Z会ブログトップへ

2011.06.22 22:53

学び合い」を勉強するために、そして、今の福島県の様子を正確に知るために、よく参考にしているのが、「とんたんの学び合い帳」。
このブログでも何度か取り上げましたね。

今日のブログ「今とこれからと」で、郡山市の状況と、彼の判断を丁寧にしたためてくれています。
放射線に対し「正しい(適度な、と言い換えてもいいかもしれません)理解とちょうどよい不安との向き合い方」をするには、本当に参考になるブログです。

一部引用して掲載しますね。

=====

<今の状況>
空気中の放射性物質はほぼありません。0に近いと思います。根拠は農産物がほぼNDであることです。もしも、浮遊物があるのなら中通り地方で農作物の種類にかかわらず、放射線が検出されるからです。しかし、今は特定の農産物でしか放出されていません。ですから、そろそろ小学生もマスクは必要なくなってきていると思います。ただ、放射性物質は砂などと結合しているので砂埃が強いような時にはマスクはとても効果的だと思います。
 
食べ物についてです。研究者が予測していたよりも野菜等へのセシウムの移行は少ないようです。葉物野菜にしても、トマト、キュウリなども県の測定値を考えれば極めて汚染のひどい場所以外は食べても大丈夫な気がします。おそらく1年間はデーターを取ってみないと広くは分からないでしょう。ただ特定の農産物、たけのこや果実などはかなりセシウムが検出されていることは間違いありません。
県のHPで確認するとよいでしょう。食べるかどうかは個人判断になると思います。
 
遊び場については残念ながら外で遊べる公園等は全て「ダメ」です。今でも2μほどあります。滑り台の下やブランコの下などは恐ろしく高いはずです。子どもが遊んでよいような状況ではありません。公園の表土を削り、植栽なども全て取り払われない限り、子どもたちが安心して遊ぶような場所ではありません。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ