Z会ブログトップへ

2012.04.20 23:30

進学・進級を間近にした3月は、多くの方が「教育」について関心を持ち、教育サービスを選択する時期なので、教育やZ会のことを知ってもらおう!という気持ちから、ひとがんばりして、いろいろな記事を書いてきました。


その反動か、4月に入り、ちょっと気を抜いたら、文章が出てこない…
悩んでいるうちに、

「ブログを楽しんで書こう!多くの人に知ってもらおう!」

という気持ちから

「書かなきゃ…」

に変わり、「書かなきゃ…」がまた負担感として自分に迫り、さらに書ける自分から離れる、という悪循環。
いかんなぁ、と思ってます。

ただ一方で、そういう自分の状況をつかんでいることについては、安心感のようなものもあります。
自分の状況をつかめずして、最適な解決策は見つかりませんので。


誰にでも気分の波はあると思うのです。
気分が高揚しないけれどやることがある、つまり、サーフィン中に余り風が吹いていないけれど、なんとか波乗りを続けなければいけない、という状況、ありますよね。
その波を乗りこなす方法は、自分で考えなければいけないことです。

気分が乗らないときは何もやらない、それもアリ。
自分に合う気分転換の方法を身につける、それもアリ。

気分が乗らないときでも無意識にやれる(僕のケースの場合、「ブログを書くことを無意識化する」)ように自分を鍛える、それもアリ。


勉強を続けていく上でのお悩み相談、ダントツで多いのは

「なかなかヤル気がでません…どうすればいいですか?」

という類のものです。

ちょっと散歩に出る、ルームフレグランスを利用する、1時間半刻みで勉強するようにする…など、方法論はいくつもありますが、

“「自分がどうやればいいか」に向き合って考えること”

を欠落させていては、いつまでたっても良い方法は見つかりません。


普段の自分の性格を知り、その時々で、その時の自分にあった方法を選択できるようになっていることが、何よりも大事です。

気分の波をサーフィンする術を考えておきませんか?
波乗りをする時のように、ワクワクしながら。


=====[PR]===============
Z会のベストセラー『速読英単語』
今年20周年を迎えました!記念サイト開設中。
http://www.zkai.co.jp/books/sokutan20th/
======================
ソーシャルブックマーク:

2012.04.01 23:41

今日、思いつくままに、Facebookで書いた投稿です↓
語調は普段のブログとは違いますが、よろしければ(^^

=========
ある思いがあり、その思いについてくる人を巻き込みたいのであれば、自分が楽しくないといけない。

けれどそれは、その人が「巻き込む」活動を続ける必要条件であって、十分条件ではない。相手が納得する言語に落ちないと、相手はついてこないわけだから。
だから、相手がどんな立場で、どんなことを望んでいるかを想像し、その人を「たぶらかす」(笑)必要がある。

「相手のことばかり考えて、自分が楽しくないのはよくないよねー」その通り。
「えー自分が楽しいだけじゃ周りはついてこないんじゃない?」その通り。
だってどっちも必要なんだもん。

例外的、と言う言葉が正しいかわからないけれど、「その人が他人を巻き込むために圧倒的にその道については勉強している」という人であれば、人は巻き込まれます。
でも、その人も、「そういう人にはついていきたくなる」という人の立場をしっかり想像できている、といえば、一緒なんだよね。

これ、ビジネスの基本。
そして、組織の中での活動の基本。

なんだ、生き方の基本じゃん。笑


=====[PR]===============
Z会のベストセラー『速読英単語』
今年20周年を迎えました!記念サイト開設中。
http://www.zkai.co.jp/books/sokutan20th/
======================
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ