Z会ブログトップへ

2014.08.13 15:14

…結果的にタイトルは釣りっぽくなってしまいましたが、結果論です結果論(苦笑)。

どーしても、(とくに)広告・マーケティング業界志望の大学生・大学院生に見てほしかった、そして実践してみてほしかった。
そんな気持ちが強すぎて(意外と、商社、金融志望なんかの人にもアリかも…)。

しかも、「広告・マーケティングに関心の高い大学生・大学院生」が「なんかいいものないかな~」という興味関心ではなかなかたどりつかず、かつ、“今の自分の興味関心のレベル・領域では、そのレベル・領域での気づきを超える企画の情報に気づかない(つまり、「ほんとうにいいもの」に気づきにくい)”という現実がある中、どうやったらそういう企画をお伝えできるか、との苦心の結果のタイトルです。
「無料講習会!」などとすれば、気づくかな、と。。。

言い訳っぽいことが続きましたが(笑)、さておき、実際、何があるか、って、これです。
9月3日(水)、5日(金)、9日(火)、10日(水)、14日(日)、1日がかりの企画。

【企画書添削付!1DAY】マーケティング基礎と企画の立て方
↑マイナビ2016にリンクします。

Z会の企画なんです!

「えーなんだ、Z会じゃあ、広告とは…」
「電通とかサイバーエージェントとかじゃないんだ…」

ちょいまちちょいまち、そういう発想でたどりつく企画では気づかない気づきを与えたいから、タイトル苦労したのに(笑)
確かに、電通さんとかサイバーエージェントさんとか、その道のプロの方がやる、広告・マーケティング一般論の講習会、というわけではなく、あくまで“Z会の商品に沿った”1DAYインターンシップですから、MBAのような体系的な学びの機会とは異質です。
とはいえ、自社のことながら、オススメの理由を3点、申し上げさせてください。


1.事業者(クライアント)側からのフィードバックがもらえる!

広告やマーケティングに興味があるなら、当然そういう業界の方々から話を聞くことって大事ですが、「それだけ」ではまず感性は磨かれません。
これは7年間、宣伝担当を経験した身として断言します。
「こんな広告・マーケティングをやってみたい」という安易な考えだけから出てきた提案が、いかにクライアントの気持ちを汲まず、チープなものになりがちか。。。

広告やマーケティング業界の方にクライアントが期待するのは、「クライアントの“気持ち・考え方”に100%応えてくれ、かつ、素敵な成果物」なんです。
「これ、いいでしょ!」だけではクライアントは心打たれません。
もちろん、突き抜けたスキルをもった方の提案は、それで心打たれる場合もありますが、そのスキルを身につける過程において、そういう方は必ず、クライアント側の気持ち・考え方を把握しようという努力を続けた経験をお持ちなんです。

大学生・大学院生の皆さんにとって身近な「教育」というフィールドで、事業者側の気持ち・考えを受ける機会は余りないと思います(社会人になったらまずほとんどありません)。
加えて今回は、Z会の強みを活かし、「あなたの企画を添削します!」


2.理系の人にはとくにオススメ!

本企画、理系、文系、と偏っている企画ではないんですが、なんで理系の方にオススメか、というと

理系的な企画書を作るための、マーケティング的考え方を聞く機会なんてほとんどないから

です。

一般消費財を売るために「広告・マーケティング」を考える状況は、どうしても文系脳よりになります。

・世の中で「ガチ理系」の方は少なく、文系的な考えが受け入れやすいから(→マスに受けるには文系的提案になりがち)
・購入などを決定する場合は「(ふわふわとした)心理」に影響される場合が多く、正解のある世界での体験を多く経験しているガチ理系脳だけでは、有効な広告・マーケティングの発想が生まれにくいから

などが理由でしょうか(個人的な感覚ですが)。
いずれにせよ、理系×マーケティング、って、機会として余りないんです。
でも、理系×マーケティング、という人間の僕自身(笑)、マーケティングがいかに理系的考え方に幅をつくってくれるか、経験的にわかっています。

Z会の書籍には数学も理科もありますから、「そっち系」の人が考える「企画・マーケティング」の発想や、望んでいる企画、などの話がまるっと聞けます。これ、ないですよ、ほんと、なかなか。。。
■このブログをご覧頂いた方のみこっそり情報…■
ガチ理系の担当者が登場するのは、(9月)9日、10日、14日です!


3.Z会のマーケティングって評価されているの、知ってた?

アピールにもなりますのでさらっといきますが(笑)最先端のデジタルマーケティングを賞する「コードアワード2014」にて、Z会はディズニーと並んで、グッドブランディング企画として表彰されているんです!

ディズニーさんの企画
Z会の企画

※↑クリック!さらにおまけ↓企画の今年度バージョン(笑)
超難問コロシアム2014


大学生、大学院生の皆さんだから、「教えてあげよう!」のような気持ちが働き、無料で大学生・大学院生にすごくメリットがある、こんな企画ができるんですが、社会人になるとほんと、機会ないですよ。
宣伝会議さんなんかがこんな企画をすると、受講料1万円越えるんじゃないでしょうか、いやマジで(笑)。
注)宣伝会議さんは、広告やマーケティングを「プロ」的に教えてくれますので、宣伝会議さん主催の1DAYセミナーは、実際には2万円を越えるものが多いです。


もう1度リンクしておきます↓機会を逃さないでください!
【企画書添削付!1DAY】マーケティング基礎と企画の立て方
ソーシャルブックマーク:

2014.02.09 22:51

本日、Z会主催で、ニコ生にて「超難問コロシアム」を開催しました。

超難問コロシアム(←クリック!)
※ニコ生サイトはこちら


家庭の用事をこなしながら、かなりの時間(2時間強かな)、ナマの様子を拝見していたのですが…

超おもしろかった!!

一視聴者として楽しませていただきました[わーい(嬉しい顔)]
とくにクライマックスの、東海高校(優勝)と洛南高校(準優勝)の戦いは、素晴らしかった。
チームの仲間と一緒に戦っている感がとっても現れていて、ちょっとうるっときました。


今回、一番感じたのは、

5教科の力

です。
教育改革とか、21世紀型学力とか求めるときに、「今の教科型学力なんて…」のような文脈や匂いで語られること、多々あるんですが、英数国理社の5教科は5教科で大事なんですよ。
大事だからこそ、古から、教育内容として定着しているわけですよね。

いやあ、5教科って、面白い!
いやあ、5教科って、味わい深い!
いやあ、5教科の力をつけようとすることで、十分先へ進むパワーを身につけられるじゃないか!

すごくそう感じました。


僕も、教科型学力より大事なことが今あるよね、って考えはかなり強い方です。
いまでもそれはかわりませんが、「教科を学ぶことによってい身につける力って魅力的!」という気持ちは、これまでよりずっと強くなりました。
学びの内容が豊富になっている、そういうことなんですよね。

大変ですが、良い時代です、学ぶべきことが多いってことは。
やることがない、めあてがない方が、実は人間って、辛いものですからね。


そして…いま、
「うんっ!明日から、もっと勉強しようっと。いろんなことを。」
と感じているキッカケを作ってくれたのは、間違いなく参加者のみなさんです。
考える姿勢、ほんとに、カッコよかった!

数年前、結構言っていた言葉があります。
「勉強している姿勢を“かっこいい!”と思えるようになれば、みんな勉強するようになるんだよね。」
と。
思い出しました、そうだそうだ!

ほんとに参加者の高校生の皆さん、ありがとう。
みんなに負けないよう、僕も考える姿を「かっこよく」見せていくぞ!


※2月10日追記
感想を書いてくださった方がいらっしゃいました!
超難問コロシアムは超おもしろい!(←クリック!)

ソーシャルブックマーク:

2013.11.04 23:50

 
 
1つ前のブログに続けて投稿。今度はZ会の宣伝ですが(笑
 
10/31、天才の日(ってあるんですね…)にあわせて募集開始!した、「超難問コロシアム[Z1]」
 
Z会が考える極めて難易度の高い「良問」の解答を競うコンテスト「超難問コロシアム[Z1]」開催!
 
専用Webサイトはこちら
 
 
ここしか言えない企画の裏話をちらっと。

 
問題選定にあたっては、僕の部下(理科課の編集部員)含め、教材編集のメンバーがかなりコミットしています。
盛り上がるような「仕掛け」を、マーケティング担当者が一生懸命考えています。
問題のレベルを調整するために、東大生に解いてもらったり手伝ってもらったりしています。
 
つまりは、Z会としてめっちゃ本気!の企画ってことです、じゃないとつまんないですもんね。
 
 

ただいま参加チーム募集中です、是非こちらのサイトの要項を見て応募してください、全国の高1・2年生諸君!!
 
 
 
 
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年08月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ