Z会ブログトップへ

2016.02.21 15:26

Z会東大進学教室メテウス入会説明会(←クリック!)の一環として、Z会東大進学教室メテウスでは、「保護者のための大学入試基礎講座」を開催しています(新中2・3向け)。
本日、御茶ノ水教室から始まり、3月に入ってから他の教室でも展開します。

私も今日は、お客様に混じって勉強させていただいています。
大学入試の基礎事項から、新中2・3において大切な学習法まで、非常に勉強になります。

基礎事項は御茶ノ水教室長から。
・大学入試改革
・東大入試例
・大学入試で問われること(英語・数学・国語)
・理科地歴の学習を始める前に
・・・など、話題は多彩。


続いて学習法について、英語の筧雅子先生からもご説明。
・「わかる」を「できる」にする学習法
・学習を継続する(継続させる)コツ
・心理的な工夫
・・・などのお話を伺いました。
いやあ、実際に話を聞くといいですね。文章では伝わらない良さがすごくあります。

特に共感したのは「(いわゆる)整った授業ではなく、(先生ご自身が)詰まったりする姿も全部見せて、生徒達と一緒に、一体感を持った授業にしていく」という姿勢。
プレアデスの先生で受講生に慕われ、受講生の学力を伸ばす先生は、隙がなくすべて「正しく教える」先生よりも、時に詰まったり、受講生と一緒に悩んだりする先生なんですよね。
「一緒に成長していこう」という先生が一番です、ほんと。。。
Z会にはそんな先生方が多く、ありがたい限りです。

Z会東大進学教室メテウス入会説明会(新中2・3向け)はこれから続きます。
3/6(日)新宿、3/13(日)横浜・渋谷、3/24(木)池袋。
是非サイトをご覧になっていらっしゃってください!
ソーシャルブックマーク:

2014.02.12 19:10

Z会グループにおいて、大学生・社会人向けの教材・サービスを提供するZ会CAと、オンライン英会話のベストティーチャーがコラボし、

書籍の良質コンテンツ × オンラインでの実践

によって

「あっ、ほんとに、英語ができる!!」

と思える(そして実際に「できる」)ようになる仕組みができました!
恐らくは「本邦初」。担当者談(笑
そして担当者は続けます。

漠然と「英会話」と言っていてもいつまでたってもなかなか話せるようにはなりません。
自分が話せる「話題(トピック)のストック(スクリプト)をどんどん増やしていく」、そしてそれを書籍の外の世界で実践する。
そういうコンセプトの教材です。


詳細はベストティーチャーさんのプレスリリース(←クリック!)に書かれています。


プレスリリースと同時に出された、EDTECH MEDIAの(ベストティーチャー宮地代表の)インタビュー記事では、次のように書かれています。

英語学習に対する問題意識がZ会とBestTeacherで一致したためです。
どうして日本人は学生時代から長時間英語を勉強しているにも関わらず、英語が話せるようにならないのでしょうか?
それは英会話という言い方にも問題があると考えていて、ただ漠然と話しても話せるようにはなかなかならず、「その人が何を話したいか」からスタートしなければいけないと考えていました。
そういった問題意識が一致し、そこから、教材を持つZ会と、アウトプットする場を持つベストティーチャーで何か一緒に出来ないかという話になり、今回の連携に至りました。


これ、ほんとにほんどです。この問題意識が一致したシーンに、僕自身が立ちあっていますから!


ベストティーチャー代表の宮地さんから、友人経由で僕に連絡がありました。お会いしてお話したい、と。
ありがたいことに、こういうオファーはよく受けるんですが、だいたいこう返します。
「三島でランチするんだったらいつでもいいよ」
と。
どーせランチは1人で食べることが多いので、そこに合流するのであれば、いろいろ情報交換できる方と、の方がいいですからね。一方で、普段の業務も忙しいので、目的がないとなかなかお会いしてお話、ということも難しく。。。

宮地さんは三島まで行く!と仰いました。だったら僕も、ついで(というのもなんですが)に、サービスに興味関心のありそうな部署に声をかけました。
そして、「いま、書籍の企画があって、そこでこんなことを~」と、のってきたのが今回の担当者。
書籍とは会話がつづく! 英語トピックスピーキング(←クリック!)。
つい先ごろ発表され、楽天の三木谷社長も名を連ねている、と話題になった、文科省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」、その委員を務める、松本茂先生の監修書籍になるんです。
※『速読速聴・英単語』シリーズの著者としても有名です。


宮地さんが三島にいらっしゃって、ランチをさせていただいた後、社内でがっつり打ち合わせ。
その日のうちに、宮地さんと担当者が意気投合していました。
とっても、とっても、英語教育について、熱い打ち合わせでした。(僕は聞いているだけ…)


本気のコラボで、グローバルな人材をどんどん輩出する!そんな仕組みができました。
是非多くの方にジョインしてもらいたい!!
ソーシャルブックマーク:

2012.05.06 23:50

GW中もZ会は営業中だったんですが(苦笑)、僕は適度にお休みをとっていましたので、明日からまた気合を入れて!という気分ではあります。

その気分を借りて、自宅からZ会のホームページを見ると…

タッチで楽しく学べる「デジタルZ」を体験!

電子教材、Z会も取り組んでいるんですよ(^^
第二弾は8月を予定。
その教科は…

「かがく」

今、スタッフが頑張って制作中です。
僕も彼らの頑張りに負けず、頑張らなきゃ~

ソーシャルブックマーク:

2012.04.01 23:41

今日、思いつくままに、Facebookで書いた投稿です↓
語調は普段のブログとは違いますが、よろしければ(^^

=========
ある思いがあり、その思いについてくる人を巻き込みたいのであれば、自分が楽しくないといけない。

けれどそれは、その人が「巻き込む」活動を続ける必要条件であって、十分条件ではない。相手が納得する言語に落ちないと、相手はついてこないわけだから。
だから、相手がどんな立場で、どんなことを望んでいるかを想像し、その人を「たぶらかす」(笑)必要がある。

「相手のことばかり考えて、自分が楽しくないのはよくないよねー」その通り。
「えー自分が楽しいだけじゃ周りはついてこないんじゃない?」その通り。
だってどっちも必要なんだもん。

例外的、と言う言葉が正しいかわからないけれど、「その人が他人を巻き込むために圧倒的にその道については勉強している」という人であれば、人は巻き込まれます。
でも、その人も、「そういう人にはついていきたくなる」という人の立場をしっかり想像できている、といえば、一緒なんだよね。

これ、ビジネスの基本。
そして、組織の中での活動の基本。

なんだ、生き方の基本じゃん。笑


=====[PR]===============
Z会のベストセラー『速読英単語』
今年20周年を迎えました!記念サイト開設中。
http://www.zkai.co.jp/books/sokutan20th/
======================
ソーシャルブックマーク:

2012.02.04 17:43

国際化はインターナショナリゼーション。
つまり、ナショナルを含んだ概念。

グローバル化はグローバリゼーション。
国家内の需要と供給の関係だけではなくなった世界の状態のこと。

国家の存在を意味に含めているかどうかで表現が異なります。


日本人の外国語活用について話すとき、グローバリゼーションの時代に、国際的な人間にならなきゃいけない、と表現すると適切なんでしょうね。
こう表現することで、国語や社会の学習が無視できないという意味が包含されるので。

ソーシャルブックマーク:

2012.02.03 23:32

小学校で今年度から英語が必修になった!…とは知っていても、どのようなことが行われているか、ご存じない方がほとんどではないでしょうか。
そこで、先日、「平成23年度公立小・中学校における教育課程の編成・実施状況調査の結果」が公表されましたので、指導要領を含めてご紹介します。


◆学習指導要領のポイント

・外国語学習は5、6年次の必修活動となっています。
・コミュニケーションを重視し、話す・聞く、という学習が中心です。
・読み書き、とくに「書く」作業を“主”にしないよう配慮を、とされています。
Z会の小学英語コースでは、書く作業も致します。
・「英語」に対する抵抗感をなくす活動を、小学校の段階でしておく、と考えるのが自然です。


◆どれくらいの頻度で授業が行われているのでしょう?

平成23年度、約20,000の小学校調査による平均では、1年で35.4時間。
夏休みなどがあることを考えると、だいたい月4回弱行われていることがわかります。


◆指導補助的な先生はいるの?

多くの小学校では、ALTと呼ばれる、外国語指導助手が活用されています。
中高英語担当教員の活用を含めると、なんと、90%以上の小学校で、指導補助教員が活躍しています!


◆必修じゃない学年で外国語学習は行われているのでしょうか?

なんと半数以上の小学校で、小学1年生から、何らかの活動が行われています!
(総合的な学習の時間などが利用されます)





ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ