Z会ブログトップへ

2014.08.31 17:56

8月最後の日曜、どうやら天気も持ちそうだったので、富士サファリパークに行ってきました。
富士サファリパーク1
↑車の中から撮った画像。とても近くて迫力満点、です!

ゴハン時にスマホからfacebookを見ていたら、友人から「ゴミ拾いチャレンジ」に指名されたことに気づきました。

「ゴミ拾いチャレンジ」
「アイスバケツチャレンジ」と同じ流れで、「ゴミ拾いチャレンジ」という動きが知人の間で起きていたことは、風の噂で聞いていました。
元々、三島や修善寺で、高校生が自発的にゴミ拾い活動をする流れを作り、近隣住民を自然に巻き込んでいる、NPOサプライズ代表の飯倉清太さんが提案し始まったもの。もちろんアイスバケツチャレンジの流れに乗ろうとしています(笑)。

アイスバケツチャレンジにはこんな経験・心理状況、そして意見がある僕ですが、このチャレンジは単に、できる範囲でゴミ拾いして、あとはアイスバケツチャレンジと同じ流れでね、くらいのことしか決まってない(と思います笑)。心理的に楽ですよね。
やることも簡単だし、強制感もないし。やる「キッカケ」を、「(知人からの)バトン」という、スムーズな形で回る、そんな気がします。

まあこれも何かのご縁かな、と、サファリパークの中から駐車場まで、ゴミ拾いしました。
特別参加に、小学生の我が娘。ゴミ拾い楽しんでやるんですよね、娘。上述した、三島や修善寺でのゴミ拾い活動に何度か参加した経験からも、「ゴミ拾いを楽しめる」感覚が根付いているんだと思います。

成果はこんな感じです。
ゴミ拾いチャレンジ

写真は自分たちの昼食の際のゴミも入っていますが(笑)、草むらに落ちていたボロボロの紙コップなど娘が見つけて拾って(写真右上)…など、まあ楽しみながら、ちょっぴりいいこと、できました。
やっぱりダントツで多いゴミは吸殻ですね。
ゴミ箱の近くにたまって落ちていて…。吸い殻入れがなく、かといってゴミ箱に捨てれず、の結果でしょうか…。
補)吸殻を見つけた時の娘、活きいきしてますよ。変わった子に育ってお父さんも嬉しい(笑

8月最後の日曜日、寝てないで外に出て、体を動かして、よかったな、そんな気になりました。


ゴミのお話、のついで、というのもなんですが、「ゴミを少しでも社会から少なくしよう!」と、真剣に活動している知人が2名います。
一人が、京都大学助教の浅利美鈴さん。
京都市長との対談記事。テーマは「環境」。
※↑京都新聞のサイトへリンクします。

もう一人、ゼロ・ウェイストアカデミー事務局長の藤井園苗さん。
JICAサイトのインタビュー記事

才女で、そして行動もするお2人。
このブログの皆さんも、2人の活動に注目してほしいと思います。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ