Z会ブログトップへ

2011.08.05 23:30

広報の姿勢、そして、リメディアル教育に取り組む姿勢など、いつも勉強させていただいている聖学院大学
8月13日にサマースクールを行うようです。

聖学院大学サマースクール

注目したのは建築クラス。上記サイト後半部にも掲載されていますが、聖学院大学のチャペルを設計された方(香山壽夫さん)自身が、その場で講演される、とのこと。
社会人の方はわかりますよね、モノを作った張本人が、そのモノを前にして語ることの貴重さを。
学生の方は、漫画のサイン会に漫画家本人が登場するシーンをイメージするといいでしょう。


以前、東大の卒業学科(都市工学科)のパーティーに、丹下健三さんがいらっしゃって、(相当なお年だったので)短いながらも、迫力のある言葉で講演されました。
現在の東京都庁を設計された方。パーティー会場からは、彼が設計した東京ドームホテルも見えました。

こういう雰囲気の場に参加しているときは、言葉にならないですよね。


「触れる。」
とくに、それまで興味がなかったものに「機会があるから触れて見よっと」という積極性が、その後の成長につながります。

今回の聖学院大学、サマースクールの機会を大事にし、首都圏の方(高校生中心)は、是非。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ