いつか、Z会のお客さんになっていただけること」という「自分の利益」を考えていますよね。
3も、「相手の驚く顔が見たい」という気持ちはもちろんありますし、「この驚きが、Z会のことを薦めることにつながってくれると嬉しいな」って気持ちがゼロか、といったら嘘になります(笑)。

ただ、それ以上に、相手に与えるもの、相手の喜びがあるだろう、という推測もあるわけで。
この姿勢を持ちながら、「仕組み」「仕掛け」を形作ることが、共感を生むためのマーケティングといえます。


そして、全ての出来事に共通する狙いは

「自分と相手との関係性を深化させること」

ですね。


樋渡市長もこれからはiSopsの時代だ。の中で書かれています。

「僕自身、大震災以降、「共感する」の前に、例えば、「自分」自身が、「何かしたい」「共感したい」という動的な気持ちになっています。そういう動的な気持ちを一言で言えば、僕は、Iだと。Iは、自分のIと入っていく意味でIN。」

自分が、中に入っていく。
このことにより、相手との関係性が深化し、「共感」が生まれます。
「共に感じる」んですから、当たり前ですよね。

逆に言えば、自分が中に入ろうとしないところに、「共感」は生まれないわけです。
“ソーシャルメディアを使って売り上げ増を!”と思われている方に、これまでいろいろ触れてきましたが、その多くは「ソーシャルメディア」を技巧的に用いようとしているだけ…
違うんです。ソーシャルメディアは、自分が中に入る「手間」をかけたら、しっかり結果を残してくれるメディアだ、ってことなんです。
だから、「共感」を生むマーケティングとは、親和性があるんです。



…何か難しいことをやっていますかね。
事例であげた1~3、とっても、とっても、単純なことじゃないですかね。

きっと地方の「個人商店」の方だったら、アタリマエにやっていることですよ。
周りの皆さんと「関係性」を作り、商売につなげるってことは。
ソーシャルブックマーク:

2011.05.07 23:32

お会いしたことはありませんが、ネット上で少しだけやり取りしている林克也さんという方がいらっしゃいます。ニックネームはハヤカツさん。ブログはこちら。

ハヤカツ北海道移住への道 ~実現編~

先日、facebookでちろとやり取りしていたら、「阪本さんが余りにもZ会Z会って言うから、娘にZ会をとらせました」との報告!?が。

阪本啓一さん

超お世話になっている方のおひとり。


教育サービスは、選ぶときに「ほんとにそのサービス、いいの?」がほとんどわからないサービスの一つです。
教育効果なんて事前にわかりませんので(苦笑)
あ、だからといって開き直るつもりも全然なく…、「良い」ものを実際に提供するのは大前提として、「良い」とわかってもらうための訴え!?は我々もするのですが…

何よりも決定の後押しをしてくれるのが、選択しようとしている方が信頼している人に「いいよ!」と言ってもらえることでしょう。


今回、阪本さんの口を通じて、Z会の広報をしていただき(笑)、大切なお客様とのご縁を頂戴しました。
誰かにこんな「広報」してもらえるためには、僕自身も信頼してもらえる人間像をずーーーーーっと続けていかなければいけません。

がんばんなきゃー。


そんな阪本さん、6月18日に「共感セミナー 実践!白熱教室版in横浜」を行います。
学生さんは無料!
#社会人と学生の触れ合うきっかけを作りたい、というのが、阪本さんのかねてからの願い。

首都圏の学生のみなさん、是非!
ソーシャルブックマーク:

2011.01.09 21:08

これまでお世話になってきたみなさんを紹介するコーナー。
このコーナーで紹介した方は、間違いなく信頼できますよ!というお墨付きでもあります(笑)
※紹介したくない人を無理に紹介すると僕のメッキがはがれちゃいますからまずやりません(^^

2回目は(株)JOYWOW会長の阪本啓一さん。
経営コンサルタントで、ブランディング、リーダーシップ、マーケティングの3つの領域においては、本当に人を魅了するアドバイスをしていただけます。
著書がすごい!著書一覧はこちら

昨日のブログで紹介した鮒谷さんが、「ビジネス系高額セミナー」(鮒谷さんの場合は「放談会」でした)に参加した初めての方でした。
料金、半日3万円(確か5時間くらい)。
このテのものに参加した経験のない方にとっては「高っ!」と感じる料金でしょうが、それだけの価値がある放談会でした。逆に、3万円と価値づけができるのが、講演者の自信と自らへのプレッシャー(=それだけのものにしなければお客様に申し訳ない)につながっているんだ、という体験をしたのも、この放談会。

阪本さんがその2人目、こちらは確か、半日2万円で10人に満たない少人数セミナーでした。
ここでも2万円を出してよかった!と感じるものを一杯頂戴し、その後の僕の人生における「行動」につながっています。
#「行動」につながらない「聞いてよかった~」は、えてしてダメですね(苦笑)


阪本さんのことを知るには、ブログを見るのが早いです。
『共感企業』も超オススメの本ですので是非。これを読めば考え方がよくわかります。


彼は「共感」の輪を広げるため、まだ阪本さんのことを良く知らない人向けに、全国でセミナーを開催しています。2月5日は仙台で。学生さんは申込時に「学生」と明記し、当日学生証を持ち込めば、無料で受講できます!
※社会人と学生の融合の場を作るのが彼の願いでもあるので。するとこんな楽しい空間が生まれます。
是非宮城県近辺の方は足を運ばれてみてください。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ